キングダム ハーツ 3D(KH3D)のネタバレ解説・考察まとめ

『キングダム ハーツ 3D [ドリーム ドロップ ディスタンス]』とは、2012年3月29日にスクウェア・エニックスより発売されたニンテンドー3DS用のアクションRPG。KH『Re:コーデッド』後のストーリーとなっていて、ソラとリクを交互に操作することで物語は進んでいく。
今作では、ソラとリクのキーブレードマスター承認試験にて、二人は眠りについてしまった世界を救うべく旅へと出かける。

存在しなかった世界の奥までやってきたリク。
大きい装置のようなものが浮いている。
すると、リクは装置の上の方にドリームイーターを見つける。
ソラが居るのではないかと思い、ひとまず向かうリク。
中に入ると、真っ白い部屋に高さの違う椅子が円卓状に並んでいる場所に着いた。
リクは一番低い椅子にソラが座り眠っているのを発見する。
ソラに近寄るリクだったが、突然若かりし頃のゼアノートの姿をした青年が現れ、リクを吹き飛ばす。
青年ゼアノートは「新しい器に触れるな」と言った。
「XIII機関の目的はゼアノートの心を13の器に分けること。いくつかの器は欠けてしまったが、問題はない。13番目の器となるソラを手に入れることで完成する」と青年ゼアノートは続けた。
すると、円卓になっている椅子に次々と黒コートの人物たちが現れる。
戸惑うリクに、青年ゼアノートは「これが真のXIII機関。俺はこの中でも一番過去のゼアノート。先の時代の自分から、いくつかの世界で分離融合した自分を今日この場に集わせる役目を受けた」と説明する。
更に青年ゼアノートは「時間を超えるには、超えた先に自分が存在しなくてはならない。超えた先からは時の流れのとおり一方向にしか進めない。その時間で起きる事実は変えることが出来ない。もうすぐ一番先の俺がここに帰ってくる。そうなれば、それぞれの時間は元の流れに戻る」とリクにお構いなしに話し続ける。
青年ゼアノートが言うように、一番高い椅子にゼアノートが現れようとしていた。
その時、魔法の呪文を唱える声が聞こえ、王様がリクの前に現れた。
王様が唱えた魔法の影響で、リクと王様以外の時は止まっている。
「時を止めている間にソラを連れて帰ろう」と言う王様とリクだったが、青年ゼアノートがすぐに動き出してしまい、闇の力で王様を吹っ飛ばした。
ソラを連れて帰ろうとするリク、それを邪魔する青年ゼアノートの戦いが始まる。
青年ゼアノートは手ごわかったが、辛勝するリク。
しかし、王様が止めていた時が再び動き出してしまい、遂にはマスター・ゼアノートが出現してしまった。
マスター・ゼアノートは「12人の自分の分身に囲まれ、人として復活する所までは決まっていた」と言った。
そして「ここから先はまだ見ぬ未来」と続けて、マスター・ゼアノートは7人の光の守護者と13人の闇の探求者を集める事を目的としていた。
7人の光の守護者=キーブレード使いと、13人の闇の探求者=真のXIII機関をぶつかり合わせ、「その果てに見えるものを見る」とマスター・ゼアノートは言った。
「まずは13人の闇の探求者を完成させよう」とソラを自分の分身にさせようとするマスター・ゼアノート。
マスター・ゼアノートはソラに向けて、自分の心を放った。
王様とリクで必死に止めようとしたが、間に合わないと思われたその時、マスター・ゼアノートの心はソラの目の前で消えた。
代わりに現れたのは、リアだった。

ソラを助けたリア

そのまま逃げようとする王様とリクとリアだったが、アンセムの闇の力により邪魔される。
すると、上から降ってきたドナルドとグーフィーにより、アンセムの操る闇の力は消え去った。
マスター・ゼアノートもひとまずは退散する様子で消えて行った。
リク達は不思議な塔へ戻り、イェン・シッドに事の顛末を説明した。
しかし、不思議な塔に戻ってきてもソラは目覚めないままだった。
それを見たイェン・シッドは「今回の承認試験で7つの眠りの鍵穴を開放した。それにより、眠った心を開放する術を会得したこととなる。リクのその力を使えば、ソラを目覚めさせることが出来る」と助言する。
リクは「今度は俺がソラを助けに行くんだ」と、王様達に見守られながら、ソラの夢の中へ入っていった。

