NARUTO(ナルト)の名言・名セリフまとめ

『NARUTO』とは、岸本斉史による大人気の忍者アクション漫画である。週刊少年ジャンプにて連載されていた。
主人公は木ノ葉隠れの里に住む少年のうずまきナルトで、ナルトの夢は木ノ葉隠れの里のトップである火影になることだ。孤独な幼少期を過ごしてきたナルトが、友達や先生との交流を通して愛を知っていく展開や、心に染みる熱いセリフは少年だけに留まらず、世界中の人々に評価されている。

65巻で初代火影である千手柱間が言ったセリフである。初代から4代目までの4人の火影はサスケに里の創設期の出来事や柱間とマダラを初めとした千手とうちはの因縁を話し終えた後、里を守る決意をしたサスケやそれに同調する大蛇丸や”鷹”のメンバーと共に戦場に参戦することを決めた。

このセリフは自分の火影岩に乗りながら柱間が言った言葉で、戦争を終結させて世界を平和にするという決意が込められた名台詞である。

生きていたリンの想いまで消すなよ!リンは命をかけて里を守り、残そうとしたんだ!独りで妄想ばかり詰め込んでも⋯心の穴が埋まる訳がないんだ。

出典: www.amazon.co.jp

カカシはリンが死んだことで現実逃避を続けるオビトに対して、必死に呼びかけ続ける。

66巻でカカシがオビトに言ったセリフである。カカシは旧友であるオビトと戦う。オビトはリンが里を守るためにカカシの攻撃をワザと受けて自害したことについて、「たとえお前がどう言おうと、オレにとってリンを守れなかったお前は偽物だ。」「リンはオレの中で死ぬべき人ではない⋯。よって、死んだリンは偽物でしかない。リンは生きてこそリンなのだ。」と、告げる。

オビトはカカシに幻術で、少年時代のオビトとリンがカカシに対して仲良く話しかける姿を見せつける。そして、「カカシ⋯もういいんだ⋯。お前ももう、苦しまなくていい⋯。リンはここにいる⋯。お前にとって理想のオレも一緒にな⋯。好きなものを望め⋯この幻術の世界では全て手に入る。お前の心の穴もすぐに埋められ⋯」と、伝えた。幻術の世界の中に閉じこもろうとするオビトに対してカカシは、幻術をかき消しながら「リンはもういないんだ⋯。そして、お前はまで生きているだろ⋯。こんなので⋯、こんなもので、本気で心の穴が埋まるとでも思ってるのか?」と、想いをぶつける。このセリフは、里を守る為に必死になって生きていたリンの意思を無視するかの様に内に籠るオビトに対していった言葉で、辛い現実に揉まれながらも現実から逃げずに仲間の想いを背負ってきたカカシの名台詞だ。

できるかじゃなくてやるのよ!

出典: www.youtube.com

いのは他人の体に乗り移る『心転身の術』やテレパシーのような力を持つ『心伝心の術』に加え、医療忍術も使いこなす。

出典: itunes.apple.com

何万人もいる忍連合の忍全員に、機械を通さずに心伝心の術を使うのは非常に負担が掛かる。それでも、いのはしっかりとやってのけた。

66巻でいのがシカマルに言ったセリフである。いのは他人の心の中に語りかけたり、遠くにいる人と自分や自分の近くにいる人の心を繋げて会話させたりする事が出来る『心伝心の術』の使い手だ。シカマルは、自分と戦場にいる忍連合の忍全員を繋げるようにいのに頼み込む。『心伝心の術』は、繋げる人数が多いほど体に負担がかかる。しかも、忍連合は全員合わせても約8万人程いる。シカマルはいのに対して「できるか⋯?」と聞くが、それに対して答えたのが今回の名台詞だ。

忍連合を勝利に導くために、負担が掛かる術であろうと積極的に使おうとするいのの気迫や勇気が込められている。いのの父親であるいのいちも『心伝心の術』の使い手だが、忍連合全員に対してこの術を使った時はチャクラを増幅させる機械による補助もあった。それを、いのは機械による補助無しでやってのける。

私が二人に届かない、か弱い女だと思ってる?三忍の綱手様だけ弟子の鍛え方が下手なわけないでしょ⋯。

出典: es.naruto.wikia.com

サクラと綱手は弟子と師匠の関係だ。

出典: gamenoah.jp

『百豪の印』を成功させたサクラの額には、綱手と同じマークが浮かび上がった。

66巻でサクラがナルトとサスケに言ったセリフである。サスケはイタチと共に戦った後、イタチが守ろうとした木ノ葉隠れの里を守る為にこの戦争に参加する事を心に決める。五影会談以後、別行動を取っていた水月や香燐、重吾とも再開し、さらには大蛇丸まで復活させた。大蛇丸は、『穢土転生の術』を使って初代、二代目、三代目、四代目火影を復活させ、戦争に向かわせる。大蛇丸には木ノ葉を潰そうという意思はもう無く、自分自身の考えで動くサスケの成長を楽しみに見届けるという方向にシフトした。

