からかい上手の高木さん(第10話『背比べ / 寒がり / お誘い / 二択クイズ』)のあらすじと感想・考察まとめ

2018 01 12 07h48 38 1

男子中学生の「西片くん」は、普段自分をからかってくる隣の席の女子「高木さん」に何とかひと泡吹かせたいと授業中だろうとあの手この手で勝負に出るが、毎回返り討ちに合ってしまう。
「背伸びた?」と高木さんに言われて嬉しくなった西片くん。しかし「やっぱりそうでもないかも」と言われ、ムキになり背比べをする。背中合わせになり、西片くんは恥ずかしく感じる。
今回は「からかい上手の高木さん」第10話『背比べ / 寒がり / お誘い / 二択クイズ』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

「からかい上手の高木さん」第10話『背比べ / 寒がり / お誘い / 二択クイズ』のあらすじ・ストーリー

『背比べ』

2396cf43

登校中、何とか高木さんをギャフンと言わせる良い方法はないだろうか、と思案しながら歩いている西片くん。
考えすぎて何かにぶつかってしまい、思わず「すみません!」と謝った相手は電柱だった。恥ずかしさを感じてところへ「西片!おはようー」と自転車に乗って高木さんがやってくる。
電柱を見つめる西片くんを見て「どうかした?」と聞く高木さんに「別に」と答える西片くん。
そんな西片くんに「一緒に学校行こうよ!」と笑顔で誘ってくる高木さん。それに対して微妙な顔で「うん」と答える西片くんだった。

Takagi1001

高木さんと並んで歩きながらも「さっきのを見られたのか!?」と内心、気が気じゃない西片くん。高木さんが「西片」と呼んだだけで「なに?」という声がうわずってしまう。
「2人乗りしてく?」と言う高木さんに「ダメだってば。見つかったら怒られるし」と断ると、すかさず「恥ずかしいからでしょ」と言われてしまう。「違うってー!」と否定する西片くんだが「はいはい」とあしらう高木さんを見て「どうやら電柱にぶつかったのは見られていないようだ」と思いホッと安堵する。
そんな西片くんを横目で見ながら「西片もやっと衣替えしたんだね」と話題を変える高木さん。「最近寒いから、そろそろかなーと思って」と答える西片くんに「ふーん」と返す高木さん。その言い方が引っかかり「何?」と西片くんが聞くと「背、伸びた?春はもっと制服ブカブカだった気がするなー」と高木さんは言う。そう言われれば、自分の体に学ランがジャストフィットしていると感じる西片くん。もしかして今自分は成長期なのではと思って思わずニンマリしながら「最近伸びまくってて困ってるんだよー。成長期なのかなー。高木さんはあんまり変わってない気がするね」と言うと、冷めた目の高木さんに「それってセクハラだよ?」と言われて「えっ!?」とビビる西片くん。
「変わってない」とボソっとつぶやき、遠くを見つめる高木さん。高木さんの胸元に目がいき「い、いや、そういう話じゃなくて。身長の話で」と消え入りそうな声で言う西片くんに「え?身長の話だよ?何の話だと思ってたの?」と言う高木さん。何も答えることができなくなり「いや、別に」としか言えない西片くんを「ふーん」と何度も言いながら上から下まで見て「やっぱり、あんまり身長伸びた気、しないかも」と言い放つ高木さん。
「えー!いやいや、伸びてるって!今、高木さんより高いよ!」とムキになって言う西片くんに「じゃ、背比べしよっか!」と高木さんが提案する。

Kt1

そこで2人はいつもの神社に寄ることに。「なんでここに?」という西片くんに「だって靴履いてたら分かんないでしょ」と云う高木さん。靴を脱いで背中合わせになると、背中のあったかさを感じて恥ずかしくなってきた西片くん。高木さんは必死でどちらが高いか比べようとしているが、どっちが高いのかイマイチよくわからない。
「普通、1人ずつ壁にくっついて比べるんじゃ」と西片くんは言うが「2人で並んで比べた方が確実だよ」と言い切る高木さん。高木さんは結局「同じくらいかな」と言い、西片くんにも確認してみるように促す。西片くんも手をかざしてみるとやはり同じくらいだった。「背伸びとかしてないよね?」と高木さんに聞くと「あー、疑ってる」と言って高木さんは西片くんの目の前へ回ってくる。

