メッセージ(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『メッセージ』(原題:Arrival)とは、本作後に「ブレードランナー2049」を撮るドゥニ・ヴィルヌーヴ監督によるSFムービー。
突如地球上に現れた巨大な宇宙船。飛来した目的を探ろうと、船内の異星人とコミュニケーションをとるため軍に依頼された女性言語学者が、彼らと接触するうちに未来を見ることが出来るようになり、自分の人生を見つめ直していくシリアスタッチの知的なドラマ。2016年製作のアメリカ作品。

ルイーズ・バンクス(演:エイミー・アダムス、吹替:中村千絵)

モンタナ州で暮らす独身の言語学者。
突如、地球に飛来した宇宙船の異星人の目的を探るため、アメリカ軍から彼らの言語の解読を依頼される。異星人とのセッションを繰り返し、彼らの特殊な円形の言語を解読する中で、言葉の意味を理解するだけでなく、未来を見ることが出来る異星人の感覚をも共有できるようになる。
中国やロシアが宇宙船に脅威を覚えて攻撃を開始しようとした時、未来で中国の要人と会話したイメージが彼女の脳裏に浮かび、そのイメージを駆使して中国の武装を解除することに成功する。
異星人と接触を繰り返すうち、彼女の脳裏に少女のイメージが度々浮かび、少女が実は自分の娘で10代で重い病気にかかって亡くなるという未来を見てしまう。
彼女と一緒に異星人とのセッションを行った理論物理学者イアンと親しくなり、彼から結婚を申し込まれるが、自分と彼との間に生まれた娘が早くに亡くなると知ったうえで、何が起こってもその瞬間を大切にすると心に決め、それを承諾する。

イアン・ドネリー(演:ジェレミー・レナー、吹替:加瀬康之)

理論物理学者。
ルイーズと共に異星人の言葉の解読に努める。
異星人が7本の足を持っていたことから、ギリシャ語で7本の足を意味するヘプタポッドと名付ける。また宇宙船内にいた2体の異星人を、人間と同じように名前を付けて呼ぶことにしようとアボット&コステロと名付ける。地球になぜ12体もの宇宙船が現れたのかを異星人の円形の文字の群れから分析し、最後にその答えを導き出す。
ルイーズに好意を寄せており、解読の任務に疲れ気味の彼女を心配している。
世界がバラバラになりかけたのをルイーズの行為でまた元の平和な状態に戻った後、彼女にプロポーズする。
ルイーズの見た未来では、結婚後に彼女から娘が早くに亡くなることを教えられ怒った彼はルイーズと別れることになるが、そのことはまだ知らない。

ウェバー大佐(演:フォレスト・ウィテカー、吹替:立木文彦)

アメリカ軍の厳格な大佐。
ルイーズが、軍の諜報機関の依頼でペルシャ語を翻訳したことがあり、そのときの功績を買って異星人の声を彼女に聞かせ解読させようとする。ルイーズが直接異星に会ってセッションしなきゃ解読できないと言うと、それはできないと他の学者を当たろうとするが別の学者では荷が重く、結局彼女の主張を受け入れる。
異星人とのセッションでは、軍人らしくルイーズ達が余計なことをしないように行動を常にチェックしている。
異星人の飛来目的を早く知りたいとルイーズ達を急かせるが、順を追って異星人にこちらのことを理解させる必要があり、それには時間がかかると彼女が説明すると納得して受け入れるところもあり、あまり杓子定規に物事を考えることはないようだ。

デヴィッド・ハルペーン捜査官(演:マイケル・スタールバーグ、吹替:石原辰己)

CIA(中央情報局)の職員。
宇宙船が飛来したモンタナのキャンプ地で、宇宙船が現れた各国の出現地域とライン回線を通して情報交換を行う任務を取り仕切っている。
彼がたまたま机の上に置き忘れた携帯電話でルイーズが中国の宇宙船攻撃を阻止しようとシャン上将に連絡を試みているとき、それを知った彼は躍起になって電話をかけている人物を探す。

マークス大尉(演:マーク・オブライエン、吹替:川原元幸)

アメリカ軍兵士。
ルイーズ達が異星人とのセッションを行う時に同行し、セッションの様子をモニターカメラを通してキャンプ地に送っていた。
テレビのニュースや異星人の飛来を危惧する動画サイトを見て、異星人は人類の敵だと思うようになる。ルイーズ達の解読によって「武器を提供」という言葉が出てきた時、それが決定的なものとなり、同じ気持ちの兵士仲間と共に宇宙船破壊を計画して船内に時限爆弾を仕掛ける。
だが、仕掛けた後で警備兵に見つかり、地上で銃撃戦が始まるが彼が命を落としたかどうかは不明。(映画では銃撃音だけで結果は描かれていない)

