鉄拳7(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

『鉄拳7』とは、2015年2月18日にバンダイナムコエンターテイメントよりアーケードゲーム版として稼働を開始した3D対戦型格闘ゲーム。『鉄拳』シリーズのナンバリングとしては7作目。対戦格闘ゲームとしては初めてゲームセンター間のオンライン対戦が実装された。全世界で累計4400万本が出荷されており、世界で最もプレイされている3D対戦格闘ゲームである。シリーズ3以降は風間仁が主人公であったが、本作では再び三島一八と三島平八の二人が主人公の一員として登場する。

三島一八の父親で風間仁の祖父。シリーズ2では主人公として一八を倒している。三島財閥の頭首の座を何度か追われているが、本作では帰還し「The king of iron fist tournament7」を開催。一八との戦いに決着をつけようとする。非情かつ傲慢な性格である反面、エンディングによってはギャグ担当になる一面も。モデルは漫画『魁!!男塾』に塾長として登場する江田島平八。三島一八と似た技を持つが、スピードは一八より上である。

風間仁(かざま じん)

シリーズ3以降の主人公。三島一八と風間準の間に生まれ、一ハの持つデビルの力の因子を受け継ぐ。屋久島で母に愛され育てられた心優しい青年であるが、母を闘神に奪われてからは平八の下で空手の修行を始める。自らの血に苦悩し、その大元である一八の打倒を目指している。三島財閥の元頭首で、現在は行方不明となっている。近距離攻撃に強い上級者向けキャラクター。

豪鬼(ごうき)

カプコン「ストリートファイター」シリーズよりゲスト出演。平八の妻で一八の母である三島一美に命を救われた過去があり、一美から死後に平八と一八を倒すよう託されその任務を遂行する。唯一レイジドライブを持っていないキャラクターだが、代わりに攻撃を当てたり受けることで溜まる「ゲージ」が設けられており、その消費によって必殺技やスーパーコンボを発動させる。

ラース・アレクサンダーソン

三島財閥の特殊部隊である”鉄拳衆”の若き将校で、鉄拳衆特殊舞台格闘術を使いこなす。優れた知識と身体能力で人望も厚いが、三島財閥が世界に戦争を仕掛けた事をきっかけにクーデターを引き起こした。現在はアジトにて反乱軍と共に攻撃の機会を伺っている。以前行動を共にした事のあるアンドロイドのアリサから特別な感情を抱かれている。スウェーデン国籍。

アリサ・ボスコノビッチ

風間仁の護衛として、三島財閥の研究機関であるボスコノビッチ研究所で開発されたアンドロイド。心優しく礼儀正しい性格で、ロシア出身にも拘わらず時々日本の方言を話す。ロボットらしいギミックが多く、腕からチェーンソーを伸ばすなどのレンジの長い攻撃と移動能力の高さが特徴。

リリ

モナコ出身、本名はエミリ・ド・ロシュフォール。石油王を父に持つセレブお嬢様だが、格闘に魅了され父親に内緒でストリートファイトに参戦。父親のために三島財閥に対抗すべくThe king of iron fist tournamentに参加した事が三島家に関わるきっかけであった。風間飛鳥を一方的にライバル視しており、飛鳥を追いかけて大阪でホームステイをした経験も。攻撃力はやや低めに設定されている。

花郎(ファラン)

韓国出身でテコンドーの使い手。モーションは実在のテコンドー世界チャンピオンが担当している。以前風間仁との勝負に負けて以来、仁をライバル視している。現在は世界を戦乱に巻き込んだのちに行方不明となってしまった仁の行方を捜す。

デビル仁(じん)

風間仁の中に流れるデビルの血が暴走し、精神が崩壊して完全に狂気の状態と化した姿。完全にコントロールした状態では父一八さえ超える能力を発揮する。目からビームを出すなど悪魔らしい技も使える。

セルゲイ・ドラグノフ

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents