あまんちゅ!(Amanchu!)のネタバレ解説まとめ

Main

『あまんちゅ!』とは、天野こずえによる漫画作品、及びアニメシリーズ。
2016年と2018年の2度アニメ化した際には、舞台である静岡県伊東市を中心に大きな盛り上がりを見せた。
登場人物が所属する静岡県立夢ヶ丘高校ダイビング部の日常を描いた作品であるが「日常ときどきダイビング。」というキャッチコピーのようにメインは日常であり、ダイビングに対する知識がなくても日常作品として楽しめる。
勿論、ダイビングに関する知識や楽しさ、そして恐さも作中で描かれておりダイビング漫画としても評価が高い。

『あまんちゅ!』の概要

Cjxxjrsvaaeymwl

『あまんちゅ!』とは、天野こずえによる日本の漫画作品、及びアニメシリーズ。マッグガーデン発行『月刊コミックブレイド』2009年1月号より連載開始。

静岡県立夢ヶ丘高校ダイビング部の日常を描いており、バディ(相棒)としてお互いの関係を深める登場人物の友情や人間関係を丁寧に描写した日常作品、及び学園作品として楽しめる。また、ダイビングの魅力と楽しさは勿論、少しのミスと油断が死を招く恐れがある、ダイビングの恐ろしさも描かれているのでダイビング漫画としても評価が高い。

2016年7月にアニメの第1期が放送し、作品の舞台である伊東市、並びに伊豆急行とのコラボイベントで人気を博す。
2018年4月にはアニメ第2期の『あどばんす』が放送し、OPの『Crosswalk』のPVが伊東市で撮影された事が話題になる。

アニメ以外にも作者の前作である『ARIA』とのコラボ企画も行われており、両作品をクロスオーバーさせたドラマCDやオリジナルコミックがBDや単行本の特典として描かれるなど、天野こずえファンは勿論『あまんちゅ!』で作者を知ったファンが過去の作品に興味を持つきっかけを与えるなど、こちらも大きな成功を収めている。

また、漫画版とアニメ版でキャッチコピーが異なっており、漫画版のキャッチコピーは「日常ときどきダイビング。」であるのに対し、アニメ版のキャッチコピーは「さあ、新しい物語を始めましょう。」となっている。

『あまんちゅ!』のあらすじ・ストーリー

Cmhr o8ugaafbvs

暗い気持ちで伊豆に引っ越して来た双葉だが、海の世界に魅せられダイビングを通して大きく成長する事になる。

高校進学とともに東京から静岡に引っ越して来た大木双葉は、知らない土地の、誰も自分を知らない孤独な環境による不安に苛まれていた。

知らない人しかいない新たな学校で過ごす3年間に憂鬱な気持ちで足を踏み入れた双葉だったが、クラスメイトになった小日向光によって強引にダイビング部に連れて行かれ、双葉の意見を聞かれる事も、反対する余地を与えられる事もなく、光の勢いに流されるままダイビング部に入部する事になる。

Cprd m8ueaancrl

光の勢いに流され部室に不法侵入したばかりか備品も無断で使用した事が愛の怒りを買うが、必死の謝罪で何とか許して貰う。

入学式で会って以来仲良くなりたいと思っていた双葉と一緒にダイビングが出来る事を喜ぶ光だが、部室に不法侵入した上に備品も無断で使用した事が部長である二宮愛の怒りを買ってしまう。
文字通り怒髪天を衝く勢いで激怒する愛に双葉と光は追い回されるが、土下座で必死に謝罪するなど誠意を示す事によって何とか新入部員として認めて貰う。

Ctmhejzueaa62vb

泳げない、体力不足とダイバーとして致命的なハンデを抱えていた双葉は仲間の励ましと自身の努力で克服し、目標だったオープン・ウォーター・ダイバーのライセンスを取得する。

入部後、双葉はダイビングの必須資格であるオープン・ウォーター・ダイバーのライセンス取得を目指す事になるが、体力不足である上に泳げないというダイバーとして致命的な事実が発覚する。

ダイビング未経験で慣れない機材の操作に戸惑い、更には泳げない事から来る水への恐怖心にも襲われ、想像以上の困難に諦めそうになる双葉だが、顧問である火鳥真斗と光達部員の励まし、何よりも自身の努力でハンデを克服し、見事ライセンスを取得する。

Amanchu  ova  raw bdrip 1920x1080 h264 aac .mkv 000192073

親友以上の心友というべき存在である茜、ちずるとの再会を双葉は喜ぶ。

夏休みになり、双葉の東京の友人である水無茜と姫野ちずるが伊豆にやって来た。
双葉が久し振りの再会を楽しみにしていたように、茜達も双葉との再会を楽しみにしており、駅まで出迎えに来た双葉と久し振りの再会を喜ぶ。

