こみっくがーるず(第10話『みちるばっかり愛されてずるい』)のあらすじと感想・考察まとめ

0

クリスマス、彼氏がいないことを気にする琉姫は、原稿が手につかない。その上、自分の誕生日も忘れてしまう。年末、帰郷の準備をする四人だが、薫子だけ母親への連絡ミスで帰れないことに。代わりに翼の家へ行く。そこで薫子はいつもと違う翼の姿を見る。初詣から戻った四人は、焼きイモをするため、ボツネームの原稿を燃やす。
今回は「こみっくがーるず」第10話『みちるばっかり愛されてずるい』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

「こみっくがーるず」第10話『みちるばっかり愛されてずるい』のあらすじ・ストーリー

12月22日、琉姫が寮の前をうろついている。
翼 「仕事しなよ、るっきー。寮のすぐ前でウロウロしてたって、クリスマスを一緒にすごしたい王子様は、現われないからね」
まんがを描こうと机に向かう琉姫。しかし、男の子に告白されるキャラクターに嫉妬してしまう。
小夢 「琉姫ちゃんの気持ち分かるよ。クリスマスって恋愛まんがじゃ定番だし、やっぱりクリスマスデートって、あこがれちゃうよね」
二十三日の深夜、琉姫は怖浦に相談する。
怖浦 「ホラーもティーンズラブも、本能にうったえかけて楽しませなきゃだから、奉仕してる感がすごいよね。楽しいけど、時々さみしい」
琉姫 「分かります」
怖浦 「憎しみのエネルギーをペンに乗せて世界中にバラまいて、幸せそうな人間、全員呪ってしまいたくなるよね」
琉姫 「わたしは、そこまでではないです」
怖浦の部屋を出た琉姫は、自分の部屋へ戻る。
琉姫 「さびしいけど、やっぱり仕事しよう」
薫子(かおす)、小夢、翼 「ハッピーバースデー」
琉姫 「今日って二十四……。あ、ホントだ」
翼 「クリスマス拒絶しすぎて、自分の誕生日も忘れるなんて」
ぬいぐるみを渡す小夢と、ギフトボックスを渡す翼。
小夢 「これプレゼント。琉姫ちゃんが好きなキャラの大きいやつ」
翼 「るっきー、いつも疲れてるから。マッサージクッション」
琉姫 「みんな、わたしのことを考えてくれたんだ。わたし愛されてる」
薫子(かおす) 「そうですよね、プレゼントっていうのは、ご本人が喜ぶもの。選んでいるときは、これしかないという気持ちだったんですが、今や反省しかないです」
琉姫 「かおすちゃんがくれるものなら、なんでも嬉しいわ」
リボンのかかった袋を渡す薫子。中はアニメのコスプレ衣装だ。それを着た琉姫。

2dda86e2

コスプレ衣装を着た琉姫

小夢 「琉姫ちゃん、カワイイよ」
翼 「イケてるイケてる」
琉姫 「もっとほめて、もっともっと。このまま仕事しちゃおうかな」
薫子(かおす) 「琉姫さんは恋愛に対するあこがれが強いから、情熱的なまんがが描けるんですよね。きっと本気を出したらモテモテなのに、わざと自分を追い込んで。カッコイイです琉姫さん」
琉姫 「そんなふうに、わたしを……。そうなの、わざと孤独」
薫子(かおす) 「それでこそ琉姫さん」

年末、実家に帰るため荷造りをする四人。
琉姫 「かおすちゃんは新幹線?」
翼 「家族には到着時間、知らせたの?」
薫子(かおす) 「お母さんに連絡するの忘れてました」
電話をかける薫子。出たのは留守番電話の母の声だ。
母 「アローハー。福引きでハワイのペアチケットが当たったので、ただ今お父さんと旅行中です。ご用の方は携帯電話の方に、ご連絡くださいね」
花園 「かおすちゃんだけ、連絡ミスで帰れないですって?」
薫子(かおす) 「お気づかいなく。わたしのような、うかつな者には、ドロをすすって生きていくのがお似合いです」
小夢 「かおすちゃん、うちに来なよ」
琉姫 「小夢ちゃんも家族旅行、行くんでしょう。うちだったら大丈夫だよ」
翼 「るっきーんち客間ないし、妹も思春期で、うるさいじゃん」
薫子が、翼を見つめている。
翼 「いやややや、うちには連れて行けないから」
薫子(かおす) 「いいんです。自業自得だし、せっかくの家族水入らずに、ご迷惑かけられません。わたしは大丈夫です。みんなが、いるから」
フィギュアたちを抱きしめて泣く薫子。
翼 「分かったよ」

