雲のむこう、約束の場所(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『雲のむこう、約束の場所』とは、「ほしのこえ」につづく、新海誠による長編アニメーション映画である。公開は2004年で、制作会社はコミックス・ウエーブ・フィルムだ。この作品は、戦争により北海道と本州以下が南北に分断された日本を描くSF作品で、舞台は青森県である。中学生である主人公の「ヒロキ」は、親友の「タクヤ」と共に、今は異国の地である「エゾ」にそびえる塔に行くための飛行機を制作していた。それは彼らだけの「秘密の計画」であった。

平行宇宙

「もしかしたら、こうであったかもしれない」というパラレルワールドの理論。作中では、「宇宙の見る夢」と表現されており、ユニオンの塔によって観測されている。日本側でも青森にあるアーミーカレッジでこの研究が行われているが、ユニオン側の技術には大きく遅れを取っている。

ウィルタ解放戦線

南北統一を目的として活動しているテロ集団。ヒロキたちがアルバイトをしていた、アメリカ軍の軍事下請け工場「蝦夷製作所」の社長である岡部がリーダーを務め、製作所の従業員もそのメンバーである。ウィルタ解放戦線の活動は、エゾへの密航や、ユニオン側の役人を買収して情報を得るなど様々であるが、最終的にはユニオンの塔を爆撃して破壊しようと計画する。これにはアメリカ軍の裏からの支援があった。

ヴェラシーラ

ヒロキとタクヤが中学時代から作成している飛行機。完成したら「憧れ」であるユニオンの塔へ飛行する予定である。機体は二人乗りで当初はヒロキとタクヤが乗る予定だった。だが、彼らのもうひとつの「憧れ」である同級生のサユリが眠り病にかかってしまい、彼女を眠りから目覚めさせるためにヒロキとサユリだけが搭乗することとなる。

『雲のむこう、約束の場所』の名言・名セリフ/名シーン・名場面

「…ずっと、…ずっと、探してた…」

ヒロキとサユリが夢の中で出会った瞬間。

中学3年の夏、サユリが突然姿を消してしまったことに心を痛めたヒロキは、憧れの「ユニオンの塔」へ行くために親友のタクヤと作っていた飛行機「ヴェラシーラ」の制作もやめ、東京の高校へ逃げるように進学していた。高校に友達はいたが、深くかかわりを持つ気にならず、毎日をただ消化するように過ごしていた。そんな中、荒廃した街を必死に走るという夢を見ていたヒロキは、その夢の中でずっとサユリを探していた。一方サユリはというと、中学3年の夏以降眠ってしまう病気にかかり、病院でひたすらに眠り続けていた。そしてサユリもまた、誰もいない崩れた街をひとりきりでさまよう夢のなかでヒロキを呼び続け、孤独におびえていた。この台詞はそんな二人が夢で出会えた瞬間、同時に二人の口からこぼれる言葉だ。それまで冷たかった二人の夢に、温度が通った瞬間を表現した、名場面である。

「サユリを救うのか、世界を救うのかだ。」

ヒロキにユニオン塔の機能と、サユリが眠る訳を説明しているタクヤ。

サユリを夢から目覚めさせるという計画を聞いたタクヤが、塔の機能とサユリが眠り続ける理由を説明した後、激高してヒロキに言う台詞だ。塔の研究をしているタクヤは、サユリを目覚めさせることは世界に危険が及ぶことだと知っていた。だが、ヒロキはそれを聞いてもサユリを助けるという。タクヤとてサユリを助けたいという気持ちはあったが、自分には世界を救うためなら、サユリは犠牲にしてもいいという諦めがあった。だから、迷いもなくサユリを救うと決めた強い心を持ったヒロキを見て、自分の弱さに気づいたのだ。この台詞はタクヤがヒロキへの嫉妬から言った言葉であり、いつも冷静な彼が自分の弱さを初めて認識した時の台詞である。

「なんでもいいけどさぁ…お前たち死ぬなよなぁ、めんどくせぇから。」

中学時代、ヴェラシーラの制作に情熱を燃やすヒロキとタクヤに岡部がかけた言葉。学生だったかつて岡部も富澤とともに飛行機を作っていたことがあり、この少年らには特別に思い入れがある。ヒロキとタクヤの飛行機制作の目的は、ユニオンの塔へ行くことだが、それは彼らだけの秘密だった。しかしユニオンの塔は敵国の領土にあり、たびたび武力衝突がある危険な場所だ。岡部はその秘密に気付いている様子だが、彼らを無理に止めたりはしない。ただ、彼らの身を案じているだけだ。だが、心配していると口に出せるような素直な男ではない。だからこのようなぶっきらぼうな言い方になってしまっている。一見突き放したように聞こえるこの言葉は、実は岡部の親御心が秘められた微笑ましい台詞である。

