ISLAND(第5話『だからあなたをしんじてる』)のあらすじと感想・考察まとめ

「私には時間がないんです!」と焦る沙羅。彼女は過去に戻って火事を防ぎ、自分の「神の子」としての力を取り戻すために行動する。しかし、御原家の地下室に残されていた古文書から伽藍堂家の暗黒の歴史を知ってしまい、本殿に火をつけて心中しようとする。
今回は「ISLAND」第5話『だからあなたをしんじてる』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

「ISLAND」第5話『だからあなたをしんじてる』のあらすじ・ストーリー

沙羅の日常と考察

切那の夢の中に出てきた沙羅によく似た女性

沙羅と切那が同じベッドで寝ている所を凛音が見つけてしまう

切那はまた謎の夢を見る。それは、沙羅によく似た女性が炎に包まれながら切那に叫んでいる夢だった。
女性「人は同じ過ちを繰り返しているんです!この世界をよろしくお願いします!」
その瞬間、切那は目を覚ますが、口から出た言葉は「デカかったな…胸…。」だった。「って違うだろっ!」と勢いよく起き上がった切那がふと横を見ると、そこには何故か沙羅が切那のベッドで一緒に眠っていた。しかも凛音がいつの間にか切那の部屋に入ってきており、その光景を見てしまった。
凛音「切那!どういうこと、これ。」
切那「知らん!目が覚めたらこうなってて…つーかお前なんで起きてるんだ!寝る時間だろ!」
凛音は切那のおかげで最近は昼夜逆転の生活から健康的な生活に変わり、こういう『けしからん事態』も発見できたと返す。切那は『けしからんこと』は何もしていないと必死に弁明する。
すると沙羅が急に起き上がり、凛音に説明した。
沙羅「安心してください。切那さんとは何もしてませんから。実はですね!伽藍堂家の言い伝えの書物を紐解いて、大変なことが分かったんです。だから朝一で伺ったんですが切那さんはぐっすりで。お待ちするうち、私も二度寝したくなりまして…。ではでは来てください!」
沙羅は切那の腕を引っ張って強引に連れて行く。置いて行かれそうになった凛音は「ちょ!待って!私も行くー!」と二人を追いかけた。

浜辺で切那にウミヘビを捕ってほしいと沙羅はお願いする

沙羅が切那と凛音を連れて行ったのは海で、何故か一隻のゴムボートが用意されていた。
沙羅は切那に、媒紋病の症状緩和に浦島周辺特有のウミヘビのエキスが効くということが古い書物に書かれていたが、そのウミヘビは獰猛な性格であるため捕獲しようとした先祖はことごとく命を落としたと説明する。そして、沙羅は切那にそのウミヘビを捕って来てほしいと頼み込む。
断ろうとする切那に、「大丈夫です。私の推測が正しければ、噛まれても切那さんは死にません!」と自信満々に言う沙羅。その上で沙羅は切那と凛音に頭を下げてお願いする。
沙羅「この島には今の媒紋病で苦しむ人々が数百人います。今元気でも発病する可能性のある人はもっともっといるんです。」
沙羅のこの言葉で、頼みをきこうと切那は思い直す。そして、まさか本当にやる気かと聞く凛音に、こう告げる。
切那「こいつはたった一人で神社を守ってる。この島のみんなを幸せにしたいって気持ちだけでな…貸せる力は貸してやりたい。」
そして切那はウミヘビを捕獲するために海に潜り、凛音と沙羅は海上のゴムボートの上で待機していた。
本当に大丈夫かと問う凛音に、沙羅は「噛まれて死ぬ確率はゼロではありません。これは賭けです。」と答えた。怒って凛音は沙羅に反論しかけたが、凛音に土下座をする沙羅を見て言葉を飲み込む。
沙羅「乱暴なやり方をしてすみません。でも私には時間がないんです。明後日の17歳の誕生日までにしなければならないことがあって。切那さんと呼ばれるあの男性は、それを成立させるために時を越えて来たのではないか、というのが私の推論です。」
凛音「でも、切那は自分を切那だって…私のことだって、凛音って…。」
沙羅「では、切那さんは何のために凛音さんの所へ?時を越えてまで来た理由は?そこに必然性がなければ、名前には大きな意味はないと思います。そもそも、二つの名前は浦島の伝説が記憶の奥底にあれば誰でも口にできますから。」
ふと海の方を見た凛音は、切那が何かに噛まれてあがいているのを見つける。沙羅と凛音は慌てて切那を海から引き上げ、診療所へと連れて行った。

切那を噛んだのは、ウミヘビではなくアンドンクラゲで、三日すれば腫れは引くとのことだった。
それを聞いた沙羅が突然切那に抱き着き、「やっぱり切那さんは私の運命の人です。」と謎の言葉を口にする。戸惑う切那と凛音をよそに、「明日もおつき合いしていただけますか?」と沙羅は切那に聞く。切那は何を言われているか分からず、何も言えないでいた。

