夏色キセキ(スフィア)のネタバレ解説・考察まとめ

『夏色キセキ』は2012年4月から6月まで放送されたテレビアニメ。
2009年の結成当初から温められていた寿美菜子、高垣彩陽、戸松遥、豊崎愛生による声優ユニット「スフィア」の4人を主演にしたアニメの企画が実現したもので、静岡県下田市に住む女子中学2年生4人の日常と、御石様と呼ばれる願い事を叶える不思議な石の力によって巻き起こる「キセキ」が描かれている。
作品の舞台となった下田市民からは作品終了後も愛されており、キャラクターの誕生日が近付くと「誕生日会」と銘打ったオフ会イベントが行われている。

『夏色キセキ』の概要

『夏色キセキ』とは、2012年4月から6月まで放送されたテレビアニメ。

寿美菜子、高垣彩陽、戸松遥、豊崎愛生による声優ユニット、スフィアの4人が主役を演じるアニメとして話題になった。

2009年のスフィア結成当初から進行していたスフィアの4人を主演にしたアニメの企画が実現したもので、2011年9月17、18日に国立代々木競技場第一体育館で開催されたライブ『スフィア ライブ 2011 Athletic Harmonies』に於いて、スフィアの4人が主役を演じるアニメ『夏色キセキ』が2012年に放送されると発表された。

スフィアありきという事もあって、主要人物の女子中学生4人も、彼女達を演じる声優の性格や容姿をヒントにデザインされている。
BDの特典映像で、会議室に集まったスフィアの4人が監督の水島精二からスフィアの4人を主役に起用したアニメの制作が決まったという企画の発表と、配役、設定など作品に関する詳しい説明を受ける映像が記録されている。企画書とキャラクターデザインを見たスフィアのメンバーも「この子は私に似ている」と語るなど、配役は当初から決まっていた。

静岡県下田市を舞台(8話、9話は八丈島が舞台となっている)としており、下田南中学校に通う女子中学生4人が「御石様」と呼ばれる、願い事を叶える不思議な石の力によって引き起こされる「キセキ」を経験しながら成長するのが見どころである。

コンビニエンスストアのローソンが制作協力しており、ローソン下田駅前店が作中でも度々登場している。(EDのクレジットでも「協力 LAWSON」と出ているが、夏海達は「コンビニ」とだけ呼んでおり「ローソン」という店名は出していない)
アニメの放送中は200円以上の買い物でオリジナルグッズのクリアファイルをプレゼントなど、ローソンとのコラボレーション企画も行われた。
その他にも、伊豆急行などローソン以外にも『夏色キセキ』とコラボレーション企画を行った企業が作中に実名で登場している。

作品の舞台となった下田市民からは作品終了後も愛されており、キャラクターの誕生日が近付くと「誕生日会」と銘打ったオフ会イベントが行われている。

『夏色キセキ』のあらすじ・ストーリー

「仲良し4人組」のはずだが、1話の時点で大喧嘩という最悪の雰囲気で『夏色キセキ』は始まる。

静岡県下田市にある下田南中学校に通う逢沢夏海、水越紗季、花木優香、環凛子の4人は小学校の頃からずっと一緒にいる仲良しの4人組だった。

夏休みが間近に迫っていた2012年の夏、テニス部に所属する夏海は試合でペアを組む紗季が練習に姿を見せなくなった事にイライラを募らせていた。
一方の紗季は「何故部活に来ないのか」と詰め寄る夏海に対してまともな答えを返さず、素っ気ない態度に終始する。

そして、紗季の態度に怒りを爆発させた夏海が絶交を宣言する大喧嘩へと発展してしまう。

突然の紗季の転校に驚くとともに、何故言わなかったのかと夏海の怒りは更に強くなる。

小学校の頃から喧嘩の度に絶交と言い合っていた夏海と紗季だったので、優香と凛子は2人を心配しつつもすぐに仲直りすると楽観視していたが、終業式当日、紗季が両親の仕事の都合で転校する事が明らかになり状況は一変する。

