仮面ライダービルド(Kamen Rider Build)のネタバレ解説まとめ

『仮面ライダービルド』とは、2017年月から放送された、仮面ライダーシリーズの作品。平成仮面ライダーシリーズの第19作目。
全体的に物理学のモチーフが綴られた話になっている。
ストーリーは記憶を失った天才物理学者・桐生戦兎と、無実を証明する為に脱獄した脱走犯・万丈龍我のバディによる謎解きと、三国間の戦争などミリタリー要素が強く、シリアス要素が強い作品となっている。

葛城忍が中心となって創り出した人工のフルボトルで、主にファウストが使用。トランスチームシステムを用いたファウストの変身システム、三羽ガラスのハードスマッシュの変身に用いられ、通常のものとは異なりベストマッチの組み合わせは存在せず、フルボトルを保護するマテリアルアブゾーバーが茶色く、フルボトルを保護する外装パーツ、クリアモールドボトルが中央が銀、周囲が紫で統一されてある。
黒いパンドラパネルに装填する事で、「ブラックロストフルボトル」に変化し、これを使用した者は好戦的な気質になる葛城巧はこれらのボトルを「悪魔のボトル」と呼んでいる。
またビルドのハザードトリガーをつけたジーニアスフォームの攻撃で浄化する事ができ、エボルトが10本のロストフルボトルを黒いパンドラパネルに装填して究極態となった時は、上記の状態のビルドのライダーキックにより2本のロストフルボトルを浄化。キャッスルロストフルボトルからキャッスルフルボトルへと戻っていた。(もう一本が何なのかは不明)

ノースブリザードボトル

出典: www.tv-asahi.co.jp

冷気を内蔵したフルボトル。戦兎が北都三羽ガラスの戦闘データを組み込んで開発した。変身に使用すると急激にハザードレベルが上昇し、最悪の場合、消滅に至る危険性がある。
グリスブリザードナックルに装填してから、ナックルをビルドドライバーにセットすることでグリスブリザードに変身する。

ビルドドライバー

出典: www.amazon.co.jp

ビルド・クローズ・グリスブリザードの共通変身ベルト。普段はバックルの状態で携行され、腹部に当てる事で自動的にベルトが伸長して装着される。
内部にはベストマッチ検査機能が備わっている他、左腰には3本のフルボトルを携帯するベルト、フルボトルホルダーが装着されている。
葛城巧(のちの戦兎)によって、エボルトが地球に持ち込んだエボルドライバーを原型に開発したとされるが、元々は葛城忍が設計・開発を行っていた。惣一がファウストから美空を連れ出した際にパンドラパネルと共に持ちだしたとされる。後に戦兎の改造によりフルボトルのベストマッチ検査機能も付与され、変身してない時でも検査機としての使用が可能。
ビルド変身時はドライバーの左寄りにある2つのスロットにフルボトルを装填し、右側のレバーを回す事で、「Are you ready?」の音声と同時にフルボトル内の成分、トランジェルソリッドを混ぜ合わせ、更に変身者の周囲にまるで切り離す前のプラモデルのような、小型ファクトリー・スナップライドビルダーが展開し、装填したフルボトルの能力を反映したビルドの身体の半分、ハーフボディが生成され、変身者の身体と結合することで変身完了する。
フルボトルを交換せずに再度レバーを操作する事で、必殺技を発動する。

スクラッシュドライバー

出典: www.amazon.co.jp

クローズチャージ・グリス・ローグの共通の変身ベルト。普段はバックルの状態で携行され、腹部に当てる事で自動的にベルトが伸長して装着される。
クローズチャージとグリスは各種スクラッシュゼリーをドライバーのスロットに装填するとドライバーから「〇〇(装填したスクラッシュゼリー名)ゼリー!」の音声が発され、右側のレンチを押し下げる事で左右のプレスパーツがゼリーを揉み潰し、ゼリーの成分がドライバー右側にある成分変化装置・ゼリータンクにチャージされる。その後変身する人物の周囲にビーカーを模した小型ファクトリーが展開し、その中にスクラッシュゼリーの成分が変換された液化装備・ヴァリアブルゼリーが充填される。容器部分が変身者に向かって絞り込まれると同時にヴァリアブルゼリーが頭上から噴出し、全身へと浴びることでドライバーから発される特殊パルスを浴び、全人のクロスアーマーを形成することで変身完了する。
再度レンチを押し下げる事で必殺技を発動する。
成分の効果を最大限まで最大限まで活用することが可能なスクラッシュゼリーを使うことでビルドドライバーを遥かに凌駕する力を発揮可能だが、その分ネビュラガスの影響をより強く受けるため、使用すればするほど使用者は闘争本能を限界まであげえるという副作用がある。その副作用による肉体的負担も大きい。変身には強い心身とハザードレベル4が必要であり、戦兎は龍我に代わって変身を試みるも、スクラッシュゼリーを装填した時点で戦兎に強い衝撃が襲いかかり、拒絶された。

