ロッキー5/最後のドラマ(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ロッキー5/最後のドラマ』とは、1990年製作のアメリカ映画。ボクシングに挑む1人の男の愛と闘いを通して、サクセス・ストーリーを描いてきた『ロッキー』シリーズの第5作にして完結篇。シリーズ1作目で監督を務めたジョン・G・アヴィルドセンを再び監督として招き、脚本・主演はシルヴェスター・スタローンが務める。脳へのダメージからボクサーを引退し、財産も失い、原点であるフィラデルフィアの下町に戻ったロッキーが、新人ボクサーを育成しトレーナーとして第二の人生を歩む姿を描く。

カーマイン神父(演:ポール・J・マイケル)

フィラデルフィアにある教会の神父。
かつてロッキーとエイドリアンの結婚式に立ち会った。
ロッキーにはいつも教会の外から声を掛けられ、2階の窓から祈りを捧げる。

トニー(演:トニー・バートン)

ロッキーのトレーナーとしてロシアでのドラゴ戦に同行していた。
冒頭、ロッキーが試合後にシャワーを浴びている最中に「エイドリアンを呼んでくれ」と突然言われる。
前作での名はデュークだったが、本作ではトニーと呼ばれている。

ミッキー(演:バージェス・メレディス)

ロッキーのボクシングマネージャーで故人。(シリーズ3作目で死去)
引退を決めたロッキーが、ジムを訪れた時にロッキーの回想で登場する。
また、ロッキーがトミーにKOされそうになった時には、ロッキーの頭の中に現れ、鼓舞して立ち上がらせる。

『ロッキー5/最後のドラマ』の名言・名セリフ/名シーン・名場面

俺たちはチームだ。"Home team."

ロッキーが引退、破産宣告し、競売に掛けられた家を出なければならなくなった時。ジュニアが下町の学校に初登校する時。クリスマスの夜に怒って家を出たジュニアに謝りに行った時。いずれもロッキーが息子のジュニアを勇気づけるために何度となく発した言葉である。ただ一度だけ、ロッキーの家の地下室でトミーと意気投合している時にトミーに対して発している。

本作のストーリーはロッキーとジュニアの親子の絆を中心に描かれているが、そのキーワードとして何度か登場するセリフとなっている。
トミーに対して発した時には、ロッキーとジュニアとの親子の絆に亀裂が入るきっかけとして使っており、ジュニアがトミーへの嫉妬心を起こす重要なセリフともなった。

本当のチャンピオンはパパさ。"You're real champ around here."

ヘビー級チャンピオンのユニオン・ケインと挑戦者トミー・ガンのタイトルマッチが開催され、ロッキーは家の地下室でポーリーとテレビ観戦している。ポーリーはロッキーを裏切ったトミーに罵声を浴びせながら観ているが、ロッキーはトミーを応援している。途中からジュニアとエイドリアンも観に来るが、ジュニアは観ながらスケッチブックに何やら絵を描いている。圧倒的な強さでKO勝ちを収めチャンピオンとなったトミーは勝利のインタビューで「恩人に感謝を捧げたい」と答えると、ロッキーではなくデュークの名を挙げた。ショックを受けるロッキーに、ジュニアが描いていた父の似顔絵を見せて言ったセリフ。

父を取られてトミーに嫉妬し、今度は父を裏切ったトミーが大嫌いになったジュニア。父のことが大好きで父を誇りに思っているジュニアの心には、引退してもロッキー・バルボアが真のチャンピオンなのだ。
父・ロッキーに対してのジュニアの思いを見事に表現した名セリフである。

ゴングはまだ鳴っていない。もう1ラウンドだ。"I didn't here no bell. One more round."

トミーがポーリーを殴ったことで堪忍袋の緒が切れたロッキーは、「ここがリングだ!」と外に出て、頭に血が上ったトミーと路上で素手での殴り合いを始める。最初はロッキーが優勢だったが、トミーが反撃。ロッキーはトミーの鋭いパンチを浴びて倒れ、朦朧とする意識の中を過去の戦いやミッキーの言葉が頭の中にフラッシュバックする。そしてミッキーの励ましの言葉がロッキーを再び立ち上がらせた。デュークたちが無理やり連れ戻そうとしていたトミーに対してロッキーが挑発したセリフ。そして不敵な笑みを浮かべるトミーとのストリート・ファイトを再開する。

