バトルシップ(Battleship)のネタバレ解説まとめ

『バトルシップ』とは、ピーター・バーグによる2012年のアメリカ映画。元々は、海外のボードゲームを主体に映画化されている。多額の資本を投入し、映画化され、国内では評価の高い映画と言える。
孤立された状況下で、宇宙人の戦艦と戦うというストーリーである。他の星からやってきたエイリアンと、主人公の乗る艦との闘いが見所で、最新鋭の艦と未知のエイリアンの戦艦との戦いが手に汗して観られる。

アレックスの元で活躍する女性兵曹。
彼女は賢く、また、度胸もあり、アレックスの側にいなければいけない人。
気も強く、そして少し口も悪い。
これと行った大きな業績は残せないが、物語の節々に現れる。

ストーン・ホッパー(演:アレクサンダー・スカルスガルド)

アレックスの兄であり、元々から、アメリカ海軍に所属していた。
アレックスのどうにもならない生活を正したいと思い、ことごとく忠告するのだが、アレックス本人にその気も無く、時に警察沙汰にまでなり、頭を悩ませていた。
アレックスを海軍に誘った者であり、その理由は、厳しい環境においての本人の自覚の変化を求めたため。
エイリアンの最初の攻撃により、戦死。
その事により、アレックスは感情的になるが、そういう時こそ上官としての判断を正しく取る事を周りから諭される。

シェーン提督(演:リーアム・ニーソン)

アレックス達のアメリカ海軍の提督。つまり最高指揮者に当たる。リムパック艦隊の指揮をとる。
そしてサマンサの父でもあり、厳格な性格で、当初は娘に取り付こうとするアレックスをはたき落としていた。
しかし今回の戦いで、彼への印象は変わり、相変わらず辛口だがアレックスを見る目を変えてきている。

ジミー・”オーディ”・オード(演:ジェシー・プレモンス)

この物語の中で、ややではあるが、唯一のマスコット的存在。
エイリアンのヘルメットから、日光の直視は耐えられないという弱点を見抜く。
好青年な雰囲気を持ち、アレックスや、コーラとも親しい関係でいる。

ミック・キャナルズ(演:グレゴリー・D・ガトソン)

アメリカ陸軍の退役兵である。両足は膝から義足をしており、歩行訓練の為に今回、サマンサと山に登る事にした。
途中でエイリアンの存在を知り、キャルの情報を元に、身を隠しながらアンテナ発信基地に向かう。エイリアンの行動を妨害しようとするのであった。
また、途中、エイリアンと直接的に戦うが、1対1で、エイリアンのヘルメットを奪い、視力を弱らせた所、義足で絞め技を行い、エイリアンの意識を奪った。

キャル・ザパタ(演:ハミッシュ・リンクレイター)

ビーコンプロジェクトのメンバーの一人。オアフ島施設に勤めている。
当初より、宇宙人との接触は危険であると訴えていた。
その為か、少し離れた所に飛ばされたとも思われる。
予想していた通りになってしまったのか、地球外生命体が侵略者として接触してきた事に足を震わせた。
アンテナ基地に近い所におり、脱出を試みたが、部下がエイリアンにより殺された。
敵を討つどころではなく、当初は自分の命を真っ先に考える、普通の意味では正直とも思われる者であったが、サマンサとミックに出会い、情報を与えてしまったが為に、エイリアンの行動を阻止する一人に混ぜられてしまった。
しかし彼の功績は大きく、アレックスの艦にバリアを素通りさせて無線を飛ばし、アンテナ基地の位置を知らせるという大役を行った。

サブキャラクター

ウォルター・"ビースト"・リンチ(演:ジョン・ツイ)

アメリカ海軍兵曹。アレックスの艦の乗組員。
不時着した物体への調査にアレックス、コーラと共に向かい、ボートの操縦を担当した。
アレックスの艦の上官がいない事をアレックスに伝え、アレックスが指揮官だと伝える。

ノグレディ博士(演:アダム・ゴドリー)

国際ビーコンプロジェクトの本部にいる、外的生命体の研究の責任者。すでにプラネットGの存在も確認している。
状況を正しく判断し、各部署に海に不時着した物体が地球外のものであると判断する。そして、通信用艦も送り込んでいたと解析する。
その判断を、素早くおこない、忠告を行う。
キャルにもその旨を伝える。

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents