あまんちゅ!(Amanchu!)のネタバレ解説まとめ

『あまんちゅ!』とは、天野こずえによる漫画作品、及びアニメシリーズ。
2016年と2018年の2度アニメ化した際には、舞台である静岡県伊東市を中心に大きな盛り上がりを見せた。
登場人物が所属する静岡県立夢ヶ丘高校ダイビング部の日常を描いた作品であるが「日常ときどきダイビング。」というキャッチコピーのようにメインは日常であり、ダイビングに対する知識がなくても日常作品として楽しめる。
勿論、ダイビングに関する知識や楽しさ、そして恐さも作中で描かれておりダイビング漫画としても評価が高い。

小日向光(こひなたひかり / CV:鈴木絵理)

主人公の一人で、双葉をダイビングの世界に導いた張本人。

高台から飛び降りたり、自己紹介でホイッスルを鳴らしたりするなど、エキセントリックかつ強烈な行動を取るが、口下手で上手く自分の思いを口で伝えられないだけで、実際は人との交流を強く求めている。

入学式で出会った双葉にある種の一目惚れをしており、仲良くなりたいと思って話し掛けた事から接点を持つ。人にあだ名を付ける事が好きで、双葉にはおでこの眉毛が薄いところから「てこ」と命名(自分の事は「ぴかり」と呼ぶようお願い)している。

日常を楽しむ天才で、人を巻き込んで一緒に楽しむ天性の才能を持っており、消極的な性格だった双葉が最も必要していた、強引にでも楽しい世界に導いてくれる存在。

強引な性格ではあるが、いつの間にか「楽しい世界」に導いてくれるためみんなから愛されている。
それを証明するように、誕生日に祖父母、両親、兄妹から3ホール、更には双葉とこころの分も追加して合計4ホールと食べきれないほどのケーキを用意される(しかも本人は誕生日に風邪を引いて学校を休むなど絶不調だった)など、光が周囲の人間から愛されている事を示すエピソードも多い。

二宮愛(にのみやあい / CV:大西沙織)

誠の双子の姉であり、ダイビング部の部長。双葉達後輩からは「姉ちゃん先輩」と呼ばれ慕われている。

休日はアマチュアのインストラクターとして働く光が接客したダイビング客として初登場するが、防寒用にお猿フードを被って登場(誠は河童フード)という、ある意味派手な初登場を果たす。

その後、部室に不法侵入し、備品のスーツを無断使用した犯人が先日知り合った光(そして双葉)である事を知り、二人に対して怒髪天を衝く勢いで激怒するが、双葉のジャージ半脱ぎで土下座という必死を通り越したエキセントリックな謝罪に面食らいながらも彼女達の誠意を認め、部員として迎え入れる。

基本的には優しい性格で部員からの人望も厚いが、弟の誠に対する扱いだけは酷く、ストレスの掃け口として誠を蹴るのがある種のお約束となっている。

イラストが得意であり、高校卒業後は特技の絵画のため県内にある芸術の専門学校に進学する。

ダイビングによって消極的だった性格が一変し、暴走しがちな光のブレーキ役として、また後輩を引っ張るリーダーシップを持つまでに成長した双葉を部長に任命し、夢ヶ丘高校を卒業した。

二宮誠(にのみやまこと / CV:梅原裕一郎)

ダイビング部に所属する愛の双子の弟で、双葉達後輩からは「弟くん先輩」と呼ばれ慕われている。

休日はアマチュアのインストラクターとして働く光が接客したダイビング客として初登場するが、防寒用に河童フードを被って登場(愛はお猿フード)という、ある意味派手な初登場を果たす。

愛からの扱いは酷く、蹴られても痛くないからという理由で子供の頃の夢は「石になりたい」と語るなど、当時から姉との関係に苦労していた。

良くも悪くもアクティブすぎる性格の愛とは対照的に、落ち着いた温厚な性格であるが、扱いが酷いだけで姉弟仲が悪い訳ではなく、ダイビングの費用を稼ぐため一緒にアルバイトをしたり、片付けが苦手な誠のために愛が私物で散乱したロッカーを整理したりするなど、姉からはそれなりに大事に思われている。

