Phantom in the Twilight(アニメ全話)のネタバレ解説まとめ

『Phantom in the Twilight』(ファントワ)とは、Happy Elements APが企画、原作を努めるオリジナルアニメーション。人間の不安や恐怖から「影(アンブラ)」という人ならざるモノが生まれる世界で現代のロンドンを舞台に、イケメンのアンブラたちの爽快なアクションを描いた異能ファンタジー。

『Phantom in the Twilight』の概要

出典: phantowa.com

Phantom in the Twilight Key Visual

『Phantom in the Twilight』(ファントワ)とは、Happy Elements APが企画、原作を努めるオリジナルアニメーション。監督は「ユーリ!!! on ICE」の演出を手掛けた森邦宏、シリーズ構成は、「冴えない彼女の育てかた」の丸戸史明と「ダブルクロス」の矢野俊策、アニメーション制作はライデンフィルムが担当している。

舞台は現代のロンドン。大学留学のためにやってきたバイルー・トンは渡英早々、奇怪な事件に巻き込まれてしまう。知り合いのいない街で、彼女が助けを求めて、導かれるように迷い込んだのは真夜中にひっそりと開いていた不思議な喫茶店「カフェ・フォービドゥン」だった。
その店のスタッフは、紅茶を愛する吸血鬼、陽気な人狼の料理人、無口なキョンシーのウエイター、神出鬼没で記憶喪失のゴーストという『人ならざる者』であり、彼らの真の姿は『秘密結社トワイライツ』として、人間と影(アンブラ)との共存を目指して互いの境界を守る組織だった。
人間の恐怖や不安から生まれる『影』たちが暗躍する世界で巻き起こる奇怪な事件。それは時を超えた運命として、ひとりの少女を巡って、人と影の思惑が交錯する世界へと次第に巻き込まれてゆくこととなる。

『Phantom in the Twilight』のあらすじ・ストーリー/感想・考察

第1話『黄昏に生きるもの』

ロンドンへ向かうトンとシンヤオ。

高校卒業を機に自由に好きなことをしたいと、以前より夢に描いていたイギリスへの留学を決意したバイルー・トンは、親友のムー・シンヤオとともにロンドンに来たのだが、到着早々盗難の被害に遭ってしまう。犯人を追いかけているうちに、導かれるように迷い込んだ喫茶店『カフェ・フォービドゥン』は、なんとトンの曽祖母が設立したカフェであった。カフェの店員であるヴラッド、ルーク、トウリュウの3人とトンは犯人を捜すことに。犯人を目の前にした彼らは突如、吸血鬼、人狼、キョンシーという人ならざる者に変貌する。その姿に驚くトンだが、いつも身に着けている曽祖母からもらった指輪にも大きな秘密があることを知る。

◆脚本:丸戸史明
◆絵コンテ:森 邦宏
◆演出:高橋 順

renote.jp

第2話『影と戦う影たち』

『切り裂きジャック』に襲われるトン

渡英早々にひったくり事件に遭い、それもようやく解決したのも束の間、アパートへ帰ってきたトンの目の前でシンヤオが誘拐されてしまう。再び『カフェ・フォービドゥン』を訪れたトン。カフェの店員であるヴラッド、ルーク、トウリュウに加えて、新たにウェインを加えた4人のトワイライツのメンバーは、アンブラ担当の刑事であるグレゴリー刑事の協力も得て、シンヤオを捜索する。この事件には『アンブラ』の影があり、『魔法の鏡』というアプリが関係していると知り、事件の真相を突き止めようと奮闘する。捜索する彼らをカフェで待っていたトンのスマホに突然、シンヤオが襲われているという知らせが入り、独りで助けに向かうのだった。

◆脚本:丸戸史明
◆絵コンテ:外山 草・島津裕行・中山奈緒美・森 邦宏
◆演出:矢野孝典

renote.jp

第3話『ねじれた絆』

renote.jp

第4話『大切な仲間』

renote.jp

第5話『妖精の恋人』

renote.jp

『Phantom in the Twilight』の登場人物

ヴラッド・ガーファンクル / Vlad Garfunkel

CV:櫻井孝宏

「吸血をやめた伝説のヴァンパイア」

かつてのロンドンを騒がせる伝説の怪異として名を馳せていた最強の吸血鬼。色白で金髪、真っ赤な瞳をしており、左目の下に2つ並んだホクロが特徴的である。『カフェ・フォービドゥン』ではリーダー的な役割を担い、自らが強いこだわりを持つ紅茶を専門としているが、ものぐさで怠惰な性格から、大抵の事を他のメンバーに押し付けている。また、吸血鬼の弱点のせいで、目張りをした真っ暗な部屋の真ん中に棺桶が置いてあったり、ニンニクが苦手なのでペペロンチーノを作るルークとはいつも喧嘩をしている。プライドが異常に高く、行動や言動は一見冷淡に見えるが、実は1世紀に渡りひとりの女性を想い続けるロマンチストな面がある。彼女の影響からか、我流ではあるが中国拳法の使い手でもある。