そして、転校という大事な事を自分達に対して一言も言わなかった事への怒りから夏海と紗季の喧嘩は更に深刻化する。

スフィア全員が主役のアニメという触れ込みで注目を浴びた『夏色キセキ』は、登場人物の大喧嘩の末に空を飛ぶという前代未聞のスタートだった。

ギスギスした雰囲気のまま夏休みに入るどころか、喧嘩したまま離れ離れになってしまう事だけは避けたい優香と凛子は、優香が倒れたと偽って夏海と紗季を呼び出し、幼い頃に4人でアイドルを目指そうと誓った御石様の前で改めて仲直りするよう説得するが、夏海と紗季はまたも喧嘩を始めてしまう。

仲直りする気配のない夏海と紗季に加え、優香が泣き出すなど収拾の付かない事態となってしまうが、空を見上げた凛子が何気なく(監督曰く「空気を変えるため」)呟いた「空飛びたいな」という言葉に全員が反応した瞬間、4人は本当に空を飛んでいた。

空の上で今起きている事が現実と信じられなかった夏海達だが、空を飛びたいという願いが、願い事を叶えてくれる御石様の力で実現した事を確信する。

4人の中で最も大人に見える紗季だが、ベッドから飛び降りて飛べるか試すなど前日の体験が信じられずにいた。

「御石様が願いを叶えてくれた」とその場で言ったものの、空を飛ぶという非現実的な話が簡単に信じられるはずがなく、着地した直後に優香が腰を抜かしてしばらく立てなくなってしまうなど、自分達の経験が信じられずにいた。

紗季は腰を抜かした優香を心配する素振りも見せず、帰るとだけ言って真っ先に立ち去るが、ベッドから飛び降りて本当に空を飛べるか確かめるなど御石様の力が気になっていた。
それは夏海、優香、凛子も同じで、優香は御石様の前で考えた願い事を呟くなど特にご執心だった。

一方、夏海と紗季は仲直りしたいと心の中ではお互いに思っていたものの、顔を合わせたらすぐ口論になるなど相変わらずの状態だった。

優香と凛子が発した「二人が一つになったら最強」という言葉に御石様が反応して、夏海と紗季はくっついたまま離れなくしまう。

そんな夏海達にいい加減仲直りして欲しいと思いながら、優香と凛子が発した「二人が一つになったら最強」という言葉に御石様が反応して、本当に夏海と紗季はくっついたまま離れなくしまう。

この願いの元凶である優香を捕まえるため夏海と紗季は姫石神社に向かうが、明らかに怒った様子の夏海達を見て優香と凛子は逃げ出す。
逃げる優香と凛子を追う夏海と紗季は息の合った二人三脚で下田市を走り回り、最終的には無事に仲直りして、紗季は残った時間を夏海達と一緒に過ごす事を決意した。

自分のミスでオーディションを台無しにしてしまった優香だが、夏海達の励ましを受けて元気を取り戻す。

その後も4人の中身が入れ替わったり、夏海が2人に増えたり、旅行先の八丈島で紗季が透明人間になったり、4年前(2008年)の自分達が現在(2012年)にやって来たりと御石様の不思議な力によって夏海達は波乱万丈の夏休みを過ごす。

御石様の力によって2012年にやって来た4年前の自分達と会った事で昔は本気でアイドルを目指していた事を思い出す夏海達だが、優香が夏海達には内緒で応募していた「次世代アイドルオーディション」の書類審査に合格した事を知り、最後の思い出作りとして東京に向かう。

肝心のオーディションは、優香の努力不足と緊張によるミスで大失敗に終わってしまう。
泣きながら夏海達に謝る優香だが、誰も優香を責めず、アイドルに憧れていた小学生時代を思い出させてくれた事への感謝と、チャンスはこれからもある(紗季は飛行機に乗ってでもやって来ると宣言する)と再挑戦を誓う。

