ぐらんぶる(第4話『男コン』)のあらすじと感想・考察まとめ

Ogp

伊豆春祭当日、緊張の面持ちでミスコンに出場した千紗は、彼女の魅力を引き出す為に伊織らが奇行の限りを尽くした結果、無事に優勝を果たすことが出来た。一方、同コンテストにテニスサークル『ティンカーベル』のネタ枠として出場していた吉原愛菜は、自分が笑いものにされていることを悩んでいた。
今回は「ぐらんぶる」第4話『男コン』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

「ぐらんぶる」第4話『男コン』のあらすじ・ストーリー

Aetj

店番を担当する1年生3人

伊豆春祭が始まり、伊織たち1年生はお好み焼きの屋台で店番をしていた。

寿「お疲れさん! 調子はどうだ?」
伊織「ボチボチですね」
耕平「商売敵が居るみたいで」
寿「(近くで繁盛している屋台に目をやり)ああ、ティンカーベルか」
伊織「ティンカーベルって?」
寿「美男揃いで、女子比率ナンバー1のテニサーだ」
伊織「へぇー」
耕平「生ゴミがいいか?」
伊織「豚の血だろ」
千紗「真顔で何を投げ込むか話し合うの止めて」

そんな話をしていると、上半身ブラジャー1枚というあられもない格好の梓が、汚れたシャツを肩に掛け悠然と歩いてきた。千紗が慌てて服を差し出すも胸囲が合わなかったため、梓は寿の提案でTシャツを探しに行くことになり、何故か伊織も同伴させられるのだった。

Qeh

両性愛トークを始める梓

梓用のTシャツを探し終えたのち、伊織のことを両性愛仲間と勘違いしている梓が、突然伊織に好みの同性を聞いてくる。この機会に誤解を解かなければと考える伊織だったが、自身の性癖を語れる仲間が出来たことに喜んでいる梓の前ではそんな真似も出来なかった。その後、伊織が好みの男を「耕平」と答えたからか、梓は店に戻った後、急に耕平と店番を代わり伊織と2人で遊びに行かせるのだった。

耕平「何故梓さんは、急に俺と店番を代わると言い出したんだ?」
伊織「何故だろうな……ただ、アレだ」
耕平「ん?」
伊織「お前には、悪いことをしたと思ってる」
耕平「貴様、俺を何に巻き込みやがった!」

Aae

ナンパされる千紗と梓

伊織と耕平は2人で屋台を見て回り、先輩方から解放された平和な一時を満喫していたが、その矢先に時田と寿が現れる。

時田「伊織に耕平じゃないか」
寿「良い所に来たなあ」
伊織「何ですかっ!」
時田「交流のあるサークルと、今晩合同で飲もうって話になってな」
耕平「へえ、まさに合同コンパですね」
伊織「じゃあ、可愛い女子も!?」
時田「ハッハッハ。それはあいつらに確認してみてくれ」

そういって時田が指し示した先にあったのは、厳つい大男3人が焼き鳥を作るラグビー部の屋台だった。「絶対女子居ねえ」と伊織が絶望する一方、自分たちの屋台では千紗と梓がティンカーベルの工藤らにナンパされていた。

工藤「それで、どう?」
工藤の連れ「ウチのテントに来ない?」
工藤「絶対楽しいからさー」
梓「あー、そういうのはちょっとね……」
千紗「ご注文は何枚ですか?」
工藤の連れ「じゃあ5枚買うからLINE教え――」
伊織・耕平「「(工藤らの肩に手をかけながら)よお」」
伊織「楽しそうだな兄ちゃん!」
耕平「お前らも地獄見るか、んん!?」

伊織と耕平がナンパ男2人を憤怒の形相で追い払った後、伊織と千紗が店番を代わる流れになる。しかし梓に耕平との関係の進捗を聞かれ、再び両性愛トークに巻き込まれそうな予感を覚えた伊織は、千紗に頼み込んで店番を継続してもらうのだった。

Asdf

梓と菜々華に連れ去られる千紗

結局、伊織は梓の交代で屋台に入り、幼馴染2人での店番となった。梓との店番を避けたかった訳を千紗に聞かれたり、ミスコンの予定を伊織が聞いたりしつつ、2人は流れるようなコンビネーションでお好み焼きを焼いていく。そうこうしている内に、ミスコンの開催が間近に迫ってきた。

