デイブレイカー(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『デイブレイカー』とは、オーストラリア出身のスピエリッグ兄弟の監督・脚本によるSFアクション・ホラー。人口の9割以上がヴァンパイアと化した近未来を舞台に、人間の減少により血液不足に陥った状況を解決するために代用血液の開発を進めていたヴァンパイアの男が、人間とヴァンパイアの双方を救う新たな道を探ろうとする。09年・オーストラリア・アメリカ製作。

ブロムリー=マークス製薬会社の人間飼育場

ブロムリー=マークス製薬会社の人間飼育場。

人間の血を吸い取るためのブロムリー=マークス製薬会社の中にある人間飼育場施設。数多くの人間が全裸で太いポールの周囲に固定され、体に差したチューブで血を吸い取られている。不気味で異様な、実にインパクトのあるSF的光景だ。
海外や日本のポスターにもこの場面が使用され、作品のイメージを象徴しているとも言える。

ヴァンパイアだったライオネルが人間に戻る

車から飛び出し太陽の光を浴びて燃えながら貯水湖に突っ込むライオネル

ライオネルが、自分がヴァンパイアから人間に戻った経緯をエドワードに話すが、その時の出来事が描写される場面。
まだヴァンパイアだった彼が、日中に車のウインドウに黒い幕を下ろす安全モードでドライブしていた時、誤って貯水湖の柵に激突し、太陽に焼かれながら湖に落ち沈んでいった。そして、水から上がると人間に戻っていた。
ヴァンパイアを焼き殺すのが太陽光なのに、その太陽光によってヴァンパイアを人間に戻すことも可能だという、従来のヴァンパイア映画にはない、スピエリッグ兄弟独自の斬新なアイデアに驚かされるシーンだ。

サブサイダーとなったアリソンが焼け焦げて塵と化す

サブサイダーとなったアリソンが陽に焼かれ焼け焦げる

ヴァンパイアにされたアリソンが、自らの自傷行為で醜い姿のサブサイダーとなり、陽の下に連れ出されて焼け焦げていく、なんとも切なく、かつ悲惨な場面。
焼け焦げるアリソンの姿を目にし、またそれをあざ笑う仲間のヴァンパイア兵士達を見て、同じヴァンパイア兵士であるフランキーの心が揺れ動く名シーンだ。

ヴァンパイア兵士に襲われ血肉を貪られるフランキー

人間に戻ったフランキーがヴァンパイア兵士に襲われる

兄のエドワードの応援にブロムリー=マークス製薬会社に車で突入してきた人間に戻ったフランキーが、大勢のヴァンパイア兵士に取り囲まれ、噛み付かれて血を吸い取られ肉を食い千切られる壮絶な場面。
ヴァンパイアから人間に戻ったフランキーの血肉を口にした兵士も人間に戻り、他のヴァンパイア兵士に次々と食われ、互いに食い食われる血みどろの光景が展開する凄惨なスプラッター・シーンだ。

人肉を貪るヴァンパイア兵士達

「この世は最悪だ。もう死ぬこともできない」

エドワードの10回目の35歳の誕生日にお祝いにやって来た弟のフランキーに向けて言うセリフ。
フランキーが兄の誕生日のプレゼントとして純度100パーセントの人血入りボトルを差し出すが、フランキーはそれを拒否する。自ら進んでヴァンパイアになったわけではないフランキーは、不老不死でいることを快く思っていない。まだ人間の時に重い病気にかかり余命わずかになったが、フランキーがヴァンパイアになれば生き延びれると言っても「ヴァンパイアになるより死を選ぶ」と人間としての死を選ぼうとした。だが、兄を失いたくないフランキーが彼をヴァンパイアにしてしまった。
それゆえ、人血を飲んでしまうと他のヴァンパイアと同等の生き物になってしまうと思い、飲もうとしないのだ。戻れるものなら人間に戻りたいと心の奥で願っていることが窺えるセリフでもある。

「戻ってこられたわね」

ワイナリーでの四度目の実験で人間に戻ることが出来たエドワードが、10年ぶりに太陽の日差しの下に出た時、オードリーがそばに寄り添い彼の手を握って言うセリフ。吹替では「お帰りなさい」のセリフになっている。
久しぶりに浴びた太陽の光を浴びて、まぶしそうな表情を浮かべるエドワードが印象的だ。

「プレスリーは言った。“真実は太陽と同じ”」

人間に戻ったエドワードが捕らわれたオードリー救出に向かった後、ガレージに残ったライオネルが独白のように語るセリフの一節。
「ヴァンパイアは世界を支配し、人間は隠れるべきだと思ってる。だが違う。毎日太陽が昇ってきたら、ヴァンパイアは隠れるんだ。ヴァンパイアは生き残れない。ヴァンパイアは永遠ではない。プレスリーは言った。“真実は太陽と同じ、少しの間遮(さえぎ)られても消し去れはしない”」
エルヴィス・プレスリー好きのライオネルらしく、プレスリーの歌の歌詞を引用するところがおもしろい。

