ロマンシング サ・ガ(ロマサガ1、Romancing SaGa)のネタバレ解説まとめ

『ロマンシング サ・ガ』とは、1992年1月28日に現スクウェア・エニックスから発売されたスーパーファミコン(SFC)用ロールプレイングゲーム(RPG)。
ゲームボーイ用ソフト『Sa・Ga』シリーズのスタッフが新たに手掛けた意欲作。最大の売りは、当時まだ珍しかった自由度の高い「フリーシナリオシステム」を採用したこと。それぞれ異なる事情を抱えた8人の主人公から1人を選んで自由に世界を冒険するうち、伝説の邪神と戦うこととなる。

騎士団領オイゲン城の城主。
騎士団議会の議長も兼ねており、「騎士団の盾」ともうたわれる老騎士。
騎士団の将来を憂えながらも、自身は病に侵されているため歯がゆい思いをしている。
騎士見習いの従者ラファエルに目をかけている。

ガト (Gato)

バルハラントのバルハル族の村「ガトの村」の村長。
シフを自分の孫のように可愛がっており、またその剣の腕も信頼している。

四天王

かつてミルザと共にサルーインと戦った巨大な4体の魔物の王のこと。
彼らはサルーインら邪神によって、神々の戦いの道具として生み出された。
だが、自分たちを単なる道具としてしか見ていないサルーインを見限ってエロールたち善神の側についた。
各地に住む四天王たちに関するイベントは、「四天王お使いイベント」と呼ばれ、イベントを成功させれば四天王の協力を得られる。
しかしフリーシナリオであるため、このイベントも、撃破するかお使いするか無視するかはプレイヤー次第。

クジャラート地方の都市タルミッタ近くの神殿に住む「水竜」
バファル帝国のベイル高原地下のグレートピットに住む「アディリス」
ローザリア王国のスカーブ山に住む「タイニィフェザー」
リガウ島のトマエ火山に住む「フレイムタイラント」

特に「アディリス」には、吟遊詩人による「涙を拭いて」の演奏イベントが発生することがある。
また、「フレイムタイラント」はデスの住む冥府の入り口を守るという役目も果たしている。

ミニオン (Minion)

サルーインが自らの復活のエネルギーを収集するために生み出した3体の分身。
3体の分身はそれぞれサルーインの性質を直接反映させたもので、ヘイト(憎悪)・ストライフ(闘争)・ワイル(策略)という名前が付いている。
ヘイトは、主にローザリア、騎士団領、バルハラントを担当して暗躍している。
バルハラントでは、「赤魔法使い」に扮して主人公パーティーに潜り込み、ディステニィストーンであるオブシダンがついた宝剣オブシダンソードを狙う。

ワイルは、主にクジャラートからフロンティアを担当して暗躍する。
クジャラートではアサシンギルドを復活させ、悪行と混乱を巻き起こす。

ストライフは、主にバファル帝国や離島を担当して暗躍する。
ワイルの狙いは帝国を乗っ取って滅ぼすことにあり、帝国の支配権を狙っていたコルネリオを操って帝国の内部分裂を画策する。

『ミンストレルソング』ではワイルとストライフの担当地域が逆になっている。

ウェイ=クビン (Wey=Quevin)

ローザリア王国近くの魔の島に住む魔術士。
ディステニィストーンの1つ「魔のエメラルド」を所持する。
不老不死の研究のために非人道的な研究を行っている。

サラキーン (Sarakihn)

巨人の里の族長。
神々に対しては、彼らの起こした戦いに巻き込まれ、戦いの道具として利用されたことを良く思っていない。
巨人の里を訪れた際、サラキーンと会話をすることになる。
弱気な発言をする彼に対して強気な答えを返せば、「たいしたものだな」と言われ、里で買物をする許可が出る。
また、サルーインの居場所も教えてくれる。

ハオラーン (Haolahn)

マルディアス各地を放浪している謎の吟遊詩人。
各地のパブで会うことができ、主人公たちに道を示す。
その正体はマルディアスの主神・エロール。
『ミンストレルソング』では単なる吟遊詩人とだけ表示され、ハオラーンという名前は登場しない。

『ロマンシング サ・ガ』のゲームシステム

マップ移動

今作ではフィールドマップが存在しない。
『ドラクエ』や『FF』のように、町を出ると外のフィールドに出るが、そのような移動する際に通るマップがない。
ワールドマップから地名を選ぶと直接その場所へ移動できる。
ただし、ワールドマップは地域ごとに区切られており、新しい場所へ移動するためには地図を手に入れ、更に地図上に記載される地名を増やすには、町の住人から情報を得たり仲間から入手する必要がある。

