はたらく細胞(第6話『赤芽球と骨髄球』)のあらすじと感想・考察まとめ

Saibou

偶然迷い込んだ赤色骨髄で、赤血球は自分が幼い頃のことを思い返していた。そして、緑膿菌に殺されそうだったところを救ってくれた、骨髄球の男の子のことを思い出す。一方、白血球は変な姿をした細胞に襲われていた一般細胞を助ける。その一般細胞の案内で、キラーT細胞やNK細胞とともに、変な細胞の仲間が潜んでいる現場へやってくる。二手に分かれ偵察をはじめたとき、一般細胞とふたりきりになったNK細胞が口を開いた。
今回は「はたらく細胞」第6話『赤芽球と骨髄球』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

「はたらく細胞」第6話『赤芽球と骨髄球』のあらすじ・ストーリー

ここは人間の身体の中。赤血球は偶然、故郷である赤色骨髄に迷い込む。血球たちはここで生まれ、幼少時代から成熟するまでのときを過ごすのだ。
赤色骨髄では、まず前駆細胞(特定の細胞に分化する前の細胞)が誕生する。前駆細胞は造血幹細胞(血液中の赤血球、白血球、血小板などの血液細胞を産生する細胞)に生成され、種類ごとに選別される。マクロファージを中心に、赤芽球と呼ばれる細胞が集まり、分化、成熟に大きく関わる。つまり、赤血球は前駆細胞として生を受け、赤芽球に成長し、この赤色骨髄内でマクロファージに育成されるのだ。
赤血球が中をのぞくと、ちょうど卒業式がおこなわれていた。マクロファージが脱核する。脱核とは、赤芽球が核を放出し赤血球になることだ。その様子を見た赤血球は、自分が赤芽球だった頃のことを思い出す。

7aacc2d2

赤血球は偶然、故郷である赤色骨髄に迷い込む

血液循環を覚える授業で、迷路のような体内模型の中、酸素を運ぶ赤芽球たち。さっそく迷子になった赤芽球(幼い頃の赤血球)は、目をまわす。細菌から逃げる避難訓練では、細菌がきたら、近くの物かげにかくれる練習をする。先生は好中球(外部から体内に侵入した細菌やウイルスなどの異物の排除が主な仕事)だ。
「こいつ絶対、迷子になって食われちゃうぜ」とクラスの男の子が、赤芽球をおどかす。
赤芽球「先生。もしも迷子になったら、どうしよう」
好中球「大丈夫だよ」
マクロファージ「みなさんはまだ子供なので、骨髄から外には出られないことに、なってるんです。ここ骨髄の中なら、先生たちが必ず見つけてあげられますからね」
避難訓練がスタートした。好中球演じる細菌が、子供たちを追いかける。あまりの恐ろしさに、泣き叫びながら逃げる子供たち。赤芽球は、ひとり廊下の物陰にかくれた。
赤芽球「ここ、どこだろう?」
さっそく迷子になる。
赤芽球「細菌コワイし、すぐ迷子になるし。あたし絶対、赤血球になんて、なれないよぅ」
すっかり自信をなくしていると、外から「酸素、お待たせしました!」と元気のいい声がした。窓から外に顔を出した赤芽球は、テキパキはたらく赤血球の姿に、『いつかわたしも、あんなふうになれるのかな』と見惚れる。
「君、こんなところで何してんの?ひとりか、こりゃあ都合がいいなあ」と緑膿菌が声をかけた。それは好中球ではない、本物の細菌だった。
赤芽球は、血管に通じるドアから逃げようとする。しかし、ドアは開かない。赤芽球は成熟して脱核するまで、骨髄から出られないのだ。とうとう緑膿菌に捕まってしまう。
緑膿菌「オレのように、栄養分も酸素も奪わなくたって生きられる細菌が、なぜわざわざ体内にきたと思う?それはな、無力な血球をイジメるのが、大好きだからなのさ」
赤芽球に暴力をふるう緑膿菌。
緑膿菌「気の毒になあ。君はまだ、こんなに小さいのに、大人になれずに死んじゃうんだ」
その言葉を聞いた赤芽球はハッとし、『死にたくない、こんなところで』と必死に逃げる。
赤芽球「わたしだって、カッコイイ赤血球に、なれるかもしれないんだから」