20180314003320

「前だったら、背伸びしたらすぐバレるでしょ?」と西片くんに顔を近づけて言うので、西片くんは顔が真っ赤になってしまう。改めて比べてみると自分の方が身長が高いと思った西片くんは「何か、俺の方が高くない?」と高木さんに言うと「さっきは背伸びしてたからねー」と平然と言う高木さん。
「やっぱりしてたんじゃないかー!嘘つき!」と西片くんが言うと、笑いながら「してないなんて言ってないよー。良かったね、あたしに勝てて」と楽しそうに言う高木さん。西片くんは心の中で「高木さんめ。余裕ぶってるけど内心は悔しがってるに違いない」と思っていると、心を読んだかのように靴を履きながら「あ、それから別に悔しがってないから」と高木さんに言われて驚く。
高木さんは続けて「だってさ、体おっきくなると電柱にぶつかったりして大変そうだし♪」と言って先に歩き始める。
見られていたことにショックで動けなくなっていた西片くんは、「さぁ、学校行こー」と楽しそうに言いながら行ってしまう高木さんを追いかけるのであった。

『寒がり』

9adfeb04ba3626ef8fd57b98838ecbb2

寒がるユカリ

廊下で寒さのあまり、両手を息で温めるユカリ。そんなユカリを見て「そんなに寒い?」「ユカリちゃんは寒がりだねぇ」と言うサナエとミナ。
寒がるユカリの頬に「隙ありっ!!」と両手で触れるミナ。あまりの冷たさに大声をあげるユカリ。
「まったくもう!次やったらゆるさないよ」とむくれながら言うユカリの鼻をサナエが触れ、ユカリはまた「やめろぉー!」と大声をあげることに。
「あんた達、何でそんなに手冷たいのよー」とユカリが言うと、ミナは「ユカリちゃん」と笑いながら自分の胸に手をあてて「手が冷たい人はね、心があったかいんだよー!!」と自慢げに言う。
「心があったかい人は、さっきみたいなことしないと思うよー」とあきれ顔のユカリ。「まーまー、そんな根に持たないで」とミナがユカリに言っている横でミナの隙を見てセーラー服から見えるお腹に手を入れるサナエ。
「冷たい!やめてよサナエちゃーん!」と笑い泣きしながらクネクネするミナと「心があったか攻撃ー」と意味不明なことを言うサナエ。
2人がじゃれ合うのをジッと見ていたが、突如「さっきのお返しだ!!」とミナとサナエの頬に触るユカリ。

Th1fzsuayj

「心が冷たいのね」とユカリに言うサナエ

しかし2人は効かず、ミナに「ユカリちゃんの手、あったかい」と言われ、サナエには「心が冷たいのね」と言われてしまう始末。「何でそうなるのー!」とユカリが2人を廊下で追いかけ回している頃、階段を昇っていた西片くんの頬を抜き去りながら高木さんが触っていた。

500

「冷たっ!何するんだよ!」と西片くんが言うと「やり返していいよ」と振り向きながら両手を挙げて笑顔で言う高木さん。
西片くんの視線の先、高木さんの後ろにはセーラー服の中に手を入れられているユカリの姿が。顔を赤くして「できるわけないだろ!」と言いながら高木さんの横を通り過ぎようとすると「えいっ!」とまた高木さんに頬を触られ「わぁ!!」と大声をあげてしまう西片くん。
「だからやめてってば!冷たいよー!」と文句が言うと「手が冷たい人って心があったかいんだよ」と高木さんは全く意に介さない様子。「どこが!!!」と言い返しながら教室へと歩いて行く2人。

0bf33d27278c9b995891532add702b2b

そんな2人を廊下の柱の陰から顔を出して見つめるミナ、ユカリ、サナエの3人。「高木ちゃんと西片くん、今日一緒に学校来たんだー。仲いいねー」とミナとサナエが言うと「やっぱ付き合ってるのかなぁ」とユカリは呟く。

