宇宙人ポール(Paul)のネタバレ解説まとめ

『宇宙人ポール』とは、アメコミのイベントに参加するためイギリスからやって来たSFオタクの二人の男が、UFOの跡地巡りの旅の途中でポールと名乗る本物の宇宙人と遭遇し、彼を故郷の星に返してあげようと奮闘しまくるアメリカとイギリス製作のSFコメディ。2011年公開。様々なSF映画ネタが出てくるストーリーを担当したのは主演の二人を演じているサイモン・ペッグとニック・フロスト。

ポールの声を演じたセス・ローゲン

ゾイル捜査官(演:ジェイソン・ベイトマン、吹替:茶花健太)

政府機関で働く捜査官。
上司ビッグ・ガイの命令で、逃走した宇宙人ポールの行方を追っているが、最初はポールを捕えようとしているかに見えて、実はポールの味方だったことが最後に判る。基地で親しくなった彼を、生まれた星に返すために母星に連絡するのに協力したのもゾイルである。

ルース・バグス(演:クリスティン・ウィグ、吹替:日野由利加)

キャンピングカー用の車中泊施設を経営するモーゼの娘。幼い頃に目の病気にかかり左目が障害のために見えず、片側が黒い眼鏡をかけている。
父と同様に熱心なキリスト教信者で、最初はポールの存在を「この悪魔」と徹底的に否定するが、彼の能力で左目が見えるようになり、また彼の知識や経験を脳に送り込まれたことにより、今までの考え方を改める。でも急に言葉遣いが下品になり、グレアムやクライヴから引かれてしまうこともしばしば。
ポール達の旅の中でグレアムと恋仲になり、順調に愛を育んで2年後にグレアム達がコミコンにやって来た時もコスプレ姿で現れる。

ハガード捜査官(演:ビル・ヘイダー、吹替:加藤拓二)

政府機関で働く若手捜査官。
ゾイルの指示に従い、何を追いかけているのか知らされぬまま捜査を続けるが、モーゼの施設でグレアムの描いたポールの似顔絵を見つけ、またゾイルとビッグ・ガイの無線会話を盗聴し、探しているのは宇宙人なんだと気付く。
捜査の途中で、ゾイルから「基地に戻れ」と命じられるが、命令に背いてオライリー捜査官と共にポールの後を追う。だが、運転を誤り谷底に落ちて死んでしまう。

オライリー捜査官(演:ジョー・ロー・トルグリオ)

ハガードと行動を共にする政府機関の若手捜査官。
SFオタクで、捜査の途中でグレアム達のキャンピングカーを訪れた時、彼らがSF作家アダム・シャドウチャイルドと会ったと聞き羨ましがる。
ハガードと共にグレアム達を追いかけ、タラの家に入ったとき、ガス栓が開いたままなのに気付かず銃を撃ち大爆発を起こして焼死してしまう。

タラ・ウォルトン(演:ブライス・ダナー、吹替:滝沢ロコ) / 少女時代のタラ(演:ミア・スタラード)

幼い頃(1967年)、墜落した宇宙船から宇宙人ポールを助け看病した女性。
ポールが政府機関に連れ去られた後は、周囲にポールのことを話すが誰にも信じてもらえず非難され続ける孤独で辛い日々を送ってきた。
でも、60年ぶりに現れたポールを見て大喜びし、最後はポールと共に宇宙船に乗り込み彼の母星へと旅立っていく。
家の畑でマリファナを育てていて、それが生活費となっていたようだ。

1974年、少女時代のタラ

モーゼ・バグス(演:ジョン・キャロル・リンチ)

キャンピングカー用の車中泊施設の経営者で熱心なキリスト教信者。
施設の事務所で、息が続かず姿を現したポールを見て驚き、逃げる彼に銃をぶっ放す。娘のルースがポールやグレアム達とキャンピングカーに同乗していると知り、後を追いかける。
ポールが仲間の宇宙船との合流地点まで追いかけ彼に向けて銃を撃つが、ポールを助けようとしたグレアムの胸に弾丸が当たってしまう。
死んでしまったグレアムを、ポールが蘇生能力を使って生き返らせるのを見たモーゼは、「これは奇跡だ」と自分の今までの考えを改める。

ビッグ・ガイ(演:シガニー・ウィーバー、演:弥永和子)

政府機関で働くゾイル達の上司。
ポールの仲間の宇宙船との合流地点で初めて姿を現すが、何かのパーティに行く途中だったのかゴージャスなドレス姿で登場する。
部下達がなかなかポールを捕まえることが出来ず、業を煮やして自ら赴き、向かってくるグレアムやクライブ達をあっさり倒してポールを亡き者にしようと銃を向けるが、頭上に降りてきた宇宙船の階段にぺしゃんこにされ死んでしまう。

アダム・シャドウチャイルド(演:ジェフリー・タンバー、吹替:玉野井直樹)

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents