あまんちゅ!(Amanchu!)のネタバレ解説まとめ

『あまんちゅ!』とは、天野こずえによる漫画作品、及びアニメシリーズ。
2016年と2018年の2度アニメ化した際には、舞台である静岡県伊東市を中心に大きな盛り上がりを見せた。
登場人物が所属する静岡県立夢ヶ丘高校ダイビング部の日常を描いた作品であるが「日常ときどきダイビング。」というキャッチコピーのようにメインは日常であり、ダイビングに対する知識がなくても日常作品として楽しめる。
勿論、ダイビングに関する知識や楽しさ、そして恐さも作中で描かれておりダイビング漫画としても評価が高い。

小日向つばさ (こひなたつばさ)

光、こだまの兄だが祖父母、妹達と違って出番は少ない。

数少ない、まともに登場したクリスマスエピソードでは、妹達がクリスマスダイビングに向かう中、一人で家で過ごしていた。

両親の話によると、彼女がいたものの別れたようで「お兄ちゃんはモテるけれどマメじゃないからねー(母)」に「根はいい奴なんだけどなー(父)」と、本人がいる前で言いたい放題言われていた。
余談だが、孫達と過ごすクリスマスを楽しみにしていたはやては、光達が家にいない事にショックを受けて落ち込んでいた。家に残ってくれた唯一の孫であるつばさに彼女が出来たと一瞬だけ喜んだが、破局してしまった事を知り更にショックを受けていた。

アニメにも光の誕生日を祝うエピソードで登場したが、セリフはなかった。

井口真理(いぐちまり / CV:洲崎綾)

光、双葉のクラスメイトで、席は双葉の前。入学式後、担任である真斗の提案によって行われた自己紹介で名前が判明。(彼女の名前が出ているのはアニメのみ)

修学旅行で双葉、光と同じ班になるが、双葉達とは京都で行きたいスポットが違ったらしく、現地で他校の旧友として再会した双葉、光、茜、ちずると別れてマラソン子とともに別行動を取る。

鍋料理が得意らしく、あだ名好きの光によって「なべ山なべ子」と命名される。

マラソン子 (まらそんこ)

光、双葉のクラスメイトで本名は不明。体力測定の回と修学旅行編で登場する。

陸上部のマラソンランナーというのがあだ名の由来だが、短距離も双葉、光より速い。
同じ組になった50メートル走で彼女にあっさり抜かれた瞬間に双葉は諦めて手を抜いて走り、嫌な事から逃げ出す双葉の悪い癖を見抜いた光によって叱責される。

再登場した修学旅行編で双葉、光と同じ班になるが、双葉達とは京都で行きたいスポットが違ったらしく、現地で他校の旧友として再会した双葉、光、茜、ちずると別れて井口と別行動を取る。

『あまんちゅ!』の用語

オープン・ウォーター・ダイバー

ダイビング部入部後に双葉が目標の第一段階として取得を目指す事になる資格。
ダイビングに必要な基礎的な知識や技術を求められる資格で、資格取得で得られるCカード(Certification-cardの略で「技能認定証」を意味する)があればインストラクターなしでも潜れるようになる。(当然ながら一人で潜る事は禁止されているため一緒に潜るバディの存在は不可欠である)

ダイバーが水中で使うハンドシグナルに機材の操作など、ダイビングに関する知識は勿論、プールなど足がつかない深さの場所で、水泳具を使用せずに10分以上浮く、更に水泳具を使用せずに200メートルをノンストップで泳ぐ(もしくはマスク、フィン、シュノーケルを使用して300メートルを泳ぐ)など、体力的にも高いレベルが要求される。

なお、オープン・ウォーター・ダイバーが潜れるのは18メートルまでという制限があり、双葉はその先の資格であるアドヴァンスド・オープン・ウォーター・ダイバーのライセンス取得を目指す事になる。

アドヴァンスド・オープン・ウォーター・ダイバー

オープン・ウォーター・ダイバーの上位資格であり、水深18メートルの先を目指すために双葉が新年の抱負としてライセンス取得を決意した新たなる目標。

水深30メートルまで潜れるようになるなど単に深さの違いだけでなく、オープン・ウォーター・ダイバーでは潜れない深度での水中写真撮影など、これまで以上に難易度の高いダイビングに挑戦する事が出来るようになる。

また、アニメ第2期のタイトルである『あどばんす』は英語のadvance(前進)とともに、この資格から来ている。

バディ(buddy)