切那がお風呂に入っていると、凛音が入ってきて沙羅のことを話し合う

その日の夜、切那がお風呂に入っていると服を着たままの凛音が入ってきた。凛音は浴槽に足をつけて切那に話しかけた。
凛音「前に夏蓮ちゃんが言ってた。沙羅ちゃんって、笑っても本当の笑顔に見えないって…。」
切那「俺も気になってた。どっか憂いがあるっつーか…。」
凛音「あなたなら出来るかもね。あの子を本当の笑顔に。」
切那「買いかぶり過ぎだ。」
凛音「だからって…だからって、切那であるのを止めるのは許さないんだからね!」
切那「…やめねーよ。やめたら俺はまた時空の迷子になっちまう。」
そこで二人は黙り込んだ。

玖音にマッサージをする沙羅

次の日、沙羅が朝から御原家に来ており、珍しく玖音がリビングに出て沙羅にマッサージをしてもらっていた。沙羅のマッサージはよく効くらしく、玖音は満足そうだ。玖音のマッサージが終わった沙羅は、「さて、次は切那さんですよ!臨床試験を兼ねて!」と笑顔で切那に言い放つ。
沙羅「では只今より、伽藍堂家の禁断の秘技・昇天孔突きを行わせて頂きます!」
切那「おい大丈夫なのか?それ。」
沙羅「大変危険な技ですが大丈夫です。」
凛音「媒紋の病に効くとされる秘孔なり。然れども極めて危険なツボなれば、僅かでも違えば天国行不可避なり。」
玖音「わー!天国行っちゃうんだー。」
切那は必死で沙羅を止めようとするが、沙羅は容赦なく切那のツボを押した。あまりの痛みに切那は悲鳴を上げて跳ねるように裏返ってしまい、沙羅にあられもない姿を見せてしまった。沙羅は切那がそんな姿を見せてしまった代償に、切那にこれから回る媒紋病患者の家に自転車で連れて行くように指示する。
何だかんだ言いながら切那は沙羅を後ろに乗せて患者の家を回ったが、家の数の多さに驚いた。
切那「お前今まで自力であれだけ回ってたのかー?大変だったろ。」
沙羅「いえ。みなさん『痛みが和らいだ』って喜んで、『また来てね。』って言ってくださいますし。それが私の一番安らぐ時なんです。」

さらに家を回った後、急に乗っていた自転車のブレーキが利かなくなり、沙羅と切那は浜辺の砂浜に投げ出されてしまった。しかし、二人とも怪我はなく無事だった。沙羅と切那が投げ出されて仰向けになったままの格好で、話をし始める。
沙羅「切那さん、やっぱりあなたが私の運命の人のような気がします。あなたが時を越えて来たのは、私と出会って私と再び時を越えるためだと思うのです。」
切那「何だよそれ?」
沙羅「笑わないで聞いて下さい。」
沙羅は切那を覗き込んだ。
沙羅「私は17歳の誕生日までに過去に戻り、一人の男性と結ばれて子どもを産む運命なのです…。そして、その男性があなたです。」
沙羅は切那を自分の家に連れて行き、一枚の写真を切那に見せる。その写真は焼け焦げてはいたが、沙羅によく似た女性が赤ちゃんにお乳をあげている様子がはっきりと写っていた。
沙羅「私にたった一枚だけ残された写真です。産まれたばかりの私と私の母…別の言い方をすれば、私と産まれたばかりの私の娘です。つまり、私を産んだ母はこの私です。」
切那「何言ってんだ、お前?」
沙羅「ロバート・アンスン・ハインラインの『輪廻の蛇』ってご存じありませんか?自分で自分を産むというのはSFではよくあるモチーフですよ。」
切那「SFでは、だろ?」
沙羅「現実にはありえないと?時を越えるという超現実を成し遂げたあなたがそれを言いますか?これを見てください。」
沙羅は切那に、自分の胸の左側にある痣を見せる。それは、写真に写る沙羅によく似た女性の同じ位置にあるのと同じ形の痣だった。
沙羅「幼い頃からずっと不思議でした。しかし凛音さんが神隠しにあって、一つの答えが浮かんだんです。もしも時を越えられるなら、私は私の母になれる。そしてあなたが未来から来たことで確信しました…。私は過去に戻って歴史を変えたいんです。伽藍堂家が本来の愛される存在になるように。しかし、あなたがタイムパトロールなら…。」
切那「過去の改竄を止めに…?」
沙羅「だから私は賭けに出ました…。歴史があなたを是とするなら、危険にさらせばタイムパトロールの記憶がよみがえる。私を是をするなら、よみがえらず私を過去に誘う。あなたは私の運命の人でした…。嬉しいです。これであの火事を止められる…。」
切那「あの火事?」
沙羅「私を地獄に突き落とした火事…私は産まれた時から『神の子』と呼ばれていました。媒紋病を発病する新生児が毎年10人以上いたのに、私が産まれた年から10年間ゼロが続いたんです。でも、火事を境に新生児の発病数は元通り…私に『神の子』としての力がなくなってしまったんです。だから私は母親としてあの火事を防ぎたい…『神の子』の力を守りたいんです。この島の人たちを幸せにしないといけないんです。力をなくした私なんか、生きてる意味ない…だから…お願い…!」
切那に泣きながら縋りつく沙羅。切那はそんな沙羅に何も言えない。

