NARUTO(ナルト)の名言・名セリフまとめ

D33600f2b2ee18690e679a32ba94698d  naruto uzumaki kakashi

『NARUTO』とは、岸本斉史による大人気の忍者アクション漫画である。週刊少年ジャンプにて連載されていた。
主人公は木ノ葉隠れの里に住む少年のうずまきナルトで、ナルトの夢は木ノ葉隠れの里のトップである火影になることだ。孤独な幼少期を過ごしてきたナルトが、友達や先生との交流を通して愛を知っていく展開や、心に染みる熱いセリフは少年だけに留まらず、世界中の人々に評価されている。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88 2018 10 09 3.49.29

出典: booklive.jp

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88 2018 10 09 3.49.38

出典: booklive.jp

50巻で我愛羅がサスケに言ったセリフである。サスケは『鷹』のメンバーと協力して、五影会談の場を襲う。サスケによって弟のキラービーを倒された雷影は、サスケに対して復讐心を募らせる。雷影とサスケはバトルを続けるが、雷影がサスケにトドメを刺そうとしたところで砂の盾が邪魔をした。

二人の戦いを一旦引き止めたのは、我愛羅だった。我愛羅は、サスケに対して話したい事があると告げる。サスケは現在、復讐心に取り憑かれて暴走した行動を見せている。そんなサスケに対して我愛羅は、「お前の目は昔のままだな⋯。⋯復讐を生きる糧としても、何も解決はしないことをオレは実感してきた。お前ならまだ間に合う⋯。憎しみに取り憑かれ、一人の世界に逃げ込むな⋯。帰って来られなくなるぞ。」と、語り出す。サスケは我愛羅に対して、「で⋯、オレが帰ったとして⋯そっちには何がある?」と、問いただす。我愛羅がサスケの説得をしようとしたことに対して、カンクロウは「我愛羅⋯やめとけ⋯。説得できるならナルトは失敗してねーじゃんよ。こいつは今や”暁”にまで落ちた犯罪者だ⋯。お前とは違う。」と忠告し、テマリは「それに雷影や⋯”暁”にやられた者達も黙っていない。五影会談を襲撃した時点で国際手配される⋯。どの道、こいつに未来はない。」と、我愛羅を制した。カンクロウとテマリは、我愛羅に風影としての行動をするように促している。

我愛羅には一人の殻に閉じこもり、周囲の人間に対して憤りや復讐心をぶつける心情がよく分かっていた。サスケの気持ちが痛いほど分かるからこそ、ナルトが自分を暗闇の世界から救い出してくれた時と同じように、サスケを暗闇の世界から救おうとした我愛羅の名台詞である。

だから⋯ナルト、アンタの事が好きだって言ったのよ!

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88 2018 10 18 14.16.51

出典: itunes.apple.com

表情や言葉とは裏腹に、壮絶な覚悟を秘めている。このセリフは額面通りに受け取るか否かで、印象がガラリと変わる。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88 2018 10 18 14.19.23

出典: itunes.apple.com

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88 2018 10 24 17.06.05

出典: itunes.apple.com

サクラはナルトに恨まれる覚悟でここまで来た。ナルト達と別れたあと、サクラは忍犬以上の鼻を持つキバにサスケの捜索を頼み込む。

50巻でサクラがナルトに言ったセリフである。ナルトはサスケを殺さないでほしいと雷影に頼むため、カカシやヤマトを連れて鉄の国まで来た。一方、サイから自分がナルトを苦しめているんじゃないかと指摘を受けたサクラは、サイ、キバ、リーを連れて鉄の国までナルトを追いかけにやってきた。実はナルトの同期のメンバーは、シカマルの発案でこれ以上サスケが憎しみの種を蒔かないようにするため、木ノ葉の忍の手でサスケを殺すことを決定付ける。サスケは雲隠れの里出身で八尾の人柱力であるキラービーを襲い、キラービーの弟子であるオモイやカルイ、キラービーの兄貴分である雷影のエーはサスケに対する復讐をしようとしていた。このままだと、サスケを中心として憎しみの種がどんどん巻かれてしまい、気がつけば木ノ葉と雲の間での戦争が起きかねない状況となってしまう可能性があった。そんな恐ろしいことが起きる前に、サスケは木ノ葉の手で処分すべきだと考えたのだ。サクラは、ナルトにその事実を伝えるためにやってきた。
(キラービーは行方をくらましているだけのため、実は死んでいないが雷影達はその事実を知らない。)

