ロマンシング サ・ガ(ロマサガ1、Romancing SaGa)のネタバレ解説まとめ

『ロマンシング サ・ガ』とは、1992年1月28日に現スクウェア・エニックスから発売されたスーパーファミコン(SFC)用ロールプレイングゲーム(RPG)。
ゲームボーイ用ソフト『Sa・Ga』シリーズのスタッフが新たに手掛けた意欲作。最大の売りは、当時まだ珍しかった自由度の高い「フリーシナリオシステム」を採用したこと。それぞれ異なる事情を抱えた8人の主人公から1人を選んで自由に世界を冒険するうち、伝説の邪神と戦うこととなる。

クローディアのスタート地点。
マルディアスの南東部に位置する大国。鉱山や迷いの森などがある。
首都メルビルには巨大な図書館があり、メルビルからは離島へもアクセスできる。
帝国内部では皇帝の後継者争いなどの陰謀が渦巻いている。

騎士団領 (Dominions of the Knights)

正義の神・ミルザを慕う騎士団が治める地域。
クジャラートとは山脈を隔てており、直接行き来はできない。陸路でバルハラントへ行ける。
保守的な考え方が強く、騎士団とは名ばかりで、多くの騎士はモンスターの巣を見つけても放置している。
他の国に対しては中立的立場にある。

バルハラント (Valhalland)

シフのスタート地点。
雪原の広がる最南端の地域で、狩猟民族のバルハル族が住む。
騎士団領とは陸路でつながっている。ここより南は地図が途切れている。

アロン島 (Alon Island)

ジャングルが広がる島。
ゲッコ族という蜥蜴人が多く暮らしている。
ゲッコ族は元々サルーインによって生み出された存在だが、争いを好まず人間とも敵対はしていない。
『ミンストレルソング』ではワロン島という名称に変更された。

リガウ島 (Rigau Island)

グレイのスタート地点。
恐竜の棲む草原やトマエ火山がある島。
ジェルトンが中心都市。
トマエ火山は「冥府」へつながっている。

サンゴ海 (Coral Sea)

ホークのスタート地点。
アロン島とリガウ島の間にあり、海賊が拠点にしている地域。
ほぼホーク編にしか登場せず、一度出ると入れず、自由な行き来は不可能。

『ロマンシング サ・ガ』のあらすじ・ストーリー

オーバーチュア

物語の舞台となる世界マルディアス。
はじめにマルディアスを作り上げたのはマルダーという神。
マルダーの妻サイヴァは破壊の女神であった。
サイヴァはある時、他の神々を相手に戦いをしかけた。
圧倒的な強さでサイヴァは他の神々を蹂躙したが決着はつかず、彼女は自分の小指から新たな神を生み出して自らの力にしようとした。
サイヴァの小指から生まれたのは神「エロール」。
しかし彼女の小指は唯一良心が残っていた場所だったため、エロールは善神として生まれた。
エロールはサイヴァから生まれたものの、その善の性質から破壊の限りを尽くす悪の女神サイヴァからは離反した。
善神エロールは他のマルディアスの神々に味方し、サイヴァを滅ぼした。
この時の神々の戦いにより、マルディアスは破滅に陥ってしまった。

エロールにより滅ぼされたサイヴァの体からは3人の邪神が生まれた。
長兄のデス、弟のサルーイン、末妹のシェラハ。
彼らは悪しき神であり、ことにサルーインは三邪神の中でも最強の神とされ、破壊と憎悪の性質を持つ。
彼ら三邪神は、マルディアスの支配をもくろみ、モンスターを率いてマルディアスの神々と人間たちに戦いを挑んだ。
デスとシェラハは最終的にマルディアスの神々の力の前に屈したが、サルーインだけは戦いをやめようとしなかった。
エロールはかつての神々の戦いで世界を破滅に追いやってしまったことを悔やんでおり、今度は自ら戦うことをせず、サルーインを倒す役目を人間に託した。

