世界一初恋(セカコイ、Sekai-Ichi Hatsukoi)のネタバレ解説まとめ

143 855619 1bd036886b999d2

『世界一初恋』とは、中村春菊が角川書店の雑誌「エメラルド」で連載しているボーイズラブ漫画・小説、アニメ。
少女漫画の編集部を舞台に、5組のカップルが繰り広げるドタバタ恋愛劇を描く。
小野寺出版の跡取り息子・小野寺律(おのでら りつ)は丸川書店に転職したが、文芸ではなく少女漫画を扱うエメラルド編集部に配属されてしまう。そしてエメラルド編集部の編集長・高野政宗(たかの まさむね)は、高校時代に律が初めて付き合った初恋の人だった。

『世界一初恋』の概要

『世界一初恋』とは、究極の初恋をテーマにしたボーイズラブストーリーである。
第一期(全12話)が2011年4月から、第二期(全12話)『世界一初恋2』が2011年10月からアニメ放送された。
2014年3月には、劇場版『世界一初恋 〜横澤隆史の場合〜』が公開された。
中村春菊が描く漫画が原作で、角川書店刊行の雑誌「エメラルド」で連載している。
また「恋愛ストラップ」や「純情ロマンチカ」で有名な藤崎都先生による小説版は、角川書店刊行の「角川ルビー文庫」で連載している。
『世界一初恋』は、以下のとおり副題が5つあり5組のカップルの恋愛模様をシリーズ化して描いているのが特徴。
また、1組のカップルは劇場版として映画化された。

小野寺律の場合

小野寺出版の跡取り息子である小野寺律(おのでら りつ)は、高校時代の初恋が破れたことがトラウマとなり「二度と恋なんかしない」と心に決めていた。
丸川書店に転職した律は少女漫画専門のエメラルド編集部に配属されてしまう。
律は、傲慢で自信家の編集長・高野政宗(たかの まさむね)に反発しながらも徐々に漫画編集の仕事を覚えていく。
そんな中、政宗が高校時代の初恋の人だとわかった律は、「これは恋なんかじゃない」と否定しながらも、良い本を作って売るという律のしたかったことを実際にこなしている政宗に惹かれていく。

吉野千秋の場合

漫画家の吉野千秋(よしの ちあき)は、エメラルド編集部の人気少女漫画家。
幼馴染で編集担当の羽鳥芳雪(はとり よしゆき)を友人としても担当編集としても信頼し依存しきっていた。
ある日、千秋は、羽鳥と自分のチーフアシスタント・柳瀬優(やなせ ゆう)が路地でキスをしているのを目撃する。
千秋が羽島と優は両想いと勘違いしたことから三人の友情関係はギクシャクする。
漫画の入稿が終わった花火大会の日に、羽鳥は千秋に28年間ずっと好きだったことを告白し、千秋がそれを受け入れて恋人になる。
千秋を好きな優との三角関係を乗り越えて、千秋と羽鳥は絆を深めていく。

木佐翔太の場合

エメラルド編集部の編集者・木佐翔太(きさ しょうた)は、『ブックスまりも』でバイトしている美大生の雪名皇(ゆきな こう)に一目惚れして書店に寄っては見とれていた。
書店で営業部の横澤隆史(よこざわ たかし)と偶然出会い、木佐は横澤から雪名に紹介され話すきっかけができた。
以前付き合った男性が千秋に殴りかかるのを助けた雪名は、木佐に告白し二人は付き合うようになる。
女性にモテる雪名に嫉妬したり年の差を感じてネガティブになったりする木佐を雪名は大らかに包み込み、二人は結ばれていく。

純情ミステイク

丸川書店の御曹司・井坂龍一郎(いさか りゅういちろう)は、子供の頃から遊び相手として井坂家にやって来た世話役の朝比奈薫(あさひな かおる)に想いを寄せている。
井坂の父親と話すときの嬉しそうな朝比奈の表情から、朝比奈は井坂の父親のことが好きなのだと井坂は思っていた。
ある日、井坂は朝比奈にキスをして拒まれてしまう。
朝比奈は井坂の世話役と編集の仕事を辞めて井坂の父親の秘書になる。
しばらくして朝比奈が丸川書店を辞めると聞いた井坂は、朝比奈を止めようとする。
その時、お互いが両思いであることを知り二人は恋人になるのだった。