ダイビングに於いて必要不可欠な、バディ(友人、相棒)という言葉の通りお互いの命を預け合う存在。

作中でも双葉が慣れないドライスーツの操作を誤って急浮上しところを光によって助けられるエピソードがあるが、一歩間違えたら死が待っているダイビングは決して一人で行ってはならず、必ずバディの存在が必要となる。(明確に描かれていないが、ダイビングで急浮上してしまうと、最悪の場合減圧症で死亡事故に発展する可能性がある。アニメオリジナルで、光が助けてくれなかったら自分はどうなっていたかと双葉が問う場面があるが、それに対し誰も答えず話題を逸らしたところがより「リアルな死の恐怖」を感じさせる)

ダイビングに限らずバディとして連携を深めともに成長する双葉と光の関係も『あまんちゅ!』の見どころであり、第2期OPのカットで黒板に書かれた"We are BUDDY!"は彼女達の関係を表現するのに最も相応しい言葉である。

ぽこてん3号くん

真斗の愛車の『CUBE』で、部員達の足代わりとして活躍する。

両親不在で弟と二人暮らしという特殊な家庭環境で育った事によって真斗が面倒見のいい性格になった事もあるが、新車を乗り回したいという気持ちも強いようで、双葉へのプレゼント選びの際、寄り道を提案して光達から即座に却下された事もある。

また、ダイビングが体力を使うスポーツである事もあって帰り道に部員が車内で爆睡する中、真斗が一人だけ起きて黙々と運転するというオチのある回もあった。

デジタルフォトフレーム

mattyoukilis
mattyoukilis
@mattyoukilis

Related Articles関連記事

アリスと蔵六(Alice & Zouroku)のネタバレ解説まとめ

「アリスと蔵六」とは、今井哲也による漫画、及びJ.C.STAFF製作のアニメーション作品。2012年から連載が始まり、2013年に第17回文化庁メディア芸術祭マンガ部門新人賞を受賞。「アリスの夢」と呼ばれる能力者である主人公「沙名」は、住んでいたある研究所から逃亡する。空腹の中出会ったのは、曲がった事が大嫌いなお爺さん「樫村蔵六」であった。

Read Article

プラネット・ウィズ(Planet With)のネタバレ解説まとめ

『プラネット・ウィズ』とは、「J.C.STAFF」製作のオリジナルアニメーション作品。2018年に放送。本作は漫画家「水上悟志」が書き下ろしたネームを元に製作されている。漫画版は水上悟志自らが描いている。主人公「黒井宗矢」は記憶喪失の状態で「先生」「黒井銀子」の二人と暮らしていた。ある日、街に「ネビュラウェポン」と呼ばれる謎の飛行物体が現れ、それをヒーロー7人が倒す。しかし宗矢は銀子にヒーロー達を倒すように言われるのであった。

Read Article

ARIA The NATURAL(アリア ザ ナチュラル)のネタバレ解説まとめ

『ARIA The ANIMATION』のセカンド・シーズンに当たる未来形ヒーリングアニメーション。2006年の4月から9月にかけて放送されていた。今作では灯里達が日常の摩訶不思議を見つけ出す。 大晦日から数日後、アリアカンパニーにはマンホームから遊びに来たアイの姿があった。そして今日は年明けのカーニバル。物語は灯里とアイの摩訶不思議な体験から始まる....

Read Article

ウィッチクラフトワークス(Witch Craft Works)のネタバレ解説まとめ

『ウィッチクラフトワークス(Witch Craft Works)』とは、講談社『good!アフタヌーン』に掲載されている水薙竜のファンタジー漫画、およびそれを原作とするアニメ作品。 とある普通の高校生(多華宮君)と全校生徒から姫様と敬愛される美少女クラスメートの魔女(火々里さん)を中心に多華宮君を巡って繰り広げられる魔女たちと多華宮君の物語である。

Read Article

初恋限定。(Hatsukoi Limited.)のネタバレ解説まとめ

『初恋限定。』は、河下水希による漫画作品。 『週刊少年ジャンプ』にて、2007年44号から2008年26号まで連載された。 中学2年生の有原あゆみと江ノ本慧を中心に、中学生と高校生計8人の恋が同時進行で進む姿を描いたオムニバス作品だが、連載期間は約半年と短命に終わった。 いわゆる「打ち切り」となった作品であるが、打ち切りに遭いながらドラマCDやアニメといったメディアミックス化された珍しい作品でもある。