その役目を受けたのはミルザという人間の騎士であった。
エロールは自らが作り出した10個の宝石(ディステニィストーン)をミルザに与え、ミルザはその力でサルーインを刺し違える形で封印した。
この時命を落としたミルザはエロールにより天界に引き上げられ、正義の神として永遠の命を与えられた。

物語はその1000年後から始まる。

アルベルト編

アルベルトは唯一の左利き。最初は弱いが後半はステータスが伸びる。

ローザリア国の貴族の息子であるアルベルトは両親と姉と共にイスマス城で暮らしていた。
ある時、彼は姉ディアナに東の洞窟のモンスター退治に強引に連れていかれた。
アルベルトはその洞窟内で不思議な紋章を見つけるが、この時はなにも起きなかった。
洞窟から無事にイスマス城に戻ったアルベルトとディアナは、ローザリア国皇太子ナイトハルトの突然の訪問に驚く。
ナイトハルトはディアナに結婚を申し込みに来たのだった。

ナイトハルトが帰ったその夜、イスマス城は突然、モンスターの襲撃にあう。
アルベルトは父からディアナを連れて、ナイトハルトに救援を求めるためにクリスタルシティへ向かえと言われる。
両親を置いてアルベルトとディアナはイスマス城から脱出を図るも、モンスターに囲まれ崖に追い詰められてしまう。
ディアナはアルベルトを崖から突き落として逃がした。

気を失って倒れていたアルベルトを助けたのはモニカという女性だった。
モニカからクリスタルシティへ向かうには船で向かうとよいと教えられたアルベルトは、ブルエーレの港から船に乗った。
だが、彼は船ごと嵐に巻き込まれ難破してしまい、遠く北のバルハラントの地に流れ着いた。
そこでアルベルトはシフという女戦士に助けられる。
シフの暮らす村へ行くと村の長老ガトに会う。

近頃モンスターが多くて困るというガトからの依頼で、南の洞窟にモンスター退治にいくというシフに同行するアルベルト。
モンスター退治に力を貸してくれたお礼にガトはアルベルトに地図を渡し、ローザリアまでは騎士団領から船でいけるだろう、と教えてくれる。
そしてガトは、シフにアルベルトに同行してローザリアまで行くように言う。
シフの協力を得たアルベルトは、騎士団領を経てようやくナイトハルトのいるクリスタルシティに辿りつく。

アルベルトはナイトハルトから父母の遺体がニーサ神殿に葬られていることを知る。
しかしディアナの遺体は確認されなかったという。姉はどこかで生きているかもしれない。アルベルトは一縷の望みを持って姉を探す旅に出ようと決心する。

アルベルトは、ナイトハルトからクリスタルレイクの洞窟に隠されている水のディステニィストーン・アクアマリンを取ってきて欲しいといわれる。
アクアマリンを手に入れるアルベルト。
これをナイトハルトに渡すかどうかはプレイヤー次第である。

その後、アルベルトは、行方不明の姉ディアナを探しながら、様々な仲間と出会い、世界中を冒険することとなる。

シフ編

難破船の情報をきいてから向かうとアルベルトと出会う。

kiyokiyo23
kiyokiyo23
@kiyokiyo23

Related Articles関連記事

ロマンシング サ・ガ2(ロマサガ2、Romancing SaGa 2)のネタバレ解説まとめ

『ロマンシング サ・ガ2』とは、スクエア(当時)が開発したSFC用のRPGである。特徴は、決まった流れを追うのではなく、フリーシナリオを採用している点と、レベルに関係なく技を習得する閃きシステムが挙げられる。プレイヤーはバレンヌ帝国の皇帝となり、かつて世界を救った「七英雄」と対峙していくこととなる。その戦いは世代を超えて続き紡がれる。