沙羅が切那に見せた写真

突き付けられた闇の歴史

伽藍堂家の闇の歴史について語る凛音の言葉を沙羅は聞いてしまう

御原家に戻った切那は、凛音に沙羅が話していたことを伝える。それを聞いた凛音は、「私には信じられないし、信じたくもない。切那は信じてるの?」と答えた。
切那「分からん。だが俺はとことん付きあうつもりだ。沙羅が自分自身の呪縛を解くまでな。そうしなきゃ、俺が何者なのかも確定できないだろ?」
それを聞いて凛音は暗い表情を見せた。そして重々しく、「言おうか迷ってたんだけど…私見つけちゃったの。伽藍堂家の真実。」と切り出す。
凛音は切那に『伽藍堂家の真実 御原典正』と書かれた古い書物と差し出し、説明する。
凛音「沙羅ちゃんのお母さんが私のお父さんに打ち明けた暗黒の事実。それは、伽藍堂家が一度は封印した忌むべき行いだったみたい。沙羅ちゃんが産まれる前、沙羅ちゃんのおじいちゃんが突然『産まれてくる子は神の子だ』って言いだしたらしいの。『この島は必ず救われる』って。そしてその言葉通り、新生児の発病数は10年連続でゼロになった。人々は伽藍堂家を見直した。でも、それは沙羅ちゃんのおじいさんが沙羅ちゃんの両親に命じた悪魔の儀式の結果だった…。産まれたばかりの赤ちゃんをすぐに日に当てて、目の光彩の変化を見るの。そこに特徴的な変化が出た子どもはほぼ確実に3歳までに発病する。だから、該当する赤ちゃんは死産だったことにして、親を納得させた後…秘密の場所に幽閉して見殺しにしたの。権威を取り戻すための自作自演…。」
しかし、偶々沙羅が御原家を訪れてこの話を聞いてしまっていた。凛音と切那は、沙羅がこの話をしている所に居合わせたことに気づいて走り出した沙羅を追いかける。しかし沙羅は自転車に乗っていたため、追いかけてくる切那をどんどん引き離してしまう。

沙羅は浦島神社の本殿に火を放ち、自らも焼身自殺しようとした

自分は『神の子』などではなく、伽藍堂家に血塗られた歴史があることを知って絶望する沙羅

ようやく浦島神社に着いた切那が目にしたのは、炎に囲まれる本殿だった。沙羅は神社の本殿に火を放ち、ミイラの御神体が納められているという箱の側に座り込んで死のうとしていた。
沙羅「これで因習を実行する私もいなくなる…伽藍堂家も…血塗られた歴史も終わりです…。」
沙羅は自分を助けるために炎の中に入ってきた切那に気づき、「来てはダメ!」と言う。しかし切那が炎の中に入って出てくる前に、神社の本殿は崩れてしまう。

生きる意味とは

沙羅が世話をしていた人々が沙羅の回復を願い、千羽鶴を贈っていた

目を覚ました沙羅は、「ここは…天国ですか?」と呟く。そこは天国ではなく、病院の診療所だった。
御神体が納められている箱のふたを切那が開けると、そこにミイラはなかった。切那は気を失った沙羅を抱えて箱の中に入り、炎と崩れ落ちる本殿から自分たちの身を守ったのだ。五年前の火事は沙羅の両親の心中によるものだったが、『この子だけは』と思った両親は同じように沙羅を箱の中に入れて助けたことを沙羅は知る。
凛音「それよりおめでとう。一昨日、誕生日過ぎたんだよ。沙羅ちゃんはもう17歳。」
沙羅の仮説は間違っていたのだ。それなら自分の胸にある痣は一体何なのだと呟く沙羅に、医者と切那が答えた。
医者「お前さんの痣は生まれつきのものではない。産まれたばかりの時につけられた火傷の痕じゃ。」
切那「ひでぇ話だが、伽藍堂家を継ぐべき娘には全員焼き印が施されたってことだろう。お前の両親は伽藍堂家の血塗られた歴史を終わらせようと心中を選んだ。だが、お前だけは殺せなかったんだ。」
沙羅はそれを聞いて「自分の生きる意味がなくなってしまった。」と落ち込んだ。切那と夏蓮、凛音は沙羅に壁にかけられている大量の千羽鶴を見せた。それは、沙羅がマッサージや世話をしてきた人々から沙羅の回復を願って贈られた物だった。
切那「こんなにあるんだよ。お前の生きる意味は。」
沙羅はそれを見て、自分は生きていていいんだと思い、その場に泣き崩れた。

