スペースバグ(第6話『みつばちエレンの秘密/目覚めた巨影の正体』)のあらすじと感想・考察まとめ

10021496 h pc l

再び起きた砂嵐のおかげで、不時着したストークの場所を見付けることができたミッジたちは、みつばちのエレンも一緒に地球へ行こうと誘う。しかし、エレンの答えはノーだった。死んでいった両親や仲間たちを残してここを離れられないのだ。エレンと別れたミッジたちだが、掃除ロボットのプランツバスターがエレンの家を襲うと分かり、助けに向かう。
今回は「スペースバグ」第6話『みつばちエレンの秘密/目覚めた巨影の正体』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

「スペースバグ」第6話『みつばちエレンの秘密/目覚めた巨影の正体』のあらすじ・ストーリー

Ep11 proreshq mix material.00 01 50 07.still007 1

エレンの家を訪れたミッジ(左)、ハカセ(中央)、マルボ(右)

バグバスターを倒したエレンに自己紹介したミッジ、ハカセ、マルボは、彼女の家に招待された。それは砂漠に囲まれた木の上にある平屋で、ベッドとテーブル、ベンチ風の椅子、そして窓もあった。エレンがコップを差し出す。
エレン「はちみつよ」
マルボ「はちみつだって!」
ハカセ「一度は味わってみたかった!」
ミッジ「地球以外で出会えるなんて!」
喜ぶ三匹を見て、笑顔になるエレン。
エレン「あなたたち、パスファインダーの一員?」
パスファインダーとは、地球に見切りをつけて宇宙の新天地を目指した、選ばれし開拓生物のことだ。ミッジは自分たちが実験用生物で、宇宙ステーションを脱出し、地球に帰ろうとしていると説明した。エレンの表情が変わる。彼女の両親は言っていたのだ。地球は、ハチにとって住み難い場所。だから、この惑星への移住計画に喜んで参加したと。
ハカセ「まさか、ここは惑星E2」
E2は、地球とほぼ同じ大気構成と重力を持った惑星で、テラフォーミングが行なわれていた。草木を植えて海を作り、地球そっくりの惑星に作り上げるのだ。その計画の初期段階として、みつばちは連れて来られた。
エレン「私の両親たちは、その最初の部隊に選ばれたパスファインダーなの。でも恐ろしい事故が起こった」
気候をコントロールしようとした有人衛星の墜落。天候が悪化し、砂漠化が進んだ。砂嵐のせいで補給船が墜落、格納されていたバグバスターが出て来て、両親も仲間たちも殺されてしまった。それ以来、一人でここに住んでいる。しかし彼女は、新たなパスファインダーが来るからと安心していた。父親がそう言い残したのだ。
ミッジ「来るわけないよ」
思ってもみない言葉に動揺するエレンにハカセは、宇宙開発を担ってきたクワティ社が事業から手を引き、あらゆる計画が凍結されてしまったと教える。
ハカセ「いつまでも、ここにいたって無駄だ。地球へ戻ろう」
エレン「地球は空気も汚れていて、人間の作った建物ばかりなんでしょう?」
ミッジ「そういう所もあるけど、そうじゃない所たくさんあるよ。見たことないのかい?」
エレン「ないわ。私はここで生まれて、ここで育ったから」
青い空に綺麗な水。森も草木もたくさん残っていて、ビルばかりではないと語るミッジに、彼女は反抗する。
エレン「私は地球になんか絶対戻らないから!あなたたちも、こんなユスリカの言うことなんか信じないで、ここに残った方がまだマシよ」

Ep11 proreshq mix material.00 07 35 03.still011

カトー(左)、イトー(中央)、人質のエレン(右)

その時、長い舌がエレンを巻き込んだ。イトーとカトーが登場する。エレンを人質に取られたミッジたち。
イトー「助けたければ、下に飛び下りろでゲロ」
木の下ではゲロッパとハンプティが、ミッジたちを待ち構えていた。エレンが尻から針を出し、イトーを刺す。痛さで掴んでいた腕をはなすイトー。自由になったエレンは、イトーを木から突き落とした。次はカトーだ。カンフーで応戦するカトーを、エレンは床板の無い空間へとおびき寄せる。落下するカトー。だが、カエルは諦めない。木を登るイトーとカトー。エレンたちは、口を下に向けた空きビンを落とし、イトー、カトー、ゲロッパをその中へ閉じ込めた。その時、砂嵐が発生する。吹き飛ばされるカエルたち。