戦闘システム

kiyokiyo23
kiyokiyo23
@kiyokiyo23

Related Articles関連記事

ロマンシング サ・ガ3(ロマサガ3、Romancing SaGa 3)のネタバレ解説まとめ

『ロマンシング サ・ガ3』とは、1995年に現スクウェア・エニックスより発売されたスーパーファミコン用ロールプレイングゲームソフト。サガシリーズの6作目にあたり、ロマサガシリーズの3作目にしてシリーズの集大成との呼び声も高い。シリーズの特徴であるフリーシナリオの他、ミニゲームも充実。グラフィックや演出、音楽などの点で特に評価が高い。8人の主人公から1人を選び、「死食」がもたらす数々の謎を解き明かす冒険の旅に出る。

Read Article

ロマンシング サ・ガ2(ロマサガ2、Romancing SaGa 2)のネタバレ解説まとめ

『ロマンシング サ・ガ2』とは、スクエア(当時)が開発したSFC用のRPGである。特徴は、決まった流れを追うのではなく、フリーシナリオを採用している点と、レベルに関係なく技を習得する閃きシステムが挙げられる。プレイヤーはバレンヌ帝国の皇帝となり、かつて世界を救った「七英雄」と対峙していくこととなる。その戦いは世代を超えて続き紡がれる。

Read Article

Sa・Ga2 秘宝伝説(Final Fantasy Legend II)のネタバレ解説まとめ

『Sa・Ga2 秘宝伝説』とは、1990年12月14日に現:スクウェア・エニックスから発売されたゲームボーイ(GB)用ソフト。サガシリーズの第2作目。 基本的なシステムは前作『魔界塔士Sa・Ga』を踏襲しているが、さらに遊びやすくなるようシステムに変更や追加がなされている。 古の神々の遺産「秘宝」は手に入れるとすばらしい力が得られるという。主人公は、その「秘宝」を追って行方不明になった父親を探して、仲間たちと共に旅に出る。

Read Article

サガ フロンティア(サガフロ、SaGa Frontier)のネタバレ解説まとめ

『サガ フロンティア』とは、現:スクウェア・エニックスが1997年7月11日に発売したプレイステーション用ソフトで、ジャンルはRPG。サガシリーズの7作目にあたる。主人公は7人の中から1人を選び、それぞれ違ったストーリーが展開する。今作ではこれまでのファンタジー路線に加えSF要素も盛り込まれている。また今作より「連携」システムが搭載された。多数の小世界「リージョン」を舞台に、7人の主人公たちがそれぞれの物語を紡いでいく。

Read Article

時空の覇者 Sa・Ga3(Final Fantasy Legend III)のネタバレ解説まとめ

『時空の覇者 Sa・Ga3』とは、1991年12月13日に現:スクウェア・エニックスから発売されたゲームボーイ専用ソフト。サガシリーズの完結編。今作がGB最後の作品となった。システムは前2作とは異なり、経験値でレベルアップするというオーソドックスなものに変更され、武器や魔法の使用回数制限も撤廃された。滅びの未来を変えるため過去へ送られた3人の若者たちが、仲間と共に時空を超えて異次元の神と戦う物語。

Read Article

サガ フロンティア2(サガフロ2、SaGa Frontier 2)のネタバレ解説まとめ

『サガフロンティア2』とは、現スクウェア・エニックスが1999年に発売したプレイステーション用ソフト。ジャンルはRPG。サガシリーズとしては8作目、『サガフロンティア』シリーズでは2作目に当たる。 シリーズの特徴であるフリーシナリオは、今作では年代順にシナリオを追っていく「ヒストリーチョイス」システムとして採用されている。術が一般化している世界を舞台に、術が使えないギュスターヴ13世と時代の影で起こる災いに立ち向かうウィリアム・ナイツとその一族を主人公に、約100年に及ぶ物語が描かれる。

Read Article

魔界塔士 Sa・Ga(The Final Fantasy Legend)のネタバレ解説まとめ

『魔界塔士Sa・Ga』とは、1989年12月15日に現・スクウェア・エニックスから発売されたゲームボーイ(GB)専用ソフト。ジャンルは当時、携帯機のGBでは不可能といわれた初のRPGで、当社初のミリオンソフトとなった。 サガシリーズの記念すべき第1作目。経験値やレベルの概念がなく、キャラクターの種別によって成長方法が異なるという斬新なシステムで注目された。舞台は1本の塔によって結ばれた4つの世界。その塔の頂上には楽園があるという。その楽園を求めて主人公は塔への冒険に旅立つ。

Read Article

目次 - Contents