ノブ/寺島伸夫(NANA)の徹底解説・考察まとめ

寺島伸夫(てらしまのぶお)とは、矢沢あい原作の『NANA』に登場するキャラクターである。
寺島旅館の跡取り息子であり、BLACK STONES(ブラックストーンズ / ブラスト)のギタリスト。作曲担当でもある。
涙もろく愛嬌があり、周りのことを心配している仲間想いな性格。愛称はノブ。
身長が低いことがコンプレックス。
パンクでやんちゃな見た目だがそれに反して真面目で実直。
人懐っこく騒がしい性格で小松奈々(こまつなな / 奈々)とは相性が合う。

ノブ/寺島伸夫の概要

寺島伸夫(てらしまのぶお)とは、矢沢あい原作の『NANA』に登場するキャラクターである。
寺島旅館の跡取り息子であり、BLACK STONES(ブラックストーンズ / ブラスト)のギタリスト。作曲担当でもある。
涙もろく愛嬌があり、周りのことを心配している仲間想いな性格。愛称はノブ。
特にブラストのメンバーに対する気持ちが熱く、誰よりも案じている。
大崎ナナ(おおさきなな / ナナ)と本城蓮(ほんじょうれん / レン)を結びつけたキューピッド。そのせいもあってか不安定なふたりの関係を常に心配しながら見守っている。
身長が低いことにコンプレックスを持っており、仲間内でもいじられることが多い。よく厚底のブーツや革靴を履いている。
レンをリスペクトしてか、パンクでやんちゃな見た目だがそれに反して真面目で実直。
人懐っこく騒がしい性格で小松奈々(こまつなな / 奈々)とは相性が合う。

ノブ/寺島伸夫のプロフィール・人物像

生年月日:1981年1月23日
血液型:A型
身長:167cm
体重:52kg
宝物:父親から買って貰った純正ギブソンのギター

CV:関智一 / PS2ゲームでの声優:植木誠
実写映画演者:映画1・2 成宮寛貴

霊感が強く、大崎ナナ(おおさきなな / ナナ)の祖母が亡くなった時や、本城蓮(ほんじょうれん / レン)が亡くなった時などにその気配を感じており、人には分からない気配のようなものを感じることができる。

中学の時にレンの演奏に感銘を受け、軽音楽部に入部。そこからノブの音楽人生は始まる。
レンのギタープレイに惚れ込んでおり憧れている。
父親からギターを買って貰ったが、ギターばかり弾いて勉強を疎かにしてしまった為、父親にギターを没収される。
この事件からさらに音楽熱が加速し、高校に入ってもバンド活動を続けていく。

その当時同級生だったナナと出会い、ひとりぼっちでいたナナのことを気にかけ、お気に入りのCDを貸したり、誰とも打ち解けられずに居たナナの心を救った。ナナとは恋仲にはならなかったが、親友のような関係になる。
レンと高木泰士(たかぎやすし / ヤス)とナナを引き合わせたことからブラストを結成。
元々レンはギタリストだったが、その座をノブに渡し、ベーシストとして活動していくことになる。
ベーシストとしての才能を買われ、レンが上京することになり、ブラストとしての活動は休止してしまう。
その後ナナまでも上京してしまった後で、「ナナの後ろでギターが弾ければそれだけで幸せ」と言い、ナナの後を追って上京してくる。
その際ナナと同居していた小松奈々(こまつなな / ハチ)とその後交際することになる。

ノブ/寺島伸夫の来歴・活躍

初代ブラスト結成

初代ブラストメンバー

中学の入学式にレンのギタープレイを見て、軽音楽部に入ることを決める。
父親からギターを買ってもらいますます音楽にのめり込むことになる。
ギターを始めながらも同時にオリジナルの曲を作っていくようになる。
高校生になり、レンからバンドをやってみないかと誘われる。元々ギター担当だったレンはその座をノブに譲り、ベースを担当することに。その当時から仲がよかったヤスがドラムとなり、ボーカルだけが決まって居なかった。
ある日、レン・ヤスがノブの部屋に集まっている時、その当時ノブの友達だったナナが遊びに来ることになる。
レンは奈々を見た瞬間、このバンドには奈々の声が合うと確信し、その場でナナをバンドに誘う。
ナナの提案で、ヤスが吸っていたBLACK STONESというタバコがそのままバンド名となる。
こうして初代ブラストは、ボーカル・ナナ、ギター・ノブ、ベース・レン、ドラム・ヤスの4人で結成された。
初代ブラストの結成とともに、ノブの人生は大きく変わることになる。

