RADWIMPS(ラッドウィンプス)の徹底解説まとめ

RADWIMPSとは、Vo.Gt 野田洋次郎 Gt.桑原彰 Ba.武田祐介 Dr.山口智史からなる4人組バンド。略称は「RAD」。2003年の『もしも』リリースから日本ロック界の先頭集団を走ってきたRAD。『君の名は。』の音楽タイアップでその名が広まった。一方で野田洋次郎が描くストレートでどこか中毒性が感じられる歌々に魅了される根強いファンも多い。

1.4645
2.セプテンバーさん
3.イーディーピー 〜飛んで火に入る夏の君〜
4.閉じた光
5.25コ目の染色体
6.揶揄(やゆ)
7.螢(ほたる)
8.おとぎ
9.最大公約数
10.へっくしゅん
11.トレモロ
12.最後の歌

3rdアルバム。メジャーデビュー後初めてのアルバム。
『トレモロ』はファンのみならず世間からの人気が高い曲であり、LIVEでは定番曲となっている。光を絡めたパフォーマンスで披露されることが多く、幻想的な雰囲気の曲である。
『セプテンバーさん』はLIVEのアンコールで歌われることがたびたびある。

2006.12.6 『RADWIMPS 4 〜おかずのごはん〜』

1. ふたりごと 一生に一度のワープver.
2. ギミギミック
3. 05410-(ん)
4. me me she
5. 有心論
6. 遠恋
8. いいんですか?
9. 指切りげんまん
10. 傘拍子
11. ます。
12. 夢番地
13. バグッバイ
シークレットトラック:夜泣き

4thアルバム。野田が長年交際していた女性との出来事が大きく反映されたアルバム。人間信者と不信者の曲である『有心論』、本心と言葉のギャップが描かれた『me me she』などの曲から読み取れる。
『有心論』はLIVEのアンコール定番曲であり、ファンからの人気は絶大。詳しくは後述する。
『いいんですか?』もLIVEの定番曲。サビの「いいんですか?」の部分をオーディエンスが歌い、野田がレスポンスのような形で「いいんですよ」の部分を歌うのが通例となっている。

2009.3.11 『アルトコロニーの定理』

1.タユタ
2.おしゃかしゃま
3.バグパイプ
4.謎謎
5.七ノ歌
6.One man live
7.ソクラティックラブ
8.メルヘンとグレーテル
9.雨音子
10.オーダーメイド
11.魔法鏡
12.叫べ
13.37458

5thアルバム。野田が言うには、「これまでとは違う異次元のアルバム」。
『おしゃかしゃま』はLIVEの定番曲。LIVEでは曲の間奏部分でステージを二分した迫力あるセッションが展開される。なお先頭のギターリフは野田の左利きを生かして作られたものであり、コピーは最難関レベルといわれている。

2011.3.9 『絶体絶命』

1.DADA(dadadada Ver.)
2.透明人間18号
3.君と羊と青
4.だいだらぼっち
5.学芸会
6.狭心症
7.グラウンドゼロ
8.π
9.G行為
10.DUGOUT
11.ものもらい
12.携帯電話
13.億万笑者
14.救世主
15.ツクツク法師

6thアルバム。このアルバムのリリース2日後に東日本大震災が発生した。野田は、「この世界に針を落とすつもりでアルバムを出した」と語るが、地震が起きたことに心を痛めた。そのため、地震後すぐに「糸色 -Itoshiki-」というサイトで義援金を募り、日本赤十字社に寄付したという。
『君と羊と青』はLIVEでのコール&レスポンスと学校の先生風の野田が定番となっている。

2013.12.11 『×と○と罪と』

1. いえない
2. 実況中継
3. アイアンバイブル
4. リユニオン
5. DARMA GRAND PRIX
6. 五月の蝿
7. 最後の晩餐
8. 夕霧
9. ブレス
10. パーフェクトベイビー
11. ドリーマーズ・ハイ
12. 会心の一撃
13. Tummy
14. ラストバージン
15. 針と棘

7thアルバム。2012年春から楽曲制作を開始した。
東日本大震災が発生するも、前作『絶体絶命』のツアーを行い、被災地にも出向いた。この時間が濃密だったのでしばらくは音楽生活に向かい合えなかったという。
『会心の一撃』はアンコールの定番曲であり、人気は1、2を争う。疾走感のあるナンバーを作るという名目でこのアルバムの中で最後に作曲された。

2016.8.24 『君の名は。』 (サウンドトラック)

1.夢灯籠
2.三葉の通学
3.糸守高校
4.はじめての、東京
5.憧れカフェ
6.奥寺先輩のテーマ
7.ふたりの異変
8.前前前世 (movie ver.)
9.御神体
10.デート
11.秋祭り
12.記憶を呼び起こす瀧
13.飛騨探訪
14.消えた町
15.図書館
16.旅館の夜
17.御神体へ再び
18.口噛み酒トリップ
19.作戦会議
20.町長説得
21.三葉のテーマ
22.見えないふたり
23.かたわれ時
24.スパークル (movie ver.)
25.デート2
26.なんでもないや (movie edit.)
27.なんでもないや (movie ver.)

新海誠監督の映画『君の名は。』のサウンドトラックとして発売されたアルバム。主題歌4曲、劇中歌22曲の計26曲を提供した。
このアルバムでRADWIMPSにとっては初となるオリコン週間1位を獲得した。サウンドトラックアルバムが週間1位となるのは2014年の『アナと雪の女王』のサウンドトラック以来のことだった。

2016.11.23 『人間開花』

1. Lights go out
2. 光
3. AADAAKOODAA
4. トアルハルノヒ
5. 前前前世 [original ver.]
6. 'I' Novel
7. アメノヒニキク
8. 週刊少年ジャンプ
9. 棒人間
10. 記号として
11. ヒトボシ
12. スパークル [original ver.]
13. Bring me the morning
14. O&O
15. 告白

8thアルバム。前作『君の名は。』より2作連続でオリコン1位を獲得した。
シングルで収録されているのは『記号として/‘I’ Novel』のみ。また『前前前世』と『スパークル』のオリジナルバージョンが収録されている。
『棒人間』は後にドラマ『フランケンシュタインの恋』の主題歌にもなった。

RADWIMPSの代表曲

『25コ目の染色体』

メジャーデビュー曲。人間の染色体数23個に加えて、ハッピー運とラッキー運を加えて25個になる。
自分のことを好きになれない主人公が、愛する人に向けた気持ちを歌った曲だと思われる。ハッピー運とラッキー運というものの由来は、愛する人に出会えたハッピーな気持ちやラッキーな気持ちのことである。

『有心論』

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents