スター・ウォーズ エピソード8 最後のジェダイ(SW8)のネタバレ解説・考察まとめ

『スター・ウォーズ エピソード8 最後のジェダイ』とは、2017年製作のアメリカ映画。日本公開も同じく2017年の12月。全9部作からなるスター・ウォーズサーガの、8番目の物語になる。前作「フォースの覚醒」で銀河新共和国を壊滅させたものの、拠点であるスターキラー基地をレジスタンスにより破壊されてしまった、ファースト・オーダーの猛反撃が始まった。この恐るべき猛攻に対抗する、レジスタンスたちの決死の攻防を描く。

ホルド提督の捨て身の特攻により、なんとか全滅を免れ、惑星クレイトの古い反乱軍の基地へ逃げ込んだレジスタンス。ここに篭城し、銀河各地へ要請した救援を待つレジスタンスだったが、ファースト・オーダーの攻撃隊は、レジスタンスが篭城する基地の防護壁をたやすく打ち破る強大なキャノン砲を用意していた。このキャノン砲に立ち向かうべく、基地内に保存されていた、オンボロの小型攻撃機で突撃していくレジスタンスたち。一見、一面が白い土に覆われたように見えるクレイトの地表だが、実はこの白いものは塩の粉塵で、その下には赤い鉱物を含んだ土壌があった。レジスタンスの乗った攻撃機は「モノスキーモード」で土壌に降ろしたスキーの板のような箇所でバランスを取り、塩の粉塵に覆われた赤い土壌を巻きあげながら、ファースト・オーダーの攻撃隊に突進していく。
このシーンは、旧三部作の2作目「エピソード4/帝国の逆襲」の序盤で、雪と氷に覆われた惑星ホスで、帝国軍と反乱軍が戦いを繰り広げたシーンを彷彿とさせる(「帝国の逆襲」で帝国軍が使用していた大型歩行兵器AT-ATと似た造詣の、AT-M6と呼ばれる歩行兵器をファースト・オーダーが使用していることも挙げられる)。旧三部作の名シーンを思い出させながら、赤い土壌を巻き上げ複数の小型機が突進するビジュアルは美しく斬新であり、新しい3部作の中でも格別の名シーンとなっている。

「お前の両親は?」「名もない、ひとたち」

ファースト・オーダーの巨大母艦で、最高指導者スノークを倒したカイロ・レンだったが、レイが期待したようにフォースの暗黒面から脱してスノークを討ったのではなく、自らがスノークに代わりファースト・オーダーの最高指導者となり、銀河系にレンが思い描く新たな秩序を作り上げることが目的だった。「俺と一緒に来てくれ」と言うレンに、レイは「あなたは間違っている」とその誘いを拒絶する。しかしレンは、レイがずっと心の中に秘めていた、レイの両親のことを問うのだった。「お前の両親を、俺は見た。お前も本当は知ってるな?言ってみろ」と言うレンに、レイは涙を流しながら、「名もない、普通の人たちだった」と答える。

幼い頃、両親に捨てられ辺境の惑星ジャクーに置き去りにされたレイは、いつか両親が自分を迎えに来てくれると信じていた。しかし本当は、両親はすでに死んでいて、迎えになど来ないことをわかっていたのだった。それを認めたくないレイは、事実を封印し、自分を迎えに来るはずの両親をジャクーで待ち続けていた。そして、名もない民間人であり、自分の傍にいてくれなかった親の代わりに、反乱軍の英雄であるハン・ソロやルーク・スカイウォーカーを、父親のような存在だと感じていたのだった。自分の親がすでにいないことを認めた瞬間、自分の帰る場所、自分の居場所を失くし孤独感にさいなまれるレイを、レンは自分がその居場所になるとばかりに、「一緒に来てくれ」と誘うのだった。

これまでスター・ウォーズサーガの物語は、「フォースの意思により」父親の存在無しで生まれたアナキン・ウォーカー(後の銀河帝国指揮官ダース・ベイダー)から始まり、その息子のルーク・スカイウォーカーと娘レイア・オーガナ、レイアの息子であるカイロ・レンへと、主要人物の血筋が強力なフォースの力を、敵味方へと受け継いで来ていた。いわば、スター・ウォーズサーガは、スカイウォーカーの血筋の物語でもあった。ディズニーが製作を始めた新しい3部作で主役となったレイも、誰かの血筋を引いて強いフォースを持っているのではないかという予測がファンの間でなされていたが、本作のこのシーンで、レイが「誰の血も引いていない」ことが明らかになる。それは、ファンにとっては少なからずショッキングなシーンであった。