地元で精力的にライブ活動し大人気バンドへと成長を遂げた。ファンも増え、地元ではブラストとTRAPNEST(トラップネスト / トラネス)が肩を並べる2大バンドとされた。
人気が高まる中、お互い出会った時から惹かれ続けていたレンとナナは結ばれることになる。
同じ寂しさや孤独を抱えていた二人を見てきたノブはこうなることは運命だったと感じていた。

レンの上京とブラストの解散危機

レンの出発を見送るナナ

ブラストが順調に活動を続ける中、その当時ライバルであったトラネスのギターが脱退してしまう。
その代わりとなるギタリストととしてレンに白羽の矢が立ち、引き抜きの話が来ていた。
トラネスには念願のメジャーデビューの話が出ており、上京することが決まっている。
ヤスとレン、そしてトラネスの間で話合いが行われ、元々音楽で食べていくことを決めていたレンはトラネス加入を決意する。
これはブラストの活動を止めてしまうことでもあり、それと同時にナナと別れることを意味していた。

全てが決まってしまった状態で、ノブとナナは話を聞かされ絶望と裏切りを感じてしまう。
ノブはブラストだけが全てだと、ヤスからレンを説得するように頼み込むが、レンのことを応援していたヤスはそれを止めた。
それでも諦めきれず、ブラスト上京をも提案するが却下される。
そして、お互いの寂しさを埋めれないのなら一緒にいる意味はないと分かっていたレンとナナは別れを選んでしまう。

レンが脱退後、新たにバンドメンバーを受け入れ活動を続けたブラストであったが、レンが抜けた穴はとても大きかった。
ナナ自身も音楽で食べていくと決めていたこともあり、レン上京の1年後、ナナ自身も上京を決める。
ノブもついて行こうとするが、旅館の跡取り息子で将来が約束されていることを指摘され、夢見がちな自分自身の甘さに打ちひしがれるのだった。

上京と小松奈々との出会い

2代目ブラスト

ナナが上京後、音楽を諦めきれなかったノブは後を追いかけて上京することに決める。
東京でナナと再会し、ナナからは「お前はあのでっかい旅館の跡取り息子だろ?少しは恵まれている事、幸せな将来が約束されていることを自覚しろ!」と言われ拒絶される。それでもノブは「お前の歌でギターが弾ければそれで幸せなんだよ!」と話、ナナに気持ちをぶつける。
ナナは自分一人だけで戦うことに寂しさを感じており、なによりブラストというバンドで成り上がりたいと夢を抱いていたことを思い出し、ノブの上京を認め、そんな仲間達を支えるべく、ヤスも東京に集う。
こうしてブラストメンバーは揃って夢へと前進していくことになる。

レンが抜けた後のベースのポジションが空いてしまっており、募集をかけたところ意外にもすぐに応募があった。
シン / 岡崎真一(おかざきしんいち)である。
「憧れている人は?」というナナの問いかけに、「本城蓮!」と即答するシンに、「レンを越えてね」と激励しブラストは4人体制になった。

その時ナナは小松奈々 / ハチ(こまつなな)と同棲しており、ノブは初めて奈々と出会うことになる。
無邪気で明るく、ブラストのメンバーにとっては居るだけで場が華やぐような存在だった奈々は、段々といなくてはならない一人となっていた。
そんな奈々の姿を見ているうちに、ノブは次第に奈々に惹かれている自分自身に気がつく。
その時にはすでに奈々はトラネスのタクミと関係があり、ノブの優しさに気がつきながらもタクミとの関係を終われずにいた。

ノブの告白

奈々に思いをこぼすノブ。

タクミは気分屋で、奈々のことはほったらかしだった。たまに会えるとしても一夜限り。
奈々はそんなタクミに嫌気がさしながらも、好きだという気持ちは消えず、諦められない。
タクミに傷つけられている奈々を見ているうちに、ノブは奈々への気持ちを抑えきれなくなっていた。
そしてノブの気持ちにブラストのメンバーは気がついており、ノブのことを応援していた。
優しいノブと純粋で人のことを考えられる奈々は、はたから見ても相性がいい二人だった。

ある日奈々の部屋にノブが訪れる。
世間話しながらも何か言いたげなノブ。奈々に気持ちを告げられずにいた。そんな煮え切らないノブの様子を見て、何か悩みがあるのかと奈々は心配をする。
回りくどい話をしながらも、帰り際に勢いで奈々に気持ちをこぼしてしまう。
「だいたい勝てるもんが一個もねぇのに無理だ!たちうち出来ねぇよ! でもいつかぜってーー越えてやる! タクミ!!」
この一言で、ノブが今日ここに告白をしに来たのだと分かり、ノブとタクミとの間で揺れ動くことになる。

ノブの気持ちに気がつき揺れる奈々(右)と微笑ましく話を聞くナナ(左)

その後、中途半端に気持ちを伝えてしまったことにノブは後悔していた。男なら、きちんと気持ちを伝えなければと思いつつもこの関係が壊れてしまうことを心配していた。
それでも奈々への気持ちを捨てきれなかったノブはついに気持ちを伝えること決める。
河川敷に奈々とふたり。思い告げるノブ。夜風に吹かれて二人を祝福するかのように、部屋からはナナの鼻歌が聞こえていた。
「おれはおまえを幸せにする為ならなんだってやってやる! おれなりに!」
「つーか おまえがいてくれりゃあ何だってやれる気がするんだ」
奈々の目を見てまっすぐに気持ちを伝えるノブを見て、夢を見ているのかと思う奈々。
恋愛でたくさん傷つき、癒されなかった心。本当に欲しかった言葉や気持ちはここにある。ノブがそれを与えてくれると感じた。
覚めない夢がここにあった。

「好きだ」
そう話すノブの目には出会った頃と変わらない純粋さがあった。

改めて奈々に気持ちを伝えるノブ。

タクミとの戦い

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

NEW

NANA(ナナ)のネタバレ解説・考察まとめ

『NANA』とは矢沢あいによる音楽と恋愛を描いた長編漫画。実写映画化、アニメ化もされた人気作。1999年から『Cookie』にて連載、2009年8月号から作者急病のため休載している。恋愛に生きる奈々と音楽に生きるナナのふたりを中心に、喜びや悲しみ、挫折と成功を繰り返す「夢の実現」と「現実の厳しさ」を感じさせる作品である。

Read Article

NANA(ナナ)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

『NANA』とは矢沢あいによる音楽と恋愛を描いた長編漫画で、実写映画化、アニメ化もされた人気作だ。最初は2話のみの読み切りとして描かれていたが、「連載して欲しい」という要望が多数あったため連載がスタートした作品。1999年から『Cookie』にて連載、2009年8月号から作者急病のため休載している。恋愛に生きる奈々と音楽に生きるナナのふたりを中心に、喜びや悲しみ、挫折と成功を繰り返す「夢の実現」と「現実の厳しさ」を感じさせる作品である。

Read Article

NANA(ナナ)の歴代OP・ED主題歌・挿入歌まとめ

『NANA』とは、矢沢あいによる少女漫画及びそれを原作としたアニメ・実写映画。この記事では、『NANA』のアニメに使われた歴代のオープニング・エンディング主題歌・挿入歌と、実写映画の主題歌・挿入歌を紹介する。アニメの主題歌は土屋アンナが歌唱を担当したことでも話題となった。実写映画の主題歌についても、日本レコード大賞特別賞を獲得するなど高い評価を受けている。

Read Article

レン/本城蓮(NANA)の徹底解説・考察まとめ

本城蓮(ほんじょうれん)は、矢沢あい作の漫画『NANA』の主人公である大崎ナナの婚約者。人気バンド「TRAPNEST」のギター、作曲担当。港町の倉庫街に捨てられていた。地元では「BlackStones」のベースを担当し、ナナと同棲。「TRAPNEST」に誘われたことにより上京し、ナナと別れる。2年後にナナの上京により、再会。再び付き合うこととなり婚約する。薬物依存症。ナナの20歳の誕生日の前日、車の自損事故で死亡している。

