BLEACH(ブリーチ)のオサレすぎるポエムまとめ

ジャンプの大人気漫画・『BLEACH』。BLEACHは個性的なキャラクターの服や、キザなセリフなどが原因でファンからは『オサレ漫画』と評されている。
そんなBLEACHの単行本にはそれぞれに「オサレ」なポエムが記載され、魅力の一つとなっている。
そんなオサレポエムを単行本1巻から最終巻まで、まとめて掲載する。

心在るが故に妬み 心在るが故に喰らい 心在るが故に奪い 心在るが故に傲り 心在るが故に侮り 心在るが故に怒り 心在るが故に お前のすべてを欲する

虚無を司るウルキオラだが、その最後には人間の心を理解することができた。
そんなウルキオラの心を表すポエム。

失くしたものを 奪い取る 血と肉と骨と あとひとつ

BLEACHは各巻にサブタイトルが決められている。41巻のサブタイトルは『HEART』となっており、「あとひとつ」とは「心」を指しているのだと思われる。

犠牲無き世界など ありはしない 気付かないのか 我々は 血の海に 灰を浮かべた地獄の名を 仮に世界と 呼んでいるのだ

「犠牲」を司るハリベルの考えを表したもの。
ハリベルは破面になる前、倒した虚を食って力にしようとはしなかった。ハリベルは「犠牲によって得た力で強くなりたいとは思わない」と考えていた。しかし、虚夜宮を支配していたバラガンに目をつけられ、部下が犠牲となって倒されてしまう。ハリベルはその時に力を得なかったことを悔やみ、自身の考えが間違いであることを悟った。

腐敗は我が友 夜は我が僕 鴉にこの身を啄ませながら 楡の館でお前を待つ

「老い」を司るバラガンを表したポエム。
虚夜宮の王であったバラガンは誇りを失っておらず、軍門に下ってもなお愛染の首を狙っている。「お前」とは愛染のことを指していると思われる。

人は皆すべからく悪であり 自らを正義であると錯覚する為には 己以外の何者かを 己以上の悪であると 錯覚するより 他に無いのだ

確信した正義とは、悪である 正義が正義たり得る為には 常に自らの正義を疑い続けなければならない

44巻には2つのポエムがある。

前者の意味はそのまま。「正しさ」を問うポエム。

東仙は想い人を死神によって殺されている。死神になったのも復讐を果たすためだった。
「一護たち(死神)が善である」という視点に異を唱える東仙の考え。

伏して生きるな、立ちて死すべし

意味はそのまま。元柳斎、または護廷十三隊の信念を表している。
後に元柳斎はユーハバッハに左肩から右脇にかけて両断されるが、半身は死してなお倒れず、右腕はユーハバッハのマントを掴んで離さなかった。

不幸を知ることは 怖ろしくはない 怖ろしいのは 過ぎ去った幸福が 戻らぬと知ること

意味はそのまま。
幼馴染である市丸との日常を取り戻せないことを恐れる松本の心情。

君が明日 蛇となり 人を喰らい 始めるとして 人を喰らった その口で 僕を愛すと 咆えたとして 僕は果たして 今日と同じに 君を愛すと 言えるだろうか

shuichi
shuichi
@shuichi

Related Articles関連記事

BLEACH(ブリーチ)の護廷十三隊隊長・副隊長まとめ

『護廷十三隊』とは、尸魂界の護衛や、魂魄の保護、虚の退治などを行う死神による実行部隊である。3000人ほどの死神が在籍しており、十三の部隊に分けられている。それらの部隊を率いる隊長と副隊長は選りすぐりの実力者である。隊長や副隊長は『BLEACH』における重要人物ばかりで、一護の仲間となって敵と戦っていく。

Read Article

BLEACH(ブリーチ)の十刃(エスパーダ)まとめ

『十刃』とは、藍染によって作り出された死神と虚の力を持つ『破面』の中で、桁違いに殺傷能力が高い10体の事である。十刃はランク付けされており、身体のどこかに数字が刻印されている。その数字が小さい者ほど強い。 個性的なキャラクターの集まりで、一護や護廷十三隊の面々と熾烈な戦いを繰り広げていく。

Read Article

BLEACH(ブリーチ)の斬魄刀と始解・卍解まとめ

「卍解」とは、久保帯人によって週刊少年ジャンプに連載されていたマンガ作品「BLEACH」(ブリーチ)に登場する戦闘技術のひとつである。死神が持つ斬魄刀は所持者が解号(特定のキーワードと斬魄刀の名)を唱えることで二段階の能力解放が可能であり、一段階目の解放が「始解」、二段階目の解放が「卍解」と呼ばれる。

Read Article

BLEACH(ブリーチ)の名言・名セリフまとめ

久保帯人による日本の漫画作品。愛称は『鰤』。 死神をテーマにした作品は現代において珍しく、また既存の死神のイメージを打破するようなキャラクター設定や世界観が多くの読者を魅了した。 多種多様な能力や奥深い設定、独特なセリフなどが本作の魅力となっており、連載が終了した今でもなお、根強い人気を誇っている。

Read Article

【見ればアナタもオサレになれる!!】 BLEACH~ブリーチ~の”オサレポエム”まとめ ~その1~

他を寄せ付けない圧倒的なセンスを漫画にぶつける漫画家・久保帯人先生。その才能はイラスト、ストーリー、その他全てにおいて読者をBLEACHの世界観に引き込んでいきますが、特に飛び抜けているのが台詞回し、すなわちポエムのセンスです。久保帯人先生のオサレポエムを見て、アナタもオサレになりませんか?

Read Article

BLEACH(ブリーチ)【基本情報】

「BLEACH(ブリーチ)」は、週刊少年ジャンプで2001年から2016年まで、15年にわたって連載された久保帯人先生による漫画作品。アニメ化、映画化、舞台化、ゲーム化などの各メディアミックスに展開を魅せる一方で、世界中で翻訳されたりコスプレイヤーが存在し、「ワンピース」や「ドラゴンボール」に次ぐグローバル漫画でもある。

Read Article

目次 - Contents