パラサイト・イヴ2(PE2 / Parasite Eve II)のネタバレ解説・考察まとめ

『パラサイト・イヴ2』とは、1999年12月に発売されたプレイステーション用ソフト。瀬名秀明氏の同名小説を原案としたゲーム『パラサイト・イヴ』の続編となる。ジャンルは「シネマティックアドベンチャーRPG」で、前作から操作系を一新し、よりアクションシューティングの要素が強くなった。前作より3年後の世界を舞台に、主人公・アヤがネオ・ミトコンドリア・クリーチャーと戦う姿を描く。

レールガン

ハイパーベロシティ。BP20000が必要。
リロードが遅いという欠点はあるものの、攻撃力が高く、攻撃範囲が広く射程も長い。
手に入れるにはリプレイモードの追加アイテムを獲得する。

『パラサイト・イヴ2』の防具

本作では、レベルの概念がなく、最大HPおよび最大MPは、装備した防具によって決まる。
Ayaの持つ基本値に、防具固有の上昇値が加算されるという仕組み。
HP・MPの上昇の他、ステータス異常の予防効果などもある。
ジャンパー、アーマー、スーツなど種類はあるが、装着しても見かけは変わらない。
重要なのはHP上昇や回復などの特性である。

アヤ・スペシャル

終盤に手に入る防具。
速射とMP回復の特性がついた防具。

モンク・ローブ

1周目では入手できない、幻の防具。
手に入れるにはリプレイモードの追加アイテムを獲得していく。
MP回復及びMP生成特性があり、MPを無限に使用でき、PEを使い放題できる。

『パラサイト・イヴ2』の裏話・トリビア・小ネタ/エピソード・逸話

開発を手掛けたのは『バイオハザード』スタッフ

今作は『バイオハザード』とよく比較されることが多いが、それもそのはず、実際開発チームにはカプコンで『バイオハザード』を開発していたスタッフが多かったためだ。
この当時、カプコンを退職して入社した開発スタッフが多く、そのノウハウが活かされた形となった。
元々、サブキャラクターのカイルを主人公にと考えていたものの、『パラサイト・イヴ』の冠をつけることで主人公アヤに変更されることとなった。これによりRPGを謳う『パラサイト・イヴ』シリーズとのシステムをめぐっての議論がなされ、結果RPGともアクションともつかぬ中途半端なシステムとなってしまった。

実名企業とのタイアップ

ゲーム中に登場する「スターバックスコーヒー」や「コカコーラ」など、今では当たり前のように実名企業の看板や商品が登場するものが多いが、この当時日本のゲームにおいてはそう多くはなかった。
今作はアメリカが舞台ということで、アメリカを代表するこの2つの企業に許諾を申請した。

kiyokiyo23
kiyokiyo23
@kiyokiyo23

目次 - Contents