高校卒業後は東京の大学に進学するため伊豆を離れる事になっているが、家族には特別な事をせず、いつも通りに過ごして欲しいと希望する。そして、家族で過ごす最後の夜を希望通り「いつも通り」に過ごして旅立った。

火鳥真斗(かとりまと / CV:伊藤静)

2年生まで同じクラスだった双葉と光の担任であり、ダイビング部の顧問を務める女性教師。

入学式当日、バスの中で一緒になった光と学校まで競争する(負けず嫌いを間違った方向に暴走させた光がショートカットのため飛び降りる暴挙に出るきっかけを作る)など、趣味のダイビング以外にも波長が合う、ある意味似た者同士。

ダイビング部の活動で遠出する時は愛車の「ぽこてん3号くん」で部員の運転手及び機材の運搬を担当する。

基本的に顧問と部員という関係ではあるが、ダイビング部員とは公私関係なく行動をともにする事が多いため親しみを込めて「真斗ちゃん先生」と呼ばれるなど部員との距離が近く、ダイビングのインストラクターとしての腕も確かであるためメンバーからの信頼も厚い。

小日向きの(こひなたきの / CV:井上喜久子)

光とこだまの祖母で海の家「海女人屋」を経営する女性。

ツーリングの休憩で立ち寄った双葉に声を掛け、知らない土地で不安しかなかった彼女に海の広さと楽しさを説く。

双葉がダイビング部に入部した後、あの時声を掛けてくれた女性が光の祖母だった事を知ってからは「おばあさま」と呼んで尊敬している。

ちなみに、真斗は「海女人屋」に対してかなりのツケがあるらしく、きのに対して頭が上がらない。

小日向はやて(こひなたはやて / CV:杉田智和)

光とこだまの祖父で身長2メートルを誇る巨漢。

黒のウェットスーツを着て目にも止まらぬ速さで泳ぐため近隣ダイバーの間では「伝説の漆黒の人魚」として噂になっており、ダイバーがトラブルに見舞われると何処からともなく現れ助けてくれるため噂を超えた伝説というべき存在となっている。

双葉と光も伝説の人魚の噂を気になっていたが、それが自分の祖父である事を知った時はさすがの光も顔が青ざめていた。

また、11巻の沖縄合宿では「来ちゃった♡」と、孫達には内緒で自腹で同行し、沖縄に於ける自身のお気に入りのダイビングスポットに案内したり、ダイビング部員と一緒にカヤックを楽しんだりするなど、ある意味光顔負けの行動力の持ち主でもある。

小日向こだま(こひなたこだま / CV:洲崎綾)

小日向家次女で光の妹。

幼少の頃から光に振り回されており、その影響でダイビングとも距離を置いていたが、きのからダイビングの魅力を説かれた事と、友人であることりのダイビング部入部をきっかけにダイビング部に入部する。

昔は光と一緒に潜っており、小学校の頃にジュニア・オープン・ウォーター・ダイバーのライセンスを取得するなどダイビング歴は長い。

なお、ことりとともに夢ヶ丘高校を選んだ理由は「制服がかわいいから」である。

岬ことり(みさきことり / CV:加隈亜衣)

こころの姉でこだまの友人。

中学の頃からの友人であるこだまとともに夢ヶ丘高校に入学し、たまたますれ違った愛車のベスパに乗って黒髪をなびかせていた先輩(双葉)に一目惚れして「理想の女性」として憧れを抱く。

部活選びでこだまと相談していたところ、光とともに部員の勧誘ポスターを貼っていた双葉に出会う。そして、憧れの先輩だった双葉がダイビング部である事を知って入部を決意する。

