ルパン三世 ルパンVS複製人間(Lupin III: The Mystery of Mamo)のネタバレ解説まとめ

Resize image

『ルパン三世 ルパンVS複製人間』とは、モンキー・パンチの漫画が原作の人気TVアニメ『ルパン三世』の劇場用映画化第1作。1978年12月東宝系公開。劇場公開時のタイトルは『ルパン三世』。観客層は大人をターゲットに想定し、1年間の製作期間と5億円の製作費を投じて製作された。エジプトのピラミッドから、人間に永遠の生命を与えるという“賢者の石”を盗み出したルパン三世。複製人間(クローン)を操る天才科学者マモーとルパン一味との”賢者の石”をめぐる激しい争奪戦を描く。

『ルパン三世 ルパンVS複製人間』の概要

06af597ae5d8a79cfb72dd3a4be7300e

『ルパン三世 ルパンVS複製人間』とは、怪盗ルパンの孫であるルパン三世が活躍するモンキー・パンチの漫画『ルパン三世』をアニメーション化した、日本テレビ系で放送の同名番組の劇場映画第1作。『ルパン三世』TV第2シリーズの高視聴率を受けて、東京ムービー新社(現:トムス・エンタテイメント)が1年間の製作期間を経て5億円の製作費で製作。

複製人間(クローン)を操る天才科学者マモーと、彼に狙われたルパン三世一味との「賢者の石」を巡る争奪戦を描く。1978年12月16日に東宝の配給で公開された。なお劇場公開時の作品タイトルは『ルパン三世』であるが、後のビデオソフト化の際に以後の劇場作品と区別するため、『ルパンVS複製人間(クローン)』という副題が付いた。

監督は、虫プロのアニメーターを経て、『ルパン三世』第1シリーズを始めとする東京ムービー制作のTVアニメーションを多数手掛けた、吉川惣司が担当。脚本はTVシリーズにも参加している映画脚本家の大和屋竺と吉川の共同執筆。作画監督はアニメーターの椛島義夫と青木悠三。TVシリーズの作画監督である大塚康生は監修として参加している。また、音楽はTV第2シリーズを手掛ける大野雄二が担当している。声優陣はTV第2シリーズと同じく、「ルパン三世」役の山田康雄を筆頭に、小林清志、増山江威子、井上真樹夫、納谷悟朗がそれぞれ主要メンバーを担当。ルパンの敵となる「マモー」役には名優・西村晃が抜擢された。また特別出演として、本作の主題歌を歌う三波春夫、漫画家の赤塚不二夫、漫画原作者の梶原一騎が名を連ねている。

本作は、ビスタサイズ(映画の画面比率)を想定して通常より大判のセル画を用いて作画され、「世界初の長編アニメビジョン」と宣伝で謳われた。また、制作当時に放送中だったTV第2シリーズが、広い年齢層向けの作風によって高視聴率を上げていたが、映画版は「初期の頃の大人向けのルパンが見たいという声にお応えします」と、敢えてTV第1シリーズ初期の作風に近づけるという意向が明言されていた。そのため東宝宣伝部は『007シリーズ』のアニメ版という位置付けで、ポスターと本編にヌードや性的表現を登場させるなど、観客層は大人をターゲットに想定した。ところが、実際の観客層は、意に反してTV第2シリーズを視聴中の中高生が中心だった。配給収入は約10億円を上げている。

後の2017年9月1日から9月15日の期間限定で、ルパン誕生50周年記念企画の一環として「MX4D版(映画のシーンに合わせた感覚を体感できる上映システム)」が劇場公開された。この上映では監督の吉川惣司自らが監修し、映像を4Kリマスター化、音声は5.1chデジタルサウンドにグレードアップしている。

