ミッション:インポッシブル/フォールアウト(Mission: Impossible - Fallout)のネタバレ解説まとめ

『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』とは、2018年に公開されたスパイ・アクション映画。1996年の『ミッション:インポッシブル』から続くトム・クルーズ主演・製作シリーズ作品の第6作目。
イーサン・ハントがテロ組織「シンジケート」の残党「アポストル」によるプルトニウム爆破テロを防ぐためにチームと一丸となって奮闘する展開と共に、彼がいかに家族や仲間を大切に想っているかが描かれる。

2人の敵との闘い

イルサの推測通り、小屋にレーンはいた。その場で核兵器本体も発見するが、イルサはレーンに見つかり争いになる。応援に駆け付けたベンジーが参戦するが、元MI6であるレーンは戦闘力も高く、2人は追い詰められる。遂にはベンジーが首吊りにされ死にかけるが、ギリギリでイルサがレーンを倒し、ベンジーを救出する。

ルーサーとジュリアは解除作業がほぼ終了し、最後の1本のコードをもう1つの核兵器と同時に切断するだけとなった。ルーサーはジュリアに感謝を告げ、夫のもとへ戻るよう促す。

イーサンのヘリに向けて機銃を撃つウォーカー。

イーサンは、自分がヘリに乗って追っていることをウォーカーに気づかれ、機銃による銃撃を受けつつも何とか操縦し、激しいヘリチェイスを展開していた。このままでは間に合わないため、イーサンはヘリを体当たりさせることを決意する。2台のヘリは激しく激突し、どちらも死んでもおかしくない状況となるがイーサンとウォーカーは何とか生きていた。

ウォーカーが所持していた起爆装置は崖の上に落ちる。

ヘリの衝突の末にイーサンとウォーカーが追い詰められた崖。

高い崖の上で2人は激しい殴り合いとなる。どちらも一歩も引かない状況で遂には2人とも崖にしがみつき、落ちれば助からない極限状態での闘いとなった。一触即発の状態で、イーサンはとっさの機転でヘリにつないであったロープのフックを落下させウォーカーに激突させることで崖から落下させることに成功。ウォーカーもといジョン・ラークは落下したヘリと共に爆死した。

崖にしがみつくイーサン。

しかし、起爆装置は崖の上に落ちたままだった。他のチームメンバーがコードを切断する前にキーを抜かなければならない。イーサンはロッククライミングのように崖にしがみつき、急いで起爆装置の回収へ向かう。

チームの絆

イーサンはヘリで遠くへ離れてしまったため、他のチームメンバーと通信ができなくなってしまっていた。

レーンを拘束し終えたベンジーとイルサは、核兵器の解除を進め、最後のコード1本のところまでたどり着いた。2人はルーサーと通信しながら、最後のコードをルーサーと同時に切断する準備を整える。
しかし、イーサンが起爆装置のキーを抜いたのかどうかがわからない。まだ抜いていないのにコードを切れば、その場で爆発する。残り時間はもう1分を切っており、どうすればいいのか迷うベンジーとイルサに、ルーサーは「イーサンは必ずやる!」と強く告げる。
チームメンバーはイーサンを信じ、ギリギリまで待って切断することにする。切るタイミングはカウントダウンがゼロになる2秒前か1秒前かで意見が分かれたが、最終的に1秒前に切ることになった。意を決し、彼らは1秒前にコードを切断した。

カウントダウンの終結

爆発は起こらなかった。

イーサンは崖にしがみつきながら起爆装置のキーを抜き取っていた。横を見ると、そこからは美しい夕陽が見えた。崩壊を免れた世界が夕陽で照らされる様子をイーサンはただ眺めていた。
核兵器は停止し、プルトニウムは取り出された。
崖を登ると、すべてを出し切ったイーサンにはもはや動く力は残っていなかった。そこにヘリが飛んでくるのが見えたが、イーサンは意識を失った。

いるべき場所

イーサンが眼を覚ますと、そこは天然痘キャンプのベッドの上で、眼の前にはジュリアがいた。
エリックにより治療が施されたイーサンは、崖で倒れていたところをスローンのヘリにより救出されたのだという。ベッドの傍らにはスローンが立っていた。今回の任務で終始イーサンを問題視していたが彼女だったが、ようやくイーサンを認めたらしい。

イーサンはジュリアと2人きりになると、彼女に謝罪した。それは今回巻き込んでしまったことを含めたすべてに対してだった。
ジュリアは一言も責めず、「なぜ謝るの?あなたと出会ったことで、私は生きがいに満ちた今の暮らしができる。あなたがいるから夜も眠れる。お互いにいるべき場所へいましょう」と伝えた。その言葉はイーサンにとって何よりも救いだった。

やがてその場にルーサー、ベンジー、イルサも現れた。今回も彼らのチームワークにより、ミッションは成功した。イルサは、ジュリアがルーサーが話していた女性だと察しており、勇敢な彼女のことをとても気に入っていた。
そしてイルサがイーサンに「無茶しすぎよ」と語ると、「いつものことさ」とイーサンに返された。チームメンバーは笑いに包まれる。

ミッション完了

レーンはその後CIAと繋がりのあったウィドウが仲介となり、イーサンおよびスローンからMI6へと引き取られることになった。これによりレーンが他組織へ移されることはなくなるため、イルサも自由の身となった。

スローンがモノローグで「亡くなったハンリー長官が言っていたように、IMFは世界を救う組織。それは、大勢も1人も大切にするイーサン・ハントのような人間がいるからだ」と語り、エンドロールとなって映画は幕を閉じる。

『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』の登場人物・キャラクター

イーサン・ハントのチーム

イーサン・ハント(Ethan Hunt)