こだまと違ってダイビング未経験者であり、同じくダイビング未経験者だった双葉同様入部してからはオープン・ウォーター・ダイバーのライセンス取得を目標としている。

メインのエピソードが与えられるなど、本格的に登場するのは10巻からだが、実は早い段階から登場しており、7巻にカフェで居眠りしていた双葉の隣の席で同じく居眠りしていた少女として初登場している。
ちなみに、この時双葉とことりは同じ夢を見ており、リンクしたお互いの夢の世界で一緒に空を飛ぶといった不思議な体験をしている。(ことりは忘れていたが、双葉はこの夢の事を覚えており、名前を聞きそびれてしまったが、誰かと共有した夢の世界で出会った少女がことりに似ていた事も覚えていた)

また、姉の存在を示唆するこころの発言に加え、ゲストキャラとして登場した後もこだまの友人として数コマだけ描かれるなど、モブ扱いではあったが彼女がメインキャラクターに「昇格」する伏線はあった。

mattyoukilis
mattyoukilis
@mattyoukilis

Related Articles関連記事

アリスと蔵六(Alice & Zouroku)のネタバレ解説まとめ

「アリスと蔵六」とは、今井哲也による漫画、及びJ.C.STAFF製作のアニメーション作品。2012年から連載が始まり、2013年に第17回文化庁メディア芸術祭マンガ部門新人賞を受賞。「アリスの夢」と呼ばれる能力者である主人公「沙名」は、住んでいたある研究所から逃亡する。空腹の中出会ったのは、曲がった事が大嫌いなお爺さん「樫村蔵六」であった。

Read Article

プラネット・ウィズ(Planet With)のネタバレ解説まとめ

『プラネット・ウィズ』とは、「J.C.STAFF」製作のオリジナルアニメーション作品。2018年に放送。本作は漫画家「水上悟志」が書き下ろしたネームを元に製作されている。漫画版は水上悟志自らが描いている。主人公「黒井宗矢」は記憶喪失の状態で「先生」「黒井銀子」の二人と暮らしていた。ある日、街に「ネビュラウェポン」と呼ばれる謎の飛行物体が現れ、それをヒーロー7人が倒す。しかし宗矢は銀子にヒーロー達を倒すように言われるのであった。

Read Article

ARIA The NATURAL(アリア ザ ナチュラル)のネタバレ解説まとめ

『ARIA The ANIMATION』のセカンド・シーズンに当たる未来形ヒーリングアニメーション。2006年の4月から9月にかけて放送されていた。今作では灯里達が日常の摩訶不思議を見つけ出す。 大晦日から数日後、アリアカンパニーにはマンホームから遊びに来たアイの姿があった。そして今日は年明けのカーニバル。物語は灯里とアイの摩訶不思議な体験から始まる....

Read Article

ウィッチクラフトワークス(Witch Craft Works)のネタバレ解説まとめ

『ウィッチクラフトワークス(Witch Craft Works)』とは、講談社『good!アフタヌーン』に掲載されている水薙竜のファンタジー漫画、およびそれを原作とするアニメ作品。 とある普通の高校生(多華宮君)と全校生徒から姫様と敬愛される美少女クラスメートの魔女(火々里さん)を中心に多華宮君を巡って繰り広げられる魔女たちと多華宮君の物語である。

Read Article

初恋限定。(Hatsukoi Limited.)のネタバレ解説まとめ

『初恋限定。』は、河下水希による漫画作品。 『週刊少年ジャンプ』にて、2007年44号から2008年26号まで連載された。 中学2年生の有原あゆみと江ノ本慧を中心に、中学生と高校生計8人の恋が同時進行で進む姿を描いたオムニバス作品だが、連載期間は約半年と短命に終わった。 いわゆる「打ち切り」となった作品であるが、打ち切りに遭いながらドラマCDやアニメといったメディアミックス化された珍しい作品でもある。

Read Article

ARIA The ORIGINATION(アリア ジ オリジネーション)のネタバレ解説まとめ

『ARIA The NATURAL』の続編であり、ARIAシリーズの完結作。独特な世界観と雰囲気の未来形ヒーリングアニメーション。放送時期は 2008年1月7日から3月31日。 水無灯里(みずなしあかり)はウンディーネになることを夢見て、マンホームからアクアにやってきた。灯里は友人たちと日々修業に励む。様々な経験を経て成長した灯里たちは、ついに先輩の手を離れ一人前のウンディーネになってゆく。