本作においては、脳の障害でリングに立てないという理由で、ボクサーとしてのロッキー・バルボアの試合のシーンは無い。
『ロッキー』のファンとしては物足りない展開であるからこそ、トミーとの路上のストリートファイトを、リング上でのタイトルマッチと見立てる必要があったのだろう。ロッキー自身がこのセリフを言うことでファンには嬉しい名セリフとなった。

ミッキーとの絆を回想するロッキー

脳へのダメージから引退を余儀なくされ、財産をすべて失ってしまったロッキーは、恩師ミッキーとともにトレーニングを積んだ、今は廃屋も同然となっているジムを訪れる。ミッキーとの絆に想いを馳せるロッキーは涙を流す。その想いが回想シーンとなり、シリーズ3作目で亡くなったミッキーが姿を現す。

「おまえがいなけりゃ、くだばっていた」「人間は目標を失ったら死ぬ。おまえが目標を与えてくれた」とロッキーに語るミッキーの姿は、『ロッキー』ファンにとっては、感じ入るものがあるだろう。時に罵り合う事もあった2人の固い絆を感じる名シーンとなっている。
この中で、ミッキーがロッキーに、伝説のボクサー、ロッキー・マルシアーノから貰ったというボクシング・グローブ型のカフスボタンをプレゼントするのだが、ミッキーからロッキーへの継承の象徴ともいえるこのカフスボタンが、この後の展開に絡んでくることになる。

美術館前でのラストシーン

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

ロッキー(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ロッキー』とは、1976年公開のアメリカ映画。低予算ながらアカデミー賞3部門を受賞し、無名の俳優シルヴェスター・スタローンを一躍スターダムへと押し上げた世界的大ヒットシリーズ第1作。監督はジョン・G・アヴィルドセン。フィラデルフィアのスラム街に暮らす三流ボクサーの青年ロッキーに、世界チャンピオンのアポロが対戦相手として指名してきた。自分がただのゴロツキでないことを証明するため、そして愛する女性エイドリアンのために、ロッキーはリング上での決死の闘いに挑む。

Read Article

クリード チャンプを継ぐ男(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『クリード チャンプを継ぐ男』とは、2015年に製作されたアメリカ映画。シルヴェスター・スタローンを一躍スターダムに押し上げた『ロッキー』シリーズ初のスピンオフ作品で、『ロッキー・ザ・ファイナル』以来9年ぶりに新たな物語を描く。今は亡き伝説のボクサー・アポロの息子アドニスは、かつて父と歴史に残る激闘を繰り広げたロッキーを探し出してトレーナーを依頼。アドニスの純粋さと情熱にアポロの面影を見たロッキーは、彼を鍛え上げ自らのすべてを託し、セコンドとして共に世界タイトルマッチに挑む。

Read Article

ロッキー2(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ロッキー2』とは、1979年公開のアメリカ映画。シルヴェスター・スタローンを一躍スターダムに押し上げた『ロッキー』(1976年)の続編でシリーズ第2弾。本作ではジョン・G・アヴィルドセンに代わりスタローンがメガホンを取り、監督・脚本・主演の三役を務めている。ロッキーとの試合に納得がいかない世界チャンピオンのアポロは、彼をリターンマッチに引きずり出そうと目論む。ボクシングを辞め、恋人エイドリアンと結婚しジュニアも誕生したロッキーだったが、苦悩の末、再びアポロの挑戦を受けることにする。

Read Article

ロッキー3(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ロッキー3』とは、1982年公開のアメリカ映画。『ロッキー』シリーズの3作目であり『ロッキー2』(1979年)の続編。前作に引き続きシルヴェスター・スタローンが監督・脚本・主演の三役を務め、シリーズ最終章の予定で製作された。世界チャンピオンとなり、順風満帆な生活を送っていたロッキー。そこへ強敵黒人ボクサー・クラバーが挑戦して来た。だが、ハングリー精神を忘れたロッキーは無残に敗れ去る。再起をかけるロッキーにかつての宿敵アポロがトレーナーとして名乗りをあげ、クラバーとのリターンマッチに挑む。

Read Article

ロッキー4/炎の友情(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ロッキー4/炎の友情』とは、1985年に製作されたアメリカ映画。『ロッキー』シリーズ第4作。監督・脚本・主演はシルヴェスター・スタローン。当時の東西冷戦下のアメリカとソ連を背景としたストーリーは、過去3作とは大きく趣の異なる作品となっている。ロッキーの宿敵であり親友であるアポロが、引退後再びリングに立つことになった。だが、挑戦者であるソ連の長身ボクサー・ドラゴの殺人的パンチによって、リング上で死んでしまう。ロッキーはドラゴを倒すため、敵地ソ連へと旅立つのだった。