駅の構内を歩く薫子と翼。
翼 「ちょっと待ってて」
トイレに入る翼。しばらくして出てきた翼は、ロングヘアーのウィッグをつけていた。驚く薫子。

6518e261

ロングヘアーの翼

翼 「これから起こることに、いちいち驚くな。落ちついていろ。あと、小夢には報告するな」
豪邸の扉が開くと、あいさつするメイドたち。翼の両親と兄もいる。
メイド 「お帰りなさいませ、お嬢様」
母 「翼ちゃんが帰ってきたわ。お帰りなさい、わたしたちの天使」
父 「一年ぶりだ。きれいになったね、天使ちゃん」
抱き上げられる翼は、女の子らしくしている。家族には、普段の男の子っぽい姿を隠しているようだ。
翼 「お友だちも連れてきているので、ほどほどにお願いします」
テーブルに着いた翼の家族、そして翼と薫子。薫子のことは、どこかのお嬢様と紹介したらしい。
父 「翼のために、フランスから最高級の白トリュフを取り寄せたよ」
母 「どうしたの、まるでナイフを使い慣れてないみたい」
翼 「久しぶりの大移動で疲れが」
父 「そうだ翼、ピアノを弾いてくれないか」
母 「どうしたの、まるでピアノを引き慣れてないみたい」
翼 「久しぶりの家のピアノで感覚が」
父 「ところで薫子さんは、なにか習いごとを、なさってるんですか」
薫子(かおす) 「ダンスを少々」
ヲタ芸(パフォーマンス)を披露する薫子。

34b773cd

ダンスを披露する薫子

お嬢様ではないことが、ばれると思い動揺する翼。そのときドアが開き、琉姫が入ってくる。
琉姫 「お久しぶりです。おじさま、おばさま」
母 「あら琉姫ちゃん、お久しぶり」
こんなこともあろうかと、駆けつけた琉姫の登場で、その場をしのいだ薫子と翼。
父 「翼の成績が少し下がったようなのだが、寮でちゃんと勉強してるかな」
琉姫 「うちの学校は応用力を鍛えるために、出題パターンを複雑にしてあって、点数が取りにくいんですよ。記憶力だけではなく思考力も試されますし、かと言って翼さんの能力が低いわけではないんですよ。わたしがそのへんもふまえて、きちんとサポートしてゆきますので、おまかせください」
母 「琉姫ちゃんが、そう言うなら安心ね。寮に入ってどうなることかと思いましたけど、どうやら心配無用のようですね」
廊下を歩く翼の母、翼、薫子、琉姫。
母 「ちゃんと言いつけを守って、暮らしてるみたいだし、良かったわ。まんがばっかり描いて他のことをおろそかにするようなら、家に連れ戻そうと思っていたけれど」
翼のウィッグは、まんがに没頭するために切った髪を、ごまかす必要があるからなのだ。
部屋に集まった翼、薫子、琉姫。
翼 「こんな環境じゃ熱いまんがは描けないから、たくさんの条件つきで寮に入るのを、ゆるしてもらった。るっきーが一生懸命、説得してくれたから、るっきーがいて本当に良かった」

