こみっくがーるず(第11話『人生のピークがきたんです』)のあらすじと感想・考察まとめ

0

学校の進路希望調査票に、なんと書こうか悩む薫子。そんな中、退寮の日が迫るまんが家寮では、倉庫の整理がはじめられた。みんなで片付けているとき、柱の落書きを目にした薫子は、そこにあった先輩たちの言葉に励まされ、ネームを描きまくる。薫子の原稿を読んだ編沢は、掲載が決まったことを薫子に伝えた。
今回は「こみっくがーるず」第11話『人生のピークがきたんです』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

「こみっくがーるず」第11話『人生のピークがきたんです』のあらすじ・ストーリー

琉姫 「みんな、書いた? これ」
食堂で、進路希望調査票を見せる琉姫。
小夢 「まんが家だよ」
琉姫 「さては、ちゃんと読んでないわね。第二希望まで書くことに、なってたじゃない」
小夢 「琉姫ちゃんは、なんて書いたの」
琉姫 「第二希望は保育士よ」
小夢 「なんで保育士?」
琉姫 「人手不足で需要あるし、資格を取れば、いろんな就職先があるからね」
翼 「るっきーなら、仕事の両立もできそうだね」
小夢 「わたしは、お菓子屋さんにしようかな。実家がお菓子屋さんだから」
薫子(かおす) 「わたしの実家も、いちおう小さな和菓子屋さんで」
小夢 「じゃあ二人で、和洋お菓子ユニットが組めるね」
琉姫 「まんが描くんだよね」
盛り上がっていた薫子と小夢は、ハッと我に返る。
琉姫 「つーちゃんは、なんて書くの」
翼 「まんが家以外、一ミリもやりたくない」
怖浦 「わたしはね、第二志望、介護系のお仕事って、いちお書いたよ。地元で働けそうなところ、けっこうあるから」
翼 「現実的に将来を考えているんだ」
怖浦 「ウソウソ。将来は立派なオバケになりたいの」
琉姫 「まともだと思われたくないの?」
そこへ花園が顔を出す。
花園 「もしかして進路のこと? わたしは悩んだ末、まんが家の道を選ばなかったのよ。こう見えても昔、わたしもあなたたちと同じような学生作家だったのよ。でもね、プロになると、すべて思い通りには描けないじゃない。この設定じゃ売れないとか読者が共感できないとか、そんなことばっかり考えてたら、なんか楽しくなくなってきちゃって」

以前から出ていた建て直し計画のため、寮の取り壊しが決まった。
『退寮のおしらせ 二月二日(土)までによろしくお願いします』
その掲示をながめた花園は、退寮の準備をするため、薫子たちを倉庫に案内する。
花園 「過去の寮生たちが、置いていったものがあるのよ」
翼 「これ初版本だ」
小夢 「カラーのラフスケッチとかもあるよ」
薫子(かおす) 「資料も、いっぱい」
花園 「いちいちお宝に感心してたら、今日中に終わらないわよ。テーマごとに分類して、箱にしまってね」

Comiga1152

花園 「テーマごとに分類して、箱にしまってね」

薫子(かおす) 「翼さん、進路希望調査票、書きましたか」
翼 「第一希望も第二希望も、まんが家って書いた。かおすは、どうしたの」
薫子(かおす) 「わたし、まだ書けなくって。もちろん、まんが家の道を進んでいきたいです。でも、ずっと歩き続けられるのかなって思うと、不安で……」
翼 「わたしだって、不安がないって言えばウソになる。でも今は、それを考えないようにしてるよ」
柱のポスターを見る翼。
翼 「これ、はずしておこうか。ボロボロだし」
薫子(かおす) 「はい、そうしましょう」
ポスターをどうしたら良いか、翼が花園にたずねているあいだ、薫子は柱の落書きに気付く。突然、つぶやきはじめた薫子。
薫子(かおす) 「そうですよね」
翼 「かおす?」
柱に向かって話す薫子。
薫子(かおす) 「はい、わたしもがんばります」
翼 「え、さっきから、がんばってるよね。片付け」
薫子(かおす) 「はい、これからも、思いきり、がんばります」
なぜか分からないが、急に元気になった薫子を、翼は怪訝そう見た。

Comiga1159

柱に向かって話す薫子

部屋で薫子が、ネームを描きまくっている。その様子を見た小夢。
小夢 「やっぱり、わたしも、もう少しがんばることにした」
薫子(かおす) 「はい、一緒にがんばりましょう」

原稿を編沢に渡す薫子。
編沢 「いっきに四本ですか」
薫子(かおす) 「もうすぐ寮にきて一年で、このまま終えると自己嫌悪で、つぶれてしまいそうで」
編沢 「さっそく拝見しますね」
一本目は、ラブコメまんがだ。
薫子(かおす) 「少女まんが家の子と話して、男性キャラの魅力をメインに考えてみたんですけど」
編沢 『男性キャラの魅力、かおす先生の考える。いったい、どんな』
そう思いながら、編沢は原稿をめくる。
編沢 「なんで薪割りしてるんですか、この人」
薫子(かおす) 「力強くて生命力に、あふれている魅力的なシーンって考えたら」
編沢 「学園ものですよね、休み時間に薪割りって……」