2ad33b09

マクロファージ(左)と好中球(右)の前に集まる赤芽球たち

しかし、その思いもむなしく、緑膿菌に追いつかれてしまう。その時、「まて、雑菌め!この身体の血球に手を出して、生きて帰れると思うなよ!」と威勢のいい声がした。見ると、骨髄球の男の子がナイフをかまえて立っていた。骨髄球は、白血球(好中球、好酸球、好塩基球)になる前の、分化途中段階の細胞で、骨髄中に存在する。緑膿菌に立ち向かった骨髄球。だが、まったく歯が立たない。ナイフも奪われ、張り飛ばされる。
赤芽球「おにいちゃん!」
床にのびた骨髄球に駆け寄る赤芽球。
緑膿菌「その赤芽球を差し出せば、君の命だけは助けてあげるよ。どうする、坊や?」
骨髄球「ふざけるな。そんなことするか。白血球は、自分の命を犠牲にしても、他の細胞を守るんだ!」
立ち上がる骨髄球。
骨髄球「オレは、立派な白血球になるんだ!」
好中球「その意気だ、骨髄球!」
そこに現われた好中球が、あっという間に細菌たちを駆除した。
好中球「もう大丈夫だぞ、ふたりとも」
マクロファージ「よかった、心配したのよ」
泣き出す赤芽球と骨髄球。マクロファージに保護された赤芽球は、好中球と手をつないで帰ろうとする骨髄球に、声をかける。
赤芽球「おにいちゃん。助けてくれて、ありがとうございました。また会えるかなぁ」
骨髄球「わかんない。わかんないけど、でも大人になって血管の中で働きはじめたら、どっかで会えるかもな。バイバイ」
手をふる骨髄球と赤芽球。

『仕事をはじめてから、いろいろ忙しくて忘れてたけど、そんなこともあったなあ』と現実に戻った赤血球が、台車を押した途端、誰かに衝突する。白血球だ。
白血球「また迷子か。いいよ、そこまで一緒に行ってやる」
『あのときの子は、立派な白血球になってるかな。昔のことだから、顔もよく覚えてないけど。もしかすると……』と赤血球は、となりの白血球を見上げた。

7535c61e

緑膿菌に立ち向かう骨髄球(中央)

道案内が終わり、赤血球と別れた白血球。背後で悲鳴があがる。変な姿をした細胞が、一般細胞に襲いかかっていた。変な姿の細胞を倒す白血球。キラーT細胞もやってくる。
キラーT細胞「ウイルスにでも感染しちまったか」
白血球「嫌なもんだな、仲間が犠牲になる事件てのは」
そこへNK細胞(ナチュラルキラー細胞)が顔を出し、死体を調べた。NK細胞は全身をパトロールし、がん細胞やウイルス感染細胞などを見つけ次第攻撃するのだ。
NK細胞「こいつ、ただのウイルスじゃないわよ。猛スピードで増殖していくタイプのヤツ。まだ仲間がいると思うから、そこの細胞君に道案内してもらおうかしら。ねえ、あんた。こいつ一体だけじゃないんでしょ」
NK細胞は、先ほど襲われていた一般細胞に話しかけた。
一般細胞「そうなんです。ボクんちのまわりにも、まだ」

D11e28c7

一般細胞(右)に襲いかかっていた、変な姿の細胞(左)を倒す白血球(中央)

白血球「細胞君。道案内だが、途中まででも、かまわんからな。これから殺しに行くのは、お前の友だちや、お隣さんだったかもしれない細胞たちだ。見たくないだろ、そんなところ」
一般細胞「ちゃんと最後まで案内するよ。この世界のためだからさ。さっき君には助けてもらったし。どうもありがとう。助けてもらったのなんて、はじめてだったよ」
まるで廃墟のような細胞組織にやってきたNK細胞、キラーT細胞、白血球。細胞が住んでいるはずなのに、気配がしない。キラーT細胞は白血球と、NK細胞は一般細胞と、二手に分かれ偵察することにする。一般細胞とふたりきりになったとき、NK細胞が口を開いた。
NK細胞「他人に化けたまま死にたいなら…そのままでも良いけど。正体を現しな」
一般細胞「バレてたのか」

