アリス・ギア・アイギス(アリスギア)のネタバレ解説まとめ

『アリス・ギア・アイギス』はコロプラより配信されているスマートフォン用ゲームアプリである。機械生命体ヴァイスの襲撃により地球を捨て宇宙船団による航海を続ける人類は、ヴァイスに対抗し得る高次元兵装「アリスギア」を開発。それから3世紀、若い女性だけが操作できるアリスギアによって宇宙船団の平和は守られてきた。その船団の一つ「東京シャード」のヴァイス対策企業「成子坂製作所」に新たな隊長が赴任したことで物語が始まる。

吾妻楓、百科文嘉、御茶ノ水美里江が通っている。文嘉と楓は同校だが面識も交友もなかった(意図的に文嘉が避けていた)。偏差値の高い進学校だが、そのまま星条大学にエスカレーター進学する生徒も多い。

桃蔭学園総合高校(とういんがくえんそうごうこうこう)

兼志谷シタラ、二子玉舞、バージニア・グリンベレー、文島明日翔、須賀乙莉が通っている。生徒数2000を超える私立のマンモス校で芸能科もある。賑やかな校風で文化祭や体育祭が盛り上がることで有名。

聖アマルテア女学院(せいあまるてあじょがくいん)

通称は「アマ女」で中高一貫のお嬢様学校。同校生徒のアクトレスによるヴァイス討伐を行っており、特待生制度で有望なアクトレス候補生を集めている。しかしその実態は経営陣である北条グループによるアクトレス養成機関である。
成子坂製作所とは白金地区の担当を巡り係争する等対立してきたが、生徒会長の紺堂地衛理の決断により条件付きでアライアンスに加盟することとなった。
生徒会メンバーの紺堂地衛理、州天頃椎奈、仁紀藤奏の他に一条綾香と小鳥遊怜も通っているが綾香は北条グループに屈するような気性ではなく、特待生の怜も強靭な意志で北条グループからの勧誘を跳ね除けている。
最近ではアクトレス免許の年齢下限引き下げを見込んだ初等部の設立も噂されている。

女子造形大学(じょしぞうけいだいがく)

金潟すぐみの通う大学。所在地が杉並区であることから見てモデルは女子美術大学であると思われる。

東京水域大学(とうきょうすいいきだいがく)

新居目安里の通う大学。閉鎖環境であるシャード内の水域管理についての研究が行われている。モデルは東京海洋大学。

太政院大学(だじょういんだいがく)

千島美幸が通っている大学。所在地が渋谷区で神職養成で有名なことからモデルは國學院大學だが、モチーフには男塾(「魁!男塾」)が含まれていると思われる。

佐蔵修道院(さくらしゅうどういん)

東京シャードの新宿地区にある修道院。孤児の養育施設を併設している。
九品田凪や琴村朱音・天音の姉妹がここで育ったほか、家を勘当された吾妻京が高校時代をここの寄宿舎で過ごしていた。また、比良坂夜露も小学校時代はここに通っていたという。
高いエミッション能力を持つ少女が多数ここに集まっていたことと籠目財団が機能を停止して以降の籠目香苗がここを隠れ蓑にアクトレス以上の超人を作り出そうと計画していたことは無関係ではないと思われる。

若葉女子高等学校(わかばじょしこうとうがっこう)

コラボ「フレームアームズ・ガール」に登場。
私立の女子高で所在地は立川と都心からは遠い。源内あおが通っている。詳細はアニメ「フレームアームズ・ガール」にて。

神樹ヶ峰女学園(しんじゅがみねじょがくえん)

「バトルガール ハイスクール」コラボに登場。
表向きは普通の中高一貫の私立女学園だが、その実態は対イロウス組織「星の箱舟」が運営する「星守」養成のための学園である。
「審判の日」で地球がイロウスに制圧された時は神樹と共にスペースコロニ―へ移転したが、「バトルガール ハイスクール」第1部終盤で地球奪還作戦に成功して以降は再び地球に戻った。

アクトレスチーム

チーム・バーベナ

一条綾香・相河愛花・小芦睦海によるアクトレスチーム。
叢雲工業の二軍だった綾香と愛花が成子坂製作所に移籍後、兼志谷シタラがスカウトしてきた睦海を幼馴染の愛花が引き抜いてチームを結成した。押しが強い綾香がリーダーということになっている。
チームの命名は愛花であり、由来はクマツヅラ科の花であるバーベナ。花の色をそれぞれのイメージカラーに見立てている。
イベント「アイドル誕生!」で下落合桃歌にプロデュースされる形でアイドルデビューするがバーベナの3人を自身の売名に利用しようとした桃歌とは決裂。その後もアイドル活動は継続しており、イベント「バーベナを抱きしめて」では新曲とそのプロモーションの様子が描かれた。

チーム トライステラ☆

兼志谷シタラ・二子玉舞・バージニア・グリンベレーによるアクトレスチーム。末尾の「☆」までがチーム名である。
シタラが自分のチームを結成するため学校のオタク仲間であった二子玉舞とゲーセン仲間の小芦睦海をスカウトしてきたものの睦海が愛花のチームに行ってしまったため、人見知りの酷い舞が出撃できない状態になっていた。そこにやはりシタラのオタク仲間で留学生のジニーがアクトレス免許持ちということで加入して「チーム トライステラ☆」が誕生することとなった。
命名はシタラによるもので、自身の名がサンスクリット語の「星」を意味するシタラ、バレエの星「エトワール」を目指す舞、星を国旗に持つジニーの3人で「三ツ星」を意味しているとのこと。
シタラの目論んでいたような華やかなスター街道とはなかなか縁がないが、このメンバーで東京シャード最大の同人誌即売会であるコミックマルシェ(コミマ)に参加した際には初参加サークルとしてはまずまずの結果を残している。
後に、アルフライラシャードの王女でありオタク仲間のファティマ・ベトロラムを加えた4人チーム「トライステラ☆ブレイズ」となった。

ペンタゴンシャードの特殊工作員であるジニーが成子坂製作所に加入したのは、本人曰く成り行きであり特殊工作員の任務としてではないという。

チーム ドクソン

大手芸能事務所「ラスコル」が結成したモデルアクトレスチーム。メンバーは君影唯、村尾未羅、須賀乙莉。
唯と未羅がアクトレスとしての活動よりモデルとしての活動を重視しているため、その実力に比して実績は乏しい。
名前の由来は未羅が唯につけたあだ名「ドクソン」に「負け犬の遠吠え」をイメージした「Dog Song」という言葉を掛けたものである。

yuku_sakana
yuku_sakana
@yukusa_kana

目次 - Contents