Read Article

ロッキー・ザ・ファイナル(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ロッキー・ザ・ファイナル』とは、2006年製作のアメリカ映画。シルヴェスター・スタローンの出世作にして代表作「ロッキー」シリーズの6作目。スタローンが監督・脚本・主演を務め、第5作から16年ぶり、第1作から30周年を迎えた伝説のシリーズを締めくくる。現役を引退し、愛妻エイドリアンにも先立たれ、一人息子ジュニアとの関係もこじれて満たされない日々を送るロッキーが、ある決意を胸に無謀な復帰戦に挑む姿を、彼の人生の思い出の数々をちりばめつつ熱く感動的に綴る。

Read Article

ベスト・キッド(The Karate Kid)のネタバレ解説・考察まとめ

『ベスト・キッド』とは、1984年に製作されたアメリカ映画。『ロッキー』のジョン・G・アヴィルドセン監督による、カラテを通して成長していく少年の姿を描いた青春アクション映画。カラテの達人であるミヤギ役のノリユキ・パット・モリタがアカデミー賞助演男優賞にノミネートされた。ひ弱な高校生ダニエルは、不良グループに痛めつけられる毎日を送っていた。そんな彼がカラテの達人ミヤギに出会ってカラテを習い始め、やがて少年カラテ選手権大会に出場する。

Read Article

ベスト・キッド2(The Karate Kid Part II)のネタバレ解説・考察まとめ

『ベスト・キッド2』とは、1986年公開のアメリカ映画。高校生のダニエルが日系人・ミヤギから学んだ空手を通して成長していく大ヒット作『ベスト・キッド』シリーズの第2弾。監督は前作にひき続きジョン・G・アヴィルドセン。今回はミヤギの故郷、沖縄に舞台を移し、ミヤギに復讐を目論むかつてのライバル・サトウとの因縁の対立に巻き込まれるダニエルの新たな試練を描く。

Read Article

ランボー(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ランボー』(原題:First Blood)とは、1982年に米国で公開されたシルベスター・スタローン主演のアクション映画で、『ランボー』シリーズの第1作である。 社会から排除されたベトナム帰還兵のランボーが、たまたま訪れた街でランボーを追い出そうとする保安官に出会い、戦いへと発展する。ランボーを通してベトナム戦争の負の遺産として社会問題になった米国の暗部が描かれている。 本作は『ロッキー』に続き、シルベスター・スタローンの代表作となり、ハリウッドスターとしての地位を不動のものとした。

Read Article

ランボー/怒りの脱出(ランボー2)のネタバレ解説・考察まとめ

『ランボー/怒りの脱出』とは、80年代アクション映画の金字塔で、収監されたランボーの元にトラウトマン大佐が訪ねて来て、極東での作戦への参加を提案する。その作戦とはベトナムで捕虜になっている兵士を調査することだった。「80年代は筋肉と爆薬がすべてだった」とスタローンも言ってるように、爆薬の量とアクション描写は、それまでの常識を超えている。また「映画史上最もパクられた本数が多い映画」とも言われており、「ベトナム帰還兵」や「ベトナム捕虜救出」がテーマの映画がビデオ店の戦争アクションコーナーに並んだ。

Read Article

ランボー3/怒りのアフガン(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ランボー3/怒りのアフガン』とは1988年にアメリカ合衆国で製作されたアクション映画作品で『ランボー』シリーズ第3作にあたる。ベトナム戦争時代の上官でランボーの唯一の理解者であったトラウトマン大佐がアフガニスタンの戦場でソ連軍の捕虜となってしまう。タイで静かに暮らしていたランボーは、それを知ると大佐救出のためアフガンに向った。 公開当時は「101分の本編で108人の死者が出る」というキャッチコピーでギネスブックに「最も暴力的な映画」と記載された。

Read Article

ランボー/最後の戦場(ランボー4)のネタバレ解説・考察まとめ

『ランボー/最後の戦場』とは、2008年5月24日に公開されたアクション映画で、『ランボー』シリーズの第4作。主演、監督、脚本はシルヴェスター・スタローン。前作の『ランボー3/怒りのアフガン』から20年ぶりの続編にあたる。 タイ北部で静かに暮らしていたランボーは、ミャンマー軍に捕らえられたキリスト教系NGOの一行を救出するために、敵地へ向かう。本作はミャンマーを舞台にランボーが再び戦いの地に舞い戻ることとなった。

Read Article

目次 - Contents