エボルドライバー

出典: www.amazon.co.jp

エボル・マッドローグ共通の変身ベルト。普段はバックルの状態で携行され、腹部に当てる事で自動的にベルトが伸長して装着される。

スカイウォールの惨劇

10年前に発生した事件の通称。極プロジェクトの成果報告を兼ねた火星探査機セレモニーの最中、火星の影響で正気を失っていた石動惣一(この時エボルトに憑依されている)は、警備員の静止を振り切って保管されていたパンドラボックスに接触する。それ以来、諸外国は今がチャンスとばかりに各地域の首都を取り組もうと目論んでいる。

スカイウォール

スカイウォールの惨劇により発生した日本を3つに分かつ壁。この壁のせいで、航空機も飛ばす事ができない。

スカイロード

スカイウォールへと続く道。

ネビュラガス

スカイウォールから噴き出している未知の気体で、地球上には存在しない成分で構成されており、人間に注入すると多くはスマッシュへと変貌する。しかし、一部の人間はスマッシュへとならずに、仮面ライダーへと変身可能な者も存在する。
高濃度のネビュラガスを人体に注入すると、ハザードレベルが急激に上がる代償として倒されると消滅する体になってしまう。

ハザードレベル

ファウストの構成員がスマッシュまたは仮面ライダーへ用いる数値。数値が大きいほどネビュラガスへの耐性が強いことを意味し、それ以外では単に強さの数値としても言及される。精神状態に応じて数値が上昇、成長する事もあるが、高濃度のネビュラガスを身体に注入して急激に上昇させるとう手段もある。
しかし、上昇しすぎると消滅の危険性が出てきてしまう。

プロジェクト・ビルド

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

仮面ライダー(Kamen Rider、Masked Rider)のネタバレ解説まとめ

『仮面ライダー』は石ノ森章太郎原作の特撮テレビドラマ。45年以上の長きにわたって、日本の等身大ヒーローの代表格であり続けるシリーズの1作目となる番組である。ショッカーによる改造手術を受けて、自らが望まぬ圧倒的な力を得てしまった本郷猛と一文字隼人は、仲間の力を借りつつ、仮面ライダーとして明日も知れぬ戦いに身を投じていく。「人類の自由と平和」のために。

Read Article

仮面ライダーZX(仮面ライダーゼクロス、Kamen Rider ZX)のネタバレ解説まとめ

『仮面ライダーZX』は、10番目の仮面ライダーの名称と、それに関連する企画を総称したもの。「バダン」の野望を止めるべく、仮面ライダーZXは戦う。1982年~1984年にかけて、雑誌でのグラビア連載や、『10号誕生!仮面ライダー全員集合!!』で登場した。仮面ライダーの中ではやや影が薄かったものの、漫画『仮面ライダーSPIRITS』で主人公として選ばれたことで知名度や人気が向上することとなった。

Read Article

サイボーグ009 THE CYBORG SOLDIER(平ゼロ)のネタバレ解説まとめ

『サイボーグ009 THE CYBORG SOLDIER』(通称平ゼロ)とは『仮面ライダー』と並ぶ石ノ森章太郎の代表作『サイボーグ009』の3作目のTVアニメ。サイボーグに改造されてしまった009こと島村ジョーがそれぞれ違った特殊能力を持つ仲間と共に世界中で暗躍する「黒い幽霊団(ブラックゴースト)」と戦う。2001年10月から2002年10月まで全51話が放送された。

Read Article

仮面ライダーV3(Kamen Rider V3)のネタバレ解説まとめ

『仮面ライダーV3』は石ノ森章太郎原作の特撮テレビドラマ。『仮面ライダーシリーズ』の人気を定着させた作品である。ショッカー・ゲルショッカーの後継組織であるデストロンの魔の手から人々の自由と平和を守るために、風見志郎/仮面ライダーV3が悪の怪人と闘い続ける。登場人物は前作『仮面ライダー』から一部引き継がれ、前作と同様、もしくはそれ以上の人気を獲得する作品となった。

Read Article

仮面ライダーBLACK(仮面ライダーブラック、Kamen Rider Black)のネタバレ解説まとめ

『仮面ライダースーパー1』終了から6年振りのテレビシリーズのコンセプトは「原点回帰」。 「仮面ライダー0号」と位置付け、主要スタッフの大幅な刷新を行い、これまでとは全く違ったスタイルの仮面ライダー像を得た。漆黒のボディの自由の戦士は、30年を経た今もなお、我々を魅了する。 人間文明破壊をたくらむ暗黒結社ゴルゴムに対し、南光太郎が仮面ライダーBLACKへと変身し、その身と青春をかけ戦う。