シャン上将(演:ツィ・マー、吹替:堀越富三郎)

中国人民解放軍の幹部。
宇宙船に対し他国に先駆けて攻撃態勢をとることを決断する。だが、攻撃の直前にルイーズから直接受けた電話で、彼の愛する妻が死ぬ間際に言った言葉を聞き、自分しか知らないことを彼女が言ったことに驚き、「異星人は敵ではない」と言う彼女の話を信じて、攻撃の中止命令を出す。

ヘプタポッド(異星人)

宇宙船で地球に飛来した異星人。7つの足を持つことからヘプタポッドと名付けられる。ヘプタポッドには未来・現在・過去という概念がなく、時間を超越した生命体であり、未来に起こる出来事を認識することが出来る。
アメリカに飛来した宇宙船には2体のヘプタポッドが乗っており、ルイーズとイアンが自分の名前を彼らに伝えた時、彼らにも呼び名がいるとイアンが“アボット、コステロ”と名付ける。
マークス大尉が仕掛けた時限爆弾からルイーズ達を助けようとしてコステロは死んでいく。
残されたアボットは、ルイーズに自分達が地球にやって来た理由を伝え、彼女が自分達の円形の文字を解読するなかでヘプタポッド同様に未来が見えるようになったことを説明し、彼女を宇宙船への中国の攻撃を止めさせる行為へと導く。

『メッセージ』の名言・名セリフ/名シーン・名場面

「シーナ・イーストンの曲がヒットした所」

yo12jack8
yo12jack8
@yo12jack8

Related Articles関連記事

君の名前で僕を呼んで(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

君の名前で僕を呼んで(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『君の名前で僕を呼んで(Call Me by Your Name)』とは、2017年に公開されたルカ・グァダニーノ監督による青春・ラブロマンス映画。17歳エリオは大学教授の父が招いた24歳の大学院生オリヴァーとひと夏を共に過ごす。そんなエリオの初めての、そして生涯忘れられない恋の痛みと喜びを描いている。本作はアンドレ・アシマンが2007年に出した小説『Call Me by Your Name』を原作としている。今作では原作の物語の途中までしか描かれておらず、続編の構想が明かされている。

Read Article

魔法にかけられて(ディズニー映画)のネタバレ解説・考察まとめ

魔法にかけられて(ディズニー映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『魔法にかけられて』とは、2007年にウォルト・ディズニー・ピクチャーズが製作したミュージカル映画。ディズニー伝統のアニメーションと実写を融合し、過去のディズニー作品からのセルフパロディや楽しいミュージカルナンバーを随所にちりばめて描いたファンタジック・ラブ・コメディ。王子との結婚式の日に魔女に騙されて現代のニューヨークへと送り込まれたおとぎの国のプリンセス・ジゼルは、見知らぬ世界の中で困り果てていた時、弁護士の男性・ロバートと出会い、やがて彼に惹かれていく。

Read Article

ボーン・レガシー(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

ボーン・レガシー(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ボーン・レガシー』とは『ボーンシリーズ』の4作目で、2012年公開のサスペンス・アクション映画。記憶を失くした元CIAトップ工作員ジェイソン・ボーンをめぐる陰謀を描いた前3部作の裏で同時進行していたストーリーを描くスピンオフ的作品。ボーンの存在によりCIA上層部でさえ知らない国家的極秘計画が暴かれる危機が発生。計画隠蔽のために襲われた工作員アーロン・クロスの逃避行が描かれる。『ボーンシリーズ』の世界観を継承したストーリー展開に加え、前3部作後のCIAの状況もわかるファン必見の物語である。

Read Article

シェイプ・オブ・ウォーター(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

シェイプ・オブ・ウォーター(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

シェイプ・オブ・ウォーター(The Shape of Water)とは、2017年にアメリカで公開された、声の出ない中年女性と半魚人のラブ・ロマンスを描いた作品。前代未聞のラブストーリーということで、2018年に日本でも公開され話題になった。ギルレモ・デル・トロ監督作品の中でも傑作と呼ばれる本作で、サリー・ホーキンスの演技が高く評価された。

