名作・マザーシリーズを振り返る!【MOTHER感想】

『MOTHERシリーズ』は1989年に発売された『MOTHER』をはじめとするRPGシリーズだ。『MOTHER2 ギーグの逆襲』の主人公ネスや『MOTHER3』の主人公リュカが、2018年発売の『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL』に参戦するなど、本シリーズは長い間人々から愛されている。

「MOTHER」って?

出典: www.geocities.jp

独特な世界観や台詞回し、また記憶に残る展開など、様々な魅力を備えていた人気RPG『MOTHER』シリーズ。

出典: headlines.yahoo.co.jp

本シリーズは、第1作が児童文学的作調の構成を行う一環で殺伐とした雰囲気を避けたことが基となって、シリーズを通してそしてその配慮が一貫して引き継がれている。

出典: ja.wikipedia.org

約束しよう。熱いけど、さわやかな涙が、きっと流れる。昔話や神話なんかじゃなくて、これは、キミ自身みたいなキミが生きてゆく、愛と勇気と冒険の物語なんだ。そうしてすごした数週間(数日?数ケ月?)を、キミは、オトナになっても忘れない。すでにオトナのヒトには、またちょっと別の理由もあって、いっそう泣ける。名作って、そういうものなんだ。小学生からインテリ(頭の良いオトナ)まで。
『MOTHER』って、そういうR・P・Gなんだ。

出典: blog.livedoor.jp

当時の「MOTHER」キャッチコピー

MOTHERの不思議な世界観

マジカント国

1988年のアメリカの田舎町から物語は始まります。ある日、突然少年の家でラップ現象が起きます。なんとか現象は治まりましたが、少年は家族を守るため、この不思議な出来事の原因を突き止めるため旅に出ます。

出典: mahtnyfiine.cocolog-nifty.com

『MOTHER』とは、片田舎に住む少年・少女たちが世界を救う物語です。しかし、本作の特徴は、ドラゴンクエストのような壮大な冒険を感じさせない点にあるといえるでしょう。

出典: blog.livedoor.jp

マザーのいいところは戦う正統派RPGなのに雰囲気が殺伐としてないところ 旅行気分で冒険できていい

出典: kandatasokuho.blog.fc2.com

マーケティングの上に成り立った大作RPGを“父性的”なゲームと位置づけ、それらに対するアンチとして、マーケティングから敢えて外れ、美麗なグラフィックと壮大な世界観ではなくプレイヤーに想像の余地を多く残すゲーム=“母性的”なゲームを目指したという。

出典: dic.pixiv.net

MOTHER2は独特のゆるさ

ある夜に落ちた隕石とハエのようないきものをきっかけに、「ぼく」は旅に出る。魅力的なともだち、行く先々で出会う奇妙な人物、個性的なまちや敵たち、独特の世界観、そしてふしぎでやさしいストーリーが織り成す、愉快で壮大でちょっぴりおかしなやさしいものがたり。

出典: detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

MOTHER2は独特のゆるさが面白さをましていて、自由な移動が出来るので歩いて行ったりとかバスに乗って行ったりと、マップの区切りもあまりなく、心あたたまるセリフで、少年たちの冒険を疑似体験できるようでした。

出典: www.nfullgames.com

そして今回10周年を迎えたMOTHER3

キャッチコピーは「奇妙で、おもしろい。そして、せつない。」。前作と同様、ゲームデザインの糸井が担当した。また、糸井は本作のテーマを「悪ふざけ」であると語っている。

出典: ja.wikipedia.org

初代と2に於いて敵は宇宙からの侵略者だった。しかしこの作品では、敵が人間自身である。話は2世界が滅亡した後。

出典: blog.goo.ne.jp

tktrykk63
tktrykk63
@tktrykk63

Related Articles関連記事

『ポケットモンスター(ポケモン)』を産んだゲーム『MOTHER』

『ポケットモンスター(ポケモン)』を産んだゲーム『MOTHER』

任天堂が産んだ大人気ゲーム、『ポケットモンスター』。その誕生には同じく任天堂が開発した『MOTHER』というゲームの存在が深く関係していることはご存知だろうか。今回は『MOTHER』と『ポケットモンスター』の関係について詳しく解説していく。また『ポケットモンスター』のゲーム中の『MOTHER』の元ネタについても紹介する。