Read Article

ロマンシング サ・ガ3(ロマサガ3、Romancing SaGa 3)のネタバレ解説まとめ

『ロマンシング サ・ガ3』とは、1995年に現スクウェア・エニックスより発売されたスーパーファミコン用ロールプレイングゲームソフト。サガシリーズの6作目にあたり、ロマサガシリーズの3作目にしてシリーズの集大成との呼び声も高い。シリーズの特徴であるフリーシナリオの他、ミニゲームも充実。グラフィックや演出、音楽などの点で特に評価が高い。8人の主人公から1人を選び、「死食」がもたらす数々の謎を解き明かす冒険の旅に出る。

Read Article

サガ フロンティア(サガフロ、SaGa Frontier)のネタバレ解説まとめ

『サガ フロンティア』とは、現:スクウェア・エニックスが1997年7月11日に発売したプレイステーション用ソフトで、ジャンルはRPG。サガシリーズの7作目にあたる。主人公は7人の中から1人を選び、それぞれ違ったストーリーが展開する。今作ではこれまでのファンタジー路線に加えSF要素も盛り込まれている。また今作より「連携」システムが搭載された。多数の小世界「リージョン」を舞台に、7人の主人公たちがそれぞれの物語を紡いでいく。

Read Article

時空の覇者 Sa・Ga3(Final Fantasy Legend III)のネタバレ解説まとめ

『時空の覇者 Sa・Ga3』とは、1991年12月13日に現:スクウェア・エニックスから発売されたゲームボーイ専用ソフト。サガシリーズの完結編。今作がGB最後の作品となった。システムは前2作とは異なり、経験値でレベルアップするというオーソドックスなものに変更され、武器や魔法の使用回数制限も撤廃された。滅びの未来を変えるため過去へ送られた3人の若者たちが、仲間と共に時空を超えて異次元の神と戦う物語。

Read Article

サガ フロンティア2(サガフロ2、SaGa Frontier 2)のネタバレ解説まとめ

『サガフロンティア2』とは、現スクウェア・エニックスが1999年に発売したプレイステーション用ソフト。ジャンルはRPG。サガシリーズとしては8作目、『サガフロンティア』シリーズでは2作目に当たる。 シリーズの特徴であるフリーシナリオは、今作では年代順にシナリオを追っていく「ヒストリーチョイス」システムとして採用されている。術が一般化している世界を舞台に、術が使えないギュスターヴ13世と時代の影で起こる災いに立ち向かうウィリアム・ナイツとその一族を主人公に、約100年に及ぶ物語が描かれる。

Read Article

魔界塔士 Sa・Ga(The Final Fantasy Legend)のネタバレ解説まとめ

『魔界塔士Sa・Ga』とは、1989年12月15日に現・スクウェア・エニックスから発売されたゲームボーイ(GB)専用ソフト。ジャンルは当時、携帯機のGBでは不可能といわれた初のRPGで、当社初のミリオンソフトとなった。 サガシリーズの記念すべき第1作目。経験値やレベルの概念がなく、キャラクターの種別によって成長方法が異なるという斬新なシステムで注目された。舞台は1本の塔によって結ばれた4つの世界。その塔の頂上には楽園があるという。その楽園を求めて主人公は塔への冒険に旅立つ。

Read Article

Sa・Ga2 秘宝伝説(Final Fantasy Legend II)のネタバレ解説まとめ

『Sa・Ga2 秘宝伝説』とは、1990年12月14日に現:スクウェア・エニックスから発売されたゲームボーイ(GB)用ソフト。サガシリーズの第2作目。 基本的なシステムは前作『魔界塔士Sa・Ga』を踏襲しているが、さらに遊びやすくなるようシステムに変更や追加がなされている。 古の神々の遺産「秘宝」は手に入れるとすばらしい力が得られるという。主人公は、その「秘宝」を追って行方不明になった父親を探して、仲間たちと共に旅に出る。

Read Article

目次 - Contents