あまんちゅ!(Amanchu!)のネタバレ解説まとめ

Main

『あまんちゅ!』とは、天野こずえによる漫画作品、及びアニメシリーズ。
2016年と2018年の2度アニメ化した際には、舞台である静岡県伊東市を中心に大きな盛り上がりを見せた。
登場人物が所属する静岡県立夢ヶ丘高校ダイビング部の日常を描いた作品であるが「日常ときどきダイビング。」というキャッチコピーのようにメインは日常であり、ダイビングに対する知識がなくても日常作品として楽しめる。
勿論、ダイビングに関する知識や楽しさ、そして恐さも作中で描かれておりダイビング漫画としても評価が高い。

携帯電話で写真を撮影していたメモリの容量が一杯になり、どうしても写真を消すのが嫌だった双葉のためにダイビング部員が贈ったプレゼント。

双葉にとって写真は単なるデータなどではなく自身の思い出を残した大切な宝箱であり、それを消す事は死刑宣告に等しい行為だった。

写真を消す事の出来ない双葉の様子を見たダイビング部員によってプレゼントされたのがデジタルフォトフレームであり、双葉がこだわっていたランダム表示で双葉がいつでも大切な思い出に出会えるようになっている。

また、アニメのオリジナルシーンで双葉の家に泊まったちずるがデジタルフォトフレームに入っていた自分達の写真を見て嬉しそうな顔をするが、次に出て来たダイビング部のメンバーと一緒に撮った写真を見て悲しそうな表情を浮かべるのも見逃せないポイントである。

海女人屋(あまんちゅや)

C5qbxjjvcaaeiq

きのが経営している海の家。

ダイビングの機材貸し出しなどダイビングサービスも行っており、ダイビングから戻って来たダイバー達をきのお手製のトン汁が出迎えてくれる。

気になるトン汁の味だが、ばーちゃんのトン汁を大好物として公言する光が子供のはトン汁になりたいと語っていたほど絶品のようで、当然ながら客からの人気も高い。

あまんちゅ!

C2rc0jrviaapaoe

この作品のタイトルではなく「大勢の人にダイビングに興味を持って欲しい」という双葉の発案で作成された夢ヶ丘高校ダイビング部公式ホームページ。
サイト名の由来だが、言い出しっぺである双葉が海の世界に興味を持ち、自分の人生を変えるきっかけになったきのの店(海女人屋)にちなんで名付けられた。

アプリの連携は誠、ページのデザインはことり、こだまの後輩コンビ、アイコンなどサイトで使われているイラストは光と愛、写真は双葉とダイビング部員それぞれの得意分野を活かして運営されており、茜とちずるもサイトの常連訪問者。

ちずるの感想によると「お洒落な作り(デザイン)で見やすい」と好評で、アクセス数も増えており双葉が期待していた以上の結果を得ている模様。

また、光の話によると双葉が撮っている海の写真が最も評判がいいとの事である。

永遠の国(ネバーランド)

Dcvngpfu8aa6f4x

ピーター編の舞台となる、赤ん坊の永遠野守が作った夢の世界。

真斗がピーター本人から聞いた話によると、母親の育児ノイローゼによって一時的に神社に置き去りにされた守が見ていた夢を、傍にやって来た不思議な黒猫、ケット・シーの力によって作られた。

やがて「永遠の国」に、自らの時間を止めたいと願う様々な時代の者が夢を通じ「迷い人」として現れるようになり、彼らから聞いた情報や記憶、経験などを自身の成長の糧とし、赤ん坊だった彼はいつしか高校生の姿になっていた。
そして、神社の周りだけだった「永遠の国」は、赤ん坊の意志によって広がっていったが、夢から覚めた人間が増え続けた事によって「永遠の国」は縮小を続けており、この世界を存続させるためにピーターが関係ない人間を巻き込んで「永遠の国」に連れ込んでいた事を真斗と愛は知る。

しかし、世界の縮小は止められず「夢の国」は水没寸前となり、愛と真斗は戻れなくなる前にそれぞれ元の世界に送り返される。
愛は目が覚める寸前に自称「夢のプロフェッショナル」である双葉の「完全に目が覚める前なら大丈夫」という言葉を思い出し、根性で「永遠の国」に戻り、ピーターに対して一緒に目を覚まそうと説得する。

そして、愛の説得に応じたピーターは「永遠の国」から目を覚ます事を決意し、この世界を作ったケット・シーとも別れを告げ、夢の世界は消滅した。

『あまんちゅ!』の名言・名セリフ/名シーン・名場面

大木双葉「心の わくわく上昇気流が私の身体を宙へ放り上げた」

Cnyljqnwiae cvi

光に巻き込まれる形でダイビング部の部室に入った双葉だが、備品であるスーツを無断で使用し、しかもスーツを着てプールに飛び込むなどやりたい放題な光の行動に終始振り回されていた。

そして、双葉も心の底から今を楽しむ光のペースに乗せられるようにプールに飛び込み、めでたく共犯者となるのであった。

この一件によって双葉も水の世界に興味を持ち、ダイビング部に入部するきっかけの一つなるが、この時の二人の行動が部長である二宮愛を激怒させ、後の大木双葉ジャージ半脱ぎ土下座事件へと発展するとは知る由もなかった。

二宮愛「だから誠もがんばっていい男になりなさいよ!」

Cqxhcgfwyaa8 u8

ある日の放課後、部活に向かう愛が下駄箱を開けると中に手紙が入っている事に気付き、それを誠も目撃する。

部活の基礎メニューであるランニングを抜け出して早速差出人のところに向かう二人は差出人が野球部員である事を確認すると、ラブレターではないかと盛り上がる。
しかし、手紙を読むと確かにラブレターではあったが、差出人の野球部員が手紙を出した相手は愛ではなく、二宮愛の一つ下の下駄箱の女子という初歩的すぎるミスだった。

無駄に盛り上がってから人違いが発覚というありがちなオチだが、誠は人違いに腹を立てた愛の怒りが自分に向けられる事を恐れる。

だが、愛は宛名しか読んでおらず中身は読んでいないと話し、頑張っている奴を見るとつい嬉しくなってしまう、そして自分に頑張らなきゃと思わせてくれるパワーをくれる人に感謝していると告げる。

基本的に弟以外の人間には優しく、部長として面倒見もいい「姉ちゃん先輩」らしいエピソードと名言だが、誠に向けた「がんばっていい男になりなさいよ!」という言葉を受けて「…姉さんもな」と返した誠を即座に蹴るという、これまた「らしい」オチで締めてくれた。

理由もなく何かがあれば弟を蹴る双子の姉と、理由もなく姉から蹴られる弟の二宮姉弟だが、決して仲が悪い訳ではなくお互いに大事に思い合っている事を示すエピソードである。

小日向光「私は頭のメモリー容量が限られているんですっ だから幸せになることしか使えませんしそのためならどんな労力も惜しみません!」

Cqcta mviaane e

梅雨は雨が続いて憂鬱な季節だが、日常を楽しむ天才の光は自分なりの梅雨を楽しみ方を見付けていた。

ある雨の日、いつも帰る方向とは違う方向に向かう光が気になった真斗は、光の後を追って一緒に電車に乗り込む。
そして、真斗と光の目に飛び込んだのは車窓から見える美しい紫陽花だった。

時間にしてほんの数秒、この一瞬のためだけにわざわざ電車に乗ってここまでやって来た光に呆れる一方で、真斗はちょっとした事でも楽しめる光の性格を羨ましいとも思っていた。

光の行動と考え方は「楽しい」を最優先にしており、言葉に出すのとは違って簡単ではない、どんな時でも笑顔で物事を楽しむという事が出来る人間である。

実際に光のように楽しいと幸せを優先した考え方が出来る人間は一握りだが、どんな時でも楽しく、幸せを目指す光の魅力が最も分かる名言である。

姫野ちずる「言われなくても来てやるわよ それまで「てこ」をよろしくね!」

Dkrekmgvaaaoatp

夏休みを利用して茜とともに伊豆にやって来たちずるは、双葉と久々の再会を喜ぶ一方で、人見知りで友達が出来ずに淋しい思いをしていると心配していた。
だが、双葉は新しい土地で光やダイビング部の先輩と仲良くしていた。

