ミッション:インポッシブル/フォールアウト(Mission: Impossible - Fallout)のネタバレ解説まとめ

『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』とは、2018年に公開されたスパイ・アクション映画。1996年の『ミッション:インポッシブル』から続くトム・クルーズ主演・製作シリーズ作品の第6作目。
イーサン・ハントがテロ組織「シンジケート」の残党「アポストル」によるプルトニウム爆破テロを防ぐためにチームと一丸となって奮闘する展開と共に、彼がいかに家族や仲間を大切に想っているかが描かれる。

ラーク・デコイとの戦闘シーン。

飛行機からのパラシュート降下でパリへ潜入したイーサンとウォーカー。
今回の任務の計画は、まずパリのラークとウィドウが取引を行うというパーティー会場に潜入し、ラークとウィドウが会う前にラークを見つける必要があった。ウィドウのいるVIPルームに入るには特別な電波を発信するIDバンド(腕輪)が必要であり、ラークのIDは特定していたため、電波を追跡すれば見つかるはずだった。そして、ラークを確保して特殊ガジェットにより彼の顔を再現したマスクを作成し、イーサンが彼になりすましてウィドウと対面、プルトニウムを受け取るというものだった。

その計画のもと、会場に潜入したイーサンとウォーカーは電波を追跡し、ラークらしき人物(便宜上ラーク・デコイと呼称されている)を発見する。ラーク・デコイがトイレに入ったのを見計らって、2人は襲撃をかける。しかし、ラーク・デコイは非常に強く、2人がかりでもかなりの苦戦を強いられる。イーサンが危うく射殺されそうになった瞬間、ラーク・デコイは突如頭を撃ち抜かれて死亡した。彼を射殺したのは、以前イーサンと共に闘い、レーンを逮捕したMI6(イギリスの諜報機関)のスパイであるイルサ・ファウストだった。突然の再会に驚くイーサン。彼女も任務でラークを追っていて、本来の任務は監視だけだったが、イーサンの危機であったためやむなく射殺したのだという。

イーサンは難を逃れたが、ラーク・デコイの顔面は破壊されてしまったためマスクが作れない。仕方なく、ラークの顔は誰も知らないということを利用し、イーサンがIDバンドだけを奪ってマスクなしでラークになりすますことにした。

ホワイト・ウィドウとの対面

ホワイト・ウィドウと対面するイーサン。

イーサンはラークとしてVIPルームに潜入。イルサも何故かIDバンドを持っていて、同行してきた。イルサはイーサンに、ラークは多くの殺し屋から狙われていて、ウィドウと会えばイーサンがラークとみなされ危険なので、やめるべきだと訴えるが、イーサンは任務をやめるわけにはいかなかった。
イーサンはルーム内でラークとしてウィドウと対面。本当はラークの命を狙っている殺し屋達がウィドウを狙っているのだと彼女に吹き込み、イーサンを狙ってきた殺し屋達を撃破したことで信用を得ることに成功する。

パーティー会場を逃げ出し、ウィドウのアジトへ向かうイーサンとウォーカー。プルトニウムを受け取ろうとするが、アポストルがラークにプルトニウムを渡す条件は金ではなかった。それは、シンジケートおよびアポストルの本来のボスであるソロモン・レーンの脱獄だという。イーサンは苦労して逮捕したレーンを脱獄させることに躊躇うが、他に選択肢はなかった。

ウィドウと、ウィドウの兄であるゾラは、脱獄計画を説明する。
世界的テロリストであるレーンは逮捕された後、世界中の諜報機関をたらい回しにされ尋問を受けているのだという。そして近日パリに送還されてくるので、その場でレーンを脱獄させるというものだった。その方法は、レーンを護送しているパリの警官を多数殺害して奪うというものであり、無関係な警官を巻き込むことにイーサンは動揺する。それだけでなく、レーンは当然イーサンの顔を知っているので、その方法ではレーンを引き渡す際に自身が本物のラークではないとバレてしまう。

問題は多かったが、イーサンは冷酷なテロリストのふりをして計画を了承すると、手付けとして3つあるプルトニウムのうち1つを受け取る。残りはレーンを脱獄させた後で交換だという。

イーサンの裏切りの可能性をスローンに示唆するウォーカー。

一方で、任務と並行してウォーカーはスローンCIA長官と定期的に連絡を取っていた。長年ラークを追っていたスローンは、ラークがCIAの内部情報に異常に詳しかったため、CIAもしくはその傘下のIMFの人間ではないかと考えていた。ウォーカーの推測ではIMF内部に裏切り者がいるという。そして、プルトニウム奪還に失敗し、ジョン・ラークになりすましてレーンを脱獄させようとしているイーサンがその裏切り者であり、ジョン・ラーク本人なのではないかとウォーカーはスローンに報告していた。
IMFで数々のミッションを成功させてきたはずのイーサンが裏切る理由について、ウォーカーは「エージェントは仕えてきた国の大義が嘘だと知ったとき、主を裏切る」と告げる。

スローンはウォーカーの推測が当たっている可能性を考慮し、引き続きイーサンを監視するよう命じる。

レーンの脱獄

奪還計画のため、イーサンとウォーカーは同じトラックに乗り待機していた。レーンがパリに護送され、計画が実行に移される。イーサンは独断でレーンの乗せられた装甲車のみをセーヌ川に落とすことで無関係な警官の殺害を防いだ。

イーサンとウォーカーは装甲車を落とすとその場を逃げ出し、警官達とのカーチェイスを繰り広げる。途中であらかじめ準備しておいたオートバイ2台に2人は乗り込み走り出すが、イーサンのバイクはエンストを起こしなかなかエンジンがかからない。ウォーカーのみ先に行かせ、遅れながらエンジンがかかったイーサンはパリの街を走り回る。

装甲車ごと川に落とされ、水没しかけるレーン。

一方、レーンは水没するトラックの中に閉じ込められていたが、ベンジーとルーサーにより引きずり出され、ボートに乗せられ確保されていた。

凱旋門を走り抜け、ベンジーおよびルーサーと合流するイーサン。

イーサンは警察との激しいバイクチェイスを敢行。途中で凱旋門を高速で走り抜け、最後は転倒するが、なんとか水路まで逃亡しベンジーとルーサーのボートに乗り込んで逃亡することに成功した。

ゾラの部下を射殺するイーサン。

イーサン、ベンジー、ルーサーはレーンを連れて車を隠しておいたガレージに向かい、そこでウォーカーと合流。車でレーンをパリ市内の隠れ家まで運ぶことにする。しかし、車をガレージから出した際に、偶然その場に1人の警官の女性が立っていた。イーサン達は傍からは袋をかぶらされた人物(レーン)を誘拐しようとしているとしか見えず、そのフランス人警官は銃を向ける。一般人の警官を傷つけたくないイーサンは何とか見逃してくれるよう説得するが、難しかった。その場にゾラの部下4人が現れ、警官を撃つ。目撃者である警官を殺そうとするが、イーサンは彼らを射殺する。
警官は撃たれたものの傷は浅かったため、イーサンは警察無線で助けを呼ばせると巻き込んでしまったことを謝罪し、その場を後にした。

突然狙撃され、逃げ惑うイーサン達。

車で隠れ家へ向かうイーサン、ベンジー、ルーサー、ウォーカー、レーンの5人。しかしその途中、黒いスーツをまとった女性がレーンを狙って狙撃してきた。弾は外れたものの、その女性はバイクでイーサン達を執拗に追う。

レーンを射殺しようとするイルサ。

途中でベンジー、ルーサー、ウォーカーを降ろしたイーサンはカーチェイスの末、女性に先回りされ向き合う形になった。イーサンは、女性の正体がイルサだと気が付き驚く。目が合い、互いに躊躇う2人だったが、イーサンは轢き殺さない程度の速度でイルサを撥ね、その場を脱した。

その様子はゾラに目撃されていた。

イルサの事情

発信機を取り除かれながら、イーサンに「私を殺すべきだったな」と語るレーン。

パリの隠れ家までレーンを連行した一同。レーンには追跡用のチップが埋め込まれているため、ルーサーによりチップが外された。
かつて逮捕されたことからイーサンを憎んでいるレーンはイーサンと再会すると、変わらない自身の思想を語り始める。世界の現行政治体制では未来には破滅しかなく、シンジケートは文明の最後の希望だという。そう主張しながら、レーンは過去に化学工場の火災や1人の標的のために旅客機を撃墜するなどのテロを起こし、大勢の人々を殺害したことをイーサン達に糾弾される。それでもレーンは自分の行動は正当なものだと主張する。続けてイーサンに「私を殺すべきだったな。破滅は目の前だ」と告げる。その言葉はイーサンが夢で聞いたものと全く同じだったため、彼は激しく動揺していた。

イーサンはウィドウにレーンの脱獄に成功したことを報告する。自分が計画を変更したのは、警官を巻き込んで皆殺しにする方法ではレーンも死ぬ恐れがあったためだと供述する。その件についてはウィドウは問い詰めなかったが、別の問題があった。ウィドウはゾラから、イルサがレーンを殺そうとしたことを報告されていて、イーサンが射殺したゾラの部下4人もイルサが殺したとみなされている。ウィドウは任務の邪魔になるイルサの確保を要求する。
つまり、レーンとイルサの2人と引き換えにプルトニウムを渡すことになり、取引はロンドンで行うと告げられた。