Read Article

ARIA The ORIGINATION(アリア ジ オリジネーション)のネタバレ解説まとめ

『ARIA The NATURAL』の続編であり、ARIAシリーズの完結作。独特な世界観と雰囲気の未来形ヒーリングアニメーション。放送時期は 2008年1月7日から3月31日。 水無灯里(みずなしあかり)はウンディーネになることを夢見て、マンホームからアクアにやってきた。灯里は友人たちと日々修業に励む。様々な経験を経て成長した灯里たちは、ついに先輩の手を離れ一人前のウンディーネになってゆく。

Read Article

食戟のソーマ(アニメ・漫画)のネタバレ解説まとめ

『食戟のソーマ』とは、原作:附田祐斗、作画:佐伯俊による料理・グルメ漫画。原作コミックは発売から2週間で20万を超える部数を売り上げた。テレビアニメも好調で、2015年から2019年で4回に渡って放送された。 下町の定食屋で育った主人公・幸平創真は店を継ぐつもりだったが、父親が突如店を閉めることを宣言する。創真は料理のエリートが集う名門料理学校・遠月学園に進学することになる。

Read Article

クジラの子らは砂上に歌う(クジ砂、Children of the Whales)のネタバレ解説まとめ

「クジラの子らは砂上に歌う」とは、「梅田阿比」による漫画作品。2017年にJ.C.STAFF製作でアニメ化。砂の海に浮かぶ巨大な船「泥クジラ」には、超能力「情念動(サイミア)」を操る「印」と、操れない「無印」がいた。印である主人公「チャクロ」は泥クジラの歴史を綴る記録掛りをしていた。チャクロはある日、砂の海を漂流してきた島で謎の少女「リコス」に出会う。

Read Article

ふらいんぐうぃっち(Flying Witch)のネタバレ解説まとめ

『ふらいんぐうぃっち』とは、2012年より講談社「別冊少年マガジン」で連載された石塚千尋による漫画の事である。主人公の魔女、木綿真琴(こわたまこと)が修行のため横浜から青森の親戚の家やって来る。居候先の倉本家で高校生活を送りながら魔術の勉強をしたり、他の魔女や異世界の住人と関わりと通じて一人前の魔女としての修行に励む、日常系ほのぼのファンタジー。

Read Article

探偵オペラ ミルキィホームズ(Detective Opera Milky Holmes)のネタバレ解説まとめ

『探偵オペラ ミルキィホームズ』とは偵都ヨコハマを舞台にしたアニメで、探偵を目指す四人の少女を中心としたものである。ゲーム版『探偵オペラミルキィホームズ』を原作にしており、J.C.STAFFによって製作された。2010年10月から12月まで1期が、2012年1月から3月まで2期が放送された。2013年7月から9月から3期が、2015年1月から3月まで4期が放送された。

Read Article

ARIA The ANIMATION(アリア ジ アニメーション)のネタバレ解説まとめ

『ARIA』は天野こずえによるファンタジー×日常作品である。原作は漫画で元々もタイトルは『AQUA』であった。アニメ化第1期は『ARIA The ANIMATION』のタイトルで2005年の10月から12月まで放送された。 水無灯里は観光都市ネオ・ヴェツィアで水先案内人・ウンディーネになるため、アリアカンパニーに入社し、日々友人たちと修行をしていた。これはそんな日常の中の"素敵"を見つける物語。

Read Article

殺戮の天使(第1話『Kill me... please.』)のあらすじと感想・考察まとめ

見覚えのないビルの最下層で目を覚ました少女、レイチェル。わけもわからないまま、出口を求めてビルの中をさまよっていると、顔を包帯で覆い、大きな鎌を持った殺人鬼、ザックが現れる。 「3秒数えてやる。だからさぁ、逃げてみろよ!」 今回は「殺戮の天使」第1話『Kill me... please.』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

とある魔術の禁書目録(インデックス)の名言・名セリフまとめ

「とある魔術の禁書目録」は、鎌池和馬によって書かれたライトノベル作品。 科学によって超能力を発現する「能力開発」をカリキュラムに組み込んだ、大規模な教育機関「学園都市」。その街に住む高校生「上条当麻」のもとにある日現れたシスター「インデックス」を巡って、上条は魔術の世界に踏み込んでいく。オカルトと科学、相反する二つの世界を描くバトルアクションとして、深いストーリーや名言の評価が高い作品である。

Read Article

目次 - Contents