このセリフは、サクラが鉄の国でナルトに会った後に言ったセリフである。いかにも告白っぽくするために、頬を赤らめてみせる。サクラはずっと好きだったサスケについては「サスケくんなんて私にとってはもう何でもないって言ったの!あんな人を好きでいた私がどうかしてた⋯って、⋯人が告白してんだから、ちゃんと聞いてよね!」「抜け忍で犯罪者を好きになる必要はないでしょ!私だっていつまでも子供じゃない⋯現実は見えているつもりよ!だからナルト⋯アタシとの約束はもういいの⋯。ナルトもサスケくんを追いかけるのはもう止めにしない⋯?」と、話す。その後、サクラはナルトに抱きつきながら「サスケくんはどんどん私から離れていくだけ⋯。でもナルト⋯アナタはいつも私のそばにいてくれた。⋯私を励ましてくれた⋯。私⋯気が付いたの⋯。ナルト、アンタの本当の姿に⋯。里を守った英雄⋯、今は里の皆がアンタを好きでいる⋯。私はただ、その一人になっただけ⋯。」と、語り続けた。その様子をキバとヤマトは険しい表情で、サスケやサクラの事情をすべて知るカカシやサクラに行動を起こさせる原因となってしまったサイは複雑そうに、サクラの事が好きなリーはドキドキした表情を浮かべてサクラの動向を見守った。

ナルトはサクラに「いい加減にしろ、サクラちゃん⋯。そんな冗談は笑えねーって言ってんだよ!オレは⋯自分に嘘をつくような奴はキライだ!」と、はっきりと拒絶を示す。ナルトが指摘した通り、この告白自体が偽りのものであった。サスケの件に関しても、ナルトは「サクラちゃんとの約束がなくなっても関係ねーよ!オレはオレ自身でサスケを助けたいって思ってる。」と、宣言した。
サクラが偽りの告白をした本当の理由は、全ての責任を一人で負うためだ。サクラは、闇に落ちたサスケを自身の手で殺害しようとしていた。サクラはナルトの指摘通り、サスケの事が大好きだった。大好きだからこそ、一人で闇へと突き進むサスケを放っては置けず、これ以上サスケが争いの種を蒔かぬように自身の手で殺害する覚悟を決める。もちろん、誰にも真相を語らずにサスケを殺害することで、自分が恨みを買うことも想定の内であった。それでも、サクラはナルトにサスケを殺すという重荷や苦痛を背負わせないために、そして木ノ葉の忍がサスケを殺害したことに対して悔やませないために自分一人で解決しようとする。

このセリフは、サクラの壮絶な覚悟が秘められた名台詞である。その後、ナルトから「嘘をついている」と言われた後、サクラは「私が⋯自分に嘘を⋯ついてるって?自分の本心は自分で決める!!私が嫌いなら正直に言えばいい!!勝手な言い訳を作るぐらいなら⋯」と、言い放つ。ナルトは、「だっておかしいだろ!そんな事を言うためにわざわざこんなたこまで!」というが、サクラは「⋯そんな事⋯⋯!?そんな事って!女の子が告白する事がそんな軽い事だと思ってんの!!?わざわざこんなとこまでって!?こんなとこまで来るわよ!アンタはサスケくんサスケくんって、いつもサスケくんを追いかけて危ない目にあうばっかり!九尾の人柱力で”暁”に狙われてんのよ!少しは自分の心配をしたらどうなの!私はね⋯!そんな危ない目にあってまでサスケくんなんか追っかけなくていいって言ってんの!今すぐ里へ帰ってきてほしいからアンタを追ってここへ来た!それだけよ!」と、あえて刺々しい態度で投げかけた。

その後、サクラ達一向はサスケを助け出すと決意するナルトの元を離れ、真相は離さずにサスケの元へと向かう。サクラはナルト達の元から離れる際、「ナルト⋯ごめんね!」と、悲痛そうな表情で独白する。