演 - トム・クルーズ / 日本語吹替 - 森川智之

本シリーズ主人公。
IMFの凄腕エージェントであり、かつては教官として新人を育てたこともある他、3作目で一度はIMFを引退している。
その後 現役復帰し、本作の時点では少なくとも1996年から約22年のスパイ歴を持つベテラン。IMF内部では数々の任務を成功させた伝説のエージェントとして知られている。しかしその体力は全く衰えることがなく、ロンドン市内を長時間全力疾走したり、ビル4階分の高さから飛び降りるなどの過激な行動をやってのける。
エージェントであるため、必要とあれば敵対組織の人間を殺害することもあるが、無関係な一般の市民や警官などを巻き込むことは決してせず、世界の多数の人々も1人の人間も等しく扱う。
同様に、職業柄 他者を完全には信用しないが、仲間と認めた者のためには命を懸けるなど仲間想いであり、これまで何度もチームワークで苦難を乗り越えてきた。

数少ない本気で愛した女性ジュリアを離婚した現在でも愛しており、彼女から時折受け取る連絡を生きがいとしていた。

ベンジー・ダン(Benjamin "Benji" Dunn)

演 - サイモン・ペッグ / 日本語吹替 - 根本泰彦

IMFエージェントでガジェットのプロフェッショナル。
3作目から本シリーズに参加。もとはオフィスで働く情報局のメンバーだったが、現場エージェントとしての試験をクリアしたことで4作目以降はイーサンと共に現場で奮闘し、現在では良き相棒。本シリーズのコメディリリーフでもあり、エージェントの割には落ち着きがなく、現場では何かと喋りまくる癖がある。その他、おかしなミスをすることも多々あるが、重要な場面では活躍する。あらゆる点でイーサンとは正反対だが、嘘のつけない素直な性格から裏切りや謀略の疑いがかけられることが全くなく、イーサンが最も信頼する人物の1人。
他のエージェントに比べると戦闘はあまり得意ではなく、本作終盤では危うくレーンに絞殺されかけた。
本作ではボートの操縦やダイビングなどをこなし、イーサンをサポートする。これらのアクションもクルーズ同様に演じるサイモン・ペッグが実際に行っており、スタントマンは使われていない。

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション(Mission: Impossible - Rogue Nation)のネタバレ解説まとめ

トム・クルーズの代名詞ともいえる大ヒットスパイアクションのシリーズ第5作。2015年公開のアメリカ映画。監督は、クルーズ主演映画「アウトロー」のクリストファー・マッカリー。各国の元エリート諜報部員を集めた謎のスパイ組織「シンジケート」の暗躍により、秘密工作機関IMFはまたも解体の危機に陥る。組織の後ろ盾を失いながらも、イーサンは仲間とともに世界の危機を救うため史上最難関のミッションに挑む。

Read Article

M:i:III(ミッション:インポッシブル3、Mission: Impossible III)のネタバレ解説まとめ

往年の人気TVドラマ「スパイ大作戦」の映画化で、大ヒットスパイ・アクションにまで成長させたトム・クルーズ製作・主演のシリーズ第3弾。2006年公開のアメリカ映画。TVシリーズ「エイリアス」「LOST」で注目を集めたJ・J・エイブラムスの劇場映画初監督作品。フィアンセとの結婚を控え、一線を退き教官となった主人公イーサン・ハントが、凶悪な敵を前に世界を駆け巡り、再び危険なミッションに挑む。

Read Article

ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル(Mission: Impossible - Ghost Protocol)のネタバレ解説まとめ

往年の人気TVシリーズを、トム・クルーズ製作・主演、「Mr.インクレディブル」のブラッド・バード監督で映画化した大ヒット・アクションシリーズ第4弾。前作から5年後の2011年、日米同時公開。爆弾テロ犯の濡れ衣を着せられたイーサン・ハントとそのチームが、組織の後ろ盾を失いながらも事件の黒幕を突き止めるべく世界を股に過酷なミッションに挑む姿を圧倒的なスケールで描き出す。

Read Article

ミッション:インポッシブル(Mission: Impossible, M:I)のネタバレ解説まとめ

1966年から7年間放送された往年の人気TVシリーズ「スパイ大作戦」を基に、トム・クルーズが主演と初のプロデューサーを兼ね、ブライアン・デ・パルマ監督で映画化したスパイ・アクション超大作。1996年製作のアメリカ映画。スパイ組織IMFに属するイーサン・ハントは、ある任務に失敗し多くの仲間を失うが、生き残ったことで裏切り者にされてしまう。身の潔白を証明するため、新たなメンバーと独自に捜査を開始する。

Read Article

ミッション:インポッシブル2(Mission: Impossible II, M:I-2)のネタバレ解説まとめ

往年のTVドラマ「スパイ大作戦」を映画化した「ミッション:インポッシブル」に続き2000年に製作されたトム・クルーズ製作・主演のシリーズ第2弾。バイオレンスの詩人ジョン・ウー監督が起用され、前作とは一味違った独自のアクション・シーンが満載。休暇中のイーサン・ハントの元に、新たなミッションが届いた。それは20時間で人を死に至らしめる驚異の殺人ウィルス”キメラ”を狙う元同僚の陰謀を阻止することだった。

Read Article

オール・ユー・ニード・イズ・キル(Edge of Tomorrow、Live Die Repeat)のネタバレ解説まとめ

『オール・ユー・ニード・イズ・キル』とは、桜坂洋が2004年に発表したライトノベル「All You Need Is Kill」を原作に、ダグ・リーマンが映画化した作品。エイリアンに侵略されつつある近未来の地球を舞台に、出撃しては戦死する2日のループを繰り返し、戦闘能力を身に着け、ループの原因となっている敵を倒す方法見つけ出して勝利を掴むまでを描く。

Read Article

目次 - Contents