Read Article

芹澤レイラ(NANA)の徹底解説・考察まとめ

芹澤レイラ(せりざわレイラ)とは、人気漫画『NANA』の登場人物であり、作中に登場する人気バンド「TRAPNEST」(トラップネスト)のボーカリストである。日本とアメリカのハーフであり幼い頃からその美貌と、ボーカリストとしての才能に注目されていた。同級生から差別を受けいじめられた過去を持つ。幼馴染であり後にTRAPNESTのベーシストとして共に活動していくタクミからバンドのボーカルとして誘われ、徐々に自分らしい生き方を見出していく。

Read Article

タクミ/一ノ瀬巧(NANA)の徹底解説・考察まとめ

一ノ瀬巧(いちのせたくみ)は矢沢あいの漫画『NANA』の登場人物。人気バンドTRAPNEST(トラップネスト/トラネス)のリーダーであり、ベースを担当している。理性的に物事を考え、頭の回転が早く常に冷静である。愛称はタクミ。 同じトラネスのレイラは幼馴染で特別な絆があり、レイラを守るナイトのような一面もある。 恋愛に関しては自由奔放で、一度に何人とも関係を持ち安定はしていなかったが、小松菜奈と出会いのちに結婚する。

Read Article

NEW

シン/岡崎真一(NANA)の徹底解説・考察まとめ

シン/岡崎真一(おかざき しんいち)とは、矢沢あいの大人気漫画『NANA』の登場人物で主人公 大崎ナナがボーカルを務めるバンド「BLACK STONES(ブラックストーンズ)通称:「ブラスト」」のベースを担当。仲間からは「シン」、「シンちゃん」という愛称で呼ばれている。親に見放されているシンは愛情を知らずに育ち、未成年にして喫煙、飲酒、売春を行っているがレイラや仲間との出会いにより、愛について悩み、揺れ動きながら成長していく。

Read Article

電脳コイル(アニメ・小説)のネタバレ解説・考察まとめ

『電脳コイル』とは、マッドハウス製作、磯光雄(原案・監督)のアニメ作品。 近未来という設定でありながら、昭和感漂う寂れた町並みや駄菓子屋などが懐かしい日本が舞台。 大黒市へ引っ越してきた主人公ヤサコと謎の少女イサコを中心に起こる事件・都市伝説・電脳世界の謎を追いながら、笑える日常劇から徐々にシリアスな展開へ続いていく。

Read Article

PERFECT BLUE(パーフェクトブルー)のネタバレ解説・考察まとめ

PERFECT BLUEとは今敏監督によるアニメーション映画。日本では1998年2月28日に劇場公開された。 主人公・未麻はアイドルグループ『チャム』の一員として人気を博していたが、女優業のために突如アイドルを引退する。アイドルのイメージを払拭するために、さまざまなことに挑戦していくがその裏で周囲の人間が次々と襲われ始める。

Read Article

賭博黙示録カイジ(福本伸行)のネタバレ解説・考察まとめ

1996年~ 1999年に「週刊ヤングマガジン」で連載された福本伸行によるギャンブル漫画、及びそれを原作とするアニメ、映画のこと。働きもせず、しょぼい酒と博打に明け暮れる自堕落で最悪な毎日を送る若者カイジが、保証人としてかつてのバイト仲間の借金を返済するためギャンブルの世界へ足を踏み入れ、その後様々なギャンブルに挑んでいく様が描かれる。

Read Article

DEATH NOTE(デスノート)のネタバレ解説・考察まとめ

『DEATH NOTE』とは、原作:大場つぐみ、作画:小畑健による日本の少年漫画作品。アニメ、実写映画化、舞台化など幅広くメディア展開している。2003年12月から2006年5月まで『週刊少年ジャンプ』に連載された。名前を書いた人間を死なせることができるという死神のノート『デスノート』を使って犯罪者を抹殺し、理想の世界を作り上げようとする夜神月と、世界一の名探偵・Lたちによる頭脳戦を描く。