『お誘い』

トイレで手を洗いながら「西片くんと高木ちゃんって付き合ってるのかなぁ?」と言うユカリに「さぁ」と答えるサナエ。
その素っ気ない感じに「気にならないわけ?すっごく仲よさそうだし」とユカリが言うと「ユカリ、羨ましいの?」と逆に聞くサナエ。
思わぬ質問に顔を赤くしながら「いや、だってさ。羨ましいって言うか」と言い淀んでいると、サナエはトイレの個室に向かって大きな声で「ミナー!ユカリって男子とイチャイチャしたいんだってさー!」と言い始める。
「んなこと言ってないでしょ!」と慌てて否定するユカリだが、サナエは構わず「ミナー!聞いてるー?」と大きな声でミナに話しかける。
一方、トイレの中にいるミナはなかなか返事をしなかったが、サナエが何度も呼ぶので思わず「もー!!サナエちゃん急に話しかけないでよ!!!おしっこ出そうだったのに止まっちゃったよ!」と怒鳴り返すのだった。それを聞いて「えー」と無表情で言うサナエを見て「本当にサナエは」と呆れるユカリ。
3人がトイレから出くるところに高木さんが通りかかった。そこをサナエが「高木ちゃーん」と呼び止める。
1年2組の教室では西片くんが良い作戦を思いついたとほくそ笑んでいた。この作戦ならば、下校中に絶対に高木さんをからかえると自信満々。西片くんの様子を見た高木さんは「何にやついているの?西片」と聞く。ギクっとする西片くんを「なんかやらしいー」とからかう高木さん。「そんなこと考えてないって!」と答える西片くんに「そんなことって?」と更にからかう高木さん。「高木さんめー!!!見てろよー!」と思っていたところに、タイミングよく高木さんから一緒に帰ろうと誘いがあり「いいよ!」と即答する西片くん。高木さんの反応を見て、自分が即答しすぎて何か感づかれたのではないかと心配になる西片くん。「あぁ、いいよ」と落ち着いた感じで言い直すが「何で言い直したの?」と高木さんに質問されてしまう。「いや、別に」と答えると「ま、放課後までに気が変わるかもしれないし、大丈夫ならその時に返事ちょうだい」と言って、高木さんは席を離れていった。
その後「一体何だったんだ?」と思いながらトイレから出てきた西片くん。その時、クラスメイトの木村と高尾がやってきた。木村が「今日、俺んちでスパプロやるんだけど、お前も来ねぇ?」と言ってくる。西片くんは一瞬考えたが「ごめん、今日は無理」と断る。すると高尾は「何だよー。また彼女か?」と言う。思わず「彼女!?」と聞き返すと、高尾が「高木さん、だろ?」と言ってくる。

Dyf8nmyuqael4d3

のけぞりながら「はぁぁぁ??何言ってんの?全然そんなんじゃ」と西片くんが言いかけたところに「高木ちゃんと西片くんは付き合ってないよ!」とミナが現れる。
西片くんたちがミナを見ると「さっきトイレで聞きました!」と自信満々に答えるミナ。木村が「そうなんだ」と苦笑しつつやっと答える横で唖然とする高尾。
「うん!!」と元気に答えたミナだが、その直後「あ、おしっこしたくなってきた。トイレー。トイレー。」とそのまま去って行ってしまう。
去って行くミナを見ながら高尾は「あいつ、さっきは何しにトイレに行ってたんだ?」と言う。その横で木村が「てゆうか西片。付き合ってないなら何で高木さんと一緒に帰ってるんだ?」と聞いてくる。「いやー。誘われてるから」と答えると、「それって付き合ってるからじゃないのか?」とまた質問される。目の前の木村と高尾にジッと見られて「いや。違うと、思う」と西片くんは小さな声で答えた。
チャイムが鳴り、次の授業のため理科室に急ぐ高尾と木村。西片くんは自分の席から隣の高木さんの席を見つめながら「いや。高木さんは俺をからかいたいだけだと思う」と少し顔を赤らめつつ思うのであった。

