あまんちゅ!(Amanchu!)のネタバレ解説まとめ

『あまんちゅ!』とは、天野こずえによる漫画作品、及びアニメシリーズ。
2016年と2018年の2度アニメ化した際には、舞台である静岡県伊東市を中心に大きな盛り上がりを見せた。
登場人物が所属する静岡県立夢ヶ丘高校ダイビング部の日常を描いた作品であるが「日常ときどきダイビング。」というキャッチコピーのようにメインは日常であり、ダイビングに対する知識がなくても日常作品として楽しめる。
勿論、ダイビングに関する知識や楽しさ、そして恐さも作中で描かれておりダイビング漫画としても評価が高い。

3年生となった双葉と光だが、クラス分けを見たらこれまで一緒だったクラスがついに別々のクラスとなってしまい、同じ階の教室とはいえ離れ離れになってしまった事に二人とも落胆する。

珍しく落ち込む光だが、双葉は光以上に落ち込んでおり、元気のない双葉の姿を見た光は何とか相棒(バディ)を元気付けたいと考えていた。

いいアイデアが出ずに悩む光だが、その姿を見たことりから光に対する「らしくない」という彼女なりの励ましの言葉を受けていつもの元気を取り戻し、早速双葉を呼び出す。
そして、呼び出した場所にやって来た双葉に向かって上記のセリフを叫びながら、2年前のように高台から飛び降りて登場する。

常に前向きで日常を楽しむ天才の光らしい名言と行動だが、幸運にも無傷だった前回と違って今回は左足首骨折及び靱帯断裂で即手術という大ケガを負い、新生夢ヶ丘高校ダイビング部は始動早々副部長の長期離脱、及び双葉のバディ不在という緊急事態となってしまった。

『あまんちゅ!』の裏話・トリビア・小ネタ

夢を叶えた茅野愛衣

大木双葉役を担当している茅野愛衣は作者の前作である『ARIA』を見て声優を志しており、劇場版OVAの『ARIA The AVVENIRE』に出演が決まった時は夢が叶った事に感動して収録中に泣き出したという逸話がある。

また『あまんちゅ!』のアニメ版も『ARIA』と同じく佐藤順一が総監督を担当しており、茅野愛衣にとって「縁」を感じさせる作品となっている。

双葉は厳密には転校生ではない

4巻で双葉と再会したちずるが「転校」という言葉を出しており、本人も引っ越しによって仲のいい友人と離れ離れになって感覚的には転校に近い淋しさを感じていたが、中学卒業を待って伊豆に引っ越したため、「転校」という言葉を使うのは間違い。

なお、このエピソードが収録されたアニメのOVAでちずるが双葉と再会した時は件のセリフはカットされている。

旧作ファンには嬉しいスターシステム

双葉の友人として登場する水無茜と姫野ちずるは『ARIA』の登場人物である水無灯里と藍華・S・グランチェスタに容姿が酷似しており(いわゆるスターシステム)原作に登場した時から話題になっていた。

声優に関しても、ファンの期待通り『ARIA』で灯里と藍華の声優を担当した葉月絵理乃と斎藤千和がキャスティングされている。

また、灯里、藍華の口癖だった「はひ」に「○○禁止」も彼女達に受け継がれており、茜の苗字が灯里と同じ水無である事も影響してTwitterなどのSNSで茜を「ご先祖様」と呼ぶなど、天野こずえファン、並びに『ARIA』ファンには嬉しいサプライズとなっている。

普段は東京にいるため原作での出番は多くないが、アニメ2期ではオリジナルシーンとして双葉に電話を掛ける形で度々登場しており、彼女達を登場させるため原作から大きく改変されたシーンが目立つが、人気キャラクターでありながら二人の出番が少ない事を残念に思っていたファンを中心にこの改変は好意的に受け止められている。

双葉の愛車と免許の種類

双葉が通学、及びプライベートの移動で使用しているスクーターはベスパの『P200E』で、ファンのTwitterやブログで度々「原付」と呼ばれる事があるが、原動機付自転車免許の排気量は50㏄までのため誤り。

なので、双葉が持っている免許は原動機付自転車免許ではなく普通自動二輪車免許(小型限定か中型まで運転可能かは作中で明言されていない)であり、誕生日が4月3日なのはバイクの免許を取得するため春休み中に16歳になる必要があったためである。