ソラの夢の深淵に辿り着いたリク。
しかし、リクの前に現れたのはソラではなく、鎧をまとった人物だった。
問答無用に戦いを挑まれ、勝利するリク。
すると、鎧が割れて中から出てきたのはソラだった。
そのまま倒れこむソラに駆け寄るリク。
しかし、ソラはそのまま闇の中に引きずり込まれてしまった。
リクは残ったソラのキーブレードを使って、ソラの眠りの鍵穴を開放した。

次にリクが気付いた時にはデスティニーアイランドに居た。
そこでは、ロクサスや、ロクサスによく似た少年や黒髪の少女が居て、リクに質問をしてくる。
リクが質問に答えると、何も言わずに消えて行く。
最終的に砂浜に辿り着いたリク。
リクは砂浜では一本のボトルを見つける。
それを拾い上げると、後ろから声がして、リクが振り返った先には賢者アンセムが居た。
賢者アンセムは、元々心の研究をしていた人物だったが、弟子であったゼアノートが危険な研究をするのを止めようとした結果、ゼアノートや他の弟子達に無の世界に追放され、名前すらも奪われてしまった。
その後、ゼアノートや弟子達への復讐の為に動いていたが、ソラやリクの友との絆を見て、改心。
以前の戦い(KHII)では、XIII機関に対抗しようとするソラやリクの手助けをし、最終的には消滅してしまった存在だ。
戸惑うリクに賢者アンセムは「私とその研究をデータ化し、ソラの中に隠しておいた」と説明する。
どうやら、リクが拾い上げたボトルの中に賢者アンセムの言うデータが入っているらしかった。
リクは、そのデータを預かる事を約束した。
そして賢者アンセムは「ソラはもう君が悪夢から解き放ったお陰でここには居ない。さあ帰りなさい」と言った。
賢者アンセムにお礼を告げ、リクは現実世界へと戻ってきた。

ソラの夢の中でリクが会った賢者アンセム

不思議な塔で目覚めたリクは、ソラの名前を呼んで飛び起きた。
すると、既にソラは目覚めていて、ドナルドやグーフィーとパーティーをしていた。
ソラは「眠りの中で夢を見てたけど、ずっとリクの声が聞こえてたんだ。ありがとう」とリクに告げ、王様達にもお礼を言った。
そして、いつものソラに戻り、イェン・シッドに承認試験の結果を聞く。
イェン・シッドは「ソラとリク、どちらもキーブレードマスターの称号に相応しい」としながらも、「最後に再び眠りの鍵穴を開放しソラを見事連れ戻したリクを今回はキーブレードマスターとして承認する」と言った。
それを聞いたソラは、落ち込むどころか「やったな、リク!リクならきっとなれると思ってた」と親友のキーブレードマスター承認を自分の事のように喜んだ。
みんなでリクのキーブレードマスター承認を喜ぶ中、リアも「俺もすぐに追いついてやるからな」と言い、実は不思議な塔に来たのはリアもキーブレード使いになる為だったと言う。
物凄く驚くソラとリク。
本来であれば、ソラが目覚めた時にはリアもキーブレードを持っている予定だったらしが、そう上手くは行かなかったようだ。
しかし、そう言いながらも、最後はキーブレードを顕現させ、一同を驚かせた。

リアがキーブレードを出した事に驚く一同

『キングダム ハーツ 3D [ドリーム ドロップ ディスタンス]』の登場ワールド

トラヴァースタウン(Traverse Town)