消極的で人付き合いが苦手だった中学時代のように一人で淋しい思いをしていると心配していた茜とちずるだが、予想に反して双葉は新たな環境で新たな友人と出会い、ダイビングという新たな楽しみを見付けていた。

Amanchu  ova  raw bdrip 1920x1080 h264 aac .mkv 000615597

ちずるは嫉妬心から光を受け入れられず、旅行中モヤモヤした気持ちを抱えていたが、最終的には光を受け入れ友人になる。

双葉から伊豆で出来た新たな友人の小日向光を紹介され、茜は双葉が以前と変わった事を嬉しく思い、ちずるは光に双葉を取られたという嫉妬心を抱く。

その後、双葉達の勧めによって体験ダイビングを楽しむ茜とちずるだが、ちずるが耳抜きを忘れた事によって強烈な耳の痛みに襲われる。
パニックを起こしたちずるを救ったのは他ならぬ光であり、心の中で嫌っていた光が痛みに苦しむ自分を助けてくれた事への感謝と、これ以上光を嫌っても仕方ないという気持ちから光を受け入れ、新たな友人となった。

De6jxwzu8aehpma

アニメ2期『あどばんす』キービジュアル。メンバーが増えるとともに公式サイトも作られ、ダイビング部の活動は更に活発となる。

ダイビングによって人間的にも成長を続ける双葉の向上心が衰える事はなく、ダイビングの上位資格であるアドヴァンスド・オープン・ウォーター・ダイバーのライセンス取得を新たな目標として掲げ、こちらも見事にライセンスを取得する。

双葉達が2年になってからは新入部員として岬ことり、小日向こだまが加入し6人になったダイビング部は沖縄合宿を行うなど行動範囲も広がって活動が更に活発化する。

Dgbzxf1vwaaq4uv

76話扉絵。京都で再会した双葉、光、茜、ちずるはともに修学旅行を楽しみ、双葉発案のダイビング部公式サイト『あまんちゅ!』も二人から高い評価を受ける。

ダイビングによって大きく変わった双葉は、もっと多くの人にダイビングに興味を持って貰いたいとダイビング部の公式サイトを作る事を思い立ち、サイトの名前を『あまんちゅ!』と命名する。

サイトの評判は高く、修学旅行先の京都で偶然再会した茜とちずるからも絶賛されるなど公式サイトは双葉の期待以上に好評という嬉しい結果となる。

その後も文化祭に年越しなど楽しいイベントを一緒に過ごすダイビング部だが、3月になりこれまで先輩として部を引っ張って来た二宮姉弟と別れの時がやって来る。

卒業式、別れのハイファイブで二人を送り出した後、二宮姉弟によって新部長に任命された双葉はリーダーとして新生夢ヶ丘高校ダイビング部の始動を宣言する。

Dmth0blwwaeqa58

83話扉絵。双葉をリーダーに始動するはずだったダイビング部を予想外のアクシデントが襲う。

愛と誠からダイビング部を任され、気合いとやる気十分で3年生となった双葉と光だが、新学期のクラス分けで別々のクラスとなり、いきなり出鼻を挫かれた恰好になる。
これまで同じクラスだった双葉と離れ離れになってしまった事に落胆する光だが、リーダーとして部を引っ張るべき双葉は光以上に落ち込んでいた。

落ち込む双葉の姿を見た光は相棒兼リーダーを元気付けるために呼び出し、高台から飛び降りて登場する。

2年前に真斗との競争でショートカットするため飛び降りた時は無傷だったが、今回は左足首骨折及び靱帯断裂で即手術という大ケガを負ってしまう。

始動早々副部長の長期離脱、及び双葉のバディ不在という夢ヶ丘高校高校ダイビング部史上最大のピンチとともに、相棒(バディ)である大木双葉と小日向光の高校生活最後の一年が始まった。

『あまんちゅ!』の登場人物・キャラクター

大木双葉(おおきふたば / CV:茅野愛衣)

De 54 3vaaa5eqa

作品の主人公の一人であり、物語の大半は彼女の視点で進行するため読者との距離感が最も近い登場人物である。中学まで過ごした東京から静岡県伊東市に引っ越すが、見知らぬ土地で始まる新生活に希望が持てず、孤独と不安を感じていたところに光と出会い、彼女の勢いに巻き込まれる形でダイビング部に入部する。

強引に他者を巻き込む光の行動に当初は戸惑うも、それが自分が楽しいと思っている事を相手と共有したいという思いから来ている事を理解してからは一緒に楽しむようになる。

体力不足、更には泳げないというダイバーとして致命的なハンデを抱えていたが、努力で乗り越え、オープン・ウォーター・ダイバーのライセンスを取得する。
その後、オープン・ウォーター・ダイバーの上位資格であるアドヴァンスド・オープン・ウォーター・ダイバーのライセンスも取得するなど、ダイビングを通して人間としてもダイバーとしても大きく成長を続けている。