それを見たちずるは、双葉が思った以上に元気である事に安心するとともに、双葉を取られてしまったというちょっとした嫉妬心を感じていた。

光の案内で双葉、茜とともに伊豆観光を楽しむちずるだったが、嫉妬心から双葉と仲良くする光を受け入れられず、転びそうになったところを助けてくれた光に伝えるべき「ありがとう」を伝えられないなど、モヤモヤした気持ちを抱えていた。

双葉と光の勧めもあって体験ダイビングを楽しむ中、ちずるは耳抜きを忘れて強烈な耳の痛みに襲われる。
パニックを起こしたちずるを見た光はすぐに耳抜きするよう伝え、ちずるを痛みから解放する。

ダイビングを終えて見送る際、ちずるは光を心の中で嫌っていた事を告白するが、ダイビング中に襲われた「耳のイタイタ地獄」から救ってくれた事や、光を嫌っても仕方ないという事に気付き、伊豆旅行を楽しい思い出にしてくれた光にたいして改めて感謝の気持ちを伝える。

別れ際に大声で「また来てねっ!!」と叫ぶ光に驚く一方で、ちずるは光を受け入れた事を認めるように双葉を「てこ」と呼び、楽しい思い出を一緒に作った「てこぴかり」コンビと別れ、帰りの電車に乗り込んだ。

そして、茜と二人きりになった電車の中で、仲良し三人組が離れ離れになって一番淋しい思いをしていたのは実はちずるだった事を証明するように泣き出すのだった。

小日向光「新生夢ヶ丘高校ダイビング部に…レッツらエントリー!! 」

mattyoukilis
mattyoukilis
@mattyoukilis

Related Articles関連記事

NEW

初恋限定。(Hatsukoi Limited.)のネタバレ解説まとめ

『初恋限定。』は、河下水希による漫画作品。 『週刊少年ジャンプ』にて、2007年44号から2008年26号まで連載された。 中学2年生の有原あゆみと江ノ本慧を中心に、中学生と高校生計8人の恋が同時進行で進む姿を描いたオムニバス作品だが、連載期間は約半年と短命に終わった。 いわゆる「打ち切り」となった作品であるが、打ち切りに遭いながらドラマCDやアニメといったメディアミックス化された珍しい作品でもある。

Read Article

ARIA The ORIGINATION(アリア ジ オリジネーション)のネタバレ解説まとめ

『ARIA The NATURAL』の続編であり、ARIAシリーズの完結作。独特な世界観と雰囲気の未来形ヒーリングアニメーション。放送時期は 2008年1月7日から3月31日。 水無灯里(みずなしあかり)はウンディーネになることを夢見て、マンホームからアクアにやってきた。灯里は友人たちと日々修業に励む。様々な経験を経て成長した灯里たちは、ついに先輩の手を離れ一人前のウンディーネになってゆく。

Read Article

クジラの子らは砂上に歌う(クジ砂、Children of the Whales)のネタバレ解説まとめ

「クジラの子らは砂上に歌う」とは、「梅田阿比」による漫画作品。2017年にJ.C.STAFF製作でアニメ化。砂の海に浮かぶ巨大な船「泥クジラ」には、超能力「情念動(サイミア)」を操る「印」と、操れない「無印」がいた。印である主人公「チャクロ」は泥クジラの歴史を綴る記録掛りをしていた。チャクロはある日、砂の海を漂流してきた島で謎の少女「リコス」に出会う。

Read Article

ふらいんぐうぃっち(Flying Witch)のネタバレ解説まとめ

『ふらいんぐうぃっち』とは、2012年より講談社「別冊少年マガジン」で連載された石塚千尋による漫画の事である。主人公の魔女、木綿真琴(こわたまこと)が修行のため横浜から青森の親戚の家やって来る。居候先の倉本家で高校生活を送りながら魔術の勉強をしたり、他の魔女や異世界の住人と関わりと通じて一人前の魔女としての修行に励む、日常系ほのぼのファンタジー。