『ルパン三世 ルパンVS複製人間』のあらすじ・ストーリー

001

ルパンと次元はピラミッドに潜入し、目的である石を手に入れた。

ある日のこと、一人の犯罪者が処刑された。鑑定の結果、その男が怪盗ルパンの孫である大泥棒「ルパン三世」であることは間違いなかったのだが、その事実を信じようとしない男がいた。警視庁の銭形警部である。彼はまるで狂気に取り憑かれたかの様な勢いでルパンの遺体が安置されている古城に行き、ドラキュラのように最後の止めを刺そうとする。その瞬間、遺体は爆発し、目の前に生きているルパンが現れた。「相変わらず殺気立ってんなぁ…とっつあん…」と、逮捕しようとする銭形をあざ笑うかのように、ルパンは大きなこうもり傘のハングライダーに乗って一人去っていくのだった。

しつこくルパンを追いかける銭形は、ルパンがエジプトに入国したという情報をキャッチして、彼が狙うであろうお宝が眠るピラミッドへ向かっていた。その頃ルパンと相棒の次元大介はピラミッドに潜入し、張り巡らされた赤外線レーザーを掻い潜りながら、目的である小さな石を手に入れた。だが喜ぶのも束の間、到着した銭形率いる地元警察にあっという間に包囲されてしまう。ルパンと次元は乗ってきたバイクで脱出を図り、外で待機していたルパンの仲間の石川五ェ門も加わって、地団太を踏む銭形を尻目にまんまと逃走に成功するのだった。

002

ルパンは不二子と一晩デートをするという交換条件で石を盗む依頼を受けていた。

裸でベットに横たわっている謎の美女、峰不二子。正体不明の男から仕事を依頼されていた彼女は、シャワーを浴び、バイクスーツに着替えると、ハーレーに乗ってルパンの元へと走っていく。
ルパンはフランスの郊外で不二子を待っていた。彼は不二子から一晩デートをするという交換条件で石を盗み出してほしいと依頼されていたのだ。やって来た不二子はキスを迫るルパンの隙を突いて、彼に香水型の硬化ガスを吹き付けると、まんまと石を持ち去ってしまった。ルパンは次元と五ェ門に、「仕事と女の両立は出来ないぞ」と散々文句を言われるが、実は不二子に渡した石は偽物であり、中に盗聴器を仕掛けてあったのだ。そうとは知らずにハーレーを飛ばす不二子は、正体不明の男との待ち合わせ場所である墓地に辿り着いた。そこに待機していたのは男の部下で大男のフリンチだった。彼に石を渡すと、暗闇から空中に浮いた正体不明の男が現れ、いきなりビームを発射してその石を破壊した。その男はマモーと名乗り、ピラミッドから石を盗むよう不二子に依頼した張本人だった。彼はその石が偽物と見破っていた。

翌日、街のカフェテラスでルパンはどっさり本を積み、石の事を調べていた。石は「賢者の石」と呼ばれ、不老不死の力が宿っているとファラオ(古代エジプトの君主)の時代から信じられてきたという。一緒に来た次元と五ェ門は「ルパンは不二子に担がれている」と、本を読むルパンに愛想を尽かしている。業を煮やした五ェ門がその場を去ろうとしたその時、突如上空にヘリが現れ、カフェを銃撃する。ルパンと次元は何とか愛車に飛び乗りその場を脱出、街中を逃げ回った末、地下水道に逃げ込むが、ヘリもそこへ入り込んで来た。だが待ち伏せしていた五ェ門が斬鉄剣でヘリに一撃を加える。「またつまらぬものを斬ったか」と言う五ェ門の背後でヘリは大爆発を起こした。何とか逃げ延び地上に出た三人の前に今度は不二子が現れた。「あなたはとんでもない人を敵に回している。石を渡して早く逃げて」とルパンに迫る不二子。すると今度はビルの窓から銃撃を受ける。三人は急いで不二子の車に乗り込むと、「足手まといだ!」と不二子を途中で降ろしてその車で逃走する。そのまま郊外から離れようとすると間もなく、銭形がフランスの警察を引き連れパトカーで追い掛けてきた。さらにその後ろから今度は不気味な巨大トレーラーが現れ、パトカーを蹴散らしててルパン達を追跡して来る。ルパン達の車とトレーラーの、山を登るハイウエイでの激しいカーチェイスが続き、ルパン達は何とかトレーラーを崖から転落させる事に成功する。だがそれも束の間、今度はセスナが爆弾を投下して来て車を爆破された。「全くえらいのを敵にしちまったなぁ」と言いながら三人は急いで近所にある自分たちのアジトへ逃げ帰った。だが、そのアジトは見るも無残に破壊されていたのだった。