街頭やネオンが輝く夜の街。
光と闇の狭間の世界に位置している。
これまでのKHシリーズでは3番街までしか登場しなかったが、本作では初めて4、5番街が登場。

ラ・シテ・デ・クローシュ(La Cité des Cloches、作品:ノートルダムの鐘)

ディズニー作品「ノートルダムの鐘」のワールド。
町の中央にノートルダム大聖堂がある。
町自体が広く、上下の移動もかなりある為、宝箱などは見逃しやすい場所。

プランクスターズ・パラダイス(Prankster's Paradise、作品:ピノキオ)

ディズニー作品「ピノキオ」のワールド。
ピノキオ達が住んでいた世界であり、原作でも登場した遊園地である。
ソラ編とリク編では、同じワールド内でもマップは大きく異なる。

ザ・グリッド(The Grid、作品:トロン: レガシー)

ディズニー作品「トロン:レガシー」のワールド。
「トロン」の続編にあたる作品。
シリーズ上、スペース・パラノイドの方が先の登場だったが、本ワールドを元に作られたのがスペース・パラノイドだった。

カントリー・オブ・ザ・マスケティア(Country of the Musketeers、作品:ミッキー・ドナルド・グーフィーの三銃士)

ディズニー作品「ミッキー・ドナルド・グーフィーの三銃士」のワールド。
ソラ編とリク編で行ける場所が異なる。
原作が漫画を読み上げる形で進行するのにリンクし、リアリティシフトなどの演出も漫画的なものとなっている。
ミッキー、ドナルド、グーフィーが登場するが、今までKHシリーズに登場してきたキャラクターとは違い、近衛銃士となっている。

シンフォニー・オブ・ソーサリー(Symphony of Sorcery、作品:ファンタジア)

1aTachi55
1aTachi55
@1aTachi55

Related Articles関連記事

ソラ(キングダム ハーツ)の徹底解説・考察まとめ

ソラ(キングダム ハーツ)の徹底解説・考察まとめ

ソラとは、スクウェア・エニックスから発売されているRPG『キングダム ハーツ』シリーズの主人公だ。『キングダム ハーツ』シリーズはウォルト・ディズニー社とスクウェア・エニックスの提携により、ディズニーキャラクターの世界を題材としたストーリーで世界的な人気を博している。2021年10月には、任天堂の人気ゲーム『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL』の追加キャラクターになることが発表された。

Read Article

ヱヴァンゲリヲン新劇場版(ヱヴァ)のネタバレ解説・考察まとめ

ヱヴァンゲリヲン新劇場版(ヱヴァ)のネタバレ解説・考察まとめ

『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』とは、2007年から公開されているアニメ映画シリーズである。 1994-1995年のTVシリーズ『新世紀エヴァンゲリオン』が原作。総監督はTVシリーズと同様に庵野秀明が担当している他、主要スタッフや声優もほぼ同一でリメイクではなく「リビルド(再構築)」作品。 全4部作予定で、現在3作目まで公開済み。巨大人型兵器「エヴァンゲリオン」のパイロットの少年少女を主人公とし、人類の敵「使徒」との闘いや人間同士の争い、陰謀の謎解き、主人公の苦悩や成長を描いたストーリーである。

Read Article

シン・エヴァンゲリオン劇場版𝄇(シン・エヴァ)のネタバレ解説・考察まとめ

シン・エヴァンゲリオン劇場版𝄇(シン・エヴァ)のネタバレ解説・考察まとめ

『シン・エヴァンゲリオン劇場版𝄇』(EVANGELION:3.0+1.0 THRICE UPON A TIME)とは、2021年に公開されたSFアニメーション映画。『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』全4部作の4作目にあたり、四半世紀にわたる『エヴァンゲリオン』シリーズの集大成の作品として、公開前から注目を集めた。総監督・脚本・原作・製作総指揮を庵野秀明が務める。前作『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』の後、失意のどん底にいる碇シンジが立ち直る姿を描く。