Read Article

探偵オペラ ミルキィホームズ(Detective Opera Milky Holmes)のネタバレ解説まとめ

『探偵オペラ ミルキィホームズ』とは偵都ヨコハマを舞台にしたアニメで、探偵を目指す四人の少女を中心としたものである。ゲーム版『探偵オペラミルキィホームズ』を原作にしており、J.C.STAFFによって製作された。2010年10月から12月まで1期が、2012年1月から3月まで2期が放送された。2013年7月から9月から3期が、2015年1月から3月まで4期が放送された。

Read Article

ARIA The ANIMATION(アリア ジ アニメーション)のネタバレ解説まとめ

『ARIA』は天野こずえによるファンタジー×日常作品である。原作は漫画で元々もタイトルは『AQUA』であった。アニメ化第1期は『ARIA The ANIMATION』のタイトルで2005年の10月から12月まで放送された。 水無灯里は観光都市ネオ・ヴェツィアで水先案内人・ウンディーネになるため、アリアカンパニーに入社し、日々友人たちと修行をしていた。これはそんな日常の中の"素敵"を見つける物語。

Read Article

アリスと蔵六(Alice & Zouroku)のネタバレ解説まとめ

「アリスと蔵六」とは、今井哲也による漫画、及びJ.C.STAFF製作のアニメーション作品。2012年から連載が始まり、2013年に第17回文化庁メディア芸術祭マンガ部門新人賞を受賞。「アリスの夢」と呼ばれる能力者である主人公「沙名」は、住んでいたある研究所から逃亡する。空腹の中出会ったのは、曲がった事が大嫌いなお爺さん「樫村蔵六」であった。

Read Article

プラネット・ウィズ(Planet With)のネタバレ解説まとめ

『プラネット・ウィズ』とは、「J.C.STAFF」製作のオリジナルアニメーション作品。2018年に放送。本作は漫画家「水上悟志」が書き下ろしたネームを元に製作されている。漫画版は水上悟志自らが描いている。主人公「黒井宗矢」は記憶喪失の状態で「先生」「黒井銀子」の二人と暮らしていた。ある日、街に「ネビュラウェポン」と呼ばれる謎の飛行物体が現れ、それをヒーロー7人が倒す。しかし宗矢は銀子にヒーロー達を倒すように言われるのであった。

Read Article

ARIA The NATURAL(アリア ザ ナチュラル)のネタバレ解説まとめ

『ARIA The ANIMATION』のセカンド・シーズンに当たる未来形ヒーリングアニメーション。2006年の4月から9月にかけて放送されていた。今作では灯里達が日常の摩訶不思議を見つけ出す。 大晦日から数日後、アリアカンパニーにはマンホームから遊びに来たアイの姿があった。そして今日は年明けのカーニバル。物語は灯里とアイの摩訶不思議な体験から始まる....

Read Article

ウィッチクラフトワークス(Witch Craft Works)のネタバレ解説まとめ

『ウィッチクラフトワークス(Witch Craft Works)』とは、講談社『good!アフタヌーン』に掲載されている水薙竜のファンタジー漫画、およびそれを原作とするアニメ作品。 とある普通の高校生(多華宮君)と全校生徒から姫様と敬愛される美少女クラスメートの魔女(火々里さん)を中心に多華宮君を巡って繰り広げられる魔女たちと多華宮君の物語である。

Read Article

殺戮の天使(第1話『Kill me... please.』)のあらすじと感想・考察まとめ

見覚えのないビルの最下層で目を覚ました少女、レイチェル。わけもわからないまま、出口を求めてビルの中をさまよっていると、顔を包帯で覆い、大きな鎌を持った殺人鬼、ザックが現れる。 「3秒数えてやる。だからさぁ、逃げてみろよ!」 今回は「殺戮の天使」第1話『Kill me... please.』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

目次 - Contents