表面上はいつも通りにしていた夏海だが、体調不良で弱気になっていた事もあって「行かないで…」と本音を呟く。

オーディションの失敗で落ち込んでいた優香が元気を取り戻した後、4人は東京観光を楽しむ一方で、このまま夏休みが終わらなければいいのにと夏の終わりを惜しむ。
夏海達は旅館に泊まって一日の疲れを癒すが、夜になって夏海が熱を出してしまう。
優香と凛子が飲み物を買いに部屋を出ると、紗季と二人きりになった夏海はまだ紗季の引っ越しを心から受け入れられず、熱による体調不良で弱気になっていた事もあって「行かないで…」とこれまで隠していた本音を呟く。

翌朝夏海が目を覚ますと、泊まっていた旅館ではなく下田の自宅で、見慣れた自分の部屋だった。
同じく自分の部屋で目を覚ました紗季と顔を合わせ、お互いに状況を理解出来ずにいると、優香から電話が掛かって来る。
電話の向こうで優香は「今日が昨日で昨日が今日なの…」と意味不明な事をまくし立てる。
状況を理解出来ずに混乱しているのは夏海と紗季も同じだったが、優香の言葉を聞いた紗季が携帯でスケジュールを確認すると、日付は「昨日」と同じ8月26日で、その日の予定には「オーディション」と書き込まれていた。

紗季が携帯でスケジュールを確認すると、日付は「昨日」と同じ8月26日で、その日の予定には「オーディション」と書き込まれていた。

「今日」は8月27日であるはずなのに、何故「昨日」と同じ8月26日なのか。

事態が飲み込めず、取り敢えず伊豆急下田駅に集合する4人だが、結局その場で結論は出なかった。
優香はオーディションをやり直せるチャンスとポジティブに捉え、再びオーディションに向かうが、今度は別の箇所でダンスを失敗してしまう。(落ち込む優香に夏海が差し出したジュースが「昨日」と変わっているなど、細かいところで「今日」は「昨日」とは違う事を示す描写が見られるのがポイントである)

「昨日」と同じように優香は夏海達からの励ましを受けて東京観光に繰り出すが、休憩に立ち寄った神社が凛子の実家の神社と同じ「姫石神社」で、ここにも御石様の親戚(凛子談)がある事を知る。

「翌日」もまた8月26日となり、8月26日を繰り返すのが御石様の力である事を確信した夏海達は、その後も8月26日とオーディションを繰り返す。
だが、何度オーディションに挑戦しても優香は納得出来ないパフォーマンスのまま終わってしまう。

度重なるオーディションの失敗で精神的に追い込まれた優香は、現実逃避のため「気分転換」と称してオーディションに行かずみんなで遊ぶ事を提案する。

「あなた達いつ帰って来るの?」と、明らかに何かに気付いている沙苗の言葉に凛子は驚く。

終わらない8月26日を夏海達が楽しむ中、たまたま出くわした凛子の母である沙苗と、夏海の母である涼夏は休憩のため立ち寄った喫茶店で凛子の携帯のGPSから4人が東京ではなく何故か近所の田牛海岸にいる事を知る。

一方の凛子も、ここ最近自分を見送る早苗の言葉が「昨日」と変わっている事に加え「今日」は「あなた達いつ帰って来るの?」と、明らかに何かに気付いている事を察知し、母親も御石様のキセキの力を経験している事を疑う。

夏海達も母親達の過去が気になる一方で、このまま同じ時を過ごすのは良くないとオーディションに向かい、ついにパフォーマンスを成功させる。

夏海達がキセキとお別れした瞬間を、沙苗も目撃していた。

オーディションで満足の出来るパフォーマンスを披露したため思い残す事もなくなり、これで8月27日になると思われたが、やはり8月26日に戻ってしまう。

自分達に起きている不思議な現象は何なのか。
御石様の力に関するヒントを探して姫石神社の社伝を読み漁っていた凛子が辿り着いた結論は「御石様の力とさよならする」という事だった。