Read Article

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破(ヱヴァ:破)のネタバレ解説・考察まとめ

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破(ヱヴァ:破)のネタバレ解説・考察まとめ

『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』とは、社会現象をも巻き起こしたTVアニメ『新世紀エヴァンゲリオン』を、同作監督を務めた庵野秀明自らが再構成したアニメ映画作品。「新劇場版」シリーズの二作目である。 謎の巨大生物・使徒により、「セカンド・インパクト」という大災害が発生してから15年。14歳の少年碇シンジは、父ゲンドウの命令で汎用ヒト型決戦兵器エヴァンゲリオンに乗り込み、使徒と戦うことを強いられる。同じくパイロットに選ばれた少女たちと交流しながら、シンジは世界の謎を巡る奇怪な陰謀に翻弄されていく。

Read Article

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q(ヱヴァ:Q)のネタバレ解説・考察まとめ

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q(ヱヴァ:Q)のネタバレ解説・考察まとめ

『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』とは、社会現象をも巻き起こしたTVアニメ『新世紀エヴァンゲリオン』を、同作監督を務めた庵野秀明自らが再構成したアニメ映画作品。「新劇場版」シリーズの三作目である。 主人公碇シンジが目覚めると、前作『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』から14年もの月日が流れていた。自身が起こした大災害により滅亡に瀕する世界で、かつての仲間たちが新世界創世を画策する「NERV」とそれを阻む「WILLE」の二派に別れて相争う中、シンジは14年前の真実を求めてNERV本部へと向かう。

Read Article

宇多田ヒカル(Hikaru Utada)の徹底解説まとめ

宇多田ヒカル(Hikaru Utada)の徹底解説まとめ

宇多田ヒカルとは、日本を代表する女性のシンガーソングライター。1998年「Automatic / time will tell」でデビュー。自ら作詞作曲をし魅力的なハスキーボイスと抜群の歌唱力で世代を問わず圧倒的な人気を博す。後に発売したアルバム「First Love」が国内外で990万枚を超えるセールスを記録。2010年に「人間活動に専念するため」無期限の活動休止を報告。2016年活動再開。

Read Article

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序(ヱヴァ:序)のネタバレ解説・考察まとめ

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序(ヱヴァ:序)のネタバレ解説・考察まとめ

『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』(以下ヱヴァ:序)とは、ガイナックスの取締役だった庵野秀明氏が独立し、2006年に設立した株式会社カラーの第1回作品である。テレビアニメ『新世紀エヴァンゲリオン』(以下TVシリーズ)に新たな設定とストーリーを追加して、再構築したシリーズの第1作目である。本作は全4部作の第1作目にあたる。またタイトルの『序』は雅楽の用語『序破急』から来ている。ヱヴァ:序はTVシリーズの第壱話~第六話までのストーリが基盤となっているが、TVシリーズの原画の流用は1枚もない。

Read Article

キングダム ハーツ(KH / KH FM)のネタバレ解説・考察まとめ

キングダム ハーツ(KH / KH FM)のネタバレ解説・考察まとめ

「キングダム ハーツ」とは2002年3月28日にスクウェア・エニックスより発売されたPlayStation2用のゲーム作品。ウォルト・ディズニー社とのコラボ作品。ジャンルはアクションRPG。2011年の時点で国内のみで約150万本、全世界で約600万本を売り上げるヒット作となる。 物語は主人公ソラが異世界に飛ばされた友達を探すためにディズニーキャラクターと共に世界を旅するものとなっている。

Read Article

キングダム ハーツII(KH2 / KH2FM)のネタバレ解説・考察まとめ

キングダム ハーツII(KH2 / KH2FM)のネタバレ解説・考察まとめ

『キングダム ハーツII』とは、2005年にスクウェア・エニックスより発売されたPS2向けのゲーム。 『キングダム ハーツ チェイン オブ メモリーズ』終了後のストーリーでFF、ディズニーキャラも多数出ている。 今作は、トワイライトタウンに住む少年・ロクサスが奇妙な事件に巻き込まれるところから始まり、前作で眠っていたソラが目覚め、新しい力を手に入れ世界を巡る旅に再び出発するストーリーとなっている。