キャラクターPV第1弾『ヴラッド・ガーファンクル』

ルーク・ボーエン / Luke Bowen

ryu_ch_an0
ryu_ch_an0
@ryu_ch_an0

Related Articles関連記事

Phantom in the Twilight(第1話『黄昏に生きるもの』)のあらすじと感想・考察まとめ

Phantom in the Twilight(第1話『黄昏に生きるもの』)のあらすじと感想・考察まとめ

親友のムー・シンヤオとともにロンドンにきたバイルー・トンは、到着早々、盗難の被害にあう。犯人を追いかけて迷い込んだ店『カフェ・フォービドゥン』は、なんとトンの曽祖母が設立したカフェだった。カフェの店員であるヴラッド、ルーク、トウリュウの3人と犯人を捜すトンは、彼らの正体である吸血鬼、人狼、キョンシーという人ならざる者に変貌する所を目撃する。 今回は「Phantom in the Twilight」第1話『黄昏に生きるもの』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

Phantom in the Twilight(第5話『妖精の恋人』)のあらすじと感想・考察まとめ

Phantom in the Twilight(第5話『妖精の恋人』)のあらすじと感想・考察まとめ

『カフェ・フォービドゥン』の店長に就任したトンの初仕事は、ブロンズの美女リディアの恋の依頼だった。彼女はリャナンシーというアンブラで、成功の代わりに生気を奪い死に至らせる妖精。歌手であるローランドとの恋に悩み続け、身を引くことを選んだ彼女は、トンにアンブラハンターの力で自分を殺してほしいと願う。何とか2人が幸せになれないものかと曾祖母の書斎で一縷の希望に賭けるトン。 今回は「Phantom in the Twilight」第5話『妖精の恋人』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

Phantom in the Twilight(第3話『ねじれた絆』)のあらすじと感想・考察まとめ

Phantom in the Twilight(第3話『ねじれた絆』)のあらすじと感想・考察まとめ

切り裂き魔を倒したヴラッド達だが、シンヤオの姿は見当たらなかった。トンは親友の行方を探る中、人とアンブラの共存が理念の組織『トワイライツ』発足の経緯やロンドン支部として『カフェ・フォービドゥン』が設立された役割を知る。シンヤオの手がかりが無いまま捜索が続けられていたが、ルークだけは犯人の痕跡に心当たりがあり独断で犯人の元へ向かう。そこに居たのは弟分のクリスだった。 今回は「Phantom in the Twilight」第3話『ねじれた絆』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

Phantom in the Twilight(第4話『大切な仲間』)のあらすじと感想・考察まとめ

Phantom in the Twilight(第4話『大切な仲間』)のあらすじと感想・考察まとめ

ヘイシンに雇われてシンヤオを攫ったクリスだが、今後は彼女を護ることを約束し隠れ家へ身を隠す。一方トンはトワイライツや曾祖母について調べつつ親友の捜索を続けていた。ある夜ヘイシンの罠によってトウリュウの札が剥がされ、トワイライツに危機が訪れる。全てを破壊し自爆するように設計された兵器として暴走するトウリュウを、トンはリージャンの指輪の能力を使って制止させようと奮闘する。 今回は「Phantom in the Twilight」第4話『大切な仲間』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

Phantom in the Twilight(第2話『影と戦う影たち』)のあらすじと感想・考察まとめ

Phantom in the Twilight(第2話『影と戦う影たち』)のあらすじと感想・考察まとめ

目の前でシンヤオが誘拐されてしまい、再び『カフェ・フォービドゥン』を訪れたトン。カフェの3人と新たにウェインを加えたトライライツのメンバーは、グレゴリー刑事の協力も得て、『アンブラ』と『魔法の鏡』が関係する事件の真相を突き止めようと奮闘する。捜索する3人をカフェで待つトンに突然シンヤオが襲われている知らせが入り、独りで助けに向かうのだった。 今回は「Phantom in the Twilight」第2話『影と戦う影たち』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

目次 - Contents