BANANA FISH(アニメ全話)のネタバレ解説まとめ

『BANANA FISH』とは、吉田秋生による漫画作品、及びそれを原作としたテレビアニメ作品。
ニューヨーク。整った容姿と、卓越した戦闘力を持つ少年・アッシュ・リンクスは、17歳にしてストリート・ギャングをまとめ上げていた。ある夜、アッシュは銃撃された男からある住所とともに「バナナフィッシュ」という言葉を伝えられる。時を同じくして、カメラマンのアシスタントとしてやってきた日本人の少年・奥村英二と出会う。男から渡されたものを切り札に 二人は“BANANA FISH“の謎を追い求める。

『BANANA FISH』の概要

『BANANA FISH』とは、吉田秋生の漫画作品『BANANA FISH』を原作としたアニメーション作品である。2018年7月よりフジテレビ”ノイタミナ”他にて放送が開始された。吉田秋生は過去の代表作に『吉祥天女』および『YASHA-夜叉-』がある。
アニメーション制作は『Free!』の内海紘子。シリーズ構成は『いぬやしき』の瀬古浩司、キャラクターデザインは『同級生』の林明美、アニメーション制作は『ユーリ!!! on ICE』のMAPPAが担当する。

アメリカ、ニューヨーク。並外れて整った容姿と、卓越した戦闘技術を持つ少年・アッシュ・リンクス。ストリートギャングを束ねるアッシュは、銃撃された男から死ぬ間際に“バナナフィッシュに会え”という謎の言葉を聞く。“バナナフィッシュ”とは廃人となった兄であるグリフィン・カーレンリースがうわ言のように繰り返す言葉だった。アッシュは男から手渡されたロケットの中から薬品を発見する。時を同じくして、カメラマンの助手として取材にやってきた日本人の少年・奥村英二とアッシュは出会う。アッシュを標的とする事件に偶然巻き込まれてしまった奥村英二だったが、二人はともに“バナナフィッシュ”の謎を追い求めることになるのだった。

これまでにアニメ化や実写化はされなかった作品が、連載終了から24年の月日を経て吉田秋生の40周年記念プロジェクトの一環として時代設定を1985年から現代に変えてアニメ化される。

『BANANA FISH』のあらすじ・ストーリー/感想・考察

第1話 『バナナ・フィッシュにうってつけの日 A Perfect Day For Bananafish』

ニューヨーク。ストリートギャングを束ねるアッシュ・リンクスはある日銃撃された男からある住所と小さなロケットを渡され“バナナフィッシュ”という謎の言葉を聞く。“バナナフィッシュ”とは、廃人となった兄が口にする馴染みのある言葉だった。そんな中、ストリートギャングの取材のアシスタントとして日本からやってきた奥村英二とアッシュは出会う。“バナナフィッシュ”について秘密を知るコルシカ・マフィア。反逆の機会を待っていたオーサーはディノからアッシュに情報を吐かせるように命じられたマービンと結託してアッシュ達がたむろするバーを襲撃する。この騒動に奥村英二は巻き込まれスキップと共に誘拐されてしまう。オーサーとマービンはアッシュを一人でおびき出す事に成功する。

renote.jp

『BANANA FISH』の登場人物・キャラクター

主人公とその仲間達

アッシュ・リンクス

出典: bananafish.tv

CV:内田雄馬

ニューヨークのストリートギャングのボス。金髪、緑の瞳の類まれな美しい容姿に、IQ180以上の高い知能、そして卓越した戦闘能力を兼ね備えた少年。
本名はAslan Jade Callenreese(アスラン・ジェイド・カーレンリース)。ニューヨーク・スラム街のストリートキッズグループ「リンクス」を統括するボス。射撃の腕は一流でナイフ扱いも上手い。兄グリフィンを廃人同然にした「バナナフィッシュ」の謎を追う。

奥村英二

CV:野島健児

カメラマン助手としてストリートギャングの取材にやってきた日本人大学生。周囲を和ませる純粋で素直な性格だが、頑固で無鉄砲な一面もある。アッシュより2歳年上だが、元々童顔なのに加え、東洋人であるためアメリカでは5歳は若く見られている。後にアッシュが信頼し唯一心を許す人物となる。高校時代は棒高跳の選手だった。

伊部俊一

CV:川田紳司

プロカメラマン。英二をつれて、ニューヨークにストリートギャングの取材にやってきた。英二の保護者のような存在。

マックス・ロボ

CV:平田広明

フリ―のジャーナリスト。元アメリカ陸軍の軍人で、正義感が強く、ある事件を単身で調べている。本名マックス・グレンリード。アッシュの兄グリフィンとはイラク戦争での戦友であったが例の事件の後顔を合わせる事はなかった。

グリフィン・カーレンリース

CV:布施川一寛

イラク戦争に従軍した元アメリカ軍人。アッシュ・リンクスの兄。イラク従軍時はマックス・ロボと同僚だった。戦争から帰ってから廃人同然となっていたが密かにアッシュ・リンクスの看護を受けている。時々「バナナフィッシュ」と口にする。

コルシカ・マフィア

RYUCCA
RYUCCA
@RYUCCA

Related Articles関連記事

BANANA FISH(バナナフィッシュ)のネタバレ解説・考察まとめ

BANANA FISH(バナナフィッシュ)のネタバレ解説・考察まとめ

『BANANA FISH(バナナフィッシュ)』とは、1985年〜1994年に『別冊少女コミック』に連載された吉田秋生によるバイオレンスサスペンスである。1980年代のニューヨークを舞台に、バナナフィッシュというドラッグをめぐる、ストリートキッズ、アッシュの戦いを描く。ハードな抗争を繰り広げる一方、孤高に生きてきたアッシュが英二との友情を通して人間らしさや愛を覚えていく姿が描かれている。かねてより名作として人気を博していたが、2018年に吉田秋生40周年プロジェクトでアニメ化され、人気が再燃した。

Read Article

海街diary(漫画・映画)のネタバレ解説・考察まとめ

海街diary(漫画・映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『海街diary』(うみまちダイアリー)とは、『月刊フラワーズ』にて2006年から連載されている吉田秋生による漫画、及びそれを原作とする映画である。外に女を作り出て行った父と、それにショックを受け新たな男を作り家族を捨てた母親。そんな両親を持つ三姉妹が父の訃報をきっかけに腹違いの妹・すずと出会い、絆を深めながら生き生きとそれぞれの人生を生きていく様が鎌倉を舞台として叙情的に描かれている。

Read Article

BANANA FISH(第1話『バナナ・フィッシュにうってつけの日 A Perfect Day For Bananafish』)のあらすじと感想・考察まとめ

BANANA FISH(第1話『バナナ・フィッシュにうってつけの日 A Perfect Day For Bananafish』)のあらすじと感想・考察まとめ

ニューヨークのストリートギャングを束ねるアッシュ・リンクスはある日銃撃された男からある住所と小さなロケットを渡され“バナナフィッシュ”という謎の言葉を聞く。そんな中、取材のアシスタントとして日本からやってきた奥村英二と出会う。オーサーはマービンと結託してスキップを誘拐しアッシュをおびき出す事に成功する。 今回は「BANANA FISH」 第1話『バナナ・フィッシュにうってつけの日 A Perfect Day For Bananafish』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

目次 - Contents