90cae2a7

死体を調べるNK細胞

「はたらく細胞」第6話『赤芽球と骨髄球』の感想・考察

essaywriter
essaywriter
@essaywriter

Related Articles関連記事

はたらく細胞(第5話『スギ花粉アレルギー』)のあらすじと感想・考察まとめ

今年もスギ花粉の季節がやってきた。眼から入った花粉がアレルゲンとなり、さまざまな症状を引き起こす。スギ花粉アレルギー緊急対策本部には、被害報告が次々と寄せられていた。記憶細胞は『言い伝え』を口にする。『宇宙より災いの流星飛来せし時、山は怒り、大地は荒ぶり、海はうごめく』。ヘルパーT細胞は、B細胞を現場へ向かわせた。血球や細胞たちは自分の仕事をまっとうしようとするが、災害はどんどん広がってゆく。 今回は「はたらく細胞」第5話『スギ花粉アレルギー』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

はたらく細胞(第2話『すり傷』)のあらすじと感想・考察まとめ

毛細血管に養分を運んでいた赤血球が表皮に近づいたとき、大きな音とともに地面がゆれ、血管の外壁がくずれた。やがて大きな穴があき、その穴へ吸い込まれそうになった赤血球を、白血球が血管へと連れもどす。赤血球たちを逃がし、傷口のそばで侵入してきた細菌たちと戦っていた白血球は、彼らの動きに疑問をもっていた。血管の奥にいる白血球も、捨て身で向かってくる細菌たちは、何かがおかしいと考えていた。 今回は「はたらく細胞」第2話『すり傷』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

NEW

はたらく細胞(第7話『がん細胞』)のあらすじと感想・考察まとめ

幼いころ、免疫細胞に仲間を殺された辛い思い出を抱えていたがん細胞は、免疫細胞に恨みをもっていた。殺される側から、殺す側になる機会をうかがっていたのだ。その正体を早くに見破ったNK細胞は、現場の偵察に来ていたキラーT細胞と白血球をうまく逃がし、自分一人でがん細胞と戦おうとしていた。一方、赤血球は大量の栄養分を運ぶ仲間を手伝っていたが、途中でマクロファージに声をかけられる。 今回は「はたらく細胞」第7話『がん細胞』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

はたらく細胞(第3話『インフルエンザ』)のあらすじと感想・考察まとめ

体内を偵察していたナイーブT細胞が、インフルエンザウイルスに感染した細胞に襲われた。しかし、そこへ現われた白血球に救われる。マクロファージや、ナイーブT細胞の先輩であるキラーT細胞たちも応援に駆けつけるが、ナイーブT細胞は恐ろしさに逃げ出してしまう。号泣するナイーブT細胞に、樹状細胞は昔の写真を取り出して見せる。そこには、今のナイーブT細胞のように泣いている、キラーT細胞たちが写っていた。 今回は「はたらく細胞」第3話『インフルエンザ』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

NEW

はたらく細胞(アニメ全話)のネタバレ解説まとめ

『はたらく細胞』とは、鈴木健一監督、david production制作によるアニメ作品である。ナレーションは能登麻美子。講談社の『月刊少年シリウス』にて、2015年3月号より連載中の清水茜による漫画が原作となっている。 舞台は、人間の身体の中。細胞たちが擬人化、侵入した病原体などがモンスター化・怪人化して描かれている。酸素を運ぶ赤血球や、細菌と戦う白血球。傷口をふさぐ血小板や、殺し屋のキラーT細胞など、そんな約37兆2000億個もの細胞たちの知られざるドラマが展開される。

Read Article

はたらく細胞(第4話『食中毒』)のあらすじと感想・考察まとめ

赤血球と白血球は、一緒に胃の見学をしていた。すると白血球のレセプター(細菌レーダー)が反応する。近くに細菌がいるのだ。好酸球は侵入した細菌を排除しようと、ひとり戦っていた。細菌が好酸球にとどめを刺そうとしたとき、現われた白血球に助けられる。周囲にいた細胞たちは、弱い好酸球の陰口をいった。そんな時、胃壁を食い破り、白血球でもかなわない寄生生物アニサキスが侵入しようとする。好酸球はアニサキスに立ち向かう。 今回は「はたらく細胞」第4話『食中毒』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

はたらく細胞(第1話『肺炎球菌』)のあらすじと感想・考察まとめ

酸素を動脈に届けていた新人の赤血球は、細菌に襲われる。しかし、そこへ現われた白血球に救われる。仕事に戻った赤血球は偶然、細菌の生き残りである肺炎球菌に出くわすが、ふたたび白血球に助けられる。迷子の赤血球を、肺へ案内し終わった白血球は、レセプター(細菌レーダー)の反応に違和感をもっていた。 今回は「はたらく細胞」第1話『肺炎球菌』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

目次 - Contents