伊織「そろそろ準備したほうが良いんじゃ?」
千紗「私はこのまま出るつもりだけど……ひっ!?(背後から梓と菜々華が突然現れる)」
梓「駄目よ、ちーちゃん?」
菜々華「可愛い千紗ちゃんを、沢山の人に見てもらわなきゃね?」
千紗「えっ」
菜々華「せっかくのチャンスだものねー」

Aaaa

ミスコンにネタ枠で出場している愛菜

梓と菜々華に連れ去られる千紗を他所に、伊織は女装での出場に未だ難色を示していた。そんな中でミスコンが始まり、ティンカーベルからはネタ枠として吉原愛菜が出場する。彼女を指さしながら「他のサークルだってネタ枠を用意している」と伊織を安心させようとする時田だったが、当の伊織は、愛菜の化粧の濃さに耕平共々ドン引きしていた。

Herh

緊張した面持ちで登壇する千紗

続いては千紗の番。登壇と共に歓声が上がるなど観客には上々の第一印象を与えたものの、本人は表情がどこか硬い上に語気も強く、伊織たちから見て明らかに緊張している様子だった。

時田「しかしマズイな」
寿「このままだと負ける可能性もありえるぞ」
時田「耕平、何か手はないか? その手のゲーム(美少女ゲーム)とかに詳しいんだろ?」
耕平「まあ確かに、その手のゲームには詳しいですが。ああいう無口なキャラが輝くとなると、『滅多に見せない笑顔』ですかね?」
寿「笑顔か……」
伊織「千紗を笑わせるのは至難の業だぞ」
時田「こっちが笑ってみせたら、つられて笑うんじゃないか?」
寿「それで行こう!」

千紗の笑顔を引き出す作戦を立てた伊織たちは、すかさずステージの下に潜り込み、作り笑顔を一斉に彼女に向けた。しかしソレを見た千紗は笑うどころか表情をより一層険しくしたため、耕平の策で千紗から「恥じらい」を引き出すことに。今度は見物スペースの一番遠くから、男数人で半裸になって「We♡千紗」と書かれた布を掲げてみたものの、千紗にゴミを見るような目を向けられてしまう。

Gre

千紗のスカートを目掛けてスーパーボールを投げる伊織

耕平「となると、後はアレだな」
伊織「アレとは?」
耕平「今日の服装!」
伊織「OK、スカートめくりだな!」
耕平「ふっ、言うまでもなかったな」
寿「何故伝わるんだ?」
時田「お前らの発想はおかしい」

伊織たちは最終手段として、千紗の足元にスーパーボールを投げ込んで彼女のスカートをめくり、強引に恥じらわせるという作戦に打って出る。伊織は実行役が千紗の怒りを買うであろうことに不安を覚えるが、「4人で投げて実行役を特定させないようにする」と耕平が提案したため、安心して千紗の足元へボールを投球を始める。抜群のコントロールで千紗のスカートを捲っていき、目論見通りに千紗が赤面していることも相俟って調子づく伊織だったが、ふと我に返ると、実際にボールを投げているのが自分だけであることに気づくのだった。

Ehr

伊織らが茂みに隠れている所に突如現れた愛菜

結局1人で恨みを買うことになった伊織は、顔に青筋を立てながらバットを引きずる千紗をやり過ごすべく、耕平と共に茂みの裏に身を潜めていた。ビクビクしている伊織とは裏腹に退屈そうな耕平だったが、先程ミスコンにネタ枠で出場していた愛菜が背後から突然現れ、耕平は思わずお化けでも見たような悲鳴を上げてしまう。

耕平「うおっ、お化け!?」
伊織「お前、確かミスコンに居た……ケバ子?(化粧がケバいから)」
愛菜「ねえ、アンタ……」
耕平「な、何だよ」
愛菜「私と付き合ってよ」
耕平「はあ?」