「ISLAND」第5話『だからあなたをしんじてる』の感想・考察

sakurasnowdrop
sakurasnowdrop
@sakurasnowdrop

Related Articles関連記事

ヨスガノソラ(ゲーム・漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

ヨスガノソラ(ゲーム・漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『ヨスガノソラ』とは、2008年12月5日にCUFFSの姉妹ブランド、Sphereより発売された18禁恋愛アドベンチャーゲーム、およびそれを元にした漫画・アニメ作品であり、Sphereのデビュー作である。本作の企画がCUFFSでは制作が難しかったため、企画と共に新ブランドを立ち上げた。 不慮の事故で両親を亡くした双子の兄妹である春日野悠(かすがの はるか)と春日野穹(かすがの そら)は、それまで住んでいた都会から離れた山奥の田舎町にある父親の実家であり、亡き祖父の家で兄妹二人が生活を始める。

Read Article

月がきれい(アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

月がきれい(アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『月がきれい』は、2017年4月から7月にかけて、全12話(6話と7話の間には6.5話として、前半を振り返る総集編が放送された)で放送されたオリジナルアニメ作品。製作はfeel.である。埼玉県の川越市を舞台に、主人公の中学3年生、安曇小太郎と同じクラスの水野茜が繰り広げる恋愛模様を中心とした、リアルな人間ドラマが描かれている。

Read Article

ヒナまつり(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

ヒナまつり(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『ヒナまつり』とは、有限会社feel.が手がけるアニメーション作品。原作者は大武政夫。 暴力団『芦川組』に属するインテリヤクザ・新田のもとに、楕円形のマシンにくるまれた超能力少女・ヒナが突如現れた。マシンの拘束を解くや否や、素性も目的も明かさないまま謎の念動力で部屋の骨董品を次々破壊していくヒナに対し、身と家財の危険を感じた新田はしぶしぶ彼女を寝泊りさせることになった。 本作はこの2人をはじめとしたちょっぴり可笑しなキャラクター達が繰り広げる、笑いあり涙ありの非日常コメディーである。

Read Article

月がきれい(アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

月がきれい(アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『月がきれい』とは、2017年4月から完全新作オリジナルアニメとしてTOKYO MXなどで放送されたアニメ作品。原作を持たないオリジナルアニメでありながら、アニメ製作には『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。続』などで有名なfeel.、監督には『暗殺教室』で知られる岸誠二にを据え、シリーズ構成は『デジモンアドベンチャーtri』を手掛けた柿原優子など、多くの実力者たちが今作品の製作に携わった。

Read Article

ひぐらしのなく頃に業(アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

ひぐらしのなく頃に業(アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『ひぐらしのなく頃に業』とは、竜騎士07原作のアニメ作品。2006年から断続的にアニメ化されてきた同シリーズ7年ぶりの新作である。序盤の展開は過去作と同じものだが、リメイクではなくリブートだと公式から発表されている。 雛見沢村に引っ越してきた少年前原圭一は、同じ学校に通う部活仲間の竜宮レナや園崎魅音らと共に平和に暮らしていた。しかしある時フリーカメラマンの富竹ジロウという人物から、過去に村で起きた殺人事件の話を聞く。事件のことを調べ始めた圭一に、レナら村人たちは不穏な一面をさらけ出していく。

Read Article

ひぐらしのなく頃に卒(アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

ひぐらしのなく頃に卒(アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『ひぐらしのなく頃に卒』とは、竜騎士07原作のアニメ作品で、2020年放送の『ひぐらしのなく頃に業』の続編。同シリーズは2006年から断続的にアニメ化されてきた人気作である。 繰り返される昭和58年6月の中、日本の田舎町・雛見沢村で次々に起きる怪事件。その全ては、村を出て行こうとする古手梨花を引き留めるために、北条沙都子が裏で糸を引いたものだった。果たして沙都子は事件の裏でどのように暗躍していたのか、無数の惨劇を重ねた彼女たちの行く先に何が待ち受けるのか。物語は真の結末に向けて動き出していく。

Read Article

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。(俺ガイル)のネタバレ解説・考察まとめ

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。(俺ガイル)のネタバレ解説・考察まとめ

「ガガガ文庫」より刊行されている渡航によるライトノベル(2011年~)、及びそれを原作としたアニメ(第一期2013年4月~6月 第二期2015年4月~6月)。自身の書いたひねくれた作文をきっかけに「奉仕部」なる部活に入部させられたぼっちな男子高校生比企谷八幡。彼と、そこで出会った雪ノ下雪乃、由比ヶ浜結衣たちがともに数々の経験を積み重ね、三者三様に変化していく様子がシニカルにコミカルに描かれている。

Read Article

この美術部には問題がある!(この美)のネタバレ解説・考察まとめ

この美術部には問題がある!(この美)のネタバレ解説・考察まとめ

『この美術部には問題がある!』とは、いみぎむるによる日本の漫画作品が原作となるアニメ作品。 漫画は『電撃マオウ』にて2012年12月号より連載中、アニメは2016年7月より9月までTBS系列にて全12話構成で放送された。 月杜中学校の美術部を舞台に、その部員を中心とする個性的なキャラクターが展開する日常ドタバタラブコメディ。