このシーンに対し脚本も書いた監督のライアン・ジョンソンは、次のように語っている。
「(ファンの間で評価の高い)「エピソード5/帝国の逆襲」で、ベイダーがルークに向かって「私が、お前の父親だ!」と告白するシーンがあるが、あれが当時の観客にとってショックであり、また成功したのは、ルークにとってそれが最も望まない、つらい真実だったということがある。一番の敵が、自分の身内であった、一番近い人物であったと。」

「僕らの作った映画は、「帝国の逆襲」の逆だ。レイが自分の両親を知るシーンで、「実は、著名な人物の血筋を引いていた」とわかるのというのが、一番"生ぬるい答え”だと思う。そのことによりレイは、探していた自分の居場所を、心の拠り所を見つけてしまう。答えとしては「帝国の逆襲」の逆になってるけど、主人公が一番つらい真実を知る(両親が、名もない民間人だと知る)という点では、同じなんだ」

旧三部作からのファンにとってはショックなシーンではあったが、ライアン・ジョンソンが目指した「新しいサーガを作り出す」という点で、これまでのサーガ(スカイウォーカーの血筋の物語という)と決別し新しい物語を紡ぎ出すという意思の表れでもあり、新しい3部作の中でも重要な意味を持つ名シーン、名セリフとなっている。

『スター・ウォーズ エピソード8 最後のジェダイ』の用語

ジェダイの騎士

旧銀河共和国時代に、舞台となる銀河系に存在するフォースと呼ばれる特異な力を操り、銀河系の平和維持のため活動していた騎士たちのこと。しかし、銀河共和国が銀河帝国に乗っ取られる際に、帝国の対抗勢力となるジェダイの騎士は、わずかな生き残りを除いて抹殺されてしまった。ルーク・スカイウォーカーは、そのわずかな生き残りであったオビ=ワン・ケノービやマスター・ヨーダの弟子となり、ジェダイとフォースについて教わった、実質上ジェダイの騎士最後の一人である。銀河帝国に反旗を翻した反乱軍が帝国を打ち破り、再び共和国が再建されてからは、ルークもジェダイの騎士を再興させようと試み、双子の妹であるレイア・オーガナとハン・ソロの子供であるベン・ソロを始めとする有望な若者たちを、新世代のジェダイとすべく育成していた。しかし、ファースト・オーダーの最高指導者スノークにより、ベン・ソロはフォースの暗黒面に引き入れられ、カイロ・レンと名前を変えたベンにより他のジェダイの若者たちも抹殺されてしまい、ルークは再びジェダイの騎士最後の一人となってしまった。このことに責務を感じたルークは、惑星オク=トーで隠遁生活を送るようになり、レジスタンスへの協力も拒んでいたが、レイの強いフォースの力に、新たなジェダイの誕生を感じ取った。

フォース

舞台となる銀河系に存在する特異な力で、銀河系に存在するあらゆる有機体や物質、それらを繋ぐ空間にもフォースは存在するとされている。この力をマスターした者は、純粋に筋力や瞬発力などの身体能力が上がるだけでなく、精神面にも大きな影響を及ぼし、精神的に弱い相手の心を自由に操ることも出来るようになる。それゆえ、自分の欲望を果たすため、また人々を自分の思うがままに支配するためにフォースの力を使おうと考える者も現れ、こういった考えに陥ることを、フォースの暗黒面に落ちると呼ぶ。銀河系の平和維持のためフォースの力を使用していたジェダイの騎士と対照的に、フォースの暗黒面を駆使して銀河系を支配しようとしていた「シス」と呼ばれる者たちが、旧銀河帝国を設立した。ファースト・オーダーの最高指導者スノークも、このシスの系譜を継ぐフォースの暗黒面のマスターであり、ジェダイの修行を受けていたカイロ・レンを暗黒面に誘い、自分の弟子とした。