Read Article

食戟のソーマ(アニメ・漫画)のネタバレ解説まとめ

『食戟のソーマ』とは、原作:附田祐斗、作画:佐伯俊による料理・グルメ漫画。原作コミックは発売から2週間で20万を超える部数を売り上げた。テレビアニメも好調で、2015年から2019年で4回に渡って放送された。 下町の定食屋で育った主人公・幸平創真は店を継ぐつもりだったが、父親が突如店を閉めることを宣言する。創真は料理のエリートが集う名門料理学校・遠月学園に進学することになる。

Read Article

クジラの子らは砂上に歌う(クジ砂、Children of the Whales)のネタバレ解説まとめ

「クジラの子らは砂上に歌う」とは、「梅田阿比」による漫画作品。2017年にJ.C.STAFF製作でアニメ化。砂の海に浮かぶ巨大な船「泥クジラ」には、超能力「情念動(サイミア)」を操る「印」と、操れない「無印」がいた。印である主人公「チャクロ」は泥クジラの歴史を綴る記録掛りをしていた。チャクロはある日、砂の海を漂流してきた島で謎の少女「リコス」に出会う。

Read Article

ふらいんぐうぃっち(Flying Witch)のネタバレ解説まとめ

『ふらいんぐうぃっち』とは、2012年より講談社「別冊少年マガジン」で連載された石塚千尋による漫画の事である。主人公の魔女、木綿真琴(こわたまこと)が修行のため横浜から青森の親戚の家やって来る。居候先の倉本家で高校生活を送りながら魔術の勉強をしたり、他の魔女や異世界の住人と関わりと通じて一人前の魔女としての修行に励む、日常系ほのぼのファンタジー。

Read Article

探偵オペラ ミルキィホームズ(Detective Opera Milky Holmes)のネタバレ解説まとめ

『探偵オペラ ミルキィホームズ』とは偵都ヨコハマを舞台にしたアニメで、探偵を目指す四人の少女を中心としたものである。ゲーム版『探偵オペラミルキィホームズ』を原作にしており、J.C.STAFFによって製作された。2010年10月から12月まで1期が、2012年1月から3月まで2期が放送された。2013年7月から9月から3期が、2015年1月から3月まで4期が放送された。

Read Article

ARIA The ANIMATION(アリア ジ アニメーション)のネタバレ解説まとめ

『ARIA』は天野こずえによるファンタジー×日常作品である。原作は漫画で元々もタイトルは『AQUA』であった。アニメ化第1期は『ARIA The ANIMATION』のタイトルで2005年の10月から12月まで放送された。 水無灯里は観光都市ネオ・ヴェツィアで水先案内人・ウンディーネになるため、アリアカンパニーに入社し、日々友人たちと修行をしていた。これはそんな日常の中の"素敵"を見つける物語。

Read Article

殺戮の天使(第1話『Kill me... please.』)のあらすじと感想・考察まとめ

見覚えのないビルの最下層で目を覚ました少女、レイチェル。わけもわからないまま、出口を求めてビルの中をさまよっていると、顔を包帯で覆い、大きな鎌を持った殺人鬼、ザックが現れる。 「3秒数えてやる。だからさぁ、逃げてみろよ!」 今回は「殺戮の天使」第1話『Kill me... please.』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

とある魔術の禁書目録(インデックス)の名言・名セリフまとめ

「とある魔術の禁書目録」は、鎌池和馬によって書かれたライトノベル作品。 科学によって超能力を発現する「能力開発」をカリキュラムに組み込んだ、大規模な教育機関「学園都市」。その街に住む高校生「上条当麻」のもとにある日現れたシスター「インデックス」を巡って、上条は魔術の世界に踏み込んでいく。オカルトと科学、相反する二つの世界を描くバトルアクションとして、深いストーリーや名言の評価が高い作品である。

Read Article

目次 - Contents