燃えよドラゴン(Enter the Dragon)のネタバレ解説・考察まとめ

『燃えよドラゴン』とは、1973年に香港とアメリカの合作により製作されたカンフーアクション映画。 世界各国で大ヒットとなり、カンフー映画ブームをまき起こした。主演は香港の俳優で、武術家でもあるブルース・リー。彼は本作の完成直後に急死し、今作が遺作となった。香港の沖に浮かぶ要塞島で、武術の達人を集めたトーナメントが開かれた。英国政府の要請で秘密諜報員として大会に参加した中国人青年リーは、島で行われている麻薬密売の証拠をつかみ、少林寺拳法を武器に強大な悪と対決する。

ハン(演:シー・キエン)

武術トーナメントの開催者。
かつて、リーと同じ少林寺の道場で拳法を学んでいたが破門となり、今は香港沖の離島を所有、3年に一度格闘技トーナメントを開催している。
島では覚せい剤を密造しており、世界各国から拉致した女性をドラッグ漬けにして海外に売り飛ばしている。
銃で殺されかけた過去があり、そのせいか左手が無く、義手を使用している。屋敷の展示室にはギロチンなどの世界の拷問道具と一緒に“鉄のツメ”などの義手も展示されていて、人間の左手の骨もある。

タニア(演:アーナ・カプリ)

ハンの手下で、島に拉致されて来た女性たちの監視役。
トーナメントの招待客の部屋に、女性たちを連れて回って夜のお相手をさせていた。
トーナメント戦では常にハンの傍らにいて、彼の世話をするため女性たちを指示している。

ブレイスウェイト(演:ジェフリー・ウィークス)

国際情報局員。
少林寺にリーを訪ね、ぜひ武術トーナメントへ参加して欲しいと頼む。その後ホテルの一室でハンの情報をリーに伝え、島にはすでに女性を送り込んでいて、何か掴んでいるかもしれないと女性の写真を見せた。リーに盛んに酒を勧めるがその度断られる。

オハラ(演:ボブ・ウォール)

ハンの一番弟子で国籍は不明。トーナメントの参加者でもある。
3年前の大会の時、香港の街を父と歩いていたリーの姉、スー・リンにちょっかいを出し、追い込んだが目前で彼女に自殺をされた。そのことでリーに敵とされ、トーナメントの直接対決では、リーに叩きのめされ殺される。

スー・リン(演:アンジェラ・マオ)

リーの実の姉。
父と香港に住んでいたが、3年前の大会の時に街に来ていたハンの手下、オハラとその子分たちに絡まれ、格闘するも絶体絶命に追い込まれ、自ら命を絶つ。

メイ・リン(演:ベティ・チュン)

ブレイスウェイトからリーより前にハンの島へ送り込まれた女性諜報員。
リーに夜のお相手として指名され、彼がブレイスウェイトからの依頼で来たと判ると、監視が厳しく何も掴めてはいないが、ハンに呼び出された女性が次々と姿を消すという事実を伝え、今度は自分の番が来るかもしれないと話す。

ボロ(演:ヤン・スエ)

ハンの手下で島の用心棒的なポジションの怪力男。
トーナメントでは進行役も務めていた。
リーが夜に外出して起こした事件に関わった(捕らえられなかった)警備員たちを、ハンの命令で全員の見ている前で次々と血祭に上げた。

パーソンズ(演:ピーター・アーチャー)

武術トーナメントに参加する外国からの招待客。国籍は不明。
香港から離島へ向かう船の中でリーに絡むが、逆に小舟に乗せられロープでけん引される。
トーナメントの初戦でウィリアムスと対戦し、簡単にノックアウトされた。

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

ドラゴン怒りの鉄拳(Fist of Fury)のネタバレ解説・考察まとめ

『ドラゴン怒りの鉄拳』とは、1972年制作の香港映画。前作『ドラゴン危機一発』の大ヒットで一躍、香港のトップスターとなったブルース・リー主演の一連のカンフー映画の第2作目。日本公開は1974年。日本帝国主義が横行している1900年代初頭の上海を舞台に、中国武術の道場「精武館」を潰そうと企む日本人武術家一派に恩師を殺された青年が復讐を果たすため、単身で一派に立ち向かう姿を描く。

Read Article

ドラゴンへの道(ブルース・リー)のネタバレ解説・考察まとめ

『ドラゴンへの道』とは、イタリア・ローマを舞台に、ギャングの悪行に立ち向かっていくカンフーの達人や中華料理店の従業員姿を描いたカンフー映画である。主演のブルース・リーが初監督を務めた海外ロケ作品であり、前二作『ドラゴン危機一発』『ドラゴン怒りの鉄拳』とは対照的にコミカルな演技が多々見られる。また、クライマックスでのブルース・リーとチャックノリスとのコロッセウムでの対決場面は、現在でも語り草となっており、多くの映画人にも影響を与えた。

Read Article

ドラゴン危機一発(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ドラゴン危機一発』とは、1971年制作の香港映画。アメリカから香港に凱旋したブルース・リーがゴールデン・ハーベスト社と契約して主演した一連のカンフー映画の第1作目。香港では当時の映画興行記録を更新する大ヒットとなった。日本では大ヒット映画『燃えよドラゴン』の人気を受けて1974年に劇場公開された。 町の製氷工場で働く事になった田舎の青年が、その工場に麻薬犯罪がからんでいる事を知り、工場一味に戦いを挑む。

Read Article

目次 - Contents