ミッション:インポッシブル/フォールアウト(Mission: Impossible - Fallout)のネタバレ解説まとめ

『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』とは、2018年に公開されたスパイ・アクション映画。1996年の『ミッション:インポッシブル』から続くトム・クルーズ主演・製作シリーズ作品の第6作目。
イーサン・ハントがテロ組織「シンジケート」の残党「アポストル」によるプルトニウム爆破テロを防ぐためにチームと一丸となって奮闘する展開と共に、彼がいかに家族や仲間を大切に想っているかが描かれる。

組織

IMF(Impossible Mission Force)

正式名称「インポッシブル・ミッション・フォース(Impossible Mission Force)」。
CIAの下部組織にあたる架空の諜報組織。遂行が困難な特殊任務を担当する部署で、一般にはその存在は知られていない。
任務の内容は音声や映像など様々な手法で伝えられ、最後にその任務のデータは抹消されるのが通例。任務遂行中に組織の者が殺されたり捕らえられたりしても組織当局は決して助けない。

原案であるTVシリーズ『スパイ大作戦』にも登場する。

何かと無茶なミッションをこなすことが多く、最終的には成功させてはいるが、政府の人間には「いつも幸運だけで切り抜けてきたようなものじゃないか」と評する者もいる(その指摘は間違ってはいない)。そのため、前作『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』ではCIAと対立になり、一時的に解体されたが、その後イーサン達の活躍でテロ組織シンジケートが崩壊されたことにより復活。CIA長官のアラン・ハンリーが長官に就任した。

シンジケート(Syndicate)

世界的テロ組織。存在自体は4作目『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』から示唆されていて、長年イーサンが追い求めていた。その存在はほとんど知られておらず、前作では「イーサンが勝手に創り上げた、存在しない組織ではないか」と疑いを掛けられたほどだったが、終盤でボスが逮捕されたことでようやく全世界に認知された。

元MI6だったソロモン・レーンが独断で各国の諜報員を集めて秘密裏に作り上げた、どの国にも属していない多国籍組織。反体制を目的としている。
実はMI6は以前から存在を知っていたが、ボスがイギリスの諜報員だと知られると問題となるため、極秘に対処していた。

本来の意味はビジネスにおける企業や個人がグループを形成した独占形態の一種。

アポストル(Apostle)

「神の使徒」を意味するテロ組織。
シンジケートの残党で構成されていて、目的などは変わっていない。テロリストのジョン・ラークと協力関係にある。代表者の存在は語られておらず、ソロモン・レーンが脱獄し再びボスの座に就くことを望んでいる。
本編開始前に既に世界中でテロを行っており、カシミール地方に天然痘ウィルスをばら撒いている。

ガジェット

マスク・メイカー

2作目『M:i-2』より。

1作目から登場している、変装用特殊マスクを作成する装置。見た目では完璧に本人になりきることが可能。ただし、声は変えられない。
これまでのシリーズでは大型の装置が使われていたが、本作ではかなり小型化が進んでおり、ノートPC程度の大きさ。また、顔のスキャンも比較的容易で、作成も速い。

ボイス・チェンジャー

3作目『M:i:Ⅲ』より。

テープ形状の装置で、喉に貼ることで声を変えることができる。先述のマスクでは声を変えられないため、変装の際にはこの装置との併用が必要。

追跡装置

対象に発信機を埋め込むことで、コンピュータにより位置を特定する装置。本作では3Dで追跡が可能。

『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』の名言・名セリフ/名シーン・名場面

ヘリスタント

クライマックスで、イーサンはウォーカー(ラーク)が持つ核兵器起爆装置を奪うために、ヘリで先に飛び立ったウォーカーをもう1機のヘリで追跡するシーン。ヘリの貨物ロープにぶら下がって高高度まで上昇し、操縦席を奪う。イーサンは操縦技術はなかったが、試行錯誤をしながらもなんとか飛行させる。途中でウォーカーから機銃掃射を受けながら、最終的には敵機に体当たりするという常識外れな方法でウォーカーのヘリを撃墜させるという迫力の展開。