愛菜は何の脈略もなく耕平に告白し始め、それを見た伊織は耕平をテキトーに祝福しつつその場を退散しようとする。それを耕平が必死で引き留めていると、愛菜は「もういい!」と言ってどこかへ走り去ってしまった。

Eew

お仕置きの焼酎(4リットル)

その後部室に戻った伊織は、千紗の怒りを必死で収めようとする。

伊織「違うんだ千紗! アレはお前の魅力を引き出すためで、つまり可愛い千紗を見せたいという――」
千紗「ふーん。もういいわ」
伊織「え、許してくれるのか?」
千紗「貸しにしとく」
伊織「マジか、ありがとう千紗! お礼に今度、もうちょい色気のある下着買ってやるからな!」
(千紗、固まる)
耕平「せっかく許してもらったのに」
寿「というか見る所は見てたんだなこの助平め」

下着に言及した一言で余計な怒りを買った伊織は、お仕置きの巨大な焼酎ボトルを千紗に無言で差し出されてしまった。

Her

工藤にしつこくナンパされる梓

伊織が巨大焼酎を根性でガブ飲みしている所に、梓が疲れ顔で部室に帰ってきた。ティンカーベルの工藤から、しつこくナンパされていたのだ。

工藤「ほら、昼に約束したじゃない」
梓「先約があるんだよねえ」
工藤「いーじゃん。先約って、どうせアイツら(伊織と耕平)でしょ?」
梓「ったく……ん?(男コンのチラシが目に入る)」
梓「ねえ君、ミスターコンテストには出ないの?」
工藤「ん? 今年は後輩に任せる気だけど……もしかして俺が出るとこ見たい?」
梓「見たい見たい。最前列で応援する」
工藤「仕方ないなあ」

そして梓は、工藤が男コンへの出場登録をしている間に逃げてきたのだという。当然彼を応援するつもりもなく、梓はラグビー部との合同飲み会に間に合ったことにただ安堵していた。

Twer

悩みを告白する愛菜

飲み会の途中、伊織と耕平が部室を出ると、建物の一角で酔い潰れている愛菜に遭遇する。強烈な酒臭さを放ちながら耕平に絡んでくる愛菜だったが、そのまま酔った勢いで自身の悩みや思いの丈を次々に口走っていった。曰く、愛菜は慣れない化粧や服装を身にまとい、イケメン揃いのサークルに入ることで大学デビューを果たそうとしたものの、現状は笑いものにされているだけだという。

愛菜「最初はネタ扱いでも良いと思ってた。仲良く楽しく出来るなら、それでも……って」
伊織「そうか」
耕平「なら本望だろ」
愛菜「でもあの連中、ミスコン終わって飲み会になったら……」
(回想)工藤「もう十分笑ったから帰っていいよ」
愛菜「って。やっぱり無理に変わろうとなんてするんじゃなかった。結局、私は何をしても笑われる側で、アイツらは笑う側なんだ」
耕平「ケバ……お前」
伊織「何言ってんだ。人を笑うだけ、人に笑われるだけなんて奴、居るわけないだろ」
愛菜「だけど――」
伊織「面白いもん見せてやる」

Yerq

工藤に一杯食わせた伊織と耕平

雪兎
雪兎
@go-111220942323697633326

Related Articles関連記事

坂本ですが?(Haven't You Heard? I'm Sakamoto)のネタバレ解説まとめ

「坂本ですが?」とは、作者「佐野菜見」による漫画、及び2016年にスタジオディーン製作で放送されたアニメーション作品。「このマンガがすごい! 2014」にてオトコ編第2位を獲得し、放送前から話題を集めた。アニメでは緑川光や石田彰など多数の有名声優が起用されている。挙動が全てスタイリッシュでクールな高校生「坂本」が、周りを翻弄するほどの完全無欠な日々を過ごすギャグ作品。

Read Article

機動新世紀ガンダムX(After War Gundam X)のネタバレ解説まとめ

『機動新世紀ガンダムX』とは、1996年から1997年にかけてテレビ朝日系列にて放映されたアニメ作品。舞台は大きな戦後の世界で、バルチャーと呼ばれる組織が活動する中、厳しい環境を精一杯生き抜く主人公、ガロード・ランを中心に進んでいく。彼の行動が周囲の大人たちを動かし、次第に世界を巡る情勢をも変えていくことになる。