Read Article

だがしかし(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

だがしかし(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

「だがしかし」とは漫画家コトヤマによる少年漫画、及び2016年にfeel.で製作されたアニメーション作品。実際にある駄菓子を扱ったギャグコメディ。実家が駄菓子屋の主人公「鹿田ココノツ」は、父「鹿田ヨウ」に駄菓子屋を継ぐように言われるが、ココノツには漫画家になるという夢があった。そんなココノツの元へ、大手お菓子製造会社「枝垂カンパニー」の社長令嬢で美少女の「枝垂ほたる」が現れた。

Read Article

中間管理録トネガワ(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

中間管理録トネガワ(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『中間管理録トネガワ』とは福本伸行の人気作品である『賭博黙示録カイジ』の作中に登場する利根川幸雄を主人公にしたスピンオフ作品である。兵藤会長の機嫌を伺いつつも部下である黒服をまとめる立場、いわゆる中間管理職である利根川幸雄の苦悩と葛藤を題材にした作品で、月間ヤングマガジンで2015年7月号から2018年2月号まで連載されていた。 2018年7月から12月まで日本テレビの深夜アニメ枠、AnichUで放送されていた。単行本は全10巻発売で完結している。

Read Article

竜宮レナ(ひぐらしのなく頃に)の徹底解説・考察まとめ

竜宮レナ(ひぐらしのなく頃に)の徹底解説・考察まとめ

竜宮レナ(りゅうぐう れな)とは、『ひぐらしのなく頃に』の登場人物で、「かぁいいもの」を偏愛する女子中学生。元々雛見沢の出身だが、幼い頃に親の仕事の都合で茨城県に引っ越し、昭和56年までをここで過ごし、その後昭和57年に故郷へ戻った。転校してきたばかりの前原圭一の面倒を見たりと、優しく献身的な性格で、無自覚な善意の塊。本名は「竜宮礼奈(れいな)」だが、幼少期に実母が不倫相手との子供を妊娠したことで、両親が離婚したことをきっかけに、「レナ」と自称するようになり、周りにもそう呼ばせるようになった。

Read Article

北条沙都子(ひぐらしのなく頃に)の徹底解説・考察まとめ

北条沙都子(ひぐらしのなく頃に)の徹底解説・考察まとめ

北条沙都子(ほうじょう さとこ)とは、『ひぐらしのなく頃に』の登場人物でトラップの名手であり、様々なトラップを自在かつ効果的に駆使する女子小学生である。生意気な性格で年上である前原圭一に、事あるごとにちょっかいをかけたり、憎まれ口を叩いたりしている。古手家の一人娘である古手梨花と親友で、互いに両親を亡くした者同士、寝食を共にする仲である。沙都子の兄である北条悟史を強く慕っており、兄のやっていた野球では、圭一が事前交渉で投げさせたスローボールを見事に打ち取った。活発で運動神経は大変良好である。

Read Article

園崎魅音(ひぐらしのなく頃に)の徹底解説・考察まとめ

園崎魅音(ひぐらしのなく頃に)の徹底解説・考察まとめ

園崎魅音(そのざきみおん)とは、『ひぐらしのなく頃に』の登場人物で、姐御肌のムードメーカーであり、通っている学校では委員長を務めている。勝気かつ男勝りでやや強引な性格で、一人称に「おじさん」を使うことが多い。趣味で集めているゲームを、皆で遊ぶ事を主旨とする「部活」の部長をつとめる。毎日放課後に部活を開き、持ち前の明るさでメンバー達を盛り上げている。転校してきた前原圭一に好意を抱いており、親友である竜宮レナとは親友であり良きライバルでもある。雛見沢村で権力を誇る御三家の園崎家の次期頭首の顔も持つ。

Read Article

古手梨花(ひぐらしのなく頃に)の徹底解説・考察まとめ

古手梨花(ひぐらしのなく頃に)の徹底解説・考察まとめ

古手梨花(ふるで りか)とは、『ひぐらしのなく頃に』の登場人物で、古手神社の一人娘。同学年の北条沙都子と同じ家で生活をしている。毎年6月に行われる「綿流し祭」では、巫女役を務めている。周囲をいつも和ませるが、時に年齢に似合わぬ冷静さも見せる不思議な雰囲気の女の子。自分のことを「ボク」と呼び、「み〜」「にぱ〜」などの口癖を持つ。村人からオヤシロ様の生まれ変わりであると崇められているが、実はオヤシロ様の正体は羽入という少女の見た目をした存在であり、梨花は羽入の姿を唯一目にする事のできる存在である。