「真斗ちゃん先生」の過去

「真斗ちゃん先生」の名で部員やファンから慕われている火鳥真斗だが、作者が1995年から1998年まで連載していた『浪漫倶楽部』の登場人物であり、ピーター編では高校時代の真斗が登場するなど、20年以上も天野こずえの作品を愛読している古くからのファンには嬉しい存在である。

また、自身も「弟ほどではないが霊感がある」と語るなど『浪漫倶楽部』の火鳥真斗と同一人物である事を認める発言をしており、当時からの彼女を知るファンは更に盛り上がっていた。

『浪漫倶楽部』による火鳥家の家族構成だが、両親と弟の4人家族ではあるものの両親は海外赴任のため不在であり、普段は真斗と弟の泉行の二人暮らしだった。

両親不在で姉弟二人の火鳥家を女手一つで支えていたため面倒見が良く、顧問として部員を引っ張る姉御肌の性格が作中でも遺憾なく発揮されている。

ちなみに、火鳥真斗の名前は「蚊取りマット」から来ており、作中で名前は出ていないが弟の泉行(せんこう)は「蚊取り線香」から、父の力人(りきと)は「蚊取りリキッド」から、そして、母の金千代(きんちよ)は「キンチョー」といずれも蚊取りグッズや関連の会社から来ている。

『あまんちゅ!』の主題歌・挿入歌

第1期

OP(オープニング):坂本真綾『Million Clouds』

作詞・歌 - 坂本真綾 / 作曲 - フリーダ・サンデモ(スウェーデン語版) / 編曲 - 河野伸
※9話では挿入歌としてピアノバージョンを使用。
編曲・ピアノ演奏 - 河野伸

ED(エンディング):てこぴかり『ふたり少女』

mattyoukilis
mattyoukilis
@mattyoukilis

Related Articles関連記事

アリスと蔵六(Alice & Zouroku)のネタバレ解説まとめ

「アリスと蔵六」とは、今井哲也による漫画、及びJ.C.STAFF製作のアニメーション作品。2012年から連載が始まり、2013年に第17回文化庁メディア芸術祭マンガ部門新人賞を受賞。「アリスの夢」と呼ばれる能力者である主人公「沙名」は、住んでいたある研究所から逃亡する。空腹の中出会ったのは、曲がった事が大嫌いなお爺さん「樫村蔵六」であった。

Read Article

プラネット・ウィズ(Planet With)のネタバレ解説まとめ

『プラネット・ウィズ』とは、「J.C.STAFF」製作のオリジナルアニメーション作品。2018年に放送。本作は漫画家「水上悟志」が書き下ろしたネームを元に製作されている。漫画版は水上悟志自らが描いている。主人公「黒井宗矢」は記憶喪失の状態で「先生」「黒井銀子」の二人と暮らしていた。ある日、街に「ネビュラウェポン」と呼ばれる謎の飛行物体が現れ、それをヒーロー7人が倒す。しかし宗矢は銀子にヒーロー達を倒すように言われるのであった。

Read Article

ARIA The NATURAL(アリア ザ ナチュラル)のネタバレ解説まとめ

『ARIA The ANIMATION』のセカンド・シーズンに当たる未来形ヒーリングアニメーション。2006年の4月から9月にかけて放送されていた。今作では灯里達が日常の摩訶不思議を見つけ出す。 大晦日から数日後、アリアカンパニーにはマンホームから遊びに来たアイの姿があった。そして今日は年明けのカーニバル。物語は灯里とアイの摩訶不思議な体験から始まる....

Read Article

ウィッチクラフトワークス(Witch Craft Works)のネタバレ解説まとめ

『ウィッチクラフトワークス(Witch Craft Works)』とは、講談社『good!アフタヌーン』に掲載されている水薙竜のファンタジー漫画、およびそれを原作とするアニメ作品。 とある普通の高校生(多華宮君)と全校生徒から姫様と敬愛される美少女クラスメートの魔女(火々里さん)を中心に多華宮君を巡って繰り広げられる魔女たちと多華宮君の物語である。

Read Article

初恋限定。(Hatsukoi Limited.)のネタバレ解説まとめ

『初恋限定。』は、河下水希による漫画作品。 『週刊少年ジャンプ』にて、2007年44号から2008年26号まで連載された。 中学2年生の有原あゆみと江ノ本慧を中心に、中学生と高校生計8人の恋が同時進行で進む姿を描いたオムニバス作品だが、連載期間は約半年と短命に終わった。 いわゆる「打ち切り」となった作品であるが、打ち切りに遭いながらドラマCDやアニメといったメディアミックス化された珍しい作品でもある。