終わらない8月26日を終えて8月27日を迎えるため、4人は深夜に集合し、御石様に「さよなら」を願うと、強烈な光に包まれる。

本当に願いが叶ったのか半信半疑な夏海達だが、翌朝オーディションに向かうと、あの時と同じように夏海が熱を出す。

mattyoukilis
mattyoukilis
@mattyoukilis

Related Articles関連記事

機動戦士ガンダム00(ダブルオー)のネタバレ解説・考察まとめ

『機動戦士ガンダム00』とは、サンライズが製作した日本のオリジナルロボットアニメである。2度のテレビ放映の後に劇場版も公開されている。 宇宙へ進出し、地域格差が現代よりも厳しくなっている地球を舞台に武装組織「ソレスタル・ビーイング」が戦争根絶を目的として、世界へ宣戦布告する。世界は混乱しながらも一致団結して「ソレスタル・ビーイング」と戦いを繰り広げていく。

Read Article

機動戦士Ζガンダム(ゼータ)のネタバレ解説・考察まとめ

『機動戦士Ζガンダム』とは、1985年から1986年にかけて日本サンライズによって制作・放送されたロボットアニメ。全50話で略称は「Ζ(ゼータ)」。 一年戦争終結から7年、地球連邦軍は増長したエリート組織ティターンズと反地球連邦組織エゥーゴが内紛状態に陥っていた。学生だったカミーユ・ビダンはその抗争に巻き込まれる中で、様々な出会いや別れ、戦いを経験し、新たなニュータイプとして覚醒していく。

Read Article

機動戦士ガンダムSEED(シード)のネタバレ解説・考察まとめ

「機動戦士ガンダムSEED」は2002年10月から2003年9月まで毎日放送・TBS系列で放送されたロボットアニメ。「機動戦士ガンダム」シリーズの中でも新しい世代に向けて作られた、“平成のファーストガンダム”と呼ばれる作品。幼少期の親友でありながら敵対する立場にいる2人の少年と、戦争を終わらせるために戦場に身を投じる中での葛藤や苦悩を描いた壮大なストーリーが見どころ。

Read Article

ガンダム Gのレコンギスタ(Gレコ)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

『ガンダム Gのレコンギスタ』とは、「機動戦士ガンダム」シリーズの続編で、全26話のアニメシリーズ。 ∀(ターンエー)ガンダム以来、ガンダムのTVアニメシリーズとしては15年ぶりの富野由悠季監督作品である。また後年にはテレビシリーズを基に再編された劇場版も制作されている。 独特な演出とセリフ回しはファンから富野節とも呼ばれ、小気味良いテンポで展開されていくストーリーの中で、物語中の状況の変化と共に数々の名台詞が存在している。

Read Article

機動戦士ガンダム(ファースト・初代)のネタバレ解説・考察まとめ

1979年から1980年にかけて日本サンライズによって制作・放送されたロボットアニメ。ファンが多く知名度が高い作品だが、放送当時は視聴率が振るわず打ち切りとなった。 ガンダムシリーズの1作目で「初代(ガンダム)」や「ファースト(ガンダム)」とも呼ばれる。 ガンダムに乗ったアムロやその仲間が各地を転戦しながら、宿敵シャアをはじめ様々な人々との出会いや別れ、戦いを経て成長していく物語である。

Read Article

アイカツ!(アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『アイカツ!』とは、バンダイの展開するトレーディングカードを用いた女児向けアーケードゲームと連動して作られたアニメである。 主人公の星宮いちごはトップアイドルである神崎美月にあこがれて、名門アイドル養成学校スターライト学園に入学する。個性豊かなアイドル仲間達と切磋琢磨し、学園の女王「スターライトクイーン」を目指す青春ストーリーである。 姉妹作品に『アイカツスターズ!』、『アイカツフレンズ!』、『アイカツオンパレード!』がある。

Read Article

機動戦士Ζガンダム(ゼータ)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

機動戦士Ζガンダムは富野由悠季原作のTVアニメ。前作である機動戦士ガンダムから数年後が舞台となっており、登場人物やMS(モビルスーツ)は刷新され、前作の登場人物は年齢を重ねて再登場している。前作とは違い、エゥーゴ対ティターンズという地球連邦を母体とする2つの勢力抗争、そしてジオンの残党であるアクシズの三つ巴による同盟・裏切りなどの複雑な展開は様々な名言を残している。