正月、初詣から寮に戻った四人。庭で焼きイモの準備をする花園。
花園 「かおすちゃん小夢ちゃんは、はじめてね。毎年恒例なの」
薫子(かおす) 「焼きイモするには、落ち葉が足りなくないですか」
花園 「マンガ家なんだから、たくさんあるでしょ、いらない燃料」
燃料とはボツネームのことだった。
花園 「みんな、どんどん持ってきて」
腕に抱えた原稿を燃やす翼。
翼 「ともに戦った日々を忘れない」
薫子(かおす) 「もったいない。琉姫さんも燃やしちゃうんですか」
琉姫 「わたしがネームとかいつまでも、とっておくわけないじゃない。すんだ仕事は即処分」
小夢 「燃やすしかないよね。焼きイモが、おいしく焼けるためならば」
翼や小夢とは比べものにならないほど、大量の原稿を運んできた薫子。

6edc4139

大量のボツネームを運んできた薫子

小夢 「いつのまに、こんなに」
薫子(かおす) 「投稿時代からの数年分で、あと自己ボツも、かなりあるので」
琉姫 「ホントにいいの? かおすちゃんのがんばりを燃やしちゃって」
薫子(かおす) 「はい、みなさんの思いきりを見ていたら、勇気が出ました。過去ばかりだいじにして、がんばってる気になってちゃダメですよね。わたしも前に進まないと」
薫子は原稿を火にくべた。

「こみっくがーるず」第10話『みちるばっかり愛されてずるい』の感想・考察

「こみっくがーるず」アニメ全話のネタバレ解説まとめ

renote.jp

essaywriter
essaywriter
@essaywriter

Related Articles関連記事

NEW

こみっくがーるず(第11話『人生のピークがきたんです』)のあらすじと感想・考察まとめ

学校の進路希望調査票に、なんと書こうか悩む薫子。そんな中、退寮の日が迫るまんが家寮では、倉庫の整理がはじめられた。みんなで片付けているとき、柱の落書きを目にした薫子は、そこにあった先輩たちの言葉に励まされ、ネームを描きまくる。薫子の原稿を読んだ編沢は、掲載が決まったことを薫子に伝えた。 今回は「こみっくがーるず」第11話『人生のピークがきたんです』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

こみっくがーるず(第3話『プニプニポヨンですね』)のあらすじと感想・考察まとめ

薫子(かおす)は、担当編集者の編沢にネームの考え直しを要求される。まんが家寮の仲間たちに相談しダメ出しを受けながらも、寮母である花園のアドバイスで、画力を上げるためのスケッチ大会をはじめることにした。だが薫子は、ネーム作りに夢中になるあまり、身体をこわしてしまう。心配した花園は、薫子のためにある工夫をする。 今回は「こみっくがーるず」第3話『プニプニポヨンですね』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

こみっくがーるず(第7話『ここは天国ですか!?』)のあらすじと感想・考察まとめ

アシスタントをするため怖浦の部屋にきた薫子は、怖浦も自分と同じ東北出身であることを知る。メガネをかけた大人の女性にあこがれる薫子は、メガネを買いに、ひとりで秋葉原を訪れた。しかし、警官に声をかけられ、すっかりおじけづいてしまう。そこへ小夢たちが現われ、立ちなおる薫子。メガネ店に到着した四人は、偶然、編沢と虹野に出会う。 今回は「こみっくがーるず」第7話『ここは天国ですか!?』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

こみっくがーるず(第1話『アンケート、ビリですか!?』)のあらすじと感想・考察まとめ

15歳の女子高校生・萌田薫子、ペンネーム 『かおす』 は、文芳社のまんが雑誌で4コマまんがを描いている。評判が思わしくなく気の弱い薫子のことを心配した、担当編集者である編沢まゆは、まんが家ばかりが集まる女子寮を勧める。ルームメイトの恋塚小夢、先輩まんが家の色川琉姫や勝木翼と一緒に、まんが家生活をはじめる薫子であった。 今回は「こみっくがーるず」第1話『アンケート、ビリですか!?』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