003

ルパンたちのアジトは、マモーの一味によって見るも無残に破壊されていた。

食料も武器も何もない状況で、ルパンたち一行は仕方なく国境まで歩いて行くことにする。延々と続く荒野をひたすら歩くという過酷な状況の中、三人の体力も限界に近付いていた。その時、先方に山小屋を発見。無人で荒れ果ててはいるが、水や食料があった。三人が喜んでいると、外で女性の声が聞こえた。それはなんとボロボロになった不二子だった。彼女は「賢者の石」を手に入れ損ねたことでフリンチに殺されかけ、命からがら逃げてきたという。助けを求める不二子を匿おうとするルパンだったが、彼女を信用できない次元と五ェ門はルパンと対立。どうしても不二子を助けるというルパンに愛想を尽かし、次元と五ェ門は小屋を去っていくのだった。不二子と二人きりになったルパンは、チャンスとばかりにまたもや彼女にちょっかいを出すが、今度は睡眠薬で眠らされてしまう。案の定それはマモーの指令を受けた不二子の罠であり、そこへセスナでやってきたフリンチと共にルパンを連れ去った。次元はルパンのことが気になり引き返していたのだが、そこへセスナが頭上を通過すると、一枚の紙を次元の元へ落としていった。

やがて、次元と五ェ門はスペイン郊外に入ったが、見知らぬ男に尾行されると軍隊に捕らえられ、そのまま米国海軍の施設に連れて行かれた。そこへ現れたのは、スタッキー大統領特別補佐官と部下のゴードンだった。スタッキーによると、先日、各国首脳が自分の事を神だというマモーと名乗る男から「細胞学、遺伝子工学等の全ての研究成果を提供せよ、拒否すれば核ミサイルで攻撃する」と、脅迫を受けたとのことで、この男について聞きたいというのだ。次元は「俺達には何の関係もない」と言うが、どうやらマモーの要求した品々は全てルパンによって盗まれていたという。スタッキーはマモーの居場所を次元に問い詰めるが、何も知らない次元は「これが唯一の手がかりだ」とセスナから落ちてきた紙を見せる。その紙には不二子の字で「水」とだけ書かれているだけで、これ以上の質問は無駄だと判断したスタッキーは、次元と五右衛門に釈放を言い渡して去っていった。その時、床に落ちた紙がこぼれていた水に塗れると、そこに「カリブ海」という文字が浮かび上がった。

004

マモーは不二子に永遠の命を与える事を「賢者の石」との交換条件に取引していた。

その頃、ルパンは謎の広大な城に捕えられていた。そこはカリブ海の一番大きな島にあり、世界一の大富豪ハワード・ロックウッドが所有する島だった。次元と五右衛門は、ルパンが捕えられていると睨み、船でその島を目指していた。その船の底にはなんとルパンを追う銭形警部が水中装備でこっそり張り付いており、さらにスタッキーも米国海軍本部のレーダーでその船を追っていた。