Read Article

伝説巨神イデオン(THE IDEON)のネタバレ解説・考察まとめ

『伝説巨神イデオン』は日本サンライズ制作・富野喜幸監督(当時)による日本のアニメ。 地球植民星ソロで発掘された、第6文明人の遺跡かつ変形合体する巨大ロボット「イデオン」と、その力の源「無限力イデ」を巡り、地球人と異星人バッフ・クラン両文明の衝突が発生。 銀河全体を巻き込む果て無き抗争へ発展していき、それを見つめ続けたイデの裁きによる全文明の終焉と全人類の輪廻転生までを描いた「解り合えぬ人々」を主役とした群像劇。 『新世紀エヴァンゲリオン』に強い影響(元ネタ)を与えた作品としても有名である。

Read Article

機動戦士ガンダムF91(Formula 91)のネタバレ解説・考察まとめ

機動戦士ガンダムF91は、1991年に劇場公開されたアニメ作品。 シリーズである「機動戦士ガンダム」の劇場公開10周年を記念して製作された。 宇宙世紀0123年を舞台に、地球連邦軍と貴族主義を掲げるクロスボーン・バンガードとの戦いを描く。 「人は、いつ戦争を忘れることが出来るのか?」がキャッチコピーとしてつけられた。

Read Article

結界師(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『結界師』とは、『週刊少年サンデー』で連載していた田辺イエロウによる日本の漫画作品。『週刊少年サンデー』で2003年47号から2011年19号まで連載され、2006年度(第52回)小学館漫画賞少年向け部門受賞。テレビアニメは2006年10月から2008年2月まで読売テレビ制作で放送。主人公、墨村良守は古くから続く結界師の一族である。隣に住む幼馴染の雪村時音とともに、夜の学校を舞台に「結界術」を使って妖怪を退治し、烏森という霊的エネルギーが集まる場所を外敵から守るために日々奔走する物語である。

Read Article

機動戦士ガンダム THE ORIGIN(オリジン)のネタバレ解説・考察まとめ

『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』とは、アニメ「機動戦士ガンダム」の作画監督を務めた安彦良和が原作アニメ設定やストーリーを再構築したコミカライズ(マンガ化)作品をアニメ化したもの。 アニメ化に際し、原作マンガの描いた79年の原作アニメの前日談の部分を再構築し、原作アニメにつながるストーリーとなっている。79年のアニメでは主人公アムロ・レイの好敵手であるシャア・アズナブルが本作の主人公として描かれている。

Read Article

機動戦士ガンダム 第08MS小隊(08小隊)のネタバレ解説・考察まとめ

『機動戦士ガンダム 第08MS小隊』とは、1年戦争当時、東南アジアのジャングル地帯でジオン軍の開発する新兵器を巡る攻防と、それに関わる若き連邦士官とジオン軍女兵士との関係を描いた外伝作品。 ビデオ11作と完結編で構成されており、1996年から1999年にかけて発売された。陸戦が主体で、リアルな戦場を描いた作品であるとともに、戦時下の兵士の苦悩を描いている。ガンダムシリーズには珍しく、特別なガンダムが活躍する話ではない。

Read Article

コードギアス 反逆のルルーシュ(アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『コードギアス 反逆のルルーシュ』とは、2006年10月~2007年3月にかけて全25話が放送されたサンライズ制作のSFロボットアニメ作品。コードギアスシリーズの第1期作品である。 神聖ブリタニア帝国領土下の日本に住むブリタニア人のごく普通の学生ルルーシュ・ランペルージがある日、超能力であるギアスの力を手に入れたことをきっかけに、死んだ母親の仇と妹のナナリーのためにブリタニアへの復讐を始めていく。

Read Article

コードギアスシリーズのナイトメアフレーム(KMF)まとめ

『コードギアスシリーズ』とは、サンライズによって制作されたSFロボットアニメ。 世界の3分の1を支配する超大国「神聖ブリタニア帝国」。その第11皇子として生まれたルルーシュ・ランペルージはテロで母を亡くし、妹のナナリーも重傷を負うという悲劇に遭う。日本に追放されたルルーシュはそこで生来の友となる枢木スザクと出会い、「ギアス」という異能の力と関わっていく。 ナナリーが幸せになれる世界を作るため、ブリタニアの植民地となった日本のレジスタンスを巻き込みながら、ルルーシュは故国に反旗を翻す。

