キングダム ハーツ 358/2 Days(KH 358/2 Days)のネタバレ解説まとめ

『キングダム ハーツ 358/2 Days』とは、2009年にスクウェア・エニックスより発売されたニンテンドーDS向けのゲーム。
『キングダム ハーツCOM』と『キングダム ハーツII』の間のストーリーをキングダム ハーツIIで登場したロクサスの視点で描かれる。
今作はロクサスがXIII機関に居た頃、任務をこなしながら他メンバーのシオンやアクセルとの交流を描いたストーリーとなっている。

これまでのキングダム ハーツシリーズ同様、アクションRPGとしてロクサスを主人公にストーリーを進めていくモード。
機関メンバーのサイクスよりミッションを言い渡され、XIII機関の本拠地「存在しなかった城」から様々なワールドに行く。
キーブレードによりハートレスを倒しハートを回収したり、特定ハートレスの討伐やワールドの調査まで幅広いミッションをこなしていく。
その日に受け取ったミッションをクリアすると「DAY」が進み、ストーリーが進行していく。
ただし、従来のようにディズニーキャラクターと協力することはなく、ディズニーワールドには行くが、今までのシリーズとは少し異なるシステムとなっている。
また、ロクサス一人で行うミッションもあれば、他の機関メンバーと同行することもあり、ディズニーキャラに代わって機関メンバーがロクサスを手助けしてくれるキャラとなる。

ミッションの種類

ストーリーモードでのミッションについては、「通常ミッション」と「キーミッション」の2種類がある。
「キーミッション」は、ストーリーを進める為の文字通り「キー」となるミッション。
ただし、一つではなく、ストーリー進行にはキーミッションを一定数クリアする必要がある。
「通常ミッション」は、サイクスから受け取るミッションを複数の中から選択出来る時もあり、その中にあるキーミッション以外のもの。
クリア後「DAY」としては進むが、ストーリー進行はしない。

ただし、キーミッション、通常ミッション関係なく、クリアすれば「報酬ゲージ」は溜まる。
報酬ゲージが溜まれば、ミッションクリア時にもらえる報酬倍率も上がる為、多くの報酬を獲得したい場合は通常ミッションもやる必要がある。

また、通常ストーリーモードのミッションは受領可能な期間が決まっていて、期限を過ぎた後はミッションが出来なくなる。
しかし、スタートメニューの「ホログラムミッション」を選択すると、過去のミッションに何度でも挑戦できる。
ホログラムミッションでは、ノーマルミッション中に手に入る「試練の証」を集めることで「トライアルミッション」というノーマルミッションよりも難しいミッションが出来るようになる。

パネルシステム

本作特有のシステムであり、キャラクターのカスタマイズに使う。
武器、魔法、アイテム、アビリティやレベルまで、全ての機能がパネルによって制御される。
スロットに様々なパネルを配置することにより、キャラクターの能力などを自由にカスタマイズ出来る。
挑戦するミッションにより、必要な攻撃・能力が違ってくる為、ミッションごとに合わせてカスタマイズすることが、本作の重要ポイントである。
DSの機能を使い、操作自体はボタン・タッチ、両方可能。

ミッションモード

マルチプレイが可能なミッションモード

ストーリーモードと同じセーブデータを使い、ホログラムミッションに最大4人で挑戦出来るモード。
DSのワイヤレス通信でマルチプレイが出来るたり、4人のパーティを組むのはDSで発売した本作が初。
しかし、DSカードは人数分必要となる。
XIII機関全員を含めた全19人からキャラクター選択が可能だが、同じキャラクターの選択は出来ない。
また、「最大4人」の為、1人や2人など少人数で挑む事も可能となっている。
ただしミッションの難易度調整は4人プレイが前提となっている為、少人数で挑むには難易度が高い。

ミッションが終わり、成績の良かった上位プレイヤーには「ミッションクラウン」が与えられる。
集めることでモーグリショップにて景品がもらえるようになる。
協力プレイももちろん可能だが、設定変更により、仲間にも攻撃が可能となる。

ミッション挑戦の条件

ミッションモードでのミッション挑戦の条件は2つ。
・親機でミッション選択したプレイヤーがミッション中の「共闘の証」を手に入れていること
・子機プレイヤーが挑戦しようとするミッションで決められている階級に達していること