Ep12 proreshq mix material.00 00 56 07.still001

死んだ仲間たちを想うエレン

砂嵐が過ぎ去ると、マルボが見覚えのある岩を発見した。ストークが不時着した所に間違いない。視界の妨げになっていた砂山が嵐で無くなったお陰で、見えるようになったのだ。
ミッジ「オレたちはこれから、あの岩の下にある宇宙船を目指す。もし良ければ、一緒に行かないか」
砂漠の一方を指して、エレンは静かに口を開いた。
エレン「あそこを見て」
それは墓地だった。
エレン「仲間たちが眠っている。そしてこれが、彼らの形見」
弓矢を取り出した。先端は針で出来ている。死んだ仲間の針だ。
エレン「彼らを残して、ここを離れられない。死ぬ時はここでみんなとって、決めているから」
彼らはエレンを残して、宇宙船へと向かった。

偶然当たった硬い物のお陰でビンが割れ、自由になったカエルたち。同時に宇宙船の扉が開く。硬い物は、ハッチを開けるスイッチだった。中へ入ったカエルたちは、宇宙食を発見する。たこ焼きもある。通路を進んだイトーが赤いボタンを見付け、何も考えずに押す。ロボットが起動した。大慌てで逃げるカエルたちには見向きもせず、ロボットは砂漠へと去って行った。

Ep12 proreshq mix material.00 08 13 28.still005

エレンの木を倒そうとするプランツバスター(手前)

オペレーションボットのバッテリー切れで立ち往生していたミッジたちの前に、カエルたちの所にいたロボットが現われる。
ミッジ「バグバスターだ!」
ロボットは彼らを攻撃することなく通り過ぎると、枯れ木をビームで燃やした。
ハカセ「あれはプランツバスターだ」
畑や森を人工的に作る時、植物も想定外の病気にかかったり、無駄な雑草や木が育つことがある。そんな植物を自動で掃除してくれるロボット、それがプランツバスターだ。
ミッジ「植物を殺すってことは」
ハカセ/マルボ「エレンが危ない!」
エレンの木を倒そうとするプランツバスター。折れた枝がエレンを直撃、気を失って途中の枝に引っ掛かる。飛んで助けに来たミッジが、エレンを発見。後から来たハカセとマルボがプランツバスターの気を引こうと、枝を拾って振り回す。
マルボ「こっちだよ」
エレンが引っ掛かっていた枝が折れた。地面スレスレの所で、ミッジがエレンを受け止める。彼女の大切な矢は、地面に散らばったままだ。
ハカセ「エレンの矢が!」
駆け付けたハカセが矢を拾い集めていると、落ちてきた枝が直撃、気を失う。プランツバスターが、ハカセの方へ移動をはじめる。
マルボ「危ない!」
糸を使って、ハカセを引き寄せるマルボ。目を覚ますハカセ。傾いたエレンの木は、プランツバスターを直撃。ロボットは破壊された。
ミッジ「よくやった、マルボ」
マルボ「エレンは大丈夫?」
エレンの手当てのため、彼らは彼女をストークへ連れて行くことにした。

「スペースバグ」第6話『みつばちエレンの秘密/目覚めた巨影の正体』の感想・考察

「スペースバグ」アニメ全話のネタバレ解説まとめ

renote.jp

essaywriter
essaywriter
@essaywriter

Related Articles関連記事

スペースバグ(第4話『ミッション!船外活動/宇宙でオナラは厳禁なのだ』)のあらすじと感想・考察まとめ

宇宙船ストークに乗って宇宙ステーションから脱出したミッジたちは、地球を目指していた。その途中、宇宙空間にたこ焼きを発見する。ミッジがロボットで回収していると、ドクターハンプティで宇宙ステーションから脱出したゲロッパたちに見つかる。ハカセとマルボに助けられ、ミッジは無事ストークへと戻る。しかし今度はストークの航路制御システムにトラブルが発生し惑星に不時着する。 今回は「スペースバグ」第4話『ミッション!船外活動/宇宙でオナラは厳禁なのだ』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