Read Article

コードギアス 亡国のアキト(アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『機動戦士ガンダム』でお馴染みの赤根和樹(あかねかずき)が監督を務め、2012年〜2016年にかけて劇場公開されたSFロボットアニメ。世界の3分の1を支配する大国・ブリタニア帝国に祖国を奪われた日本人の少年少女たちは、遠く離れたヨーロッパの地に流れ着き、尚も過酷な戦争に身を投じていく。

Read Article

ガンダム・バルバトス(鉄オル)の徹底解説・考察まとめ

ガンダム・バルバトスとは、アニメ「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」に登場する機動兵器「モビルスーツ」の一体にして、同作の主役機である。物語開始の300年前に起こった「厄祭戦」時に建造された72機のガンダムタイプのうちの一機で、「バルバトス」の名はソロモン72柱序列8位の悪魔の名に由来する。

Read Article

機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY(アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY(Mobile Suit Gundam 0083)とは、1991年から1992年にかけて、全13話が製作されたOVAシリーズである。アムロ・レイの活躍によって終結した、『機動戦士ガンダム』の戦いの三年後を描く。本作の星の屑作戦によって地球にコロニーが落とされたことで、物語は『機動戦士Ζガンダム』へと続いていく。

Read Article

機動戦士ガンダムΖΖ(ダブルゼータ)のネタバレ解説・考察まとめ

『機動戦士ガンダムΖΖ』とはガンダムシリーズの3作目として1986年3月~1987年1月に放映された。スペース・コロニー「サイド1」でジャンク屋を営んでいた「ジュドー・アーシタ」は前作Z(ゼータ)ガンダムの主人公「カミーユ・ビダン」との邂逅によりニュータイプとして目覚めたことをきっかけにモビルスーツのパイロットとして戦火へと身を投じてゆく。

Read Article

機動戦士ガンダム0083のモビルスーツ・モビルアーマー・艦船・兵器まとめ

機動戦士ガンダム0083(Mobile Suit Gundam 0083)は、OVAとして発売されたアニメ作品である。1991年より全13話が発売、1992年にはOVAを編集した総集編が劇場公開された。地球連邦軍と、ジオン軍残党デラーズフリートとの戦いを描く。シリーズ作品である「機動戦士ガンダム」と「機動戦士Ζガンダム」の間をつなぐ物語として制作され、両者の空白の期間を埋めるものとなっている。

Read Article

機動戦士ガンダムF91のモビルスーツ・モビルアーマー・艦船・兵器まとめ

機動戦士ガンダムF91(Mobile Suit Gundam F91)は、1991年に劇場公開されたアニメ作品。 シリーズ作品である「機動戦士ガンダム」の劇場公開10周年を記念して製作された。 宇宙世紀0123年を舞台に、地球連邦軍と武装集団クロスボーン・バンガードの戦いを描く。 シリーズの代名詞である人型兵器モビルスーツも、作品の見どころのひとつとして挙げられる。

Read Article

ガンダム Gのレコンギスタ(Gレコ)のネタバレ解説・考察まとめ

『ガンダム Gのレコンギスタ』とは富野由悠季氏による日本のアニメーション作品。 技術の頂点を極めた人々が戦争の末に人類を滅亡しかけた宇宙世紀の1000年以上後を舞台にしている。命からがら生き延びた人々は新しい時代を「リギルド・センチュリー(R・C)」と名付け、さらには同じ轍を踏まぬよう技術に制限をかけ再び繁栄を初めていた。 明るく純粋無垢な主人公ベルリ・ゼナム、少し世話の焼けるお嬢様アイーダ・スルガンの二人の成り行きで始まった世界の仕組みを知る旅の物語である。