基本的に階級はストーリーモードを進めていくと自動的に上がるものの為、子機プレイヤーも自身の本作のデータが必要となる。

パネルシステム

ストーリーモード同様、キャラクターのカスタマイズに使うシステム。
ストーリーモードで入手したパネルと共通である為、ストーリーモードで強力なパネルを手に入れておくとミッションモードでも有利に戦える。
キャラクターの性能により、パネルとの相性がある為、やはりこのモードでもキャラクターやミッションに合ったカスタマイズをする必要がある。

ミッションコンフィグ

コンフィグでは、その名の通り細かなルールを設定できる。

このコンフィグでは、受けるダメージの増加や与えるダメージの減少、魔法や回復アイテムの使用の有無、仲間への攻撃が当たるかの有無といった細かなルールを設定することが可能。

チャットリンゲージ

DS向けソフトである本作でDSらしい機能が使えるチャットリンゲージ。
下画面は通常マップ画面だが、ミッション中はタッチスクリーンでメッセージを書き込む機能に切り替えることが出来る。

『キングダム ハーツ 358/2 Days』の登場人物・キャラクター

XIII機関

ロクサス(CV:内山昂輝)

本作の主人公でありXIII機関のNo.13。
KHにて、カイリを助けようとしたソラが、闇に心を呑まれ一時的にハートレスになった際に生まれた、ソラのノーバディ。
その為、キーブレードを使う事が出来、生まれて間もなく機関の13人目としてゼムナスに連れてこられた。
ソラがハートレス化した時間が短い中で生まれた更に特殊なノーバディの為、人間であった頃の記憶を持たない。
生まれた直後は、基本的にぼんやりしており、感情もあまり無かった為、疑問をそこまで持つことなく機関に従っている。
アクセル、シオンと時計台での交流を重ねるうちに、感情が芽生えるようになる。
その影響で、機関への不信感や、夢に出てくる本体であるソラの存在、自分が何者なのかという疑問が出て来てしまう。
答えを探す為に、機関を脱走。
シオンの消滅をきっかけとして、機関を完全に抜ける事を決意。

アクセル(CV:藤原啓治)

XIII機関のNo.8。
新入りであるロクサスの教育係。
任務後の時計台でのアイスタイムを通じてロクサスとは親友となる。
また、その後はロクサス繋がりで、シオンとも親友となり、二人を個人的にフォローするようになった。
その後、脱走したロクサスとシオンを連れ戻そうとするが結果として連れ戻す事は叶わなかった。
そして、ソラに還ろうとしていたシオンと戦う事になってしまった際に、会話した内容からは、アクセルの複雑な心境がよく表れている。
結果、アクセルが勝利し、シオンが消滅したことにより、アクセルの中のシオンの記憶も無くなってしまう。

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

キングダム ハーツ バース バイ スリープ(KHBbS)のネタバレ解説まとめ

『キングダム ハーツ バース バイ スリープ』とは、2010年にスクウェア・エニックスより発売された、PSP向けのアクションRPG。シリーズ初の主人公3人体制となっており、それぞれのシナリオは独立している。 3人分全てのストーリーをクリアすることで、物語の全貌が明かされる。時系列は最も過去に位置する。 今作はKHの10年前を舞台に、キーブレードマスター承認試験から動き始めた運命にテラ、アクア、ヴェントゥスがそれぞれの友の為にキーブレードを手に戦うストーリーとなっている。

Read Article

キングダム ハーツ チェイン オブ メモリーズ(KH COM)のネタバレ解説まとめ

『キングダム ハーツ チェイン オブ メモリーズ』とは、2004年にスクウェア・エニックスより発売されたGBA向けのゲーム。 『キングダム ハーツ』終了直後のストーリーであり、後にPS2向けの『キングダム ハーツII ファイナル ミックス+』発売時に『Re:チェイン オブ メモリーズ』としてリメイク・同梱された。 今作は、ソラが行方不明になったリクや王様を探す為、進むほどに記憶を失う不思議な城で謎の組織XIII機関と戦うものとなっている。

Read Article

キングダム ハーツ 3D [ドリーム ドロップ ディスタンス](KH3D)のネタバレ解説まとめ

『キングダム ハーツ 3D [ドリーム ドロップ ディスタンス]』とは、2012年3月29日にスクウェア・エニックスより発売されたニンテンドー3DS用のアクションRPG。KH『Re:コーデッド』後のストーリーとなっていて、ソラとリクを交互に操作することで物語は進んでいく。 今作では、ソラとリクのキーブレードマスター承認試験にて、二人は眠りについてしまった世界を救うべく旅へと出かける。