Read Article

MOTHER3(マザー3)のネタバレ解説・考察まとめ

MOTHER3(マザー3)のネタバレ解説・考察まとめ

『MOTHER3』とは任天堂、東京糸井重里事務所、ハル研究所、ブラウニーブラウンが開発し、任天堂から発売されたゲームボーイアドバンス専用のロールプレイングゲームである。『MOTHERシリーズ』の3作目。人の優しさ、人と人との繋がりが描かれる場面が非常に多く、多くのプレイヤーの感動や共感を呼んだ。舞台となるのは謎の時代・謎の世界に存在するただ一つの島、ノーウェア島。そこで悪事を働くブタの覆面をした兵士たちと、彼らと相対するリュカたちとの戦いを描く。

Read Article

MOTHER(マザー)のネタバレ解説・考察まとめ

MOTHER(マザー)のネタバレ解説・考察まとめ

『MOTHER』とはコピーライターの糸井重里がゲームデザインを手掛けた任天堂のファミリーコンピュータ用のロールプレイングゲームである。当時のRPGでは珍しい現代的な世界を舞台にした作品で、その現代的な世界観や、糸井重里が手がけるシナリオの小粋なセリフ回しなどが高い評価を得た。アメリカの田舎町、マザーズデイで暮らす少年の家である日、家具や人形がひとりでに動き出す怪奇現象が起こる。その現象が曽祖父の研究と関係があるのではないかと父に言われた少年は、怪奇現象の謎を解き明かすべく旅に出た。

Read Article

MOTHER2 ギーグの逆襲(マザー2)のネタバレ解説・考察まとめ

MOTHER2 ギーグの逆襲(マザー2)のネタバレ解説・考察まとめ

『MOTHER2 ギーグの逆襲』とは任天堂より発売されたスーパーファミコン用のロールプレイングゲームである。『MOTHERシリーズ』の第二作品目だが、前作『MOTHER』とのシナリオや世界観の繋がりはない。世界の情勢やキャラクターの心情などの描写が極めて少ないことが特徴の一つで、プレイヤーの感性・想像で物語を広げていけることが魅力といえる。田舎町オネットに隕石が落ちたことをきっかけに、3人の少年と1人の少女の、宇宙人「ギーグ」の地球征服の野望を阻止するための冒険が始まる。

Read Article

【あつ森】MOTHERの世界を再現したマイデザインがすごい!【マイデザインIDまとめ】

【あつ森】MOTHERの世界を再現したマイデザインがすごい!【マイデザインIDまとめ】

大人気ゲームシリーズ「どうぶつの森」のニンテンドーSwitch専用ソフト『あつまれ どうぶつの森』では、服やタイルを自由にデザインして作る「マイデザイン」という機能があり、人気を博している。特に人気漫画などに出てくる服を再現したマイデザインはたびたびネット上で大きな話題になっている。Switchオンラインで公開されているマイデザインは自由に使うことができるので、大好きなあのキャラになりきることも可能だ。ここでは名作ゲームシリーズ「MOTHER」を再現したマイデザインを紹介する。

Read Article

【MOTHERシリーズ】懐かしすぎ!ゲームボーイアドバンスの名作おすすめゲームまとめ【FF5】

【MOTHERシリーズ】懐かしすぎ!ゲームボーイアドバンスの名作おすすめゲームまとめ【FF5】

2001年に任天堂から発売されたゲームボーイアドバンス。略してGBAといわれるこの機器でプレイできる名作ゲームを記事にまとめました。中には懐かしすぎて涙が出てくるものも…。今はもう本体の生産やサポートは終了していますが、手元にある方はぜひ遊んでみてくださいね。

Read Article

マザー2のギーグはなぜあんな怖い姿に?【MOTHER2解説・考察】

マザー2のギーグはなぜあんな怖い姿に?【MOTHER2解説・考察】

『MOTHER2 ギーグの逆襲』に登場するラストボスのギーグは、非常に不気味な姿をしていることで有名である。第1段階では主人公ネスの顔が浮かぶ卵のような形をしていて、「悪魔のマシン」のスイッチが切れると怨霊のような真の姿を現すのだ。どうしてギーグはこのような姿になってしまったのか。ここではその考察をまとめた。

Read Article

MOTHER(マザー)VC配信決定の感想まとめ【海外でも人気!】

MOTHER(マザー)VC配信決定の感想まとめ【海外でも人気!】

『MOTHER』は現代アメリカを舞台とするロールプレイングゲームだ。2015年に米国で開催されたゲームイベントで、日本国外版がWii Uバーチャルコンソール(VC)として配信されることが発表された際には多くの海外ファンから歓喜の声が上がった。 2022年には『ファミリーコンピュータ Nintendo Switch Online』にて配信が開始された。

Read Article

目次 - Contents