Read Article

前原圭一(ひぐらしのなく頃に)の徹底解説・考察まとめ

前原圭一(ひぐらしのなく頃に)の徹底解説・考察まとめ

前原圭一(まえばら けいいち)とは、『ひぐらしのなく頃に』の登場人物で、シリーズ通しての主人公であり、昭和58年5月に東京から雛見沢に引っ越してきた中学2年生の少年である。直情的な熱血漢である反面、デリカシーがなく無神経だったり女心に鈍感なところがある。明るく気さくな性格であり、転校して来てすぐに同じクラスの竜宮レナ(りゅうぐう れな)や園崎魅音(そのざき みおん)といった複数の友人を作った。 都会にいた頃から学業に優れ、優秀な知力を持ち「口先の魔術師」と呼ばれる程非常に口が達者。

Read Article

園崎詩音(ひぐらしのなく頃に)の徹底解説・考察まとめ

園崎詩音(ひぐらしのなく頃に)の徹底解説・考察まとめ

園崎詩音(そのざき しおん)とは、『ひぐらしのなく頃に』の登場人物で、同作ヒロインの一人園崎魅音の双子の妹。物語の舞台である雛見沢村に隣接する興宮で両親と暮らし、全寮制の学校に通っているがサボりがちで、「エンジェルモート」という店でウェイトレスのアルバイトをしている。魅音とは瓜二つで、服や髪型をそろえると見分けがつかないほど。勝気かつ男勝りでやや強引な性格の魅音とは正反対に、女の子らしさを前面に出している。北条悟史に想いを寄せているが、魅音が好意を抱く前原圭一の事も気になっている。

Read Article

鷹野三四(ひぐらしのなく頃に)の徹底解説・考察まとめ

鷹野三四(ひぐらしのなく頃に)の徹底解説・考察まとめ

鷹野三四(たかの みよ)とは、『ひぐらしのなく頃に』の登場人物で、雛見沢村にある入江診療所に勤務する看護婦。普段は知的で物腰柔らかいが、時に他人を見下したような態度をとり、ヒステリックな面も見せる。 筋金入りのオカルトマニアで、フリーのカメラマンである富竹ジロウとは親しい間柄。劣悪な環境の孤児院で育ち、ここを脱走して雛見沢村で医者をしていた鷹野一二三の養女となる。養父の生涯を賭した研究が闇に葬られようとしているのを知り、これを阻止するために軍隊による雛見沢住民の虐殺・雛見沢大災害を画策した。

Read Article

羽入(ひぐらしのなく頃に)の徹底解説・考察まとめ

羽入(ひぐらしのなく頃に)の徹底解説・考察まとめ

羽入(はにゅう)とは、『ひぐらしのなく頃に』の登場人物で、本作の「皆殺し編」から姿を現し、「祭囃し編」では主人公を務める、雛見沢の守り神であるオヤシロ様そのもの。オヤシロ様の生まれ変わりといわれている古手梨花以外の人間には、羽入の姿は認識できない。「祭囃し編」にて、古手家最後の生き残りとして、部活メンバー達の前に現れる。性格は内気で頼りなく子供っぽく、困ったり興奮したりすると「あうあう」としゃべる癖があるが、時折神のように非常に厳粛な喋り方をすることもある。

Read Article

大石蔵人(ひぐらしのなく頃に)の徹底解説・考察まとめ

大石蔵人(ひぐらしのなく頃に)の徹底解説・考察まとめ

大石蔵人(おおいし くらうど)とは、『ひぐらしのなく頃に』の登場人物で、定年退職を間近に控えた興宮署の刑事。雛見沢で毎年起きている連続怪死事件を追いかけており、綿流しの祭りが近づくと頻繁に雛見沢を訪れるようになる。最初の連続怪死殺人事件の犠牲者となったのが、ダムの現場監督であり、大石が「おやっさん」と呼んで慕っていた男であるため、捜査に執着する要因となっている。強い正義感の持ち主だが、定年退職を間近に控えており、刑事でいられる内に真相を突き止めようと強引な捜査手法を用いることがある。​​

Read Article

富竹ジロウ(ひぐらしのなく頃に)の徹底解説・考察まとめ

富竹ジロウ(ひぐらしのなく頃に)の徹底解説・考察まとめ

​​富竹ジロウ(とみたけ じろう)とは、『ひぐらしのなく頃に』の登場人物で、野鳥や風景を撮るフリーのカメラマンである。物腰柔らかく、真面目で大らかな男性。雛見沢村の住人ではないが、村で起きたダム戦争の少し前から季節毎に雛見沢を訪れ、一週間ほど滞在していく。村人とも面識があり、温厚な性格ゆえ評判も悪くない。村の診療所の看護婦である鷹野三四と交際中で、よく一緒に散策する姿を目撃されているが、普段は彼女の尻に敷かれている。実は自衛隊の人間で、雛見沢村への来訪も独立組織を有する鷹野の監視が目的である。

Read Article

北条悟史(ひぐらしのなく頃に)の徹底解説・考察まとめ

北条悟史(ひぐらしのなく頃に)の徹底解説・考察まとめ

北条悟史(ほうじょう さとし)とは、『ひぐらしのなく頃に』の登場人物で、北条沙都子の兄である。園崎魅音と園崎詩音と同学年であり、魅音が立ち上げた当初の部活メンバーの一員である。大人しい性格をしており、よく読書をしており、人の頭をよく撫でる癖がある。困ったときにはよく「むぅ…」と口にしてしまう。入江京介が監督を務める少年野球チーム「雛見沢ファイターズ」に参加していたが、本番に弱いため目立った活躍はなかった。前原圭一が雛見沢に来る前の昭和57年6月の綿流しの日に失踪し、現在行方不明となっている。