ファースト・オーダー

旧銀河帝国が反乱軍により制圧され、その力を失った後に、帝国の残党により結成された、武力と恐怖による銀河系制圧を目指す組織。当初は銀河系の未知領域と呼ばれる辺境の星々に拠点を置いていたが、のちにフォースの暗黒面を操るスノークが実権を握り最高指導者となってから、その影響力は飛躍的に増すことになった。一番の対抗勢力となると思われるジェダイの騎士も、ルーク・スカイウォーカーが再建を試みていた時期に、ルークの弟子ベン・ソロをフォースの暗黒面に誘惑、ベンにジェダイの若者たちを抹殺させることで再建計画を頓挫させることに成功。ルーク自身もその後消息を絶ったため、ファースト・オーダーの脅威は更に拡大することとなった。反乱軍の英雄の一人である、レイア・オーガナ将軍の率いるレジスタンスを、銀河系制圧に立ちはだかる危険な存在だと認識しており、本作ではレジスタンス壊滅のため、その拠点となる基地へ総攻撃を仕掛ける。

レジスタンス

旧銀河帝国衰退後、勢力を拡大しつつあった新たなる脅威ファースト・オーダーに対抗するため、立ち上げられた組織。銀河帝国に反旗を翻した反乱軍のリーダーとして戦ったレイア・オーガナが、ファースト・オーダーの脅威をいち早く察し、レジスタンスを結成した。銀河帝国衰退後に新たに設立された新共和国とは独立した組織であるが、レイアの意思に賛同した共和国元老院の一部の議員などから援助を受けて活動していた。しかし新共和国自体がファースト・オーダーの攻撃により壊滅してしまったため、レジスタンスは大きな後ろ盾を失い、ファースト・オーダーの総攻撃を受けて、基地を捨て逃亡を開始することになる。自分たちがなんとか生き延びることが、銀河系に希望の光を灯し続けることになると必死の逃亡を続けていたが、ファースト・オーダーの容赦ない攻撃により、その人員は数百人にまで減ってしまった。

カント・カジノ

惑星カントニカの都市、カント・バイトにあるカジノのこと。主にファースト・オーダーや、時にはファースト・オーダーと敵対するレジスタンスにも武器を売る、武器商人たちで賑わっていた。カジノの建物の外周には、ファジアーと呼ばれる獣のレース場も設けている。

最初のジェダイ・テンプル

ジェダイの騎士は、彼らが集い修行する場である神聖な寺院を銀河各地に建設していたが、惑星オク=トーに存在する寺院跡は、その中でも最古のものと言われている。ルーク・スカイウォーカーがその場所を探し続けていて、ルークが消息を絶った後、ルークが行ったと思われる場所=ルークが現在いると思われる場所として、その位置データをレジスタンスとファースト・オーダーが奪い合うことになった。

『スター・ウォーズ エピソード8 最後のジェダイ』の主題歌・挿入歌

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

スター・ウォーズ エピソード7 フォースの覚醒(SW7)のネタバレ解説・考察まとめ

『スター・ウォーズ エピソード7 フォースの覚醒』とは、2015年製作のアメリカ映画。日本公開も同じく2015年12月。全9部作からなるスター・ウォーズサーガの、7番目の物語に当たる。凶悪な銀河帝国の衰退後、平和な時代の続いていた銀河新共和国時代に、新たな脅威ファースト・オーダーが出現。この脅威に対抗すべく立ち上がった、レジスタンスたちの活躍を描く。

Read Article

スター・ウォーズ エピソード4 新たなる希望(SW4)のネタバレ解説・考察まとめ

『スター・ウォーズ エピソード4 新たなる希望』とは、1977年(日本では1978年)に公開されたジョージ・ルーカス監督によるアメリカ映画。SFブームを巻き起こしたスター・ウォーズシリーズでは第1作目であり、旧三部作(エピソード4~6)の第1章である。時系列でいうと新三部作(エピソード1~3)の後の時代。遠い昔、はるか彼方の銀河系で主人公であるルーク・スカイウォーカーを中心に、かつての平和を取り戻すべくシスの暗黒卿へ立ち向かう。