その後、サスケと重吾はナルト達が戦う戦場に向かい、大蛇丸と香燐、水月は綱手の元へと向かった。サクラや木ノ葉のメンバーはサスケの登場に驚くが、これまでの些かいは一旦置いておき、サスケと共闘する事になる。サクラは医療忍術の使い手で、大勢の連合の忍を回復させた事で疲労が溜まっていた。ナルトはサクラを気遣って「回復ありがと!サクラちゃん。今度はサクラちゃんが休んでくれ。行くぞ!サスケ。」と伝えるが、サクラはナルトやサスケと共に戦う意思を見せた。このセリフは、サクラの漢気や格好良さが溢れた名台詞である。

ナルトは自来也、サスケは大蛇丸、サクラは綱手の師事を受けていた。自来也、大蛇丸、綱手は木ノ葉の里内外で『伝説の三忍』として名を馳せた忍だ。さらに、綱手は五代目火影でもあった。現火影の弟子として師匠の想いを受け継いだサクラは、綱手に教わった三年間額にチャクラを一定の量溜め続ける『百豪の印』と自身の傷ついた体を再生させる『創造再生の術』、さらに怪力の力を駆使して敵を薙ぎ倒す。

よっしゃ!!第七班、ここに復活だってばよ!!行くぜ⋯!サクラちゃん、サスケェ!

出典: twitter.com

出典: jumpmatome2ch.biz

66巻でナルトがサスケとサクラに言ったセリフである。戦争にてサスケが一時的に木ノ葉の忍に手を貸したことで、旧第七班のメンバーが味方として再び集う。ナルトはサスケが木ノ葉の里を抜けた日から、ずっとサスケを木ノ葉の里に連れ戻すことを誓っていた。このセリフは、第七班が二年以上かけて再結成したことを示す名台詞となっている。

今度は背中合わせでいくわよ!!

出典: www.amazon.co.jp

出典: ninboru.wiki.fc2.com

66巻でサクラがナルトとサスケに言ったセリフである。サクラはずっと、ナルトやサスケと並び立てない自分の力不足を悔いていた。サクラは戦いながら、「そう⋯中忍選抜試験の時⋯。私は一人前のくのいちでいたくせにサスケくんとナルトの後ろばかり隠れて歩いていて⋯そんな私を二人はいつもかばって戦ってくれた⋯。そんな自分が嫌になって⋯、今度は私の後ろ姿を見せるって⋯あの時誓ったハズなのに⋯。サスケくんもナルトもいつも私の前にいてどんどん突き進んでいくから⋯私⋯。やっぱり追いつけないやって⋯、二人とも凄すぎるからしかたないやって諦めて⋯」と、独白する。

サスケが木ノ葉の里を抜けた後、自らの意思でサクラは三忍の一人で五代目火影でもある綱手の弟子となった。綱手は卓越した医療忍術の持ち主で、サクラに医療忍術の手ほどきをした。さらに、戦うための力もサクラに授ける。医療忍者が死んだら、隊の生存率が大幅に下がってしまう。そのため、医療忍者は基本、前に出て戦ってはならない。それでも、綱手は戦うための力もサクラに教えた。戦う為の力を教えられる前、サクラは綱手に「医療忍者は決して死なぬこと!だから前に出しゃばる様なことを決してしては⋯。」と、綱手に問う。すると、綱手は「もちろんそうだ⋯。だが、それは前で戦うための術を覚えないという理由にはならない⋯。なにより⋯アナタは私の弟子⋯。三忍の力を受け継ぐくの一。そして⋯春野サクラ。アナタは五代目火影の弟子でもあるのだから!」と、伝えた。

綱手によって医療忍術や戦うための力である怪力、さらに皆を助けられるだけの自信を授けられたサクラは、ナルトやサスケと並び立って戦場で力を奮う。このセリフは、ナルト達と対等に戦う事を宣言したサクラの名台詞である。昔の守られるだけの自分から先頭に立って戦うまでに成長したサクラは、心の中で「綱手様⋯。私⋯、やっと二人に追いつけたみたいです!」と、感謝の気持ちを示した。怪力を使って無双するサクラの戦いっぷりにナルトは「2度と⋯2度と⋯!!!サクラちゃんに歯向かうのはよそう⋯⋯。塵にされる⋯!」と反応し、サスケはどこか誇らしげな表情を見せた。