Read Article

ARIA The ORIGINATION(アリア ジ オリジネーション)のネタバレ解説まとめ

『ARIA The NATURAL』の続編であり、ARIAシリーズの完結作。独特な世界観と雰囲気の未来形ヒーリングアニメーション。放送時期は 2008年1月7日から3月31日。 水無灯里(みずなしあかり)はウンディーネになることを夢見て、マンホームからアクアにやってきた。灯里は友人たちと日々修業に励む。様々な経験を経て成長した灯里たちは、ついに先輩の手を離れ一人前のウンディーネになってゆく。

Read Article

食戟のソーマ(アニメ・漫画)のネタバレ解説まとめ

『食戟のソーマ』とは、原作:附田祐斗、作画:佐伯俊による料理・グルメ漫画。原作コミックは発売から2週間で20万を超える部数を売り上げた。テレビアニメも好調で、2015年から2019年で4回に渡って放送された。 下町の定食屋で育った主人公・幸平創真は店を継ぐつもりだったが、父親が突如店を閉めることを宣言する。創真は料理のエリートが集う名門料理学校・遠月学園に進学することになる。

Read Article

クジラの子らは砂上に歌う(クジ砂、Children of the Whales)のネタバレ解説まとめ

「クジラの子らは砂上に歌う」とは、「梅田阿比」による漫画作品。2017年にJ.C.STAFF製作でアニメ化。砂の海に浮かぶ巨大な船「泥クジラ」には、超能力「情念動(サイミア)」を操る「印」と、操れない「無印」がいた。印である主人公「チャクロ」は泥クジラの歴史を綴る記録掛りをしていた。チャクロはある日、砂の海を漂流してきた島で謎の少女「リコス」に出会う。

Read Article

ふらいんぐうぃっち(Flying Witch)のネタバレ解説まとめ

『ふらいんぐうぃっち』とは、2012年より講談社「別冊少年マガジン」で連載された石塚千尋による漫画の事である。主人公の魔女、木綿真琴(こわたまこと)が修行のため横浜から青森の親戚の家やって来る。居候先の倉本家で高校生活を送りながら魔術の勉強をしたり、他の魔女や異世界の住人と関わりと通じて一人前の魔女としての修行に励む、日常系ほのぼのファンタジー。

Read Article

探偵オペラ ミルキィホームズ(Detective Opera Milky Holmes)のネタバレ解説まとめ

『探偵オペラ ミルキィホームズ』とは偵都ヨコハマを舞台にしたアニメで、探偵を目指す四人の少女を中心としたものである。ゲーム版『探偵オペラミルキィホームズ』を原作にしており、J.C.STAFFによって製作された。2010年10月から12月まで1期が、2012年1月から3月まで2期が放送された。2013年7月から9月から3期が、2015年1月から3月まで4期が放送された。

Read Article

ARIA The ANIMATION(アリア ジ アニメーション)のネタバレ解説まとめ

『ARIA』は天野こずえによるファンタジー×日常作品である。原作は漫画で元々もタイトルは『AQUA』であった。アニメ化第1期は『ARIA The ANIMATION』のタイトルで2005年の10月から12月まで放送された。 水無灯里は観光都市ネオ・ヴェツィアで水先案内人・ウンディーネになるため、アリアカンパニーに入社し、日々友人たちと修行をしていた。これはそんな日常の中の"素敵"を見つける物語。

Read Article

殺戮の天使(第1話『Kill me... please.』)のあらすじと感想・考察まとめ

見覚えのないビルの最下層で目を覚ました少女、レイチェル。わけもわからないまま、出口を求めてビルの中をさまよっていると、顔を包帯で覆い、大きな鎌を持った殺人鬼、ザックが現れる。 「3秒数えてやる。だからさぁ、逃げてみろよ!」 今回は「殺戮の天使」第1話『Kill me... please.』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

とある魔術の禁書目録(インデックス)の名言・名セリフまとめ

「とある魔術の禁書目録」は、鎌池和馬によって書かれたライトノベル作品。 科学によって超能力を発現する「能力開発」をカリキュラムに組み込んだ、大規模な教育機関「学園都市」。その街に住む高校生「上条当麻」のもとにある日現れたシスター「インデックス」を巡って、上条は魔術の世界に踏み込んでいく。オカルトと科学、相反する二つの世界を描くバトルアクションとして、深いストーリーや名言の評価が高い作品である。

Read Article

目次 - Contents