島には、マモーの研究施設があり、ナポレオンやヒトラーなどの歴史上の人物がいた。彼らはマモーのクローン技術によって複製された人々だった。マモーは1万年前からクローンの研究を続けており、自身を永遠の命を得た「神」だと自称する。マモーは不二子の美貌を気に入っていて、不二子と「賢者の石」との交換条件として、彼女は勿論、石を盗み出した褒美としてルパンにも永遠の命を与える事を取引していたのだ。そんな折、ルパンは研究室に潜り込むとうまく「賢者の石」を取り返し、再び脱出を図った。そこで遭遇した不二子に、「私達は永遠の若さを手に入れられるのだから逃げる事はない」と説明されるが、フリンチ達がしつこく追って来るため、とりあえず不二子を連れて逃げるルパン。彼らが辿り着いた先はマモーの部屋だった。マモーは、「ルパンは永遠の命に値しない」と怒ってルパンを椅子に縛りつけ、ルパンの頭の中を見る機械を操作する。だが、ルパンが夢を見ないことで深層心理が探れず、彼の意識は神の意識に近いのだと脅威を感じたマモーは、ルパンを殺そうとする。
ちょうどその時、米国空軍が島を攻撃して来た。その隙に次元と五ェ門も城に侵入し、不二子と機械のショックで気絶したルパンと合流。マモーは爆風で吹き飛ばされ傷だらけになりながらもルパンを銃で撃とうとする。そこに一足早く次元が銃を抜き、マモーを一発で撃ち殺した。一行は城から抜け出し脱出を図ろうとすると、今度はフリンチが剣を振りかざして現れた。五ェ門は斬鉄剣でフリンチと一騎打ちをして勝利するが、その際に斬鉄剣の刃先がポッキリ折れてしまった。一行はまだ懲りずにルパンを追って来る銭形を振り切って、船で島を脱出したのだった。

005

五ェ門は島から脱出をする際、斬鉄剣でフリンチと一騎打ちをして勝利する。

コロンビアの田舎町にあるホテルへやってきたルパンと次元、そして不二子。五ェ門は斬鉄剣を折られたショックで行動を別にするという。次元は斬鉄剣の折れた刃先をルパンに渡した。ルパンは、マモーが世界一の大富豪ハワード・ロックウッドだったこと、彼の研究分野はクローン技術であり一万年もの間長生きしてきたことなどを次元と不二子に話した。その時、突如部屋全体が異空間に包まれ、死んだはずのマモーが現れた。彼はルパンを挑発すると、不二子を連れ去ってしまった。間もなくしてコロンビアの街を大地震が襲い、ホテルは崩れ、街は廃墟と化した。「もう逃げよう、コリゴリだ」という次元に、ルパンは1人で敵の本拠地に乗り込む決心をする。

ルパンは地震の原因がマモーの仕業だと読んで、町の端にある閉鎖された原子力発電所に向かう。原子力発電所は、予想通り「ハワード財団」というマモーの所有であり、地下の施設内には大量のミサイルがあった。一方、同施設内に潜んでいるマモーは、クローン技術が「賢者の石」にまで頼ったものの結局は不十分であったことを不二子に語っていた。だが、最後の手段として全世界に核ミサイルを発射して絶滅させ、自分と不二子の二人だけの世界を築くというのだ。マモーは不二子に核ミサイルの発射ボタンを押させ、世界に向けて発射されようとしたその時、ルパンが姿を現わし、直後に激しい地響きが起こった。ルパンは核ミサイルを発射前に全て破壊したのだった。愕然とするもすぐに不二子を連れて逃げるマモー。追い掛けるルパンにマモーはレーザービームで攻撃する。激しいレーザー攻撃にたじろぐルパンは、ポケットの中から折れた斬鉄剣の破片を取り出し、反射を利用してレーザービームをマモーに直撃させた。するとマモーの身体は燃え、やがて絶命するのだった。

006

レーザービームを浴びて身体が燃える断末魔のマモー。

全ては終わったと思い放心状態のルパンと不二子の前に、今度はカプセルに包まれた巨大な脳みそが出現する。その脳みそこそがマモーのオリジナルであり、人間の姿をしたマモーはコピーとして操られていたのだった。そして脳のカプセルはロケットの弾頭にあり、宇宙空間に向けて発射された。だが、ルパンは予め時限爆弾を仕掛けており宇宙で爆発する。マモーの脳だけが宇宙空間をさまよい、ルパンは空を見上げながら「マモー感謝しな…やっと死ねたんだ…」と呟くのだった。