Takagi1084
miiiyo
miiiyo
@miiiyo

Related Articles関連記事

からかい上手の高木さん(第8話『台風 / マラソン / わき腹 / 未練』)のあらすじと感想・考察まとめ

男子中学生の「西片くん」は、普段自分をからかってくる隣の席の女子「高木さん」に何とかひと泡吹かせたいと授業中だろうとあの手この手で勝負に出るが、毎回返り討ちに合ってしまう。 夏休み終了目前。2人乗りも上手くできるようになった西片くんと高木さん。日課だった練習も終わりを迎え、新学期が始まる。また西片君の1日中高木さんにからかわれる日々が始まる。今回は「からかい上手の高木さん」第8話『台風 / マラソン / わき腹 / 未練』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

からかい上手の高木さん(アニメ全話)のネタバレ解説まとめ

『からかい上手の高木さん』とは、『ゲッサン』にて連載の山本崇一朗による漫画作品及び、それを原作としたアニメ作品。とある田舎の中学校を舞台にした男子中学生の「西片くん」と同級生の女子「高木さん」のからかいあい勝負を通して描かれる、1話完結の甘酸っぱくもほほえましいラブコメディ。 第2回次にくるマンガ大賞にもノミネートされた本作は、『ふだつきのキョーコちゃん』や『あしたは土曜日』と同じ舞台で描かれており、両作品を知っていると更に楽しめる作品となっている。

Read Article

からかい上手の高木さん(第5話『テスト勉強 / テスト / テスト返却 / 本屋 / 雨宿り』)のあらすじと感想・考察まとめ

男子中学生の「西片くん」は、普段自分をからかってくる隣の席の女子「高木さん」に何とかひと泡吹かせたいと授業中だろうとあの手この手で勝負に出るが、毎回返り討ちに合ってしまう。 テスト前のある日、ゲーム没収を回避するため図書室でテスト勉強をすることにしたが、そこに高木さんが現れて一緒に勉強することに。 今回は「からかい上手の高木さん」第5話『テスト勉強 / テスト / テスト返却 / 本屋 / 雨宿り』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

からかい上手の高木さん(第9話『ケータイ / ホラー / 写真』)のあらすじと感想・考察まとめ

男子中学生の「西片くん」は、普段自分をからかってくる隣の席の女子「高木さん」に何とかひと泡吹かせたいと授業中だろうとあの手この手で勝負に出るが、毎回返り討ちに合ってしまう。 ケータイを手に入れた西片くんは『ケータイで高木さんをからかう作戦』を思いつく。その為には、高木さんとアドレス交換をする必要があるのだが、いざ聞こうとすると何だか恥ずかしくなってしまう。 今回は「からかい上手の高木さん」第9話『ケータイ / ホラー / 写真』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

からかい上手の高木さん(第2話『習字 / 衣替え / 英訳 / プール』)のあらすじと感想・考察まとめ

男子中学生の「西片くん」は、普段自分をからかってくる隣の席の女子「高木さん」に何とかひと泡吹かせたいと授業中だろうとあの手この手で勝負に出るが、毎回返り討ちに合ってしまう。 習字の授業中にお互いに相手に求める言葉を書くことになって、からかいをやめるように書こうとする西片くんだが、また高木さんにからかわれてしまうことに。 今回は「からかい上手の高木さん」第2話『習字 / 衣替え / 英訳 / プール』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

からかい上手の高木さん(第6話『二人乗り / 夏休み初日 / 肝試し / 自由研究 / 水道』)のあらすじと感想・考察まとめ

男子中学生の「西片くん」は、普段自分をからかってくる隣の席の女子「高木さん」に何とかひと泡吹かせたいと授業中だろうとあの手この手で勝負に出るが、毎回返り討ちに合ってしまう。 明日からいよいよ夏休み。喜ぶクラスメイトの中で一人、あまり嬉しそうじゃなかった高木さんだが、夏休みに西片くんと2人乗りの練習をすることになり嬉しそうな顔に変わる。 今回は「からかい上手の高木さん」第6話『二人乗り / 夏休み初日 / 肝試し / 自由研究 / 水道』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