当初は東京に住む友人からのメールをチェックする姿が見られ、暗い表情が目立っていたが、新しい土地で自身が打ち込める事と新たな友人に出会ってからは自身が興味を持った機材を持っているダイバーに初対面ながら話し掛けるなど、消極的だった性格も大きく変化している。

これまでダイビング部を引っ張って来た二宮姉弟の卒業時に部長として任命され、リーダーとして更なる成長が期待される。

mattyoukilis
mattyoukilis
@mattyoukilis

Related Articles関連記事

ARIA The NATURAL(アリア ザ ナチュラル)のネタバレ解説まとめ

『ARIA The ANIMATION』のセカンド・シーズンに当たる未来形ヒーリングアニメーション。2006年の4月から9月にかけて放送されていた。今作では灯里達が日常の摩訶不思議を見つけ出す。 大晦日から数日後、アリアカンパニーにはマンホームから遊びに来たアイの姿があった。そして今日は年明けのカーニバル。物語は灯里とアイの摩訶不思議な体験から始まる....

Read Article

ウィッチクラフトワークス(Witch Craft Works)のネタバレ解説まとめ

『ウィッチクラフトワークス(Witch Craft Works)』とは、講談社『good!アフタヌーン』に掲載されている水薙竜のファンタジー漫画、およびそれを原作とするアニメ作品。 とある普通の高校生(多華宮君)と全校生徒から姫様と敬愛される美少女クラスメートの魔女(火々里さん)を中心に多華宮君を巡って繰り広げられる魔女たちと多華宮君の物語である。

Read Article

ARIA The ORIGINATION(アリア ジ オリジネーション)のネタバレ解説まとめ

『ARIA The NATURAL』の続編であり、ARIAシリーズの完結作。独特な世界観と雰囲気の未来形ヒーリングアニメーション。放送時期は 2008年1月7日から3月31日。 水無灯里(みずなしあかり)はウンディーネになることを夢見て、マンホームからアクアにやってきた。灯里は友人たちと日々修業に励む。様々な経験を経て成長した灯里たちは、ついに先輩の手を離れ一人前のウンディーネになってゆく。

Read Article

クジラの子らは砂上に歌う(クジ砂、Children of the Whales)のネタバレ解説まとめ

「クジラの子らは砂上に歌う」とは、「梅田阿比」による漫画作品。2017年にJ.C.STAFF製作でアニメ化。砂の海に浮かぶ巨大な船「泥クジラ」には、超能力「情念動(サイミア)」を操る「印」と、操れない「無印」がいた。印である主人公「チャクロ」は泥クジラの歴史を綴る記録掛りをしていた。チャクロはある日、砂の海を漂流してきた島で謎の少女「リコス」に出会う。

Read Article

探偵オペラ ミルキィホームズ(Detective Opera Milky Holmes)のネタバレ解説まとめ

『探偵オペラ ミルキィホームズ』とは偵都ヨコハマを舞台にしたアニメで、探偵を目指す四人の少女を中心としたものである。ゲーム版『探偵オペラミルキィホームズ』を原作にしており、J.C.STAFFによって製作された。2010年10月から12月まで1期が、2012年1月から3月まで2期が放送された。2013年7月から9月から3期が、2015年1月から3月まで4期が放送された。

Read Article

ARIA The ANIMATION(アリア ジ アニメーション)のネタバレ解説まとめ

『ARIA』は天野こずえによるファンタジー×日常作品である。原作は漫画で元々もタイトルは『AQUA』であった。アニメ化第1期は『ARIA The ANIMATION』のタイトルで2005年の10月から12月まで放送された。 水無灯里は観光都市ネオ・ヴェツィアで水先案内人・ウンディーネになるため、アリアカンパニーに入社し、日々友人たちと修行をしていた。これはそんな日常の中の"素敵"を見つける物語。

Read Article

アリスと蔵六(Alice & Zouroku)のネタバレ解説まとめ

「アリスと蔵六」とは、今井哲也による漫画、及びJ.C.STAFF製作のアニメーション作品。2012年から連載が始まり、2013年に第17回文化庁メディア芸術祭マンガ部門新人賞を受賞。「アリスの夢」と呼ばれる能力者である主人公「沙名」は、住んでいたある研究所から逃亡する。空腹の中出会ったのは、曲がった事が大嫌いなお爺さん「樫村蔵六」であった。

Read Article

殺戮の天使(第1話『Kill me... please.』)のあらすじと感想・考察まとめ

見覚えのないビルの最下層で目を覚ました少女、レイチェル。わけもわからないまま、出口を求めてビルの中をさまよっていると、顔を包帯で覆い、大きな鎌を持った殺人鬼、ザックが現れる。 「3秒数えてやる。だからさぁ、逃げてみろよ!」 今回は「殺戮の天使」第1話『Kill me... please.』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

目次 - Contents