Read Article

入江京介(ひぐらしのなく頃に)の徹底解説・考察まとめ

入江京介(ひぐらしのなく頃に)の徹底解説・考察まとめ

入江京介(いりえ きょうすけ)とは、『ひぐらしのなく頃に』の登場人物で、雛見沢村唯一の医療機関、入江診療所の所長である。 その口調や仕種から落ち着いた大人の印象を与え、基本的に真面目な性格。本業の医師のほか、少年野球チーム「雛見沢ファイターズ」の監督も務める。東京から雛見沢に引っ越してきた前原圭一たちからは親しみを込めて「監督」と呼ばれている。村のイベントにも積極的に関わり、村民からも年代問わず厚く信頼されているが、雛見沢の風土病である雛見沢症候群の研究者という裏の顔を持つ。

Read Article

赤坂衛(ひぐらしのなく頃に)の徹底解説・考察まとめ

赤坂衛(ひぐらしのなく頃に)の徹底解説・考察まとめ

赤坂衛(あかさか まもる)とは、『ひぐらしのなく頃に』の登場人物で、警視庁公安部に所属する刑事であり、階級は警部。真面目で正義感が強い性格であり、曲がったことが嫌いな熱血漢。入庁試験、警察学校では優秀で将来有望だが、捜査官としては新米で未熟。建設大臣の孫が誘拐された事件の極秘捜査をする為に雛見沢を訪れ、そこで大石蔵人と古手梨花に出会う。愛妻家であり、同僚達の間では熱愛夫婦として知られており、妻の雪絵は出産を目前にしている。学生時代は麻雀に熱中しており、「馬場の衛」の異名を持つプロ級雀士だった。

Read Article

ISLAND(アニメ全話)のネタバレ解説まとめ

ISLAND(アニメ全話)のネタバレ解説まとめ

『ISLAND』とは、フロントウイング原作のノベルゲーム『ISLAND』のTVアニメ版である。 離島の浦島に流れ着いた青年・切那は、「世界を救う」という使命以外の記憶を失っていた。彼は浦島御三家の一つである御原家の跡取り娘・凛音の家で使用人として働きながら、自身の記憶と世界の謎を解き明かしていく。古の伝承や風土病、本土との確執などの伏線が散りばめられたSFファンタジー。

Read Article

ISLAND(第12話『てをつないでアシタへ』)のあらすじと感想・考察まとめ

ISLAND(第12話『てをつないでアシタへ』)のあらすじと感想・考察まとめ

「玖音はリンネなのか?」と切那は疑問を抱き、玖音が指輪をしていたかどうか、そして、玖音の過去を調べる。そして先代の御原家当主・典正の日記を読んだ切那は、衝撃的な真実を知ってしまう。時を超えた伝承のリンネとセツナの物語。伝承の本当のエンディングが今明かされる。 今回は「ISLAND」第12話『てをつないでアシタへ』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ISLAND(第11話『またあえたけどアナタは』)のあらすじと感想・考察まとめ

ISLAND(第11話『またあえたけどアナタは』)のあらすじと感想・考察まとめ

切那は浦島に戻ってきて凛音や夏蓮、沙羅と改めて出会い、3人を次々と良い方向に変えていく。そして凛音の死という未来を変えるために突き進むが、切那は更なる衝撃の真実に気づく。それは、玖音が切那が愛したリンネではないか、という事実だった。 今回は「ISLAND」第11話『またあえたけどアナタは』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

NEVER ISLAND(第10話『モウクヤミタクナイカラ』)のあらすじと感想・考察まとめ

NEVER ISLAND(第10話『モウクヤミタクナイカラ』)のあらすじと感想・考察まとめ

札なしの子どもたちの救出に向かった切那とカレン、サラ。しかし子どもたちは既に殺されおり、大司教の陰謀で3人は枢機卿を殺害したテロリストに仕立て上げられる。リンネの機転で命からがら街から逃げ出したが、運命は容赦なく4人を襲う。 今回は「NEVER ISLAND」第10話『モウクヤミタクナイカラ』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ISLAND(第1話『またあえたねあなたと』)のあらすじと感想・考察まとめ

ISLAND(第1話『またあえたねあなたと』)のあらすじと感想・考察まとめ

離島の浦島に流れ着いた青年・切那は、「世界を救う」という使命以外の記憶を失っていた。彼は浦島御三家の一つである御原家の跡取り娘・凛音の家で使用人として働くことになる。凛音と切那は昔会ったことがあるようだが、凛音も5年前以前の記憶を失くしていた。二人の出会いにより、失くした記憶の謎が深まる。 今回は「ISLAND」第1話『またあえたねあなたと』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ISLAND(第7話『ずっとすきでいたいのに』)のあらすじと感想・考察まとめ