Read Article

スター・ウォーズ エピソード5 帝国の逆襲(SW5)のネタバレ解説・考察まとめ

『スター・ウォーズ エピソード5 帝国の逆襲』とは、1980年製作のアメリカ映画。日本公開も同じく、1980年の6月。前作の大ヒットを受けて作られたシリーズ2作目で、9部作からなるスター・ウォーズサーガの5番目の物語に当たる。凶悪な銀河帝国が反乱軍への攻勢を強める中、故郷を出て反乱軍の一員となった青年ルーク・スカイウォーカーが、自らの思いがけない運命に直面するまでを描く。

Read Article

スター・ウォーズ エピソード6 ジェダイの帰還(SW6)のネタバレ解説・考察まとめ

『スター・ウォーズ エピソード6 ジェダイの復讐』とは、1983年製作のアメリカ映画。日本公開も同じく1983年の7月。凶悪な銀河帝国が再び建設を始めた究極兵器・第2デス・スターの脅威に、帝国の支配に反旗を翻した反乱軍が立ち向かい、ジェダイの騎士の血を受け継いだ青年ルーク・スカイウォーカーらの活躍により、銀河帝国と、帝国皇帝の野望を打ち破り、再び銀河系に平和を取り戻すまでを描く。

Read Article

スター・ウォーズサーガ ストーリー復習 エピソードVI編

12月18公開の『スターウォーズ フォースの覚醒』に先駆けてスターウォーズサーガについて復習! シリーズ完結編!ジェダイとなったルークは父と知ったダース・ベイダーとその師のパルパティーンを倒しに向かう、一方同盟軍は破壊したデススターに変わる新たな脅威を壊し永遠に帝国を終わらせるために作戦をたてるのであった。

Read Article

スター・ウォーズ エピソード1 ファントム・メナス(SW1)のネタバレ解説・考察まとめ

『スター・ウォーズ エピソード1 ファントム・メナス』とは、1999年製作のアメリカ映画。社会現象にまでなった「旧3部作」の完結より16年の時を経て製作された、スター・ウォーズサーガ「新三部作」の第一作目。旧三部作を通して「悪の主役」であったダース・ベイダー=アナキン・スカイウォーカーの幼少時の物語を描く。

Read Article

スター・ウォーズ エピソード2 クローンの攻撃(SW2)のネタバレ解説・考察まとめ

『スター・ウォーズ エピソード2 クローンの攻撃』とは、2002年製作のアメリカ映画。日本公開も同じく2002年の7月。スター・ウォーズサーガ・エピソード4~6から成る「旧三部作」に続く、「新三部作」の第二作目。前作「エピソード1 ファントム・メナス」で描かれたアナキン・スカイウォーカーの幼少時から10年後、ジェダイの騎士として青年に成長したアナキンの姿を描く。

Read Article

スター・ウォーズ エピソード3 シスの復讐(SW3)のネタバレ解説・考察まとめ

「スター・ウォーズ エピソード3 シスの復讐(Star Wars: Episode III Revenge of the Sith)」とは、2005年に公開されたアメリカ映画。エピソード4~6からなる「旧3部作」完結後、12年の時を経て製作された「新3部作」、エピソード1~3の完結編である。アナキン・スカイウォーカーがフォースの暗黒面に落ちダース・ベイダーとなり、長年に渡り平和を維持して来た銀河共和国が陰謀により銀河帝国へと変わるまでを描く。

Read Article

ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』とは、2018年製作のアメリカ映画。日本公開は2018年の7月。スター・ウォーズシリーズのスピン・オフ作品で、「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」に続く第二弾。旧三部作(エピソード4~6)で主役の一人であった、ハン・ソロの若き日の姿を描く。ソロの愛機であるミレニアム・ファルコン号や、長年の相棒であるチューバッカとの出会いなどに関する秘話が明かされる。

Read Article

ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』とは、2016年に映画監督ギャレス・エドワーズによってアメリカで制作された実写SF映画。スター・ウォーズサーガの本編では語られなかった物語を描く、スピン・オフシリーズの第一弾。シリーズ1作目「エピソード4/新たなる希望」に登場した、銀河帝国軍の誇る究極兵器「デス・スター」の設計図を盗み出すため、決死の作戦に挑む戦隊「ローグ・ワン」の熾烈な戦いを描く。

