ミッション:インポッシブル/フォールアウト(Mission: Impossible - Fallout)のネタバレ解説まとめ

『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』とは、2018年に公開されたスパイ・アクション映画。1996年の『ミッション:インポッシブル』から続くトム・クルーズ主演・製作シリーズ作品の第6作目。
イーサン・ハントがテロ組織「シンジケート」の残党「アポストル」によるプルトニウム爆破テロを防ぐためにチームと一丸となって奮闘する展開と共に、彼がいかに家族や仲間を大切に想っているかが描かれる。

イーサンへの疑惑

イルサの事情はわかったが、今レーンを殺させるわけにもいかず、イーサンの苦悩は募るばかりだった。イルサと別れたイーサンのチーム、及びレーンはロンドンのIMFアジトに向かう。そこにはハンリーIMF長官が来ていた。イーサン達はハンリーに任務の進捗を報告する。

イーサンは今後の計画を伝える。計画はレーンの顔をスキャンしてマスクを作り、それをベンジーにかぶせてレーンとして一旦ウィドウに引き渡し、プルトニウムを受け取るというものだった。その間、本物のレーンはアジトに拘束しておく。ベンジーは自身が偽者のレーンになることに抵抗があったが、チームメンバーでレーンと体格が近く白人の者はベンジーしかいなかったため、仕方なく承諾した。

しかし、ハンリーは計画に反対し、レーンをCIAに渡しイーサン達に帰国するように命じる。
今回の任務で、イーサンに裏切りの疑いがかかっているのだという。CIAにはソースは不明ながら多くの情報が届いていて、それらはラークの正体がイーサンだと示していた。更にウォーカーはIMFの人間が裏切った際にはその者を殺害するのが任務だという。その疑いを晴らすためには、イーサンの手でレーンをCIAに引き渡すしかなかった。ハンリーは今までイーサンの味方をしてきたが、これ以上は庇いきれないとして「ミッションは終結した」と告げる。

イーサンは今レーンをCIAに渡せばプルトニウムを奪還できないと主張し、ハンリーと激しい言い争いになる。口論の末、イーサンはやむなくハンリーを麻酔銃で眠らせる。イーサンがウォーカーにプルトニウム奪還への協力を懇願すると、ウォーカーは快諾した。

ウォーカーの正体

先の計画通り、レーンのマスクをかぶったベンジーはイーサンとルーサーが連行した。本物のレーンはアジトに縛り付けられ、ウォーカーはレーンの見張りとしてアジトに残った。ハンリー長官は麻酔で眠らされたため、アジトで横たわっていた。

イーサン達が出ていくと、ウォーカーはアジト内に設置してあった監視カメラを外し、レーンの拘束を解く。2人は互いを知っている様子であり、ウォーカーはレーンと共にアジトを逃げ出そうとするが、レーンはイーサンに借りを返すためアジトで待ち伏せると語る。するとウォーカーは「俺は旧体制破壊という大義が目的なのに、お前はイーサン1人に復讐することの方が大事なのか」とレーンに詰め寄る。実はウォーカーこそがジョン・ラーク本人だったのである。レーンは以前から同じ思想を持つテロの協力者であり、パリで争ったラーク・デコイはウォーカーが雇った偽物であり、CIAにイーサンがラークであることを示す情報を送っていたのもウォーカーだった。

ハンリーから託された任務

ウォーカーもといラークはアジトを脱出しようとするが、その場を動こうとしないレーンの様子がおかしいことに気が付いた。不審に思ったウォーカーがレーンの顔を調べると、それはレーンのマスクをかぶったベンジーだった。
次の瞬間、ウォーカーは背後から麻酔で眠らされていたはずのハンリーに銃を突き付けられた。続けてその場にイーサン達も姿を現す。
イーサン達は既にウォーカーが怪しいと睨んでいて、本物のレーンを替え玉と偽り連れて行ったと見せかけて、ウォーカーの様子を探っていたのである。その計画にはハンリーも含まれていて、麻酔で眠ったふりをしていただけだった。更に、ウォーカーが正体を現す瞬間はスローンにスマートフォンで映像中継されていて、ウォーカーの裏切りはCIAにも知られることになった。

ウォーカーの正体を見破り任務は完了したかに思えたが、そこに突如 武装したCIAの部隊が現れ、その場にいた全員を取り囲んだ。
ウォーカーの裏切りは疑いようがなかったが、それでもスローンはイーサンを信用できず、その場にいる全員を逮捕するように命じていた。ハンリーは話が違うとスローンを糾弾するが、イーサンは今はCIAに従おうと呼びかける。レーンとラークを確保できれば、プルトニウムは奪還できなくても計画は進められないので、とりあえず任務は成功したも同然だと語る。
しかし、それを聞いたウォーカーは「それはどうかな?」と不敵に笑う。ウォーカーが合図すると、CIAの部隊の半数が他のCIAを射殺し始めた。もともとCIAだったウォーカーは内部の人間を味方につけており、その場に現れる部隊に味方が含まれることも想定していたのだった。
アジト内は激しい撃ち合いとなる。更にその場には、レーンを狙って侵入していたイルサもいて、更に乱戦となる。その混乱に乗じてウォーカーとレーンはIMFメンバーに攻撃をしかける。ルーサーはウォーカーともみ合って争うのに紛れて、彼に発信機を埋め込んだ。激しい混戦の末、ハンリーがウォーカーに刺されてしまい、ウォーカーとレーンはその場を逃亡した。

ハンリーの傷は致命傷だった。ハンリーはイーサンに「行け」とだけ語り、息を引き取った。イーサンはハンリーの言葉に従い、ウォーカーとレーンを追う。

ロンドンを駆けるイーサン

ロンドンを全力疾走するイーサン。

イーサンが走り出す直前に、ルーサーはウォーカーに埋め込んだ発信機と同様のものをイーサンにも埋め込んでおいた。ベンジーのガジェットにより2人の位置を特定し、通信でナビゲートを行う。イーサンはベンジーに案内されロンドンの街を全力疾走の末、何とかウォーカーに追いつくが、銃を向けられる。しかし、ウォーカーは撃たなかった。イーサン自身に「イーサン=ラーク」と無理にでも認めてもらわなければ都合が悪いため、殺すわけにはいかなかった。
更にウォーカーは「俺は守護天使だ」と謎めいた言葉をつぶやき、イーサンに1枚の写真を渡す。イーサンは青ざめた。それはイーサンの最愛の女性ジュリアの写真だった。これ以上ウォーカーの邪魔をすればジュリアが死ぬことになると告げられる。結局、またしてもウォーカーとレーンを逃がしてしまった。

ヘリで去るウォーカーとレーンを見送るイーサン。

最大の理解者・ルーサー

ラークとレーンが合流したことで、新核兵器は完成してしまった。プルトニウムは1個しか奪還していないので、核兵器は2つ存在する。爆破されるのを防がなければ、世界人口の3分の1が失われる。

アジトではベンジー、ルーサー、イルサが計画を話し合っていた(イルサは前作でベンジーやルーサーと共にレーンを確保したため、互いに信頼できる仲だった)。ベンジーはデルブルック博士から入手した核兵器の回路図を見ながら、解除方法を模索している。

ルーサーはイルサに最も長くイーサンを見てきた者として彼についての話をする。イーサンは、かつて最愛の女性と結婚しIMFから身を引いた。しばらくは幸せな時間が続いたが、その後世界で悲惨な事件が起こるたびにイーサンは「自分がその場にいたら」と自身を責めたという。結婚した女性も「イーサンは私1人よりも世界を守るべき人」と考えるようになる。互いを案じた2人は別れ、女性は姿を隠し、ときどきイーサンへ無事を知らせる信号が彼の心の支えになっていた。
今回の事件でも、イーサンはルーサーを救ってこんな事態になってしまった。ルーサーはイルサに「イーサンはいい奴だ。だから、あいつがどれだけ君の身を案じてるかを察してくれ。彼を助けたいと思うなら、身を引くべきだ」と告げる。

最終決戦へ

「この部屋にいる者以外は信用できない」と、チームで核兵器を止めることを決意するイーサン。

アジトに戻ってきたイーサン、ベンジー、ルーサー、イルサの4人は集まり計画を練る。事態が大きくなってしまったため、CIAに協力を得た方がいいのではないかとベンジーは意見するが、イーサンは「この部屋にいる者以外は信用できない」と語る。裏切りが交差するスパイの世界の中で、唯一信頼できるのはこのチームだけだった。
ルーサーは、パリでレーンからチップを取り外した際に同時に別の追跡装置が埋め込んでいた。しかも気づかれないために36時間遅れて起動する仕様だった。