Read Article

寄生獣(岩明均)のネタバレ解説・考察まとめ

『寄生獣』とは、岩明均による漫画作品、及びそれを原作とするアニメ、実写映画。人間に寄生し、人間を食らう寄生生物。そんな生物(ミギー)が右手に寄生してしまったため、数奇な運命に翻弄されることになった泉新一。単なるモンスター物、ホラー物ではなく高度な哲学性、テーマ性が物語を彩っており、今なお根強い人気を誇っています。

Read Article

BLACK LAGOON(ブラック・ラグーン)のネタバレ解説・考察まとめ

「BLACK LAGOON」は、作者の広江礼威(ひろえ れい)が月刊サンデージェネックスで連載中のガンアクション漫画、およびそれらを原作とした小説・アニメ作品。裏社会の人間が闊歩する犯罪都市・ロアナプラに放り込まれた日本の商社マン・岡島緑郎ことロックは、運び屋の一員となり荒事を請け負うようになる。

Read Article

賭博破戒録カイジ(福本伸行)のネタバレ解説・考察まとめ

2001年~2004年に「週刊ヤングマガジン」で連載された福本伸行によるギャンブル漫画、及びそれを原作とするアニメ、映画のこと。自堕落でどうしようもない毎日を送るカイジが、保証人としてかつてのバイト仲間の借金を返済するためギャンブルの世界へ身を投じていく様を描いた前作「賭博黙示録カイジ」の続編として、再びカイジが勝負の世界で奮闘する様子が描かれる。

Read Article

妄想代理人(アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『妄想代理人』とはマッドハウス製作の今敏監督によるテレビアニメ作品で2004年2月2日からWOWOWにて全13話放送された。癒し系マスコットキャラクター・マロミを生み出した事で一躍脚光を浴びたクリエイターの鷺月子は、次のヒットキャラクターを期待する周囲にプレッシャーをかけられていた。ある日月子が通り魔・少年バットに襲われ、その後も次々と被害者が出る。少年バット事件を担当する刑事の猪狩慶一と馬庭光弘は、捜査を進める中で被害者が他人に言えない秘密や心の闇を抱えているという共通項に気付く。

Read Article

賭博堕天録カイジ(福本伸行)のネタバレ解説・考察まとめ

2004年から「週刊ヤングマガジン」にて連載されている福本伸行によるギャンブル漫画。保証人としてかつてのバイト仲間の借金を肩代わりさせられたことをきっかけにギャンブルの世界へのめりこんでいく様が描かれた「賭博黙示録カイジ」、そして膨れ上がった借金の代償として地下労働を強いられ、そこから地上へと戻ってくるまでが描かれた「賭博破壊録カイジ」の続編として、再びカイジが勝負の世界で奮闘する模様が描かれる。

Read Article

ワンパンマン(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

漫画家ONEによるWeb漫画作品で現在も更新中。並行して漫画家の村田雄介によりリメイクされ現在も「となりのヤングジャンプ」にて連載されている。2015年3月にはリメイク版をベースとしたTVアニメ化も発表。 様々なヒーローが活躍する世界、規格外の強さを身につけた主人公「サイタマ」が、あらゆる敵をワンパンで粉砕していくギャグテイストアクション漫画である。

Read Article

ノーゲーム・ノーライフ(No Game No Life)のネタバレ解説・考察まとめ

『ノーゲーム・ノーライフ』とは、榎宮祐によるライトノベル、またはそれを基にしたアニメ作品である。天才ゲーマー兄弟が、「全てがゲームで決まる」異世界に召喚され、世界を攻略していく作品である。そのほかインターネットラジオなどのメディア展開も多い作品である。漫画版が『月間コミックアライブ』で連載され、2014年4月よりアニメが放送された。その後アニメ劇場版が2017年7月に上映されるなど、世界的にも注目を集めている。

Read Article

Devil May Cry(アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『Devil May Cry』は、カプコンのテレビゲームである『Devil May Cry』シリーズを原作として製作されたテレビアニメ。WOWOWによって2007年の6月から9月まで放送された。 ゲームシリーズの主人公であるダンテが「悪魔も泣き出す男(デビルメイクライ)」に相応しい圧倒的な強さで悪魔を倒す戦闘シーンの迫力は勿論、アニメオリジナルの登場人物とカードゲームに興じるなど、ゲームでは見られないダンテの日常も描かれている。