Read Article

仮面ライダーディケイド(Kamen Rider Decade)のネタバレ解説まとめ

『仮面ライダーディケイド』は『平成仮面ライダーシリーズ』10作目の作品にして異色作と呼ばれる。門矢士/仮面ライダーディケイドは「世界の破壊者」と作中で呼ばれ、数々の並行世界を駆け抜けていく。その先にあるのは救済なのか、破滅なのか。それまでの平成ライダー世界を再構成(リ・イマジネーション)する作風は賛否両論を浴びつつも、多くの派生作品でも重要な役割を果たす、欠くことのできない存在である。

Read Article

仮面ライダーG(Kamen Rider G)のネタバレ解説まとめ

仮面ライダーGはテレビ『SmaSTATION!!Presents SMAP☆がんばりますっ!!』の企画「SMAPチャレンジ」の1つ。SMAPの稲垣吾郎の「幼少時の憧れであった仮面ライダーになってみたい」という要望を石森プロと平成仮面ライダーの製作スタッフの全面協力のもと実現したヒーローの名称である。 武装組織「シェード」に誘拐され、改造人間となった五郎が仮面ライダーGとなってシェードと戦う物語。

Read Article

仮面ライダー1号(Kamen Rider 1)のネタバレ解説まとめ

『仮面ライダー1号』は石ノ森章太郎原作の特撮テレビドラマ『仮面ライダー』を原典とした映画。45年の時を経て、再び藤岡弘、が本郷猛として、仇敵の地獄大使が率いるショッカーと、そして新たな敵ノバショッカーと戦う。「偉人の魂」を駆使して戦う若きライダー、仮面ライダーゴーストは共闘の後に言う。「本郷猛は永遠の英雄」と。

Read Article

人造人間キカイダー(Kikaida、Kikaider)のネタバレ解説まとめ

『人造人間キカイダー』は石ノ森章太郎原作の特撮テレビドラマ。キカイダー/ジローは不完全な人造人間として創られたことに悩みつつも、生みの親である光明寺博士を探しだし、ミツコとマサルの兄弟を守るために、ダーク破壊部隊のロボットと戦う。生前、石ノ森章太郎はこの作品に対して『仮面ライダー』よりも思い入れがあると話していた。

Read Article

仮面ライダーエグゼイドのライダーガシャットまとめ

『仮面ライダーエグゼイド』とは「ゲームスタート!」「ノーコンティニューで運命を変えろ!!」がキャッチコピーの平成仮面ライダーシリーズ第18作目。 病院を舞台にゲーム要素が盛り込まれており、ライダーガシャットと呼ばれるキーアイテムが存在する。ガシャットは各ライダーが基本形態や強化形態に変身する際に使用するものと、「ゲーマ」と呼ばれるサポートユニットを召喚するものに分類される。

Read Article

プレミアムバンダイ限定!漆黒のヒーロー。黒い仮面ライダー5選!

仮面ライダー。それは長い歴史の中で宿命を背負って戦ってきた孤独な戦士の名前でした。そんな戦士達をリアルな造形で手に入れる事が出来るのが「S.H.Figuarts」という完成品フィギュアのシリーズ。今回はそのシリーズの中でもプレミアムバンダイ限定の商品をご紹介。特に「黒い仮面ライダー」をテーマに厳選してみました。漆黒のヒーロー!アナタはいくつ知っていますか?

Read Article

まさかの超高額商品も!プレミアムバンダイ注目の仮面ライダーフィギュア6選!

これまでもプレミアムバンダイのサイトから注目の商品をいくつかご紹介してきましたが、今回は仮面ライダーシリーズから厳選した6つのフィギュアをご紹介したいと思います。プレミアムバンダイの商品はどれもスペシャルなものばかりですが、今回は驚きの超高額商品も登場!注目の仮面ライダーフィギュアを是非ご覧下さい☆

Read Article

真骨彫製法によって誕生した究極の仮面ライダー7選!

仮面ライダークウガのアルティメットフォームの予約開始で注目を浴びた、真骨彫製法フィギュアシリーズ!徹底的にこだわり抜いた造形はもはや究極といっても良いでしょう!仮面ライダーは過去にも多くのフィギュアシリーズが登場しましたが、真骨彫製法シリーズはTVの造形を完全再現したかのような美しさと存在感!ファンなら要チェックです!

Read Article

目次 - Contents