Comiga1176

薪割りをする男性キャラクター

次のネームは、エロまんがだ。
薫子(かおす) 「深夜のテンションで、すごくやりすぎてしまって」
編沢 「大丈夫です。かおす先生の絵なら、どんなエロ展開をやられても、真顔で目をそらすことなく読める自信があります」
原稿に目を通す編沢。
編沢 「パンチラ? この男子キャラ全然エロくないし、むしろエロより薪割りに必死だし。かおす先生の中で、パンチラは最大のエロですか。よくそれで、こういうのを描こうと思いましたね」
三本目は、異世界ファンタジーものだ。
編沢 「どこかで聞いたことのある要素だらけですね。ですがまあ、主人公のキャラしだいでバケますからね。主人公の魅力を印象づけるシーンが、上手く描けてさえいれば」
現われたのは、薪割りシーンだった。編沢は頭をかかえる。
四本目は、女子高生の日常的な話だ。
編沢 「これ悪くないかも。登場人物がすごく生き生きしていて、なによりカワイイ」
薫子(かおす) 「それ、いろいろ考えられなくて、なんとなく頭に浮かんだものを描いただけで」
編沢 「それゆえに、よけいな設定や小細工がなくて読みやすい。力が抜けて、自然体のかおす先生らしさが出てる、ような気もするんですが、ちょっと判断力がにぶってきたので、明日もう一回読んで連絡します」
寮への帰り道、薫子は倉庫の落書きを思い出していた。
『祝ボツ地獄脱出!! 頑張った甲斐があったわぁ!!』
『努力に勝る天才なしっ!!』
『プロになる秘訣。漫画が好きであること! 続けていくこと! そして踏み出せ、小さなこの勇気が、いつか輝けるように』

D0e0a543 s

倉庫の落書き

部屋で、編沢の連絡を待っていた薫子の電話が鳴る。
編沢 「掲載、決まりました」
ショックのあまり、言葉が出ない薫子。
編沢 「連続ゲスト前後編で、いけますか? 反応が良ければ連載につながりますよ」
連続ゲストという言葉に感激しすぎて、ベッドから落ちる薫子。一度だけの掲載にとどまらず、前編と後編の二度もゲスト掲載してもらえるのだ。
薫子(かおす) 「人生のピークが、きたんです。もう悔いはありません」

薫子は小夢たちに、掲載のことを報告した。
翼 「ホント良かった」
琉姫 「かおすちゃん、がんばってたものね」
小夢 「やったね、かおすちゃん」
薫子(かおす) 「はい、なんとか」
学校で、進路希望調査票を取り出す薫子。第一希望欄には 『まんが家さんです』 と書かれていた。

「こみっくがーるず」第11話『人生のピークがきたんです』の感想・考察

「こみっくがーるず」アニメ全話のネタバレ解説まとめ

renote.jp

essaywriter
essaywriter
@essaywriter

Related Articles関連記事

こみっくがーるず(Comic Girls)のネタバレ解説まとめ

『こみっくがーるず』とは、はんざわかおりによる4コマ漫画作品、及びそれを原作としたアニメ作品である。15歳の女子高校生・萌田薫子、ペンネーム 『かおす』 は、文芳社のまんが雑誌で4コマまんがを描きながら、ルームメイトの恋塚小夢、先輩まんが家の色川琉姫や勝木翼と一緒に、寮生活をおくるのであった。カワイイ女の子たちの織りなす日常を覗き見ることができる、ガールズ・シチュエーション・コメディ。

Read Article

こみっくがーるず(第8話『わんにゃんにゃんわんまつり』)のあらすじと感想・考察まとめ

またネームがボツになった薫子。落ち込んでいる間もなく、学校のテスト勉強をしなければならない。しかし、小夢ともども勉強の仕方が分からないため、琉姫と翼に助けを求める。元まんが研究部の編沢、虹野、花園は、寮にある花園の家で飲み会をすることに。薫子の様子が気になった編沢は、コッソリ彼女の部屋をのぞく。すると、苦しんでいる薫子の姿があった。 今回は「こみっくがーるず」第8話『わんにゃんにゃんわんまつり』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

こみっくがーるず(第5話『編沢さんコスプレするんですか?』)のあらすじと感想・考察まとめ

夏がやってきた。海水浴に訪れた薫子たちは、水着で盛り上がる。次の日、部屋にこもってゲームに熱中する薫子と翼。小夢と琉姫は、ショッピングだ。翼に対する気持ちの正体と、連載まんがを描くための経験不足について悩んでいた小夢は、翼と遊園地デートすることになるが、そこで意外な人物に出会う。 今回は「こみっくがーるず」第5話『編沢さんコスプレするんですか?』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

こみっくがーるず(第9話『かおスパイラル』)のあらすじと感想・考察まとめ

小夢のまんがが、カラーで雑誌に掲載された。自分との違いは、お出かけすることだと考えた薫子は、小夢について街へくり出す。ヒロイン像である小夢を信用しきる翼に、小夢は翼自身の女の子らしさを取り戻してもらおうとする。太ってしまった小夢は、お菓子をがまんしてやせようとするが、それがまんがに影響してしまう。学校で原稿をなくしてしまった翼。そこへ知らない女の子が現われる。 今回は「こみっくがーるず」第9話『かおスパイラル』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

こみっくがーるず(第2話『今日から学校でした』)のあらすじと感想・考察まとめ

薫子(かおす)は、寮の仲間たちと新宿にある画材屋へ行くことにした。そこで、普段はクールな翼のいつもと違う一面を見せられる。翌日、転校生として新しい学校へ入学した薫子と小夢。社交的な小夢に比べ、内気でクラスに馴染めない薫子を自分の妹のように気遣う琉姫であった。新人まんが家たちの学校生活が、いよいよスタートする。 今回は「こみっくがーるず」第2話『今日から学校でした』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

こみっくがーるず(第6話『丸刈りにしてきます』)のあらすじと感想・考察まとめ

幽霊を見てしまう薫子。しかしその正体は、先輩まんが家の怖浦だった。どうしても怖浦がコワイ薫子のために、琉姫たちは、なんとかしようと部屋にこもる。担任の虹野は、コスプレのことが薫子たちに、ばれていないか心配でならなかった。そんなとき、翼がノートに描いた暗黒勇者の絵を見てしまう。問いただす虹野に、翼は暗黒勇者のどこが好きなのかと切りかえす。 今回は「こみっくがーるず」第6話『丸刈りにしてきます』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

こみっくがーるず(第10話『みちるばっかり愛されてずるい』)のあらすじと感想・考察まとめ

クリスマス、彼氏がいないことを気にする琉姫は、原稿が手につかない。その上、自分の誕生日も忘れてしまう。年末、帰郷の準備をする四人だが、薫子だけ母親への連絡ミスで帰れないことに。代わりに翼の家へ行く。そこで薫子はいつもと違う翼の姿を見る。初詣から戻った四人は、焼きイモをするため、ボツネームの原稿を燃やす。 今回は「こみっくがーるず」第10話『みちるばっかり愛されてずるい』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

こみっくがーるず(第3話『プニプニポヨンですね』)のあらすじと感想・考察まとめ

薫子(かおす)は、担当編集者の編沢にネームの考え直しを要求される。まんが家寮の仲間たちに相談しダメ出しを受けながらも、寮母である花園のアドバイスで、画力を上げるためのスケッチ大会をはじめることにした。だが薫子は、ネーム作りに夢中になるあまり、身体をこわしてしまう。心配した花園は、薫子のためにある工夫をする。 今回は「こみっくがーるず」第3話『プニプニポヨンですね』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

こみっくがーるず(第7話『ここは天国ですか!?』)のあらすじと感想・考察まとめ

アシスタントをするため怖浦の部屋にきた薫子は、怖浦も自分と同じ東北出身であることを知る。メガネをかけた大人の女性にあこがれる薫子は、メガネを買いに、ひとりで秋葉原を訪れた。しかし、警官に声をかけられ、すっかりおじけづいてしまう。そこへ小夢たちが現われ、立ちなおる薫子。メガネ店に到着した四人は、偶然、編沢と虹野に出会う。 今回は「こみっくがーるず」第7話『ここは天国ですか!?』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

こみっくがーるず(第1話『アンケート、ビリですか!?』)のあらすじと感想・考察まとめ

15歳の女子高校生・萌田薫子、ペンネーム 『かおす』 は、文芳社のまんが雑誌で4コマまんがを描いている。評判が思わしくなく気の弱い薫子のことを心配した、担当編集者である編沢まゆは、まんが家ばかりが集まる女子寮を勧める。ルームメイトの恋塚小夢、先輩まんが家の色川琉姫や勝木翼と一緒に、まんが家生活をはじめる薫子であった。 今回は「こみっくがーるず」第1話『アンケート、ビリですか!?』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

こみっくがーるず(第12話『いってらっしゃいませ、立派な漫画家さまたち』)のあらすじと感想・考察まとめ

退寮まで、あと十日。家へ帰るべく準備を進めていた小夢、琉姫、翼、怖浦。しかし薫子は、緊張とプレッシャーで身も心も弱ってしまい、まったく原稿が手につかない。そしてとうとう、ひとりぼっちになってしまったとき、母親が訪ねてくる。甘い声をかける母親に薫子は、寮にいるあいだに自分の力で原稿を終わらせたいと伝える。 今回は「こみっくがーるず」第12話『いってらっしゃいませ、立派な漫画家さまたち』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

こみっくがーるず(第4話『くんずほぐれつランデヴー』)のあらすじと感想・考察まとめ

あいかわらず、手書き原稿の作業が苦手な薫子(かおす)。ある日、琉姫の部屋の隅で放ったらかしになっていたパソコンに気付くと、機械オンチな琉姫の代わりに、セッティングをしてあげることに。ティーンズラブまんが家の琉姫は、間違った道を歩んでいるのではないかと思い悩んでいた。そんなとき、サイン会の依頼がきてしまう。 今回は「こみっくがーるず」第4話『くんずほぐれつランデヴー』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

目次 - Contents