『雲のむこう、約束の場所』の裏話・トリビア・小ネタ/エピソード・逸話

映画の「その後」を書いた小説版

映画の冒頭シーン。大人になったヒロキが中学生のサユリを思い出している。

映画の冒頭シーンは、大人になったヒロキが「ヴェラシーラを作っていた廃駅」を訪れるところから始まり、そこで彼は中学3年のころのサユリを思い出している。映画はヒロキが長い間眠り続けていたサユリを目覚めさせ「これから生きていく」と、未来に希望を抱くようなラストシーンだったが、冒頭シーンで彼の隣にサユリの姿はない。そしてヒロキはどこか切なそうな表情で「あの雲のむこうには、彼女との約束の場所があった…」と青春時代を回想するのだ。その理由は映画では語られていないが、映画公開後に発行された加納新太著の小説版で明らかになる。そこでは塔を破壊して生還したあと、ヒロキとサユリは別々の人生を歩むことになっている。

映画のモデルとなった場所

青森駅、蟹田駅、今別駅、国道339号線の通称「階段国道」、竜飛岬など津軽地方を中心とした場所がモデルとなっている。特にヒロキたちが通学で利用している駅のモデル蟹田駅や、高校生になったヒロキとタクヤが再開する高架下がある今別駅の周辺は同じ景色をたくさん発見できる。

猫の「チョビ」

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

星を追う子ども(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『星を追う子ども』とは、2011年5月に公開された長編アニメーション映画である。監督は「ほしのこえ」「雲のむこう、約束の場所」「秒速5センチメートル」などで知られる新海誠で、制作会社はコミックス・ウエーブ・フィルム。この物語は、主人公の少女「アスナ」が、秘密基地で出会った少年「シュン」の死を乗り越え、強く生きていこうと決心するまでの冒険を描いたファンタジー作品である。

Read Article

君の名は。(新海誠)のネタバレ解説・考察まとめ

『君の名は。』とは、コミックス・ウェーブ・フィルム制作により2016年に公開された長編アニメーション映画である。監督は新海誠が務めた。 田舎に暮らす三葉(みつは)と、東京に暮らす瀧(たき)は、たびたび夢の中でお互いが入れ替わるという不思議な体験をしていた。そんなある日、千年ぶりに彗星が地球を来訪する。しかしその美しい彗星は、彼らにとって悲しい運命をもたらすものであった。

Read Article

秒速5センチメートル(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『秒速5センチメートル』とは、2007年に公開された日本のアニメーション映画作品およびそれを原作とした小説・漫画などの派生作品。「君の名は。」(2016年)で有名な新海誠監督の劇場公開長編第3作目。思春期から成人までの男女の心の距離と速度をテーマとした3つの短編の連作。現実の現代日本を舞台に、少年・少女を主人公とした恋模様や葛藤が描かれる。

Read Article

秒速5センチメートルの名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

美しすぎる映像表現と、アニメーションながら何か大事な事を気づかせてくれる何気ない日常の精緻な表現。 アニメファンのみならず様々な人々を魅了する作品を世に送り出す新海誠監督作品の中でも、「秒速5センチメートル」は片想いの心情を表現する詩的な名言・名セリフによって「切なすぎるラブストーリー」として今でもネット上で語り継がれている。今回はそんな新海誠監督代表作の名言・名セリフを振り返る。

Read Article

言の葉の庭(新海誠)のネタバレ解説・考察まとめ

惹きつけられる映像美と、雨情のあるストーリー展開、そして音楽。それぞれの表現どれもが繊細で、観る者たちの心を捉えて離さない新海誠監督によるアニメである。2013年5月に公開された後に、2016年2月に角川文庫より文庫版「小説 言の葉の庭」が発売。同年9月には全国各地でリバイバル上映される。現代の東京を舞台に、高校生の少年孝雄とミステリアスな年上の女性との孤悲の物語が描かれている。

Read Article

目次 - Contents