サクラを放っておけないと思ったし⋯ボクは第七班の一人だから。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88 2018 10 24 17.14.04

出典: itunes.apple.com

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88 2018 10 24 17.14.21

出典: itunes.apple.com

Naruto 253

出典: tsundora.com

51巻でサイがナルトに言ったセリフである。サクラ、キバ、リーが去っていった後、サイは本体をサクラ達の方に行かせつつ墨分身の術でナルト達の元へ残った。

サイは「サクラは告白しに来た訳じゃない⋯。木ノ葉の同期のメンバーで決めたある事を言いに来た⋯。」「サスケを木ノ葉の手で処理する。君の同期メンバー全員がそのつもりで動く。」と、サクラ達が本当は何をしに来たのか真相をナルトやカカシ、ヤマトに話す。ナルトはサイの発言に対して、「⋯サクラちゃんが、本当にサクラちゃんがそんな事納得したのか!?サクラちゃんはサスケの事が大好きなんだぞ!!なのにそんな事⋯⋯。」とショックを受けるが、サイは「サスケはこの世界を闇へ向かわせる手助けをしている。このままサスケを生かしておけば、国同士の戦争の火種を生むだけだ。今は犯罪者の一員だ。今回、木ノ葉を襲った”暁”の一件で木ノ葉の忍達は”暁”に協力しているサスケを容認できなくなった。サクラはバカじゃないし、それぞれの立場や状況が分からないほど子供じゃないのさ。だから君にどうにかその事を伝えようと、ここまで会いに来たんだ。」と返した。

更にサイは、「サクラはサスケを諦め、君が好きだと告白する事で君との約束の重荷を解いた。それでも君はサスケを助けたいと言った。だから、本当の事を言えなかったんだと思う。君の気持ちを考えたからだよ。それに⋯君がそう言う事もおそらく分かってたんだ。君に本当のことを言うのは、実はサクラさんに口止めされてたんだ。自分がどうにか伝えるってね⋯。それが自分の役目だと言ってた。」と、サクラの心情を自分の想像を交えながら事細かに説明する。ヤマトは、「しかし、ナルトのリアクションが分かってたなら⋯はなから本当の事を言うつもりはなかったって事だろ?サクラはどうするつもりだ?」と、サイに聞いた。

サイは「ここからはボクの想像ですが⋯おそらくサクラは⋯⋯」と言いかけて、「一人でサスケを殺すつもりだな。」と、カカシが言葉を引き継いだ。サイは、ナルト達に会いに侍の国に行く前のサクラとの出来事を思い返す。思いつめたような表情をするサクラに対して、サイは「⋯一人で抱え込まないで下さい。ボクも同じ第七班です。それに皆も⋯。」と、声をかける。すると、サクラは笑顔で「ありがとう、サイ。⋯⋯⋯私もそのつもりだから⋯。」と、返した。

サイは「⋯サクラは笑って皆と協力すると言っていましたが、それが作り笑いだと今度は見抜けましたから⋯。」と、ナルトやヤマト達に告げる。サイの言葉に動揺を続けるナルトは、「うそだ⋯サクラちゃんがそんな事⋯。サクラちゃんはサスケの事があんなに⋯⋯」と呟くと、サイは「大好きだからこそ⋯⋯⋯このまま悪へ突き進むサスケを放っておけないんだと思う。大好きだからこそ、そのサスケを悪の道から救いたいと思ってる⋯。その方法が大好きな人を自分の手で殺めなければならない事になるとしても、それがサスケを好きになった彼女なりの⋯⋯覚悟なんだと思う。そして⋯その事でナルト⋯⋯君に恨まれる覚悟もしている。それが君に一生の重荷を背負わせようとした償いでもあると思ってるんだよ。サクラは今まで君に頼りすぎた。⋯だから今度は自分一人で全てをやろうとしている。」と、説明した。