『デイブレイカー』の裏話・トリビア・小ネタ/エピソード・逸話

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

ジュラシック・パーク(Jurassic Park)のネタバレ解説・考察まとめ

『ジュラシック・パーク』とは、1993年に公開されたSF映画である。スリラー、ホラー、パニック、アクション、ドラマなど様々な要素で構成されている。マイケル・クライトンによる同名小説を原作としており、監督はスティーヴン・スピルバーグ。後に続編が公開されるジュラシック・パークシリーズの第1作。 バイオテクノロジーにより作られた恐竜が暴走し、恐竜に追われる恐怖と、仲間を守ろうとする主人公達の絆を描いており、生命や科学技術に関する倫理観が問われている。

Read Article

スパイダーマン(サム・ライミ版)のネタバレ解説・考察まとめ

『スパイダーマン』とは、スタン・リーとスティーヴ・ディッコのアメコミが原作、サム・ライミ監督の2002年公開のアメリカ映画。全3部作の1作目である。高校生のピーター・パーカーは校外学習先で遺伝子操作された“スーパースパイダー”に偶然かまれ驚異的な力を手に入れた。幼なじみのメアリー・ジェーン・ワトソン(MJ)や友人のハリー・オズボーンとともに過ごしながら、ピーターが正義のために悪と戦うスパイダーマンになるまでが描かれている。

Read Article

ストリート・オブ・ファイヤー(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ストリート・オブ・ファイヤー』とは、ウォルター・ヒル監督による1984年製作のアメリカ映画。ロックンロールを中心とした音楽が効果的に使用された、ミュージック・ビデオ感覚のアクション映画である。本国アメリカよりも、日本で熱狂的に受け入れられ、1984年の「キネマ旬報」人気投票では読者部門第1位を獲得した。リッチモンドの街を舞台に、ストリートギャング“ボンバーズ”に拉致されたかつての恋人を救うため、故郷に帰ってきたヒーローの活躍を描く。

Read Article

アクアマン(DCEU)のネタバレ解説・考察まとめ

『アクアマン』とは、アメリカ合衆国で2018年12月21日に公開されたスーパーヒーロー映画。日本では2019年2月8日に公開された。「DCコミックス」のアメリカン・コミック『アクアマン』の実写映画で、『DCエクステンデッド・ユニバース』シリーズの6番目の作品である。監督はジェームズ・ワン。海底王国アトランティス帝国の女王である母と、人間の父との間に生まれた主人公アーサー。人間として地上で成長したアーサーだったが、ある日を境に海底王国間の戦争に巻き込まれる事になる。

Read Article

ジョン・ウィック(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ジョン・ウィック』とは、2014年に公開されたアメリカのアクション映画。 監督はチャド・スタエルスキとデヴィッド・リーチ。 主演を務めたキアヌ・リーブスが製作総指揮も行っている。 引退した殺し屋が、大切なものを奪われたことで、たったひとりロシアン・マフィアに戦いを挑む復讐劇を描いており、R15+指定作品となっている。 ジョン・ウィックのアクションシーンが売りである。 日本版のポスター等で使われたキャッチコピーは「見惚れるほどの、復讐。」となっている。

Read Article

ジュラシック・パークIII(Jurassic Park III)のネタバレ解説・考察まとめ

『ジュラシック・パークⅢ』とは、2001年にアメリカで製作されたSFアドベンチャー映画である。1993年製作の『ジュラシック・パーク』、2作目の『ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク』に続くジュラシックシリーズ3作目である。前作から4年、古生物学者のアランは研究の資金難に陥っていた。そこにある夫妻が現れ、恐竜の島のガイドを頼まれる。当初は難色を示すアランだったが、しぶしぶ了承する。しかし、本当は行方不明になった少年の救出が目的であった。スピノサウルスに襲われながら、一行は島からの脱出を目指す。

Read Article

ガタカ(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ガタカ』とは1997年にアメリカで製作されたSF映画。 遺伝的優劣によって人生が左右される近未来社会の中で、遺伝的問題を抱えた1人の青年が不屈のチャレンジ精神で人生を切り開き、夢を叶えようとする姿を描いている。遺伝子がすべてと言われる世界の中で、当り前である概念を打ち砕き、不可能を可能としようとする姿に周囲が心動かされていくヒューマンストーリーでもある。現実感のある設定と名言の詰まったセリフの数々は、見る者の心に訴えかけ、今もって語り継がれる作品となっている。

Read Article

真実(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『真実』とは、2019年の日仏共同制作のヒューマンドラマ映画。2018年にカンヌ国際映画祭でパルム・ドールを受賞した是枝裕和監督の作品。代表作は『万引き家族』『誰も知らない』など。主演には、フランスを代表する大女優カトリーヌ・ドウーヴを起用し、すべての撮影をフランスで行った監督の初の国際共同製作映画ということで、世界から注目を浴びる。『真実』の出版を機にベテラン女優ファビエンヌとその娘リュミールが心に秘めている真実、彼女たちを取り巻く人々の思いが暴かれてゆく。

Read Article

目次 - Contents