横澤隆史の場合

劇場版 『世界一初恋 〜横澤隆史の場合〜』として2014年3月に公開された作品。

親友の高野政宗にふられた横澤隆史は、その日の業務後に立ち寄った居酒屋で丸川書店ジャプン編集部の編集長・桐嶋禅と遭遇し、意気投合して飲み明かす。
翌日、横澤が目を覚ますと、桐嶋のベッドだった。
その日以来、横澤はいじめっ子気質の桐嶋に迫られる。
横澤も次第に桐嶋を意識し始め、桐嶋の一人娘・ひなの面倒を見に桐嶋家に通うようになり、横澤と桐嶋の心の距離が近づいていく。

バレンタイン編

劇場版 『世界一初恋 〜横澤隆史の場合〜』と併映されたミニムービー『世界一初恋 〜バレンタイン編〜』。

横澤隆史×桐嶋禅、吉野千秋×羽鳥芳雪、木佐翔太×雪名皇、小野寺律×高野政宗の4組が織り成すバレンタイン模様を描く。

横澤は桐嶋の娘・日向と一緒にバレンタイン用のガトーショコラを作り、帰宅した桐嶋にチョコを要求され自分用に作ったと偽って霧島にチョコを渡す。
喜ぶ桐嶋に鼓動が高鳴る横澤だった。

千秋のためにバレンタインチョコを手作りするのが恒例となっていたが、忙しくて手作りできなかった羽鳥が千秋の家に行くと、なんと千秋が手作りチョコを作っていて嬉しく思う羽鳥だった。

木佐はモテる雪名はたくさんチョコをもらっているだろうとチョコを用意していなかったが、雪名は女性たちからのチョコを断り手作りチョコを木佐に渡す。
お礼に木佐からのキスがほしいという雪名にハードルが高いと渋っていた木佐だったが思い切って自分から雪名にキスをした。

律は政宗にチョコを渡すかどうか迷っていたが、政宗が女性たちからたくさんチョコをもらっているだろうと勘違いしてカレーを政宗にご馳走することにした。
律がカレーにチョコを入れたことを知った政宗は喜び、政宗の嬉しそうな顔を見た律はそれを嬉しく思うのだった。

『世界一初恋』のあらすじ・ストーリー

第一期

小野寺律の場合(1話)『First impressions are the most lasting.』

Img 0771

エメラルド編集部内で、高校時代は図書館の本を全部読んでいたと語る小野寺律(右)、それを聞く木佐翔太(中央)、驚いて律を見つめる高野政宗(左)。

小野寺律(おのでら りつ)は、大手出版会社・小野寺出版の跡取り息子で、小野寺出版に入社し大物作家を担当して高成績を上げたが、それを羨む先輩社員たちにコネ入社と噂され退職した。
他社で文芸編集をやりたくて丸川書店に転職するが、希望とは違い少女漫画を扱うエメラルド編集部へ配属されてしまう。
配属初日、律が総務部の女子社員に連れられてエメラルド編集部へ行くと、入稿した直後で編集社員たちは疲れきっていて部屋はゴミ集積所と化していた。
そこで律は編集長の高野政宗(たかの まさむね)と出会う。
律が漫画編集が初めてと知った政宗は、仕事を覚えさせるため代理原稿の引き取りに律を連れて行く。
代理原稿を見た政宗は、キスシーンの書き直しを作家に要求し、お手本を見せると言って強引に律にキスをする。
エメラルド編集部に戻った律は、小野寺出版で文芸編集を担当していた当時のことを回想する。
回想中に、政宗に声をかけられ「誰でも初めは素人だ」と励まされ、「使えないやつは使えないが」という政宗の言葉にやる気を出す。
翌日、寝ずに少女漫画を読みあさって勉強した律がエメラルド編集部へ行くと、部屋はピンク色でたくさんのぬいぐるみでコーディネートされていた。
編集メンバーも昨日と違ってさわやか青年団になっていた。
エメラルド編集部は、20日サイクルで仕事をしていて入稿までは残業続きでゾンビ状態だが20日後の校了で生き返るという。
部屋の乙女チックなコーディネートは、少女漫画の読み手の気持ちになって環境も乙女にという政宗の方針によるものであった。
律が写植を貼っていると、突然、政宗は「どこかで会った気がする」と言い出す。
心当たりのない律は印刷所で会ったことがあるかもしれないと答える。
律の隣の席に座っている編集メンバーの木佐翔太(きさ しょうた)は、編集部に置いてあった漫画目録を持って来た律に驚き、「あれ?律ちゃん、ウチの会社の漫画目録なんかどうするの?」と訊く。
それに対し律は「漫画初めてなんで、とりあえず自社の作品を一から暗記しようかと」と答え、「俺、学生の頃、図書室の本、全冊読むとか普通にやってたので」と懐かしそうに話す。
その律の言葉を聞いた政宗は、律が高校時代に自分が付き合っていた律ではないかと感付き見つめるが、律は政宗が作品暗記ぐらいやって当然と思っていると勘違いし、政宗に使えないやつと思われないため作品暗記を続ける。