このセリフは、「サイ⋯お前⋯何でオレにそれを話してくれたんだ?」と聞くナルトに対して言った言葉で、同じ第七班のメンバーとしてサクラ心情を正確に読み取りつつ心配するサイの仲間意識が現れている名台詞である。サイは登場当時、”根”の教育によって感情を出すのも読み取るのも苦手だった。ナルトやサクラ、ヤマトと同じ第七班に配属された後、サイはチームワークを学び、本を読んだり班員やそれ以外の人とコミュニケーションを積極的に取るなどして細かい感情の機微をしっかりと読み取ろうと努力を続ける。その結果、サイはカカシ以外の誰にも分からなかったサクラの感情が読み取ることが出来た。

オレはお前を友だと思っている。かつてオレにとって”友”とはただの言葉⋯それ以上でもそれ以下でもなかった。だが、お前と会って気付かされた。大切なのはその言葉を持つ意味だと。その意味する事が何なのか、お前はサスケのために何をしてやれるのかよく考えろ。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88 2018 10 24 17.45.32

出典: tsundora.com

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88 2018 10 24 17.02.41

出典: itunes.apple.com

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88 2018 10 24 17.03.56

出典: itunes.apple.com

51巻で我愛羅がナルトに言ったセリフである。五影会談は、サスケ達が強襲したことで中止となってしまった。初代火影の時代の忍で恐ろしい程忍としての実力を持つうちはマダラを名乗る、正体不明の謎の仮面の男であるトビ(トビもうちはマダラも偽名)は、会談で五影達に戦争を仕掛けると宣言した。そこで、五影達は忍五大国である木ノ葉、砂、霧、岩、雲隠れの五つの里で忍連合を組むことが決定付けられた。ところが、ダンゾウの裏切り発覚とペイン戦による綱手の意識不明の状態により、現在木ノ葉の里にはトップである火影がいない状態となっている。

そこで、我愛羅は他の五影達にナルトの先生であるはたけカカシを火影と推薦し、自分からカカシに会談での出来事を話すと提案した。我愛羅、カンクロウ、テマリの三人は早速ナルトやカカシ達のいる場に駆けつけ、五影会談での出来事を話す。話を聞いたカカシは、「⋯⋯オレは火影ってのはあまり乗り気じゃないんだけどさ、⋯状況がこれじゃあ仕方無いとしても⋯木ノ葉に帰って皆の意見を聞かないことには話にならないよ。」といい、ヤマトが「おそらく皆の同意はすぐに得られると思います⋯。カカシ先輩が火影って事で話を進めてもらいましょう。対応が遅くなって”暁”やマダラに先手を打たれ、後手に回ってしまう方がヤバイですから。」と、補足する。カカシは「⋯⋯ま、そうなるか。どーも⋯。」と、返事をした。

そして、我愛羅達からサスケが五影会談を襲った話を聞かされたヤマトは、「⋯それと、サスケですね⋯。フー⋯、会談まで襲撃するようになるとは⋯。」と、頭を悩ませた。様々な話が重なり合い、ナルトは呆然とした状態になる。我愛羅は「ナルト⋯言っておくが、これは八尾と九尾⋯つまり、お前を守る戦争でもある。そして忍の世界の為⋯風影としてオレは命がけでお前を守る。”暁”の配下としてうちはサスケがオレ達忍連合の前に立ちはだかるなら⋯容赦はしない。」と、宣言した。そして、会談でのサスケの様子を思い返しながら、「サスケはお前を見ようとはしていない。自ら闇を求めている。ナルト⋯お前はオレに”火影になる男”だと言ってたな。⋯⋯オレは風影になった。影の名を背負う覚悟を決めたなら、サスケの友としてお前が本当にやるべき事をやれ。」と、アドバイスをする。

ところが、サスケのことで気持ちがグチャグチャな状態となっているナルトは、静かに我愛羅を拒絶した。このセリフはそんなナルトに対して言った言葉で、友達としてナルトのことを思いやり、思い悩むナルトに対する喝を入れようとした我愛羅の名台詞である。

⋯もう一度⋯⋯、⋯あの時の顔が見たかったなぁ⋯

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88 2018 10 25 14.42.20

出典: itunes.apple.com

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88 2018 10 25 14.43.13

出典: itunes.apple.com

51巻でサスケに向けた香燐の独白である。木ノ葉の里への復讐の第一歩として五影会談を襲うサスケだったが、会談襲撃後、サスケは協力者の水月と重吾をその場に置き去りにして感知タイプの香燐と共にダンゾウを追う。

イタチの真実をトビから聞いたのを機に、サスケは復讐心をどんどん暴走させていく。サスケと戦って致命傷を負ったダンゾウは、香燐を人質に取ってまでサスケを殺そうとしたが、サスケは香燐ごとダンゾウを刺し殺してしまう。香燐は死を免れたが、致命傷なことには間違い無かった。

ダンゾウの死後、トビはサスケに対して「あの女⋯いらないならちゃんと止めをさしておけ。我らのことを知りすぎている。」と、忠告する。その言葉を聞いた香燐は、サスケと初めて出会った時のことを思い返していた。実は、香燐はサスケたちが参加した中忍選抜試験に出ていた。中忍試験第二次試験の死の森で、香燐は他の仲間達二人とはぐれてしまい、一人で彷徨うこととなってしまう。そこで、クマに襲われかけるが、サスケによって助けられた。その時、サスケは優しい笑顔を香燐に向ける。中忍選抜試験をキッカケとして、香燐はサスケの事を好きになった。中忍試験でサスケと香燐が出会ったことについて香燐はサスケに対して話すつもりがなく、サスケも覚えているかどうか分からない。唯一、水月は何故かこのことを知っているような反応を香燐に見せるが、水月が勝手にサスケにバラそうとした際に香燐が殴って止めた。何故香燐がサスケに対して中忍試験のことを話す気がないのかは、不明だ。

このセリフは、「じゃあな。」と止めを刺そうとするサスケに対して思った事で、サスケに対する純粋な思いや恋心が現れた名台詞である。香燐は、間一髪の所で場に乱入したサクラによって救われる。

お前の覚悟の重さはオレが受け止めるよ。ま、これはオレの役目だ。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88 2018 10 25 0.59.39

出典: tsundora.com

harutamago
harutamago
@harutamago

Related Articles関連記事

NARUTO(ナルト)のネタバレ解説まとめ

日本の漫画家の岸本斉史による作品。1999年43号から『週刊少年ジャンプ』(集英社)で連載が開始され、2014年50号で完結した。全700話あり単行本は全72巻。落ちこぼれの忍者「うずまきナルト」が強敵との戦いの中で、成長していく姿や仲間たちとの友情などが描かれている。全世界累計発行部数2億冊以上。日本国内に留まらず世界中の人々から愛されている。

Read Article

NARUTO(ナルト)の術・必殺技まとめ

『NARUTO(ナルト)』は、1999年から2014年まで、『週刊少年ジャンプ』にて15年もの間連載された、大人気忍者アクションバトル少年漫画である。作者は岸本斉史氏。友情、愛、復讐、戦争など多くのテーマを持つ大傑作漫画。作中では様々なキャラクターが多様な術を使用し、作品を盛り上げた。今回は作中で使用される術についてまとめてみた。

Read Article

NARUTO(ナルト)におけるサクラ VS ヒナタのカップリング論争・伏線まとめ

2014年に、主人公・うずまきナルトが夢をかなえるといった感動的な最終回を迎えた人気漫画「NARUTO」。ネット上の一部では完結後、ナルトがヒロインの春野サクラではなく日向ヒナタと結ばれたことに対して「メインヒロインのサクラと結ばれるべきだったのか、それともヒナタと結ばれたままでいいのか」という点での議論が行われているようである。サクラ派とヒナタ派双方の主張をまとめてみた。

Read Article

昔と今の「週刊少年ジャンプ」の表紙の変化まとめ

長い歴史を持つ「週刊少年ジャンプ」。ジャンプといえば、1968年に『少年 ジャンプ』として連載が開始され、少年少女たちに夢を与える熱血or白熱漫画の代表格としてとても有名でした。しかしながら、50年ほど経とうとしている今現在、その漫画や内容・ジャンルの扱いは、時代とともに大きく変わりました。そんな中、今回は「ジャンプの表紙」に注目して、その変遷や変わり様をまとめてみました。

Read Article

目次 - Contents