Read Article

ぐらんぶる(第7話『ダブルス』)のあらすじと感想・考察まとめ

テニサーのティンカーベルがピーカブーに対してダブルスの交流試合を申し込み、時田と寿は賞金目的でその対決を受け入れる。男コンで伊織に敗れていた工藤は仕返しを果たすため、応援に来ていたピーカブーの先輩方を酔い潰れさせたり、伊織と自身の直接対決の模様をビデオカメラで録画するなど様々な揺さぶりを仕掛けてきた。 今回は「ぐらんぶる」第7話『ダブルス』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ぐらんぶる(第10話『沖縄上陸』)のあらすじと感想・考察まとめ

千紗を除く1年生3人にダイビングのライセンスを取得させるため、一行は沖縄で合宿を行うことに。菜々華や梓と同室で寝ることになった伊織が翌朝煩悩まみれになるハプニングもあったものの、3人は一先ず筆記試験を通過。続いて海洋実習を行うことになるが、愛菜は自分が周囲の足を引っ張ってしまうことを気にしていた。 今回は「ぐらんぶる」第10話『沖縄上陸』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ぐらんぶる(第3話『新世界』)のあらすじと感想・考察まとめ

サークル活動の予算を獲得するため先輩方からミスターコンテスト、略して男コンへの出場を命じられた伊織と耕平。嫌がる2人は代わりに千紗をミスコンに出場させるために奔走するが、最終的に千紗が出した出場条件は「伊織と耕平も一緒に出ること」で、結局2人の努力は無駄に終わってしまうのだった。 今回は「ぐらんぶる」第3話『新世界』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ぐらんぶる(第8話『男のカクテル』)のあらすじと感想・考察まとめ

伊織と耕平は沖縄合宿の経費を稼ぐため、時田の紹介で引っ越しのバイトをしたり、寿が勤めるバーでバーテンダーの仕事に挑んでいく。一方、伊織らの悪友の一人である御手洗は、他の面々に内緒でいつの間にか彼女を作っていた。 今回は「ぐらんぶる」第8話『男のカクテル』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ぐらんぶる(第11話『誤解なんだが』)のあらすじと感想・考察まとめ

自分だけライセンス試験に不合格となり、耕平と愛菜から馬鹿にされることを恐れた伊織は、彼らにバレずに練習を行うため、千紗に頼んで夜のプールで練習に付き合ってもらうことに。しかし裸で入水している所に警官が現れてしまい、自分の格好を隠すためプールに潜り続けた結果、伊織は翌日風邪を引いてしまうのだった。 今回は「ぐらんぶる」第11話『誤解なんだが』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ぐらんぶる(第5話『後の祭り』)のあらすじと感想・考察まとめ

ミスコンの表彰中に千紗が伊織を彼氏だと発表して以来、伊織は周囲の男子学生から厳しい視線を浴びていた。伊織は「耕平が梓と付き合い始めた」というデマで耕平を自分側に巻き込みつつ、他の男達をなだめるため、合コン用の女子を紹介するよう梓に頼み込む。それに対し梓が連れてきたのは、ピーカブーに新たに入部するというスッピンの愛菜だった。 今回は「ぐらんぶる」第5話『後の祭り』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ぐらんぶる(アニメ全話)のネタバレ解説まとめ

『ぐらんぶる』とは、月刊誌『good!アフタヌーン』で連載中の漫画及びそれを原作としたアニメ作品である。原作者は『バカとテストと召喚獣』の井上堅二、作画は吉岡公威。 主人公の北原伊織は大学進学を機に、叔父の古手川登志夫が経営するダイビングショップ『グランブルー』で暮らすことになる。新生活への期待を抱きながら店の扉を開けると、中には裸で騒ぐ筋骨隆々の男たちが居た。彼らが所属するダイビングサークルに半ば無理やり入会させられた伊織は、海と酒と全裸野郎に囲まれた暑苦しい青春にその身を投じていく。