スペースバグ(第1話『おはよう!ミッジ/失われた楽園』)のあらすじと感想・考察まとめ

地球から遠くはなれた宇宙ステーション。コオロギのハカセと、トタテグモのマルボは、新鮮な食べ物がある宇宙農場へ行くため、ネムリユスリカのミッジを長い眠りから起こす。飛ぶことのできるミッジの力を借りて、農場へたどりついたが、植物は枯れ果て、野菜も果物も見あたらない。ロボットのドクターハンプティによると、農場は現在可動していないという。原因は水分供給システムのポンプが停止したからだった。 今回は「スペースバグ」第1話『おはよう!ミッジ/失われた楽園』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

スペースバグ(第5話『サバイバル!砂の惑星/砂漠の迷子たち』)のあらすじと感想・考察まとめ

ナゾの惑星の砂漠に不時着した宇宙船ストークは、着陸の衝撃で壊れて動かなくなってしまう。自立型ロボットのオペレーションボットに乗って船外へ出たミッジたちは、砂嵐に巻き込まれ、吹き飛ばされてしまう。ストークにもどる途中、害虫駆除ロボットのバグバスターに遭遇するが、突如現われた、みつばちの少女に助けられる。 今回は「スペースバグ」第5話『サバイバル!砂の惑星/砂漠の迷子たち』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

スペースバグ(第2話『ゲロゲロ大騒動/重力はつらいよ』)のあらすじと感想・考察まとめ

バッテリー切れで酸素がなくなって死ぬ前に、宇宙ステーションから脱出することにしたミッジ、ハカセ、マルボ。脱出するには、スペースポートの補給船に乗る必要がある。それには、最上部へ行かなければならない。そんな彼らの前に、監視モニター越しに様子をうかがっていたアオガエルのイトーとカトーが立ちふさがった。捕らえられたミッジたちは、ゴライアスガエルのゲロッパのところへと連れて行かれる。 今回は「スペースバグ」第2話『ゲロゲロ大騒動/重力はつらいよ』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

スペースバグ(第7話『動かぬストーク/補給船に迫る敵』)のあらすじと感想・考察まとめ

ミッジから地球や人間の話を聞いたエレンは、心変わりしていた。そして、ストークの壊れた部品の代替品を調達する役目を買って出る。さらに、自分も地球へ連れて行ってほしいと言い出した。代替品を手に入れるため、以前墜落した宇宙船に到着したエレンとミッジは、パイロットだった人間が謎の死を遂げていることに気付く。 今回は「スペースバグ」第7話『動かぬストーク/補給船に迫る敵』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

スペースバグ(第3話『開け!希望のトビラ/さらば宇宙ステーション』)のあらすじと感想・考察まとめ

宇宙ステーションに彗星が急接近していた。スペースポートにたどり着いたミッジたちは、補給船に向かってタラップをのばすが、もう少しというところで停止してしまう。しかたなく自力で乗船する、ミッジとハカセ。しかし、マルボが「ダメだよ、ボクは行けないよ」と言いだし、ミッジは、なんとか説得を試みる。そのころゲロッパたちは、偶然、遭遇したドクター・ハンプティを利用しようとしていた。 今回は「スペースバグ」第3話『開け!希望のトビラ/さらば宇宙ステーション』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

スペースバグ(第8話『ブラックホールの住人/銀河の果てのゴミため場』)のあらすじと感想・考察まとめ

無事惑星を飛び立ったミッジたちだが、ストークは宇宙に浮かぶ丸い窓のようなものへ吸い込まれてしまう。それは人工ブラックホールだった。そこで彼らはクマムシのワンと出会う。ワンもまた、地球へ行くことを望んでいた。なんとかブラックホールを抜けた彼らは、ゴミ捨て場で虫らしきものを見かける。仲間を放っておけないミッジが偵察に行くが、その正体は虫ではなかった。 今回は「スペースバグ」第8話『ブラックホールの住人/銀河の果てのゴミため場』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

スペースバグ(アニメ全話)のネタバレ解説まとめ

『スペースバグ』とは、「タイムスクープハンター」で知られる中尾浩之による監督・脚本、「Mask Masters」や「Hello Carbot」で知られる韓国のアニメ制作会社W.BABAによるアニメ作品である。 舞台は広大な宇宙。主人公は小さな虫たち。人間が実験のために宇宙ステーションへ置き去りにした、昆虫たちの大冒険が描かれる。彼らは地球に帰ることができるのか。家族みんなで楽しめるファミリー向け作品だ。

Read Article

目次 - Contents