キングダム ハーツ 358/2 Days(KH 358/2 Days)のネタバレ解説まとめ

『キングダム ハーツ 358/2 Days』とは、2009年にスクウェア・エニックスより発売されたニンテンドーDS向けのゲーム。
『キングダム ハーツCOM』と『キングダム ハーツII』の間のストーリーをキングダム ハーツIIで登場したロクサスの視点で描かれる。
今作はロクサスがXIII機関に居た頃、任務をこなしながら他メンバーのシオンやアクセルとの交流を描いたストーリーとなっている。

トワイライトタウンに住んでいる少年。
ハイネ、オレットとよく遊んでいる。
実は怪談が好きな機械オタクでもある。
しかし、本作ではその一面は見ることができない。

オレット(CV:平澤優花)

トワイライトタウンに住んでいる少女。
ハイネ、ピンツとよく行動し、遊んでいる。
買い物と裁縫が好きで、ピンツはよく買い物に付き合わされている。

『キングダム ハーツ 358/2 Days』の用語

キングダム ハーツ

様々な心の集合体であり、「大いなる心」などと呼ばれるこのシリーズのタイトル。
シリーズを通しての全ての戦いの根元であり、一番の重要ワード。

本作では、XIII機関がキーブレードでハートレスを倒したときに現れる心を集め、キングダム ハーツを人工的に作り出そうとする。
そうして出来たキングダム ハーツを、心を失ったノーバディである機関が手にいれることで、強大な力を得られ、完全な存在になるのを目的としていた。

ハートレス

KHシリーズにおいて、最も多い敵。
人間の心が完全に闇に染まると生まれる存在。
ハートレスという名前に反して、心を中心として生まれる。
ハートレスは、人の心の闇に反応し、心を奪おうと人間に襲いかかる。
キーブレードでないと攻撃することは出来ず、倒した後に解放される心は元の人間の元へ戻る。

ノーバディ

強い心を持った者がハートレスになった際、心が抜けた肉体と魂から生まれる存在。
その為、KHシリーズでは「存在しない者」「人の半分」等と言われている。
ハートレスと違い、特殊な状況下で生まれる存在の為、数はハートレスよりも少ない。
しかし、元々強い心を持った者が本体の為、ある程度の知能はある。
様々な種類が存在しているが、一番弱いダスクからXIII機関まで、その強さにもバラツキがある。

XIII機関

特に強い心を持った者が人であった頃の姿をしたままノーバディとなった者を集めた組織。
特殊な状況下で生まれるノーバディの中でも更に特殊な存在。
機関員全員が、フード付の黒コートを着ていて、このコートが機関の象徴となってる。
機関員の名前は、リーダーであるゼムナスが与えた。
人間だった頃の名前にXを加え、更にアナグラムした構成になっている。
存在しなかった城を拠点にしており、機関員は城のロビーにてサイクスからミッションを受け取り、任務に出かける。

忘却の城

XIII機関の様々な研究に使われている、真っ白な城。
COMではこの城をメインにストーリーが繰り広げられる。
「手に入れる代わりに失い、失う代わりに手に入れる場所」と言われている。
地上13階、地下12階と、内部はかなり広い。
その為か、機関トップのゼムナスですら見つけられない部屋が存在しているらしく、サイクスはアクセルにその部屋を探すように命じていた。
また、ヴィクセンがレプリカ計画を研究・実験していた場所でもあり、シオンはここで生まれた。
ストーリー内では、自分の事を知る為に訪れたシオンが、その研究資料を読んでしまい、自分の正体を知ってしまった。

レプリカ計画

XIII機関の科学者である、ヴィクセンを主導とし、忘却の城で進められていた計画。
元々は、ヴィクセンが趣味のようなものとして行っていた実験であり、キーブレードの勇者をコピーし、機関に従うキーブレード使いを人工的に増やすという計画であった。
ナミネを手に入れたヴィクセンは、ナミネの力でソラの記憶を書き換え、機関の言いなりになるようにする。
その途中、バラバラになったソラの記憶からソラの力をコピーしたレプリカを作るという流れだった。
しかし、COMでヴィクセンが消滅し、シオンという存在を作り出したものの、シオンは強い自我を持ってしまい、自らの正体まで知ってしまい機関を脱走するという機関にとっては想定外の事が起きてしまう。
更に、シオンは必要以上にロクサスの力を吸収してしまっていた為、キーブレード使いを持て余したXIII機関はシオンを消滅させるよう動き出す。
しかし、その後ロクサスまで脱走をしてしまった為にレプリカ計画は破綻。
最終的なキングダム ハーツ完成の為にはキーブレード使いが必要だった為、目覚めたソラにハートレス退治をさせるという結果となった。

『キングダム ハーツ 358/2 Days』の主題歌・挿入歌

主題歌:宇多田ヒカル『Passion』

KHII同様、主題歌は宇多田ヒカルのPassion

ラストバトルBGM:下村陽子『Vector to the Heavens』

ファンの間でも人気の、ロクサスとシオンの最後のバトル時BGM

『キングダム ハーツ 358/2 Days』の裏話・トリビア・小ネタ/エピソード・逸話

王様の帰還

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

キングダム ハーツII(Kingdom Hearts II、KH2)のネタバレ解説まとめ

『キングダム ハーツII』とは、2005年にスクウェア・エニックスより発売されたPS2向けのゲーム。 『キングダム ハーツ チェイン オブ メモリーズ』終了後のストーリーでFF、ディズニーキャラも多数出ている。 今作は、トワイライトタウンに住む少年・ロクサスが奇妙な事件に巻き込まれるところから始まり、前作で眠っていたソラが目覚め、新しい力を手に入れ世界を巡る旅に再び出発するストーリーとなっている。