シリーズ恒例となっている、トム・クルーズによるスタントなしの過激アクションシーン。
過去に様々なアクションに挑戦してきたクルーズが今回挑戦したのは、クルーズ自身の操縦によるヘリチェイス。本作のクライマックスを飾る超絶展開である。このシーンではIMAXカメラが使用され、他のシーンとは全く異なる画質で展開される。クルーズはこの撮影のために訓練を受け、操縦技術をわずか3か月で習得したという。

スカイダイビング

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション(Mission: Impossible - Rogue Nation)のネタバレ解説まとめ

トム・クルーズの代名詞ともいえる大ヒットスパイアクションのシリーズ第5作。2015年公開のアメリカ映画。監督は、クルーズ主演映画「アウトロー」のクリストファー・マッカリー。各国の元エリート諜報部員を集めた謎のスパイ組織「シンジケート」の暗躍により、秘密工作機関IMFはまたも解体の危機に陥る。組織の後ろ盾を失いながらも、イーサンは仲間とともに世界の危機を救うため史上最難関のミッションに挑む。

Read Article

ミッション:インポッシブル2(Mission: Impossible II, M:I-2)のネタバレ解説まとめ

往年のTVドラマ「スパイ大作戦」を映画化した「ミッション:インポッシブル」に続き2000年に製作されたトム・クルーズ製作・主演のシリーズ第2弾。バイオレンスの詩人ジョン・ウー監督が起用され、前作とは一味違った独自のアクション・シーンが満載。休暇中のイーサン・ハントの元に、新たなミッションが届いた。それは20時間で人を死に至らしめる驚異の殺人ウィルス”キメラ”を狙う元同僚の陰謀を阻止することだった。

Read Article

M:i:III(ミッション:インポッシブル3、Mission: Impossible III)のネタバレ解説まとめ

往年の人気TVドラマ「スパイ大作戦」の映画化で、大ヒットスパイ・アクションにまで成長させたトム・クルーズ製作・主演のシリーズ第3弾。2006年公開のアメリカ映画。TVシリーズ「エイリアス」「LOST」で注目を集めたJ・J・エイブラムスの劇場映画初監督作品。フィアンセとの結婚を控え、一線を退き教官となった主人公イーサン・ハントが、凶悪な敵を前に世界を駆け巡り、再び危険なミッションに挑む。

Read Article

ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル(Mission: Impossible - Ghost Protocol)のネタバレ解説まとめ

往年の人気TVシリーズを、トム・クルーズ製作・主演、「Mr.インクレディブル」のブラッド・バード監督で映画化した大ヒット・アクションシリーズ第4弾。前作から5年後の2011年、日米同時公開。爆弾テロ犯の濡れ衣を着せられたイーサン・ハントとそのチームが、組織の後ろ盾を失いながらも事件の黒幕を突き止めるべく世界を股に過酷なミッションに挑む姿を圧倒的なスケールで描き出す。

Read Article

ミッション:インポッシブル(Mission: Impossible, M:I)のネタバレ解説まとめ

1966年から7年間放送された往年の人気TVシリーズ「スパイ大作戦」を基に、トム・クルーズが主演と初のプロデューサーを兼ね、ブライアン・デ・パルマ監督で映画化したスパイ・アクション超大作。1996年製作のアメリカ映画。スパイ組織IMFに属するイーサン・ハントは、ある任務に失敗し多くの仲間を失うが、生き残ったことで裏切り者にされてしまう。身の潔白を証明するため、新たなメンバーと独自に捜査を開始する。

Read Article

オール・ユー・ニード・イズ・キル(Edge of Tomorrow、Live Die Repeat)のネタバレ解説まとめ

『オール・ユー・ニード・イズ・キル』とは、桜坂洋が2004年に発表したライトノベル「All You Need Is Kill」を原作に、ダグ・リーマンが映画化した作品。エイリアンに侵略されつつある近未来の地球を舞台に、出撃しては戦死する2日のループを繰り返し、戦闘能力を身に着け、ループの原因となっている敵を倒す方法見つけ出して勝利を掴むまでを描く。

Read Article

目次 - Contents