そこへ、マモーの施設を突き止めていた米国空軍が爆撃を開始して来た。激しい爆発の嵐の中、逃げようとするルパンの前には、またしても銭形が現れた。不二子の前で足に手錠をかけられるルパン。すると、次元がセスナで助けに来るのだが、セスナから垂らしたハシゴには不二子がちゃっかり一人で飛付いた。「あららひでぇなぁ」と呟くルパンに、「馬鹿め、女とはああいうもんだ」と高笑いする銭形。だが爆撃はどんどん激しくなり、お互い足に手錠をかけたまま二人三脚のように走って逃げるルパンと銭形であった。

『ルパン三世 ルパンVS複製人間』の主な登場人物・キャラクター

ルパン三世(CV:山田康雄)

01

本作の主人公。
怪盗アルセーヌ・ルパンを祖父に持つ神出鬼没の大泥棒。高い知能と技術を持ち、狙った獲物は必ず奪う。
クールに気取ってはいるが、お調子者で女性に弱い所やおっちょこちょいな面もある。また、無益な殺しや、真面目に暮らす人物の生活を壊すような盗みはしないという大泥棒としてのポリシーを持っている。
本作では、不二子からの依頼でエジプトのピラミッドから「賢者の石」を盗み出す。その不二子に偽の石を渡したことから、大元の依頼人であるマモーの一味から狙われる羽目になる。不二子には騙され、行動を共にする次元や五ェ門からは文句を言われ、おまけに銭形警部にはしつこく付きまとわれてヨーロッパ各国を逃げ回り、「賢者の石」をめぐるマモーとの争奪戦に巻き込まれてしまう。

峰不二子(CV:増山江威子)

04

本作のヒロイン。
抜群のスタイルと美貌の持ち主だが、ルパンとは時には味方であり時には敵となる、頭脳明晰なうえに話術も巧みで、自分の欲望に忠実な女盗賊。
本作では、派手なアクションや武器は使用せず、一貫して女性としてのセクシーな魅力で勝負している。
マモーと「永遠の美貌をもらう」ことを条件に取引を交わし、一晩デートをするという交換条件でルパンに「賢者の石」を盗み出させる。だがルパンにまんまと偽の石を掴まされた事から、マモー一味に協力して「賢者の石」を取り返すためルパンを追い回すことになる。
マモーに溺愛され、二人だけの世界を作ろうと執拗に迫られるが、救助に乗り込んだルパンに助けられ、最後には銭形の目の前でルパンと熱いキスを交わした。

次元大介(CV: 小林清志)

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

ルパン三世 カリオストロの城(Lupin III: The Castle of Cagliostro)のネタバレ解説まとめ

『ルパン三世 カリオストロの城』とは、モンキー・パンチ原作の漫画「ルパン三世」の劇場用アニメーション映画化第2作。1979年12月東宝系公開。 宮崎駿が初めて劇場用作品の監督を手掛け、映画史上に残る不滅のアニメーションとして世界的に親しまれている名作。ゴート札なる偽札を製造し、世界経済の裏側で暗躍していると伝えられるカリオストロ公国で、カリオストロ伯爵の妻にさせられようとしている公女クラリスを救うため、そして国の秘密を暴くため、ルパン三世とその仲間たちの活躍を描く。

Read Article

ルパン三世(Lupin the Third)のネタバレ解説まとめ

『ルパン三世』はモンキー・パンチのピカレスク漫画を原作としたアニメ、映画。もはや日本人のスタンダードになっている作品である。様々なお宝を追い求めて世界中を駆け抜けるルパン、次元、五エ門と、時に協力者となり時に裏切りを見せる不二子、さらに彼らを追及する銭形警部の5人の冒険は多くの人々を惹きつけ続けている。

Read Article

アダルト・前衛的な表現を追求した『LUPIN the Third -峰不二子という女-』の魅力

日本人なら誰でも知ってるルパン三世シリーズ。 今回はその中でも男女問わず人気のある峰不二子にスポットをあてたアニメシリーズ『LUPIN the Third -峰不二子という女-』について紹介する。 今までのルパンシリーズになかったアダルトかつ前衛的な演出に中毒になること間違いなし。

Read Article

目次 - Contents