Read Article

ぐらんぶる(第1話『ディープブルー』)のあらすじと感想・考察まとめ

主人公の北原伊織は大学進学を機に、叔父の古手川登志夫が経営するダイビングショップ『グランブルー』で暮らすことになる。新生活への期待に胸を膨らませながら店の扉を開けると、中に居たのは裸で騒ぐ筋骨隆々の男たちだった。伊織は、その男たちが属するダイビングサークル『ピーカブー』に半ば無理やり入会させられてしまう。 今回は「ぐらんぶる」第1話『ディープブルー』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ぐらんぶる(第12話『オトーリ』)のあらすじと感想・考察まとめ

合宿の舞台は宮古島に移り、ライセンス無しでは潜れないポイントで耕平と愛菜は本格的なダイバーデビューを果たす。一方、ライセンスの無い伊織は皆と潜ることが出来なかったものの、「海だけじゃなく、船まで楽しい」とダイビングの新たな魅力を見つけていた。そして夜には、時田らが合宿の真の目的としていた飲み会「オトーリ」が始まる。 今回は「ぐらんぶる」第12話『オトーリ』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ぐらんぶる(第6話『初バディ』)のあらすじと感想・考察まとめ

愛菜を加え新入生が4人となったピーカブーでは、時田ら先輩陣がいよいよライセンス講習を始めようとしていた。しかし伊織はダイビングについて全く勉強していなかったため、時田に教本を渡されその場でハンドシグナルを学び始める。すると突然菜々華がやってきて、伊織と千紗が交際しているという噂について問い質してきた。 今回は「ぐらんぶる」第6話『初バディ』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ぐらんぶる(第9話『王様ゲーム』)のあらすじと感想・考察まとめ

抜け駆けを妨害された御手洗が「俺達はいつ彼女が出来るんだ」と抗議したのをきっかけに、伊織と耕平は再び合コンのセッティングをすることに。千紗に女友達を紹介してもらうため、伊織は王様ゲームに巻き込んで命令しようとするが、王様を引いた耕平との意思疎通が上手く行かず、目論見は失敗に終わった。 今回は「ぐらんぶる」第9話『王様ゲーム』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ぐらんぶる(第2話『水の中で』)のあらすじと感想・考察まとめ

連日の外泊を菜々華に咎められてしまう伊織だったが、今度の飲み会は女子大との交流会。何とか外出許可を得たい伊織に対し、時田と寿は自立をアピールするための部屋作りを提案する。その後、耕平も協力してあれやこれやと部屋の改装を繰り返したものの、尽く卑猥な空間にしかならなかった為、最終的に伊織は取り壊し予定の離れに隔離されてしまうのだった。 今回は「ぐらんぶる」第2話『水の中で』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ぐらんぶる(Grand Blue)の名言・名セリフまとめ

「ぐらんぶる」は、原作:井上堅二、作画:吉岡公威による漫画作品。 主人公「北原伊織」は大学進学を機に、叔父の経営するダイビングショップ「グランブルー」へと下宿することになる。美女のいとこや、大学の友人、入会したダイビングサークルの個性的なメンバー達と共に、馬鹿馬鹿しく面白おかしい大学生活を描いたギャグマンガである。ギャグがメインである作品でありながら、心動かされるストーリーや名言も多い。

Read Article

バカとテストと召喚獣(バカテス、Baka and Test)の名言・名セリフまとめ

「バカとテストと召喚獣」は、井上堅二によるライトノベル作品。 主人公「吉井明久」が在籍する文月学園では、科学とオカルトの偶然によって開発された「試験召喚システム」が採用されていた。己の試験結果に応じた強さの召喚獣を駆使し戦う試験召喚戦争で、勝利報酬である待遇の向上を目当てに、成績最底辺である明久達のFクラスは上位クラスへ立ち向かう。主にバカらしく滑稽な名言が数多い。

Read Article

ダイビングマンガ「ぐらんぶる」が色々とおかしい!?

皆さんは「ぐらんぶる」という漫画をご存知でしょうか。有名ライトノベル「バカとテストと召喚獣」を世に送り出した井上堅二が原作を務めるマンガです。一見普通のダイビングマンガ。しかしそこはあのバカテスを書いた作者、内容はとんでもないものになっています。マンガ「ぐらんぶる」をご紹介致します。

Read Article

目次 - Contents