Read Article

【スター・ウォーズ】アナキン・スカイウォーカーがダークサイドに囚われダース・ベイダーになった理由

スター・ウォーズ旧三部作の主人公ルーク・スカイウォーカーの父親であり、シリーズを代表するヴィランであるシスの暗黒卿・ダース・ベイダーでもあるアナキン・スカイウォーカー。 アナキンがダークサイドへ堕ちる理由となった悲劇とは。彼の悲しき人生を紐解き解説する。

Read Article

【スター・ウォーズ】服装から見えるスカイウォーカー家の光と闇【STAR WARS】

スター・ウォーズ シリーズの主人公であるアナキン=スカイウォーカー、ルーク=スカイウォーカーは共にエピソードの進行に伴い暗黒面、闇へと近づいていくかのように服装が徐々に黒く染まっていく。 その両者の内面の光と闇についてを映画の重要なキーワードであるフォースと共に追っていく。

Read Article

萌えるドロイドC-3POについて

いよいよ今年、「スターウォーズ」最新作が公開されますね。そこで、新旧6部作すべてに登場したプロトコル・ドロイド、C-3POについて語りたいと思います。「ああ、あのやかましい金ぴかね…」なんて思う方もいるでしょう。相棒のR2D2が勇敢な分「ダメな奴」「臆病もの」思われがちですが、彼だって結構できるドロイドですし、なにより萌えるドロイドなのです。

Read Article

スター・ウォーズの世界を鎧武者で再現!「名将MOVIE REALIZATION」が超カッコいい!

この冬に「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」が公開されるSF映画の金字塔スター・ウォーズシリーズ。第1作目の公開から38年が経過した今なお新たなファンを獲得し続けるスター・ウォーズに注目のフィギュアが登場しました!その名も「名将MOVIE REALIZATION」!スター・ウォーズのキャラを鎧武者に見立ててデザインされたフィギュアは超カッコいいですよ!

Read Article

『スター・ウォーズ』のグリーヴァス将軍には仲間になってほしかった(ネタバレあり)

『スター・ウォーズエピソード6』に登場した「悪役」グリーヴァス将軍。スピンオフアニメでも「敵キャラっぷり」が描かれていた彼ですが、戦士としての誇りはあるし、ヴィジュアルもそれなりにかっこいいしで、敵にしとくのがもったいないキャラだと思うのです。『少年ジャンプ』のごとく「敵キャラが仲間になる」パターン、アメリカにはそうそうないんでしょうかね…。

Read Article

スター・トレック BEYOND(Star Trek Beyond)のネタバレ解説・考察まとめ

世界的人気を誇るジーン・ロッデンベリーのオリジナル『スター・トレック』を元に、2009年にJ・J・エイブラムズによってリブートされた作品。本作はシリーズ3部作の最後を飾る。 ジャスティン・リン監督(『ワイルド・スピード』シリーズ)が指揮。 エイリアンの襲撃を受け、エンタープライズ号を脱出したクルー達。降り立った未知の惑星でクルー達の絆が試される。

Read Article

ブレードランナー(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ブレードランナー』とは、フィリップ・K・ディック作のSF小説「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?」の映画化作品。1982年公開。 レプリカントと呼ばれる、人間と区別がつきにくい人造人間6名が火星から地球へと逃亡してくるのをきっかけに、主人公リック・デッカードがレプリカント狩りのため復職につく。すべてのレプリカントを狩れるのか。人間と機械の違いとは何か。SF映画「禁断の惑星」や「メトロポリス」に次ぐSF映画の金字塔。

Read Article

LOST(ロスト)のネタバレ解説・考察まとめ

アメリカで2004年から2010年に掛けてシーズン1~6までの全121話が放送され、世界中を魅了したミステリーアドベンチャードラマ。エミー賞やゴールデングローブ賞など各賞を受賞し、熱狂的なファンを生み出すほどの社会現象を巻き起こした。飛行機事故で墜落したある島で、生存者たちの過去と島での日々そしてこれから起こる出来事が複雑に絡み合いながら、謎が謎を呼ぶ展開が繰り広げられていく。