Read Article

キングダム ハーツ キー(KHχ)のネタバレ解説・考察まとめ

キングダム ハーツ キー(KHχ)のネタバレ解説・考察まとめ

『キングダム ハーツ キー』とは、スクウェア・エニックスが制作・運営し、Yahoo!ゲーム等で展開されていたブラウザゲームで、シリーズ初となる基本プレイ無料のゲーム内課金制のソーシャルゲームとなっている。2016年9月にサービス終了、その後は『アンチェインド キー』『ユニオン クロス』とスマホアプリ化されている。 本作はプレイヤーがキーブレード使いとなり、チリシィと共に世界を旅する中で、伝説のキーブレード戦争へと近付くストーリーとなっている。

Read Article

キングダム ハーツ 358/2 Days(KH 358/2 Days)のネタバレ解説・考察まとめ

キングダム ハーツ 358/2 Days(KH 358/2 Days)のネタバレ解説・考察まとめ

『キングダム ハーツ 358/2 Days』とは、2009年にスクウェア・エニックスより発売されたニンテンドーDS向けのゲーム。 『キングダム ハーツCOM』と『キングダム ハーツII』の間のストーリーをキングダム ハーツIIで登場したロクサスの視点で描かれる。 今作はロクサスがXIII機関に居た頃、任務をこなしながら他メンバーのシオンやアクセルとの交流を描いたストーリーとなっている。

Read Article

キングダム ハーツ バース バイ スリープ(KHBbS)のネタバレ解説・考察まとめ

キングダム ハーツ バース バイ スリープ(KHBbS)のネタバレ解説・考察まとめ

『キングダム ハーツ バース バイ スリープ』とは、2010年にスクウェア・エニックスより発売された、PSP向けのアクションRPG。シリーズ初の主人公3人体制となっており、それぞれのシナリオは独立している。 3人分全てのストーリーをクリアすることで、物語の全貌が明かされる。時系列は最も過去に位置する。 今作はKHの10年前を舞台に、キーブレードマスター承認試験から動き始めた運命にテラ、アクア、ヴェントゥスがそれぞれの友の為にキーブレードを手に戦うストーリーとなっている。

Read Article

キングダム ハーツ チェイン オブ メモリーズ(KH COM)のネタバレ解説・考察まとめ

キングダム ハーツ チェイン オブ メモリーズ(KH COM)のネタバレ解説・考察まとめ

『キングダム ハーツ チェイン オブ メモリーズ』とは、2004年にスクウェア・エニックスより発売されたGBA向けのゲーム。 『キングダム ハーツ』終了直後のストーリーであり、後にPS2向けの『キングダム ハーツII ファイナル ミックス+』発売時に『Re:チェイン オブ メモリーズ』としてリメイク・同梱された。 今作は、ソラが行方不明になったリクや王様を探す為、進むほどに記憶を失う不思議な城で謎の組織XIII機関と戦うものとなっている。

Read Article

キングダム ハーツIII(KH3)のネタバレ解説・考察まとめ

キングダム ハーツIII(KH3)のネタバレ解説・考察まとめ

『キングダム ハーツIII(KH3)』とは、ウォルトディズニーとスクウェア・エニックスから生まれたキングダム ハーツシリーズの続編・ダークシーカー編の完結編でありロールプレイングアクションゲーム。前作の『キングダム ハーツII』から約13年ぶりのシリーズ発表となる。ディズニー映画に登場する世界を舞台にキーブレードに選ばれた少年・ソラが光の守護者の仲間たちと共に、キーブレード戦争を引き起こそうとしている闇の勢力である真XIII機関から世界を救う物語。