Read Article

キングダム ハーツII(Kingdom Hearts II、KH2)のネタバレ解説まとめ

『キングダム ハーツII』とは、2005年にスクウェア・エニックスより発売されたPS2向けのゲーム。 『キングダム ハーツ チェイン オブ メモリーズ』終了後のストーリーでFF、ディズニーキャラも多数出ている。 今作は、トワイライトタウンに住む少年・ロクサスが奇妙な事件に巻き込まれるところから始まり、前作で眠っていたソラが目覚め、新しい力を手に入れ世界を巡る旅に再び出発するストーリーとなっている。

Read Article

キングダム ハーツ コーデッド(KH coded)のネタバレ解説まとめ

『キングダム ハーツ コーデッド』とは、2009年にスクウェア・エニックスより配信されていた、携帯電話専用のゲーム。 1ヵ月ごとにシナリオの追加配信が行われるという、本シリーズでは初の試みをした作品である。 その後の2010年にはニンテンドーDS向けにリメイクされた、『キングダム ハーツ Re:コーデッド』も発売されている。今作は『KH2』後の物語であり、謎のメモを発端にバグが発生したデータ世界に、ソラが入り込み、「触れてはいけない秘密」に迫るストーリーとなっている。

Read Article

キングダム ハーツ(Kingdom Hearts、KH)のネタバレ解説まとめ

「キングダム ハーツ」とは2002年3月28日にスクウェア・エニックスより発売されたPlayStation2用のゲーム作品。ウォルト・ディズニー社とのコラボ作品。ジャンルはアクションRPG。2011年の時点で国内のみで約150万本、全世界で約600万本を売り上げるヒット作となる。 物語は主人公ソラが異世界に飛ばされた友達を探すためにディズニーキャラクターと共に世界を旅するものとなっている。

Read Article

キングダム ハーツ キー(KHχ)のネタバレ解説まとめ

『キングダム ハーツ キー』とは、スクウェア・エニックスが制作・運営し、Yahoo!ゲーム等で展開されていたブラウザゲームで、シリーズ初となる基本プレイ無料のゲーム内課金制のソーシャルゲームとなっている。2016年9月にサービス終了、その後は『アンチェインド キー』『ユニオン クロス』とスマホアプリ化されている。 本作はプレイヤーがキーブレード使いとなり、チリシィと共に世界を旅する中で、伝説のキーブレード戦争へと近付くストーリーとなっている。

Read Article

宇多田ヒカル(Hikaru Utada)の徹底解説まとめ

宇多田ヒカルとは、日本を代表する女性のシンガーソングライター。1998年「Automatic / time will tell」でデビュー。自ら作詞作曲をし魅力的なハスキーボイスと抜群の歌唱力で世代を問わず圧倒的な人気を博す。後に発売したアルバム「First Love」が国内外で990万枚を超えるセールスを記録。2010年に「人間活動に専念するため」無期限の活動休止を報告。2016年活動再開。

Read Article

【キングダムハーツアンチェインドキー攻略】攻撃力UPアビリティが強い!【KHUx】

リリース直後から強い人気を博している「キングダムハーツアンチェインドキー」では、攻撃アビリティ、回復アビリティの他に、味方の攻撃力を上げる効果を持つメダルがあります。今回は、攻撃力UPのアビリティを持つメダルをご紹介します!攻撃力UPがどのくらい強いのか、どうやって使うのか、などもご紹介しますので、この機会にぜひチェックしてください!

Read Article

【スマホアプリ】キングダムハーツアンチェインドキーの魅力【KHUx】

リリースしてから爆発的な人気のスマホアプリ「キングダムハーツアンチェインドキー」は、次のキングダムハーツシリーズ最新作「キングダムハーツ3」へと続く物語を追うことができるんです。キングダムハーツシリーズのファンはもちろんのこと、キングダムハーツに初めて触れる人でも楽しむことができる「キングダムハーツアンチェインドキー」の魅力を、たっぷりご紹介します!

Read Article

【KHUx】アビリティレベルを上げる方法【キングダムハーツアンチェインドキー】

スマホアプリ「キングダムハーツアンチェインドキー」では、メダルを強化するための方法はみっつ。ひとつめはレベルを上げ、レアリティを上げていくこと。もうひとつは、スキルをおぼえさせること。そしてもうひとつが、アビリティレベルを上げることです。アビリティレベルの上げ方は以前もちらっと紹介しましたが、今回は更に詳しく紹介したいと思います。

Read Article

目次 - Contents