密かに対面するイーサンとイルサ。

イーサンは、かつて共にレーンを逮捕したイルサが、何故今になって殺そうとするのかを知るため、密かにイルサと対面する。
話を聞いたところ、イルサは前回での任務後、MI6当局から追われる身となってしまったという。レーンは元MI6であるため、世界中の諜報機関で尋問を受けるとMI6にとって不利な情報が他組織に知られる恐れがあった。更に、イルサは潜入捜査で2年間レーンのもとにいたため、レーンと同様に疑いを掛けられてしまう。その疑いを晴らすために、レーンを抹殺する必要があったのだという。
ウィドウのパーティー会場にいた理由も、ウィドウと接触するジョン・ラークを追えばレーンにたどり着くと考えた上での行動だった。
MI6から身を引くべきだとイーサンから説得を受けるが、スパイである自分が自由になることは不可能だとイルサは言う。

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション(Mission: Impossible - Rogue Nation)のネタバレ解説まとめ

トム・クルーズの代名詞ともいえる大ヒットスパイアクションのシリーズ第5作。2015年公開のアメリカ映画。監督は、クルーズ主演映画「アウトロー」のクリストファー・マッカリー。各国の元エリート諜報部員を集めた謎のスパイ組織「シンジケート」の暗躍により、秘密工作機関IMFはまたも解体の危機に陥る。組織の後ろ盾を失いながらも、イーサンは仲間とともに世界の危機を救うため史上最難関のミッションに挑む。

Read Article

ミッション:インポッシブル(Mission: Impossible, M:I)のネタバレ解説まとめ

1966年から7年間放送された往年の人気TVシリーズ「スパイ大作戦」を基に、トム・クルーズが主演と初のプロデューサーを兼ね、ブライアン・デ・パルマ監督で映画化したスパイ・アクション超大作。1996年製作のアメリカ映画。スパイ組織IMFに属するイーサン・ハントは、ある任務に失敗し多くの仲間を失うが、生き残ったことで裏切り者にされてしまう。身の潔白を証明するため、新たなメンバーと独自に捜査を開始する。

Read Article

ミッション:インポッシブル2(Mission: Impossible II, M:I-2)のネタバレ解説まとめ

往年のTVドラマ「スパイ大作戦」を映画化した「ミッション:インポッシブル」に続き2000年に製作されたトム・クルーズ製作・主演のシリーズ第2弾。バイオレンスの詩人ジョン・ウー監督が起用され、前作とは一味違った独自のアクション・シーンが満載。休暇中のイーサン・ハントの元に、新たなミッションが届いた。それは20時間で人を死に至らしめる驚異の殺人ウィルス”キメラ”を狙う元同僚の陰謀を阻止することだった。

Read Article

M:i:III(ミッション:インポッシブル3、Mission: Impossible III)のネタバレ解説まとめ

往年の人気TVドラマ「スパイ大作戦」の映画化で、大ヒットスパイ・アクションにまで成長させたトム・クルーズ製作・主演のシリーズ第3弾。2006年公開のアメリカ映画。TVシリーズ「エイリアス」「LOST」で注目を集めたJ・J・エイブラムスの劇場映画初監督作品。フィアンセとの結婚を控え、一線を退き教官となった主人公イーサン・ハントが、凶悪な敵を前に世界を駆け巡り、再び危険なミッションに挑む。

Read Article

ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル(Mission: Impossible - Ghost Protocol)のネタバレ解説まとめ

往年の人気TVシリーズを、トム・クルーズ製作・主演、「Mr.インクレディブル」のブラッド・バード監督で映画化した大ヒット・アクションシリーズ第4弾。前作から5年後の2011年、日米同時公開。爆弾テロ犯の濡れ衣を着せられたイーサン・ハントとそのチームが、組織の後ろ盾を失いながらも事件の黒幕を突き止めるべく世界を股に過酷なミッションに挑む姿を圧倒的なスケールで描き出す。

Read Article

オール・ユー・ニード・イズ・キル(Edge of Tomorrow、Live Die Repeat)のネタバレ解説まとめ

『オール・ユー・ニード・イズ・キル』とは、桜坂洋が2004年に発表したライトノベル「All You Need Is Kill」を原作に、ダグ・リーマンが映画化した作品。エイリアンに侵略されつつある近未来の地球を舞台に、出撃しては戦死する2日のループを繰り返し、戦闘能力を身に着け、ループの原因となっている敵を倒す方法見つけ出して勝利を掴むまでを描く。

Read Article

目次 - Contents