Read Article

キングダム ハーツ コーデッド(KH coded)のネタバレ解説・考察まとめ

キングダム ハーツ コーデッド(KH coded)のネタバレ解説・考察まとめ

『キングダム ハーツ コーデッド』とは、2009年にスクウェア・エニックスより配信されていた、携帯電話専用のゲーム。 1ヵ月ごとにシナリオの追加配信が行われるという、本シリーズでは初の試みをした作品である。 その後の2010年にはニンテンドーDS向けにリメイクされた、『キングダム ハーツ Re:コーデッド』も発売されている。今作は『KH2』後の物語であり、謎のメモを発端にバグが発生したデータ世界に、ソラが入り込み、「触れてはいけない秘密」に迫るストーリーとなっている。

Read Article

KH3Dの徹底解説まとめ【キングダム ハーツ 3D [ドリーム ドロップ ディスタンス]】

KH3Dの徹底解説まとめ【キングダム ハーツ 3D [ドリーム ドロップ ディスタンス]】

『キングダム ハーツ 3D [ドリーム ドロップ ディスタンス]』は『キングダム ハーツシリーズ』のアクションRPGゲームであり、前作『キングダム ハーツ Re:コーデッド』のエンディング後の話となる。主人公はソラとリクの2人で、『キングダム ハーツIII』で完結する「ダークシーカー編」の最終決戦に向けた序章とも言うべき物語だ。バトルシステムもまた、「『キングダム ハーツIII』への進化の方向性を見据えたものになる」と開発スタッフは語っている。

Read Article

KH1・2に登場するキーブレードの種類まとめ【キングダム ハーツシリーズ】

KH1・2に登場するキーブレードの種類まとめ【キングダム ハーツシリーズ】

キーブレードは『キングダム ハーツ シリーズ』に登場する、ソラたちが持つ鍵の形をした伝説の武器で、剣として扱うことができる他、鍵穴を開閉する力も持ち合わせる。持つ資格がある者の心の数だけ存在し、一定の条件を満たした者でなければ扱うことができない。作中では様々な形状のキーブレードが登場する。ここでは『キングダム ハーツII』までに登場するキーブレードをまとめた。

Read Article

KHシリーズの名言・名セリフまとめ【キングダム ハーツシリーズ】

KHシリーズの名言・名セリフまとめ【キングダム ハーツシリーズ】

『キングダム ハーツ シリーズ』はディズニーとスクウェア・エニックスのコラボレーション作品。2002年に発売された『キングダム ハーツ』から続くロールプレイングゲームのシリーズである。離れ離れになった親友のリクとカイリを探しながら、主人公のソラが闇と戦い、世界を救う物語。作中では、プレイヤーの胸に残る名言・名セリフが数多く出ている。

Read Article

KHシリーズのハートレスまとめ1【キングダム ハーツシリーズ】

KHシリーズのハートレスまとめ1【キングダム ハーツシリーズ】

ハートレスは『キングダム ハーツシリーズ』に登場する敵キャラクターである。シリーズを通して物語に最も多く登場する怪物で、人の心の闇が膨らみ続けて完全に闇に染まることで生まれる。そして人の心の闇に反応し、心を奪って次々と増殖する。知性は乏しく、ただ心を奪うという本能がハートレスを動かしている。

Read Article

野村哲也によるKHシリーズのデザインイラスト・画像集【キングダム ハーツシリーズ】

野村哲也によるKHシリーズのデザインイラスト・画像集【キングダム ハーツシリーズ】

『キングダム ハーツ シリーズ』はディズニーとスクウェア・エニックスのコラボレーション作品であり、2002年に発売された『キングダム ハーツ』から続くシリーズである。ディズニーや『ファイナルファンタジーシリーズ』といった人気コンテンツの世界観を一度に楽しめるため、非常に人気の高いシリーズとなっている。

Read Article

KHシリーズの歴代ボスキャラクターまとめ【キングダム ハーツシリーズ】

KHシリーズの歴代ボスキャラクターまとめ【キングダム ハーツシリーズ】

『キングダム ハーツ シリーズ』はディズニーとスクウェア・エニックスのコラボレーション作品であり、2002年に発売された『キングダム ハーツ』から続くシリーズである。『キングダム ハーツ シリーズ』ではハートレスやノーバディなどオリジナルの敵の他、ディズニーのキャラクターや、『ファイナルファンタジーシリーズ』のキャラクターがボスとして立ちはだかることもある。