Read Article

キングダム ハーツ コーデッド(KH coded)のネタバレ解説まとめ

『キングダム ハーツ コーデッド』とは、2009年にスクウェア・エニックスより配信されていた、携帯電話専用のゲーム。 1ヵ月ごとにシナリオの追加配信が行われるという、本シリーズでは初の試みをした作品である。 その後の2010年にはニンテンドーDS向けにリメイクされた、『キングダム ハーツ Re:コーデッド』も発売されている。今作は『KH2』後の物語であり、謎のメモを発端にバグが発生したデータ世界に、ソラが入り込み、「触れてはいけない秘密」に迫るストーリーとなっている。

Read Article

キングダム ハーツ(Kingdom Hearts、KH)のネタバレ解説まとめ

「キングダム ハーツ」とは2002年3月28日にスクウェア・エニックスより発売されたPlayStation2用のゲーム作品。ウォルト・ディズニー社とのコラボ作品。ジャンルはアクションRPG。2011年の時点で国内のみで約150万本、全世界で約600万本を売り上げるヒット作となる。 物語は主人公ソラが異世界に飛ばされた友達を探すためにディズニーキャラクターと共に世界を旅するものとなっている。

Read Article

キングダム ハーツ バース バイ スリープ(KHBbS)のネタバレ解説まとめ

『キングダム ハーツ バース バイ スリープ』とは、2010年にスクウェア・エニックスより発売された、PSP向けのアクションRPG。シリーズ初の主人公3人体制となっており、それぞれのシナリオは独立している。 3人分全てのストーリーをクリアすることで、物語の全貌が明かされる。時系列は最も過去に位置する。 今作はKHの10年前を舞台に、キーブレードマスター承認試験から動き始めた運命にテラ、アクア、ヴェントゥスがそれぞれの友の為にキーブレードを手に戦うストーリーとなっている。

Read Article

キングダム ハーツ チェイン オブ メモリーズ(KH COM)のネタバレ解説まとめ

『キングダム ハーツ チェイン オブ メモリーズ』とは、2004年にスクウェア・エニックスより発売されたGBA向けのゲーム。 『キングダム ハーツ』終了直後のストーリーであり、後にPS2向けの『キングダム ハーツII ファイナル ミックス+』発売時に『Re:チェイン オブ メモリーズ』としてリメイク・同梱された。 今作は、ソラが行方不明になったリクや王様を探す為、進むほどに記憶を失う不思議な城で謎の組織XIII機関と戦うものとなっている。

Read Article

キングダム ハーツ 3D [ドリーム ドロップ ディスタンス](KH3D)のネタバレ解説まとめ

『キングダム ハーツ 3D [ドリーム ドロップ ディスタンス]』とは、2012年3月29日にスクウェア・エニックスより発売されたニンテンドー3DS用のアクションRPG。KH『Re:コーデッド』後のストーリーとなっていて、ソラとリクを交互に操作することで物語は進んでいく。 今作では、ソラとリクのキーブレードマスター承認試験にて、二人は眠りについてしまった世界を救うべく旅へと出かける。

Read Article

キングダム ハーツ キー(KHχ)のネタバレ解説まとめ

『キングダム ハーツ キー』とは、スクウェア・エニックスが制作・運営し、Yahoo!ゲーム等で展開されていたブラウザゲームで、シリーズ初となる基本プレイ無料のゲーム内課金制のソーシャルゲームとなっている。2016年9月にサービス終了、その後は『アンチェインド キー』『ユニオン クロス』とスマホアプリ化されている。 本作はプレイヤーがキーブレード使いとなり、チリシィと共に世界を旅する中で、伝説のキーブレード戦争へと近付くストーリーとなっている。

Read Article

宇多田ヒカル(Hikaru Utada)の徹底解説まとめ

宇多田ヒカルとは、日本を代表する女性のシンガーソングライター。1998年「Automatic / time will tell」でデビュー。自ら作詞作曲をし魅力的なハスキーボイスと抜群の歌唱力で世代を問わず圧倒的な人気を博す。後に発売したアルバム「First Love」が国内外で990万枚を超えるセールスを記録。2010年に「人間活動に専念するため」無期限の活動休止を報告。2016年活動再開。

Read Article

【スマホアプリ】キングダムハーツアンチェインドキーの魅力【KHUx】

リリースしてから爆発的な人気のスマホアプリ「キングダムハーツアンチェインドキー」は、次のキングダムハーツシリーズ最新作「キングダムハーツ3」へと続く物語を追うことができるんです。キングダムハーツシリーズのファンはもちろんのこと、キングダムハーツに初めて触れる人でも楽しむことができる「キングダムハーツアンチェインドキー」の魅力を、たっぷりご紹介します!

Read Article

【KHUx】アビリティレベルを上げる方法【キングダムハーツアンチェインドキー】

スマホアプリ「キングダムハーツアンチェインドキー」では、メダルを強化するための方法はみっつ。ひとつめはレベルを上げ、レアリティを上げていくこと。もうひとつは、スキルをおぼえさせること。そしてもうひとつが、アビリティレベルを上げることです。アビリティレベルの上げ方は以前もちらっと紹介しましたが、今回は更に詳しく紹介したいと思います。

Read Article

【キングダムハーツアンチェインドキー攻略】攻撃力UPアビリティが強い!【KHUx】

リリース直後から強い人気を博している「キングダムハーツアンチェインドキー」では、攻撃アビリティ、回復アビリティの他に、味方の攻撃力を上げる効果を持つメダルがあります。今回は、攻撃力UPのアビリティを持つメダルをご紹介します!攻撃力UPがどのくらい強いのか、どうやって使うのか、などもご紹介しますので、この機会にぜひチェックしてください!

Read Article

目次 - Contents