からかい上手の高木さん(第11話『ネコ / 好み / 似顔絵 / 占い / クリティカル』)のあらすじと感想・考察まとめ

男子中学生の「西片くん」は、普段自分をからかってくる隣の席の女子「高木さん」に何とかひと泡吹かせたいと授業中だろうとあの手この手で勝負に出るが、毎回返り討ちに合ってしまう。ネコに何とかして触りたい西片くんと彼の目の前でネコを撫で回す高木さん。西片くんは素直に触りたいと言えずに思いついた作戦を実行するが、結局からかわれた挙げ句ネコには触れずじまい。 今回は「からかい上手の高木さん」第11話『ネコ / 好み / 似顔絵 / 占い / クリティカル』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

からかい上手の高木さん(第3話『コーヒー / 空き缶 / 炭酸 / 筋トレ / アフレコ / 傘』)のあらすじと感想・考察まとめ

男子中学生の「西片くん」は、普段自分をからかってくる隣の席の女子「高木さん」に何とかひと泡吹かせたいと授業中だろうとあの手この手で勝負に出るが、毎回返り討ちに合ってしまう。 学校帰りに買ったリンゴ茶が高木さんとの間接キスの予感から空き缶投げ勝負へと発展していく。今回は「からかい上手の高木さん」第3話『 コーヒー / 空き缶 / 炭酸 / 筋トレ / アフレコ / 傘』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

からかい上手の高木さん(第7話『買い物 / 水着 / 海 / 部屋』)のあらすじと感想・考察まとめ

男子中学生の「西片くん」は、普段自分をからかってくる隣の席の女子「高木さん」に何とかひと泡吹かせたいと授業中だろうとあの手この手で勝負に出るが、毎回返り討ちに合ってしまう。 デパートで高木さんに遭遇した西片くんは高木さんとの勝負にまた負けた挙げ句に高木さんが着る水着を選ぶのを手伝うことになってしまう。 今回は「からかい上手の高木さん」第7話『買い物 / 水着 / 海 / 部屋』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

からかい上手の高木さん(第1話『消しゴム / 日直 / 変顔 / 百円』)のあらすじと感想・考察まとめ

男子中学生の「西片くん」は、普段自分をからかってくる隣の席の女子「高木さん」に何とかひと泡吹かせたいと授業中だろうとあの手この手で勝負に出るが、毎回返り討ちに合い、先生にも怒られる始末。消しゴムを忘れたという高木さんに西片くんが自分のを貸してあげたことから、また高木さんの西片くんへのからかいが始まる。 今回は「からかい上手の高木さん」第1話『消しゴム / 日直 / 変顔 / 百円』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

からかい上手の高木さん(第12話『手紙 / 入学式 / 席替え』)のあらすじと感想・考察まとめ

男子中学生の「西片くん」は、普段自分をからかってくる隣の席の女子「高木さん」に何とかひと泡吹かせたいと授業中だろうとあの手この手で勝負に出るが、毎回返り討ちに合ってしまう。クラスの女子の間で手紙交換が流行りだした。自分には関係ないと思っていた西片くんだったが、教科書の中に手紙を発見する。高木さんは堂々と差出人が自分であることを告げる。西片くんはドキドキが止まらないでいた。 今回は「からかい上手の高木さん」第12話『手紙 / 入学式 / 席替え』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

からかい上手の高木さん(第4話『掃除当番 / 逆上がり / 風邪 / 尾行』)のあらすじと感想・考察まとめ

男子中学生の「西片くん」は、普段自分をからかってくる隣の席の女子「高木さん」に何とかひと泡吹かせたいと授業中だろうとあの手この手で勝負に出るが、毎回返り討ちに合ってしまう。 田辺先生に呼び出された西片くん。最近授業中にうるさいと注意され罰として理科室の掃除をすることになるが、そこに高木さんが現れて一緒に掃除をすることに。 今回は「からかい上手の高木さん」第4話『掃除当番 / 逆上がり / 風邪 / 尾行』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

小悪魔な魅力に男子メロメロっ! 「からかい上手の高木さん」が甘酸っぱ面白い!

誰しもが経験したであろう、些細なことで感じる思春期特有の甘酸っぱさ。このマンガは、精神的成長が比較的速い女子代表、高木さんと、それに振り回される西片くんの日常を描いた作品です。このマンガを読み終えた時、あなたはきっと思うでしょう。ああ、俺もこんな女の子にからかわれたい、と。マンガ「からかい上手の高木さん」をご紹介致します。

Read Article

目次 - Contents