ISLAND(第7話『ずっとすきでいたいのに』)のあらすじと感想・考察まとめ

凛音は廃屋での記憶を思い出し、切那と共に過去を断ち切った。しかしそれは凛音の失った記憶の一部に過ぎず、凛音は新たな忌まわしい記憶を思い出す。一方、切那も衝撃の事実を知った。凛音は、真実を求めるために1人で嵐の海へ消えてしまう。 今回は「ISLAND」第7話『ずっとすきでいたいのに』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ISLAND(第8話『またあえたらあいしてね』)のあらすじと感想・考察まとめ

ISLAND(第8話『またあえたらあいしてね』)のあらすじと感想・考察まとめ

切那と凛音が辿り着いたのは、凛音が5年前に漂流した暴龍島だった。凛音はそこで真の切那が迎えた結末と想いを知り、過去に決着を着ける。浦島に戻ろうとした2人には、明るい未来が待っているはずだった。しかし浦島に戻った切那が直面したのは、凛音の死という現実だった。 今回は「ISLAND」第8話『またあえたらあいしてね』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ISLAND(第6話『そこにあなたがいればいい』)のあらすじと感想・考察まとめ

ISLAND(第6話『そこにあなたがいればいい』)のあらすじと感想・考察まとめ

夏蓮と沙羅が良い方向に変わり、今度は凛音が変わることを決意する。自分の気持ちに正直になって昼間に積極的に外に出て切那とデートをしたり、ペアグッズを身に付けたりする凛音。そして凛音は、5年前の神隠しに関係する廃屋での記憶を思い出し、過去に向き合い始めた。 今回は「ISLAND」第6話『そこにあなたがいればいい』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ISLAND(第2話『くやまないでほしいから』)のあらすじと感想・考察まとめ

ISLAND(第2話『くやまないでほしいから』)のあらすじと感想・考察まとめ

凛音がかかっているという風土病・媒紋病(ばいもんびょう)。病気のことを調べる切那は、浦島に伝わる伝説と媒紋病の関係を知る。そして自分の失われた記憶は、伝説に関わるものではないかと考え始める。一方、凛音や沙羅、夏蓮も自らの運命に苦悩していた。 今回は「ISLAND」第2話『くやまないでほしいから』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

NEVER ISLAND(第9話『マタアエタナオマエト』)のあらすじと感想・考察まとめ

NEVER ISLAND(第9話『マタアエタナオマエト』)のあらすじと感想・考察まとめ

2万年後の世界で目覚めた切那が出会ったのは、地下シェルター『アイランド』に住む少女・リンネだった。再び記憶を失った切那は、リンネに助けられて生活していた。そんなある日、枢機卿の娘・サラと札なし(無戸籍)の子どもたちのリーダー・カレンと偶然知り合ったことで、アイランドを取り囲む真実を2人は知る。 今回は「NEVER ISLAND」第9話『マタアエタナオマエト』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ISLAND(第3話『ただしいゆめのつむぎかた』)のあらすじと感想・考察まとめ

ISLAND(第3話『ただしいゆめのつむぎかた』)のあらすじと感想・考察まとめ

凛音を昼の海に連れ出す作戦を実行し、成功した切那たち。楽しい時間を過ごす4人だが、ある廃墟を見つけた時に凛音の様子がおかしくなり気を失ってしまう。媒紋病や島の伝説、失われた記憶など様々な事柄が絡まり、謎は深まるばかりだ。一方、過去から目を逸らす凛音に対して、夏蓮は自分を変えるための行動を起こす。 今回は「ISLAND」第3話『ただしいゆめのつむぎかた』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ISLAND(第4話『このせかいはひみつだらけ』)のあらすじと感想・考察まとめ

ISLAND(第4話『このせかいはひみつだらけ』)のあらすじと感想・考察まとめ

夏蓮に頼まれて夏蓮の結婚式を滅茶苦茶にすることにした切那。許婚の播守や凛音、沙羅もその計画に協力して成功し、夏蓮と切那は本土の夏蓮の母親の元に向かう。しかし見つけたのは夏蓮の母親のお墓だった。夏蓮の母親の元教え子と話をした夏蓮は、自分の決めた人生を生きる決意をする。 今回は「ISLAND」第4話『このせかいはひみつだらけ』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

中間管理録トネガワ(アニメ全話)のネタバレ解説まとめ

中間管理録トネガワ(アニメ全話)のネタバレ解説まとめ

「中間管理録トネガワ」とは言わずと知れた「カイジ」作中に登場する宿敵、利根川幸雄のスピンオフアニメ作品である。 大勢の部下(黒服)達を束ねる幹部でありながら、帝愛グループ会長である兵藤和尊のご機嫌を常に最も身近で気にしなければならない、いわば中間管理職に位置する男、利根川幸雄の苦悩と葛藤を描いた物語である。

Read Article

目次 - Contents