Read Article

M:i:III(ミッション:インポッシブル3)のネタバレ解説・考察まとめ

往年の人気TVドラマ「スパイ大作戦」の映画化で、大ヒットスパイ・アクションにまで成長させたトム・クルーズ製作・主演のシリーズ第3弾。2006年公開のアメリカ映画。TVシリーズ「エイリアス」「LOST」で注目を集めたJ・J・エイブラムスの劇場映画初監督作品。フィアンセとの結婚を控え、一線を退き教官となった主人公イーサン・ハントが、凶悪な敵を前に世界を駆け巡り、再び危険なミッションに挑む。

Read Article

ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

往年の人気TVシリーズを、トム・クルーズ製作・主演、「Mr.インクレディブル」のブラッド・バード監督で映画化した大ヒット・アクションシリーズ第4弾。前作から5年後の2011年、日米同時公開。爆弾テロ犯の濡れ衣を着せられたイーサン・ハントとそのチームが、組織の後ろ盾を失いながらも事件の黒幕を突き止めるべく世界を股に過酷なミッションに挑む姿を圧倒的なスケールで描き出す。

Read Article

アデライン、100年目の恋(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『アデライン、100年目の恋』とは、2015年にアメリカ合衆国で製作された恋愛ファンタジー映画である。ある日、突然起きた事故により老化が止まったヒロイン「アデライン・ボウマン」は、100年の長い年月を若い容姿のまま過ごすことになる。以後、その年齢に伴わない美貌に疑問を抱いたFBIから目をつけられてしまう。その事をきっかけにアデラインは、一切の素性を隠し、長い逃亡人生を送ることになる。しかし、大晦日のパーティーで出会う男エリスと交際することになり、アデラインの人生に光が見えてくるのであった。

Read Article

博多華丸、大吉ついにYouTuberに挑戦!! 第八章 スターウォーズの名台詞を博多弁で言ってみた~

「華丸大吉ユーチューバーなりたい」も今回で八回目。今回は華丸と大吉それぞれがプレゼンした企画で YouTube動画作成。それぞれの企画から華丸と大吉それぞれの「個性」が表れているのがこの動画作品の特徴である。 また、所々に彼らの普段の姿を垣間見ることができる。一つの動画で二度楽しめる構成になっており、お得感満載の動画作品に仕上がっている。

Read Article

世界での評価も高い日本のCM カップヌードル編

1971年に販売が開始された、日清のカップヌードル。世界80カ国以上累計販売数300億食を超える日本を代表するロングラン&メガヒット商品です。 そんなカップヌードルですが、なんとCMは世界的な賞や使用曲が人気を博すなど話題に事欠かないのであります。 今回は、そんなカップヌードルのCMをその時代と共に紹介していきたいと思います。

Read Article

Youtuber「兄者弟者」さんたちのオススメ動画《FPS編》

大人気Youtuberの「兄者弟者」さんはご存知でしょうか?特に弟者さんの声が、声優の大塚明夫さんにそっくりなのです!くわえて非常にFPSゲームが上手いこともあり、現在チャンネル登録者数は100万人を突破した、有名な投稿者さんの一人なのです。今回はそんな「兄者弟者」さんが数多くアップロードした動画の中で、一度は見ておきたいオススメの《FPS》動画をまとめてみました。

Read Article

これだけはやっておけ!絶対にプレイしたいPS4超大作タイトル(FPS、RPG、オープンワールド)

発売当初の価格から現在は1万円引きの定価となったPS4。近年では有名メーカーから海外のカンパニーなどから、様々なジャンルのゲームが制作・発売されており、その画像の綺麗さや操作性の良さなど、納得のできるものばかりです。そんな数多く存在するPS4タイトルの中から、ゲーム好きなら絶対にプレイしておきたいオススメタイトルをまとめてみました。

Read Article

【あつ森】スター・ウォーズの世界を再現したマイデザインがすごい!【マイデザインIDまとめ】

大人気ゲームシリーズ「どうぶつの森」のニンテンドーSwitch専用ソフト『あつまれ どうぶつの森』では、服やタイルを自由にデザインして作る「マイデザイン」という機能があり、人気を博している。特に人気漫画などに出てくる服を再現したマイデザインはたびたびネット上で大きな話題になっている。Switchオンラインで公開されているマイデザインは自由に使うことができるので、大好きなあのキャラになりきることも可能だ。ここではSFアクション映画シリーズ「スター・ウォーズ」を再現したマイデザインを紹介する。

Read Article

目次 - Contents