Read Article

KHBCの徹底解説・考察まとめ【キングダム ハーツ キー バックカバー】

KHBCの徹底解説・考察まとめ【キングダム ハーツ キー バックカバー】

『キングダム ハーツ キー バックカバー』はPlayStation 4用ゲームソフト『キングダム ハーツ HD 2.8 ファイナル チャプター プロローグ』に収録された映像作品である。PCブラウザゲームおよびスマートフォン用として配信された『キングダム ハーツ キー』『キングダム ハーツ アンチェインド キー』の裏側で起きていた物語を描いており、マスター・オブ・マスターとその6人の弟子の視点となっている。

Read Article

【KHUx】アビリティレベルを上げる方法【キングダムハーツアンチェインドキー】

【KHUx】アビリティレベルを上げる方法【キングダムハーツアンチェインドキー】

スマホアプリ「キングダムハーツアンチェインドキー」では、メダルを強化するための方法はみっつ。ひとつめはレベルを上げ、レアリティを上げていくこと。もうひとつは、スキルをおぼえさせること。そしてもうひとつが、アビリティレベルを上げることです。アビリティレベルの上げ方は以前もちらっと紹介しましたが、今回は更に詳しく紹介したいと思います。

Read Article

【キングダムハーツアンチェインドキー攻略】攻撃力UPアビリティが強い!【KHUx】

【キングダムハーツアンチェインドキー攻略】攻撃力UPアビリティが強い!【KHUx】

リリース直後から強い人気を博している「キングダムハーツアンチェインドキー」では、攻撃アビリティ、回復アビリティの他に、味方の攻撃力を上げる効果を持つメダルがあります。今回は、攻撃力UPのアビリティを持つメダルをご紹介します!攻撃力UPがどのくらい強いのか、どうやって使うのか、などもご紹介しますので、この機会にぜひチェックしてください!

Read Article

【KHシリーズ】キーブレードの解説まとめ【キングダム ハーツシリーズ】

【KHシリーズ】キーブレードの解説まとめ【キングダム ハーツシリーズ】

キーブレードは『キングダム ハーツシリーズ』に登場する鍵の形をした伝説の武器である。作中では単に「鍵」と呼ばれることもある。ありとあらゆる鍵穴を開閉する力や、闇や狭間に属する存在を倒す力を持つ。複数所持することも可能であるが、使い手の心の数につき一本しか呼び出せないため、一部の例外を除いて同時に複数のキーブレードを使用することは不可能である。

Read Article

KHシリーズに登場するFFシリーズのキャラクターまとめ【キングダム ハーツシリーズ/ファイナルファンタジーシリーズ】

KHシリーズに登場するFFシリーズのキャラクターまとめ【キングダム ハーツシリーズ/ファイナルファンタジーシリーズ】

『キングダム ハーツ シリーズ』はディズニーとスクウェア・エニックスのコラボレーション作品であり、2002年に発売された『キングダム ハーツ』から続くシリーズである。シリーズには『ファイナルファンタジーシリーズ』の登場人物・キャラクターも存在する。『キングダム ハーツ』の世界観に合うようにデフォルメされていたりするが、『ファイナルファンタジーシリーズ』をプレイしたことのあるプレイヤーにとっては嬉しい共演に違いない。

Read Article

KHシリーズを時系列順にまとめてみた【キングダム ハーツシリーズ】

KHシリーズを時系列順にまとめてみた【キングダム ハーツシリーズ】

『キングダム ハーツ シリーズ』はディズニーとスクウェア・エニックスのコラボレーション作品であり、2002年に発売された『キングダム ハーツ』から続くシリーズである。主人公のソラが様々なディズニー作品の世界を旅し、悪事を働く者を打ち倒していく。多くのシリーズ作品が発売されているが、発売順と時系列順は異なっている。ここではシリーズ作品を時系列順に並べてみた。

Read Article

目次 - Contents