ルーサーが埋め込んだ追跡装置で調べたところウォーカーとレーンはカシミール地方のヌブラ渓谷にいるという。そこにはインド、中国、パキスタンへ供給されている巨大な水源シアチェン氷河があり、それが汚染されれば世界の人口の3分の1が被害範囲に含まれることをチームは察する。また、そこはアポストルが過去に天然痘ウィルスをばら撒いた場所であり、天然痘の治療のための医療キャンプが設置されていた。しかし水源を汚染することが目的なら、なぜわざわざ天然痘を撒いてキャンプを設立させる必要があったのかという疑問があった。

疑問は残ったが、時間がないためチームはカシミール地方へ急いだ。その途中でベンジーが爆弾の解除方法を解析し、説明する。
その方法は、まず核兵器を起動させカウントダウンをスタートさせること。次に起爆装置を奪い、装置のキーを引き抜くこと。そしてキーが抜かれた状態で2つの核兵器本体のコードを同時に切断すること。もちろんカウントダウンがゼロになる前に終わらせなければならず、どれか一つでも手順が前後すればその時点で起爆する。

非常に困難な方法だったが、他に選択肢はなかった。イーサンのチームはまたしても限りなく不可能(インポッシブル)なミッションに挑むことになる。

カシミールにて、思いがけない再会

カシミールに到着したチーム。

カシミールに到着したチームは急いで新核兵器、ウォーカー、レーンを探す。
しかしその途中で、イーサンは思いがけない人物と再会する。それは、イーサンのかつての妻にして最愛の女性であるジュリアだった。傍らにはジュリアの現在の夫である医者のエリックがいて、2人は天然痘の治療のためのキャンプに参加していた。天然痘が発生した直後に、「守護天使」を名乗る匿名の人物がスポンサーとなったことでキャンプを設立できたのだという。
「守護天使」という単語からイーサンはレーンとウォーカーの狙いを察した。あらかじめカシミールに天然痘をばら撒くことでそこに医者であるジュリアを呼び、その場にイーサンが来ることも予想した上で彼の眼の前でジュリアを爆破で殺害するつもりだったのだ。それはオープニングでイーサンが見た悪夢と全く同じ光景になることが予想された。

イーサンは再びジュリアを巻き込んでしまったことに気づくが、もはや何としても核兵器を解除するしかなかった。ジュリアに謝罪すると、イーサンは動き出した。

チームによる捜索

ヘリに飛び乗るイーサン。

1つ目の核兵器本体はすぐに見つかった。まだカウントダウンは開始していなかったが、開始されれば残り時間は15分しかなかった。ルーサーはその場で核兵器を解除する作業を行い、残りの3人は核兵器と起爆装置を捜索する。

一方で、核兵器の準備を終えたレーンはウォーカーに起爆装置を渡し、起爆を任せると自身は兵器と共にこの場に残り、世界の崩壊を見届けると告げる。ウォーカーは起爆装置を持ってその場を去るため、レーンが用意した2台のヘリコプターの内1台に乗り込んだ。

ヘリに乗るウォーカーを発見したイーサンは彼が起爆装置を持っていると察し、追う。ウォーカーのヘリが先に離陸したので、イーサンはもう1台のヘリに飛び乗り、ウォーカーを追跡する。

残ったベンジーとイルサは核兵器本体を捜すことになった。

しかし、イーサンがヘリに飛び乗る直前にカウントダウンが開始してしまった。残り時間は15分。

ジュリアの任務参加

ルーサーの兵器解除を手伝うジュリア。

ルーサーは核兵器を解除するため、たくさんのコードと苦戦していた。1人ではすべてを解除するのは手間がかかるため、手伝いがほしいとつぶやいていたところ、そこにジュリアが現れた。巻き込みたくはなかったが、解除しなければこの周囲一帯が吹き飛びジュリアも助からない。ルーサーはジュリアに協力を頼む。
ルーサーはジュリアとも親しく互いをよく知っていた。共同で解除作業をする中でジュリアが「最近の彼はどう?」と質問したところ、ルーサーは「イーサンはイーサンさ」と答えた。