Read Article

機動戦士ガンダム(ファースト・初代)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

機動戦士ガンダムは日本サンライズによって制作された矢立肇・富野喜幸(現:富野由悠季)原作のロボットアニメである。ガンダム以前のロボットアニメとは違い、重厚な人間関係や緻密なロボット設計で新たなロボットアニメとしてジャンルを築いた。ロボットアニメでありながら、戦争という環境に置かれた主人公アムロ・レイの成長を主軸に描かれているこの作品には数多くの名言が残されている。

Read Article

機動武闘伝Gガンダム(Gガン)のネタバレ解説・考察まとめ

機動武闘伝Gガンダムとは、1994年より地上波で放送されたテレビアニメ作品。 未来世紀60年、スペースコロニー間の代理戦争として行われるガンダムファイトを戦う、ファイターたちの成長を描く。 ガンダムシリーズの監督である富野由悠季以外の手によって製作されたアニメで、従来とのシリーズ作品との繋がりはなくなっている。

Read Article

機動新世紀ガンダムX(エックス)のネタバレ解説・考察まとめ

『機動新世紀ガンダムX』とは、1996年から1997年にかけてテレビ朝日系列にて放映されたアニメ作品。舞台は大きな戦後の世界で、バルチャーと呼ばれる組織が活動する中、厳しい環境を精一杯生き抜く主人公、ガロード・ランを中心に進んでいく。彼の行動が周囲の大人たちを動かし、次第に世界を巡る情勢をも変えていくことになる。

Read Article

男子高校生の日常(漫画・アニメ・映画)のネタバレ解説・考察まとめ

「男子高校生の日常」とは山内泰延によるギャグ漫画、及び2012年にサンライズで制作されたアニメーション作品。2013年には実写映画化もされた。男子高校生たちの日常生活の中で起こるギャグを描いた作品。また男キャラに負けない存在感と力強さを持った女子高校生達も登場する。主人公のタダクニに入野自由、タダクニの友人ヒデノリとヨシタケに杉田智和と鈴村健一などベテラン声優が数多く出演している。

Read Article

スクライド(s.CRY.ed / s-CRY-ed)のネタバレ解説・考察まとめ

監督・谷口悟朗、脚本・黒田洋介によるサンライズ制作のオリジナルアニメーション作品。2001年7月4日から12月26日まで放送され、熱いストーリー展開で人気を博した。アルター能力者であるカズマが好敵手である龍鳳や多くの敵との戦い、さらには本土からの刺客との激戦を繰り広げる能力バトルアニメである。

Read Article

コードギアス 反逆のルルーシュR2(アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

サンライズ制作によって放送されたダークヒーローアニメの続編。現実とは異なる世界線で、母国に捨てられた皇子・ルルーシュが、テロリストの仮面をかぶり、”ギアス”という名の超能力を駆使して復讐劇を開始する。だが前章にて、ルルーシュは親友だったはずの男に売られ、記憶を失ってしまった。彼が記憶を取り戻し、野望を現実にした時、世界はかつてない変革を迎える。

Read Article

劇場版 銀魂 完結篇 万事屋よ永遠なれのネタバレ解説・考察まとめ

『劇場版 銀魂 完結篇 万事屋よ永遠なれ』とは2013年に公開された空知英秋による漫画『銀魂』を原作とした2作目の映画化作品。アニメシリーズ完結編とされており、原作者の空知英秋がストーリーとキャラクター原案を手がけた完全新作エピソードとなっており、興行収入は前作を大幅に超え17億円を突破した。ある日、映画館の見回りをしていた銀時は、時間泥棒によって5年後の未来へ飛ばされてしまう。そこで銀時は、自分自身の墓と見るも無残に荒廃した江戸の町を目にするのである。

Read Article

侵略!イカ娘(Squid Girl)のネタバレ解説・考察まとめ

「侵略!イカ娘」とは安部真弘による漫画、及び2010年にディオメディア製作のアニメーション作品。2011年には第二期「侵略!?イカ娘」が放送された。主人公である「イカ娘」の「~じゃなイカ?」「~でゲソ」という口調がネットで流行し、2010年度ネット流行語大賞銅賞を受賞した。「イカ娘」は人類を侵略するために地上に現れるが、海の家「れもん」で働く事になってしまう。日常ドタバタコメディ。