こみっくがーるず(第4話『くんずほぐれつランデヴー』)のあらすじと感想・考察まとめ

あいかわらず、手書き原稿の作業が苦手な薫子(かおす)。ある日、琉姫の部屋の隅で放ったらかしになっていたパソコンに気付くと、機械オンチな琉姫の代わりに、セッティングをしてあげることに。ティーンズラブまんが家の琉姫は、間違った道を歩んでいるのではないかと思い悩んでいた。そんなとき、サイン会の依頼がきてしまう。 今回は「こみっくがーるず」第4話『くんずほぐれつランデヴー』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

こみっくがーるず(第8話『わんにゃんにゃんわんまつり』)のあらすじと感想・考察まとめ

またネームがボツになった薫子。落ち込んでいる間もなく、学校のテスト勉強をしなければならない。しかし、小夢ともども勉強の仕方が分からないため、琉姫と翼に助けを求める。元まんが研究部の編沢、虹野、花園は、寮にある花園の家で飲み会をすることに。薫子の様子が気になった編沢は、コッソリ彼女の部屋をのぞく。すると、苦しんでいる薫子の姿があった。 今回は「こみっくがーるず」第8話『わんにゃんにゃんわんまつり』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

NEW

こみっくがーるず(アニメ全話)のネタバレ解説まとめ

『こみっくがーるず』とは、はんざわかおりによる4コマ漫画作品、及びそれを原作としたアニメ作品である。15歳の女子高校生・萌田薫子、ペンネーム 『かおす』 は、文芳社のまんが雑誌で4コマまんがを描きながら、ルームメイトの恋塚小夢、先輩まんが家の色川琉姫や勝木翼と一緒に、寮生活をおくるのであった。カワイイ女の子たちの織りなす日常を覗き見ることができる、ガールズ・シチュエーション・コメディ。

Read Article

こみっくがーるず(第5話『編沢さんコスプレするんですか?』)のあらすじと感想・考察まとめ

夏がやってきた。海水浴に訪れた薫子たちは、水着で盛り上がる。次の日、部屋にこもってゲームに熱中する薫子と翼。小夢と琉姫は、ショッピングだ。翼に対する気持ちの正体と、連載まんがを描くための経験不足について悩んでいた小夢は、翼と遊園地デートすることになるが、そこで意外な人物に出会う。 今回は「こみっくがーるず」第5話『編沢さんコスプレするんですか?』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

こみっくがーるず(第9話『かおスパイラル』)のあらすじと感想・考察まとめ

小夢のまんがが、カラーで雑誌に掲載された。自分との違いは、お出かけすることだと考えた薫子は、小夢について街へくり出す。ヒロイン像である小夢を信用しきる翼に、小夢は翼自身の女の子らしさを取り戻してもらおうとする。太ってしまった小夢は、お菓子をがまんしてやせようとするが、それがまんがに影響してしまう。学校で原稿をなくしてしまった翼。そこへ知らない女の子が現われる。 今回は「こみっくがーるず」第9話『かおスパイラル』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

こみっくがーるず(第2話『今日から学校でした』)のあらすじと感想・考察まとめ

薫子(かおす)は、寮の仲間たちと新宿にある画材屋へ行くことにした。そこで、普段はクールな翼のいつもと違う一面を見せられる。翌日、転校生として新しい学校へ入学した薫子と小夢。社交的な小夢に比べ、内気でクラスに馴染めない薫子を自分の妹のように気遣う琉姫であった。新人まんが家たちの学校生活が、いよいよスタートする。 今回は「こみっくがーるず」第2話『今日から学校でした』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

こみっくがーるず(第6話『丸刈りにしてきます』)のあらすじと感想・考察まとめ

幽霊を見てしまう薫子。しかしその正体は、先輩まんが家の怖浦だった。どうしても怖浦がコワイ薫子のために、琉姫たちは、なんとかしようと部屋にこもる。担任の虹野は、コスプレのことが薫子たちに、ばれていないか心配でならなかった。そんなとき、翼がノートに描いた暗黒勇者の絵を見てしまう。問いただす虹野に、翼は暗黒勇者のどこが好きなのかと切りかえす。 今回は「こみっくがーるず」第6話『丸刈りにしてきます』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

目次 - Contents