イーサンはヘリに乗っていたアポストルの部下を排除し、操縦席に乗り込む。イーサンに操縦技術はなかったが、試行錯誤しながら何とか飛行させ、ウォーカーのヘリを追う。

ベンジーとイルサは捜索を続けるが、なかなか見つからない。ウォーカーはヘリに乗って去ったが、レーンの姿が見えないことにイルサは気づいた。イルサは長年レーンのもとで潜入捜査をしていたことから性格をよく知っていたため、どこにいるかを推測し、渓谷の外れにある小屋に向かう。

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション(Mission: Impossible - Rogue Nation)のネタバレ解説まとめ

トム・クルーズの代名詞ともいえる大ヒットスパイアクションのシリーズ第5作。2015年公開のアメリカ映画。監督は、クルーズ主演映画「アウトロー」のクリストファー・マッカリー。各国の元エリート諜報部員を集めた謎のスパイ組織「シンジケート」の暗躍により、秘密工作機関IMFはまたも解体の危機に陥る。組織の後ろ盾を失いながらも、イーサンは仲間とともに世界の危機を救うため史上最難関のミッションに挑む。

Read Article

ミッション:インポッシブル2(Mission: Impossible II, M:I-2)のネタバレ解説まとめ

往年のTVドラマ「スパイ大作戦」を映画化した「ミッション:インポッシブル」に続き2000年に製作されたトム・クルーズ製作・主演のシリーズ第2弾。バイオレンスの詩人ジョン・ウー監督が起用され、前作とは一味違った独自のアクション・シーンが満載。休暇中のイーサン・ハントの元に、新たなミッションが届いた。それは20時間で人を死に至らしめる驚異の殺人ウィルス”キメラ”を狙う元同僚の陰謀を阻止することだった。

Read Article

M:i:III(ミッション:インポッシブル3、Mission: Impossible III)のネタバレ解説まとめ

往年の人気TVドラマ「スパイ大作戦」の映画化で、大ヒットスパイ・アクションにまで成長させたトム・クルーズ製作・主演のシリーズ第3弾。2006年公開のアメリカ映画。TVシリーズ「エイリアス」「LOST」で注目を集めたJ・J・エイブラムスの劇場映画初監督作品。フィアンセとの結婚を控え、一線を退き教官となった主人公イーサン・ハントが、凶悪な敵を前に世界を駆け巡り、再び危険なミッションに挑む。

Read Article

ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル(Mission: Impossible - Ghost Protocol)のネタバレ解説まとめ

往年の人気TVシリーズを、トム・クルーズ製作・主演、「Mr.インクレディブル」のブラッド・バード監督で映画化した大ヒット・アクションシリーズ第4弾。前作から5年後の2011年、日米同時公開。爆弾テロ犯の濡れ衣を着せられたイーサン・ハントとそのチームが、組織の後ろ盾を失いながらも事件の黒幕を突き止めるべく世界を股に過酷なミッションに挑む姿を圧倒的なスケールで描き出す。

Read Article

ミッション:インポッシブル(Mission: Impossible, M:I)のネタバレ解説まとめ

1966年から7年間放送された往年の人気TVシリーズ「スパイ大作戦」を基に、トム・クルーズが主演と初のプロデューサーを兼ね、ブライアン・デ・パルマ監督で映画化したスパイ・アクション超大作。1996年製作のアメリカ映画。スパイ組織IMFに属するイーサン・ハントは、ある任務に失敗し多くの仲間を失うが、生き残ったことで裏切り者にされてしまう。身の潔白を証明するため、新たなメンバーと独自に捜査を開始する。

Read Article

オール・ユー・ニード・イズ・キル(Edge of Tomorrow、Live Die Repeat)のネタバレ解説まとめ

『オール・ユー・ニード・イズ・キル』とは、桜坂洋が2004年に発表したライトノベル「All You Need Is Kill」を原作に、ダグ・リーマンが映画化した作品。エイリアンに侵略されつつある近未来の地球を舞台に、出撃しては戦死する2日のループを繰り返し、戦闘能力を身に着け、ループの原因となっている敵を倒す方法見つけ出して勝利を掴むまでを描く。

Read Article

目次 - Contents