130234462938316329672

漫画作家に「お手本を見せる」と言って小野寺律(左)にキスをする高野政宗(右)。

小野寺律の場合(2話)『A man has free choice to begin love but not to end it.』

57341

丸川書店のソファーで話をする小野寺律(左)と高野政宗(右)。

出社早々、律は、見開きページが思うように描けずに原稿があがらない作家を手伝うため、その作家の家に政宗と一緒に行くことになる。
作家の家で作業を始めて間もなく、自分の作品が面白いかわからなくなったから全部描き直したいと言い出す作家に対して、律は「先生の作品普通に面白いと思います」と作家を励まそうとする。
その様子を見た政宗は、「俺がネームを見ていいと言ったものに間違いはない、だから書き直す必要はない」「印刷所には明日まで待ってもらうよう交渉した」とフォローを入れる。
その時、律は政宗が作家の家に来る途中に印刷所と交渉していたこと、作家の家に行く前から作家が描きたがっていた日光東照宮の見開きページを描き上げさせるつもりだったことを知る。
律は途中で作家が全部描き直したいと言ったときには、見開きページどころか原稿の他のページも間に合わないかもしれないと心配したのだった。
印刷所の入稿が終わり帰社した律と政宗は、ソファーで会話を始める。
政宗の「お前がいてくれてよかった」「お前が励ましたから少し持ち直した」という言葉に、律は胸の高鳴りを感じながら「直球しか言えなくて」と自分の行動を振り返り話す。
そんな中、政宗は「直球なところは相変わらずだな」と言い、律をソファーに押し倒しキスをする。
それでも高校時代に付き合っていた政宗であることに気づかない律に、政宗は高三のときに親が離婚して苗字が「嵯峨」から「高野」に変わったことを告げて印刷所へ向かおうとする。
政宗が高校時代の初恋の先輩であったことを知った律は、エレベーターまで政宗を追いかけた。そして、高校時代付き合っていたときに好きかと尋ねた律を政宗が鼻で笑ったことを責める。
言い合いの末、律は政宗が鼻で律を笑ったことは政宗の照れ隠しであったことを知った。
また、政宗も律は政宗に笑われたことに動揺して政宗に回し蹴りをして傷心のあまり翌日から学校に行けなくなり留学して消息不明になったことをしった。
二人は、お互いが誤解していたことに気づく。
政宗は、「もう一度お前に好きと言わせてやる」という言葉を残してその場を去り、残された律はこれは恋なんかじゃないと自分に言い聞かす。
心機一転のための引越し当日。荷物を新居で受け取った律がコンビニに行こうとドアを開けると、隣の部屋の住人が帰ってきた。その人物は政宗だった。
部屋が隣同士なことに鼓動が高鳴る律だったが、またもこれは恋じゃないと強く自分に言い聞かす。

小野寺律の場合(3話)『In love there is both dotage and discretion.』

hana_chan
hana_chan
@hana_chan

目次 - Contents