Read Article

シャア・アズナブル(機動戦士ガンダム)の徹底解説・考察まとめ

シャア・アズナブルとは、「機動戦士ガンダムシリーズ」に登場するキャラクターである。 天才的なパイロットにしてシリーズの初代主人公「アムロ・レイ」のライバルであり、同時に謀略家としての一面を持つ。常に仮面で顔を隠しているが、アムロにとっての敵でもあるジオン公国、それを統べるザビ家への復讐を胸に秘める。そのため時にアムロたちを利用し、時に手柄として付け狙い、やがて壮絶な私闘を繰り広げていくこととなる。 そのミステリアスな雰囲気と華々しい活躍から、シリーズ全体でも屈指の人気キャラクターである。

Read Article

異世界居酒屋「のぶ」(蝉川夏哉)のネタバレ解説・考察まとめ

『異世界居酒屋「のぶ」』は、蝉川夏哉によるライトノベルを原作とし、コミカライズ・スピンアウト・アニメ・ドラマと多岐にわたるメディアミックス化をしている。異世界転移というジャンルではあるが、経営している居酒屋の入口が異世界に通じ現代日本の料理と酒で異世界の人々を癒すという異世界転移にグルメジャンルを取り入れた異色のストーリーだ。帝国の古都アイテーリアにある居酒屋「のぶ」。そこはアイテーリアの人々が見たこともないようなお酒や料理を出し訪れた客を暖かく癒やしてくれる不思議な居酒屋だった。

Read Article

ガンダムシリーズの宇宙世紀まとめ

宇宙世紀とは『機動戦士ガンダム』から『G-SAVIOUR』までの作品間に存在する、架空の歴史である。 いわゆる戦記の体裁を採用しており、主に上記作品群の劇中で描かれた戦争をはじめとした、国家および組織間の闘争に年月を当てはめ、あたかも本当にガンダムワールドの歴史が続いているかのように楽しむ事を可能とした設定となっている。 反面、宇宙世紀のガンダムシリーズは年表に基づいた作劇を行うため、この設定を知らないと作品を理解する事が難しくなるという難点も抱えている。

Read Article

アクセル・ワールド(Accel World)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

『アクセル・ワールド』とは、川原礫によるファンタジー小説、およびそれを原作としたアニメ、漫画などのメディアミックス作品。 日常生活の多くが仮想ネットワーク上で行われる様になった2046年の地球が舞台。幼少期よりイジメの対象であった内気な少年ハルユキは、生徒会副会長黒雪姫から詳細不明のオンラインバトルゲーム「ブレイン・バースト」に誘われ、次第にバトルゲームにのめり込んで行く。 ゲームオーバーでプレイヤーとしての記憶まで消される戦いの中からは、数々の名言が生まれている。

Read Article

ガンダムMk-II(機動戦士Ζガンダム)の徹底解説・考察まとめ

ガンダムMk-IIとは、アニメ『機動戦士Ζガンダム』および『機動戦士ガンダムΖΖ』に登場する、人型兵器「モビルスーツ」の一機で『機動戦士Ζガンダム』の物語前半に主役機を務める。 モビルスーツの外装と骨格を、生き物のように分ける事を可能とした「ムーバブルフレーム」を採用し、革新的な運動性能を得た。地球連邦軍特殊部隊「ティターンズ」にて製造されたが、反地球連邦組織「エゥーゴ」によって全機が奪取されている。 主たるパイロットはカミーユ・ビダン、エマ・シーン、エル・ビアンノ。

Read Article

νガンダム(機動戦士ガンダム 逆襲のシャア)の徹底解説・考察まとめ

νガンダムとは、劇場用アニメ『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』に登場する人型兵器「モビルスーツ」の一機で、同作品の主役機を務める。 地球連邦政府に対して反乱を起こした「シャア・アズナブル」と決着をつけるために、その宿命のライバル「アムロ・レイ」が設計から関わり完成させた。搭乗する人間の意志に反応する、モビルスーツ用構造部材であるサイコフレームを搭載し、それによって精神波操縦兵装フィン・ファンネルを使用する事が可能になっている。

Read Article

目次 - Contents