Read Article

時をかける少女(時かけ)のネタバレ解説・考察まとめ

『時をかける少女』とは、2006年に公開された、アニメーション映画である。監督は『サマーウォーズ』『おおかみこどもの雨と雪』などを手がけた細田守。筒井康隆の原作を元に作られており、原作の20年後が舞台となっている。時間を跳躍する力を手に入れた主人公が、その力を使いながら、本当に大切なものは何なのか気づいていく、青春SF作品。

Read Article

ACCA13区監察課(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『ACCA13区監察課(オノ・ナツメ作)』とは『月刊ビッグガンガン』(スクウェア・エニックス刊)にて2013年~2016年まで連載された漫画、およびそれを原作としたアニメ作品である。ACCA本部監察課副課長のジーン・オータスの過ごしていた平和な日常が少しずつ世界の陰謀に巻き込まれていく。その軸となるのは巨大統一組織「ACCA」と「タバコ」を巡る男たちの’’粋’’様だ。食えないキャラクターたちが勢ぞろいする大人な雰囲気の作品となっている。

Read Article

サマーウォーズ(アニメ映画)のネタバレ解説・考察まとめ

サマーウォーズ(Summer Wars)とは2009年8月1日から公開された日本のアニメ映画である。監督はアニメ映画版『時をかける少女』や『おおかみこどもの雨と雪』で知られる細田守であり、今作品は監督初の長編オリジナルアニメーション作品となっている。 仮想世界が発達した世界を舞台に主人公である小磯健二が先輩の篠原夏希とその家族らとともに仮想世界と現実世界の危機に立ち向かう物語である。

Read Article

サクラ大戦TV(アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『サクラ大戦TV』とは、セガサターン用アドベンチャーゲーム『サクラ大戦』及び、ゲームのストーリーを元に新たなストーリーや構成を加えたテレビアニメ作品である。ゲーム版の世界における日本の年号である太正12年、真宮寺さくらの帝国華撃団加入から、葵叉丹率いる黒之巣会との戦いまでを描いている。ゲーム版が帝国華撃団隊長の大神一郎を主人公とした恋愛シミュレーションであるのに対し、本作は華撃団隊員の真宮寺さくらを主人公としたメンバーの結束をメインテーマとして描いており、シリアスなストーリー展開が特徴である。

Read Article

ノー・ガンズ・ライフの名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

『ノー・ガンズ・ライフ』とは、カラスマタスクによって「ウルトラジャンプ」で連載されたSF漫画作品である。本作は読みきりを2回経て、2014年に連載が開始された。 主人公は、作中で「拡張者」と呼ばれるサイボーグ、乾十三(いぬいじゅうぞう)。十三は、街で「処理屋」というトラブルシューターを営んでおり、頭頂部が拳銃になっているという、かなり奇抜な見た目のキャラクターである。 古臭い探偵小説のような物語である本作では、鉄の塊のような、武骨な男の言うハードボイルドなセリフが印象的である。

Read Article

中間管理録トネガワ(アニメ全話)のネタバレ解説まとめ

「中間管理録トネガワ」とは言わずと知れた「カイジ」作中に登場する宿敵、利根川幸雄のスピンオフアニメ作品である。 大勢の部下(黒服)達を束ねる幹部でありながら、帝愛グループ会長である兵藤和尊のご機嫌を常に最も身近で気にしなければならない、いわば中間管理職に位置する男、利根川幸雄の苦悩と葛藤を描いた物語である。

Read Article

中間管理録トネガワ(第1話『始動』)のあらすじと感想・考察まとめ

「賭博黙示録カイジ」において主人公カイジと出会う前、日々の業務と会長のご機嫌を伺いながら仕事をこなす利根川を会長・兵藤和尊は突然呼び出し、自身の退屈を紛らわせる企画を利根川に命じる。週末の予定がなくなることに苦悩しながらも1、1人のメンバーと共に第一回の会議に利根川は臨んでいく。 今回は「中間管理録トネガワ」第1話『始動』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

目次 - Contents