変なのはお互い様でしょ?ケンカはよしなさい。さもないと、私の蛇で縛り上げ、口から入り込んで体を乗っ取るわよ。

出典: itunes.apple.com

水月は以前、重吾に対してサスケと香燐の仲を邪魔するのが楽しいと公言する。どうやら、水月はくっつきそうなものを切り裂くのが趣味なようだ。

出典: itunes.apple.com

66巻で大蛇丸が水月と香燐に言ったセリフである。イタチが守ろうとした木ノ葉の里を守る決意をしたサスケは、”鷹”のメンバーや大蛇丸と共に戦場に向かう。サスケと重吾はナルト達の元へと向かい、水月、香燐、大蛇丸の三人は綱手たちがいる場所へと向かう。大蛇丸と綱手と亡くなった自来也は、元々同じ班で戦っていた同輩で『伝説の三忍』と呼ばれるほどの忍だった。

綱手達五影のメンバーは、マダラによって倒されてしまう。綱手は胴体が真っ二つになってしまうが、自身の細胞を再生させる『創造再生』の力を駆使して辛うじて生きていた。しかし、綱手は残り少ないチャクラを使ってダメージが深い五影達を回復させている最中のため、自分自身の治療はあまり出来ていない状態である。

そこで、大蛇丸は水月と香燐に綱手を回復させるように命じる。実は、香燐はナルトやクシナと同じくうずまき一族の一員で、自身の体を噛ませるだけで相手を回復させる能力を持つ。水月は体を水に変える能力を持っており、体を流動体にすることもくっつける事も可能だ。

大蛇丸の命令を受けた香燐は「え〜!サスケ以外に噛まれるのヤダなぁ⋯ウチ。」と、不満を漏らす。すると、水月が「あ!!サスケ好きを公言したね、今!!!」と、香燐を揶揄った。水月の発言に焦った香燐は、「ち⋯違がァ⋯!!!あんなクソヤロー!サスケ好き⋯くねーだろが!!ウチを殺しかけたのが⋯たまらない⋯違うかァー!!」と、照れながら支離滅裂な発言を返してしまう。思わず水月は「何言ってんの!?」と、ツッコミを入れる。

その後、水月と香燐は「フン⋯サスケに噛まれる前から歯型だらけだろ、君!!」「るっせー!!今はサスケ専用なんだよ!!」「開き直んな、入れ歯製造機!!だいたいどういうシステムなんだよ、君の体は!君の方が変だろ!!」「ンだとォ〜コラァ!?」と、小競り合いを始めてしまう。このセリフは、有事の際にケンカをする二人に対して注意を促したもので、互いを認め合うように言った大蛇丸の名台詞だ。大蛇丸は首と舌を蛇のように延ばしながら言ったため、香燐と水月からは「アンタが一番変なんだよ!」「変体で変態なんだよ!!」と心の中で突っ込まれた。

harutamago
harutamago
@harutamago

Related Articles関連記事

NARUTO(ナルト)のネタバレ解説まとめ

日本の漫画家の岸本斉史による作品。1999年43号から『週刊少年ジャンプ』(集英社)で連載が開始され、2014年50号で完結した。全700話あり単行本は全72巻。落ちこぼれの忍者「うずまきナルト」が強敵との戦いの中で、成長していく姿や仲間たちとの友情などが描かれている。全世界累計発行部数2億冊以上。日本国内に留まらず世界中の人々から愛されている。

Read Article

NARUTO(ナルト)の術・必殺技まとめ

『NARUTO(ナルト)』は、1999年から2014年まで、『週刊少年ジャンプ』にて15年もの間連載された、大人気忍者アクションバトル少年漫画である。作者は岸本斉史氏。友情、愛、復讐、戦争など多くのテーマを持つ大傑作漫画。作中では様々なキャラクターが多様な術を使用し、作品を盛り上げた。今回は作中で使用される術についてまとめてみた。

Read Article

NARUTO(ナルト)におけるサクラ VS ヒナタのカップリング論争・伏線まとめ

2014年に、主人公・うずまきナルトが夢をかなえるといった感動的な最終回を迎えた人気漫画「NARUTO」。ネット上の一部では完結後、ナルトがヒロインの春野サクラではなく日向ヒナタと結ばれたことに対して「メインヒロインのサクラと結ばれるべきだったのか、それともヒナタと結ばれたままでいいのか」という点での議論が行われているようである。サクラ派とヒナタ派双方の主張をまとめてみた。

Read Article

昔と今の「週刊少年ジャンプ」の表紙の変化まとめ

長い歴史を持つ「週刊少年ジャンプ」。ジャンプといえば、1968年に『少年 ジャンプ』として連載が開始され、少年少女たちに夢を与える熱血or白熱漫画の代表格としてとても有名でした。しかしながら、50年ほど経とうとしている今現在、その漫画や内容・ジャンルの扱いは、時代とともに大きく変わりました。そんな中、今回は「ジャンプの表紙」に注目して、その変遷や変わり様をまとめてみました。

Read Article

目次 - Contents