Read Article

アベンジャーズ/エンドゲーム(MCU)のネタバレ解説・考察まとめ

アベンジャーズ/エンドゲーム(MCU)のネタバレ解説・考察まとめ

『アベンジャーズ/エンドゲーム』とは、2019年に公開されたアメリカ合衆国のスーパーヒーロー映画である。マーベル・コミック『アベンジャーズ』の実写映画化作品としては4作目で、完結編となる。マーベル・コミックの実写映画で、世界観を共有するクロスオーバー作品として2008年公開の第1作『アイアンマン』から続いてきたMCUシリーズとしては22作目、本シリーズのフィナーレとなっている。サノスとの戦いに敗北し宇宙を漂流していたトニー・スタークは、キャプテン・マーベルの協力によって地球へと帰還する。

Read Article

ボーダーライン(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

ボーダーライン(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ボーダーライン』とは2015年に製作された犯罪・サスペンス・アクション・ドラマを扱ったアメリカ映画である。現場で活躍するFBIの女性捜査官がメキシコの麻薬カルテル撲滅のために組織されたチームにスカウトされ、アメリカとメキシコを股にかけた麻薬戦争の実情を目の当たりにするという話である。監督は『ブレードランナー2049』のドゥニ・ヴィルヌーヴが務め、『オール・ユー・ニード・イズ・キル』のエミリー・ブラント、『トラフィック』のベニチオ・デル・トロらが出演した。

Read Article

マン・オブ・スティール(DCEU)のネタバレ解説・考察まとめ

マン・オブ・スティール(DCEU)のネタバレ解説・考察まとめ

『マン・オブ・スティール』とは、2013年に公開されたアメリカ合衆国のスーパーヒーロー映画。「DCコミックス」の人気アメリカン・コミック『スーパーマン』の実写映画作品である。『スーパーマン』シリーズを含めると、本作は通算第6作目の作品だ。科学や文明が発達して人工生育が常識である、地球から遠く離れた惑星「クリプトン」で、数百年ぶりに自然出産で「カル=エル」という子供が生まれた。のちに「スーパーマン」と呼ばれる彼は、子供のいなかった夫妻に育てられたのち、自分の出自を知るための旅にでる。

Read Article

バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生(DCEU)のネタバレ解説・考察まとめ

バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生(DCEU)のネタバレ解説・考察まとめ

『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』とは、2016年に公開されたアメリカ合衆国のヒーローアクション映画。「DCコミックス」から出版された人気アメリカン・コミック『バットマン』と『スーパーマン』を原作とした、実写映画作品である。『マン・オブ・スティール』で、地球の危機を救ったスーパーマンだが、その戦いでの被害は甚大なものであった。地球外から来た異星人は追放すべきだと世論が強まっていく中、バットマンも自社のビルを破壊されて社員を失ったことから、スーパーマンを危険視してしまう。

Read Article

ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

トム・クルーズの代名詞ともいえる大ヒットスパイアクションのシリーズ第5作。2015年公開のアメリカ映画。監督は、クルーズ主演映画「アウトロー」のクリストファー・マッカリー。各国の元エリート諜報部員を集めた謎のスパイ組織「シンジケート」の暗躍により、秘密工作機関IMFはまたも解体の危機に陥る。組織の後ろ盾を失いながらも、イーサンは仲間とともに世界の危機を救うため史上最難関のミッションに挑む。

Read Article

ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

往年の人気TVシリーズを、トム・クルーズ製作・主演、「Mr.インクレディブル」のブラッド・バード監督で映画化した大ヒット・アクションシリーズ第4弾。前作から5年後の2011年、日米同時公開。爆弾テロ犯の濡れ衣を着せられたイーサン・ハントとそのチームが、組織の後ろ盾を失いながらも事件の黒幕を突き止めるべく世界を股に過酷なミッションに挑む姿を圧倒的なスケールで描き出す。

Read Article

完全なるチェックメイト(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

完全なるチェックメイト(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『完全なるチェックメイト』とは、2015年にアメリカで公開された天才チェスプレイヤー、ボビー・フィッシャーの半生を描く伝記ドラマ映画。冷戦下の1972年、15歳でチェスのグランドマスターとなったボビー・フィッシャーは、その奇抜な言動から周囲から変わり者と扱われてきた。そんなボビーは世界が見守るチェス最強国のソ連が誇るボリス・スパスキーとの対局で苦戦しながらも驚くべき戦略でスパスキーに立ち向かう。チェスの世界で精神の極限状態に追い込まれるボビーを緊張感のある表現で描かれている。

Read Article

目次 - Contents