雲のむこう、約束の場所(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『雲のむこう、約束の場所』とは、「ほしのこえ」につづく、新海誠による長編アニメーション映画である。公開は2004年で、制作会社はコミックス・ウエーブ・フィルムだ。この作品は、戦争により北海道と本州以下が南北に分断された日本を描くSF作品で、舞台は青森県である。中学生である主人公の「ヒロキ」は、親友の「タクヤ」と共に、今は異国の地である「エゾ」にそびえる塔に行くための飛行機を制作していた。それは彼らだけの「秘密の計画」であった。

冷静で大人びた性格のヒロキの親友。物理が得意で、ヒロキと飛行機を制作している。中学を卒業してからは、アルバイトをしていた蝦夷製作所の社長である岡部の勧めで、軍事研究をしている研究所に外部研究員として所属し、「ユニオンの塔」を研究している。はじめそれは純粋な興味からの研究だったが、いつしかヒロキとの夢「ヴェラシーラ制作」に向けられていた情熱が、別の方向を向いた。タクヤは過激派テロ集団「ウィルタ解放戦線」に所属し、塔を破壊しようとしていたのだった。

【声のキャスト】
萩原聖人

岡部(おかべ)

ヒロキとタクヤがアルバイトをしていた米軍のミサイル組み立て下請け工場、蝦夷製作所の社長。自分も若いころ富澤と飛行機を作っていたことがあるようで、口と人相は悪いがヒロキたちを応援していた。二人が飛行機制作をやめてしまった後も、何かと心配して世話をやいてくれている。南北分断によって家族と別れた岡部にはもうひとつ、テロ組織「ウィルタ解放戦線」のリーダーという裏の顔があった。そして密かに米軍とつながり、塔を破壊するためのPL外殻爆弾を入手するのだった。

【声のキャスト】
石塚運昇

富澤 常夫(とみさわ つねお)

タクヤが所属する研究所で「ユニオンの塔」を研究している学者。研究を続けた富澤は、塔の秘密につながるかもしれないサユリの存在に行きつく。そして彼女をサンプルとして保護するため、東京の病院から青森の研究所に転院させた。すると転院のための書類の中から旧知の仲である岡部宛の手紙を発見し、ヒロキやタクヤ、サユリの関係を知ることになった。

【声のキャスト】
井上和彦

笠原 真希(かさはら まき)

富澤研究室で脳科学を研究しており、新人の頃のタクヤの面倒を見ていた人物。年下のタクヤに抱いている恋心を隠そうともせず振る舞うはっきりとした性格の女性。

【声のキャスト】
水野理紗

有坂(ありさか)

富澤研究室に所属する大学院生で、タクヤと共に日々塔の研究をしている男性。

【声のキャスト】
木内秀信

水野 理佳(みずの りか)

ヒロキが東京の高校で出会った同級生の少女。たまに二人は下校を共にしている。

【声のキャスト】
中川里江

チョビ

岡部の蝦夷製作所に住み着いている黒猫。人懐こい性格でヒロキやタクヤにすり寄ってくる。

『雲のむこう、約束の場所』の用語

ユニオン

日本とアメリカの連合国(本州以下)と対立している国の名前。ユニオンはソ連を中心とした連合国で、戦後「エゾ(北海道)」を占領している。それにより日本の領土は南と北で分断されており、津軽海峡に国境線がある。現在では両国の国交も断絶しており、家族と引き離された国民も存在する。

ユニオンの塔

ユニオンによって南北分断後に建造された雲の上まで届く塔。塔は誰もが手の届かない、不変の象徴として日本国民から見られている。世代によってそのとらえ方はさまざまであるが、戦争を知らない若者世代は塔へ「憧れ」を抱いている場合が多い。
ヒロキたちが中学時代を過ごした1996年では建設目的は不明とされているが、高校を卒業する3年後には、平行宇宙の情報を受信し未来予測をするためのアンテナ施設として建設されたと予想がつけられている。また、塔の周り半径数キロはブラックホールのような物質が存在できない闇が広がっており、「兵器」だとされる意見もある。塔の設計者は南北分断によりユニオン側に取り残されたサユリの祖父、エクソン・ツキノエであると言われている。

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

星を追う子ども(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『星を追う子ども』とは、2011年5月に公開された長編アニメーション映画である。監督は「ほしのこえ」「雲のむこう、約束の場所」「秒速5センチメートル」などで知られる新海誠で、制作会社はコミックス・ウエーブ・フィルム。この物語は、主人公の少女「アスナ」が、秘密基地で出会った少年「シュン」の死を乗り越え、強く生きていこうと決心するまでの冒険を描いたファンタジー作品である。

Read Article

君の名は。(新海誠)のネタバレ解説・考察まとめ

『君の名は。』とは、コミックス・ウェーブ・フィルム制作により2016年に公開された長編アニメーション映画である。監督は新海誠が務めた。 田舎に暮らす三葉(みつは)と、東京に暮らす瀧(たき)は、たびたび夢の中でお互いが入れ替わるという不思議な体験をしていた。そんなある日、千年ぶりに彗星が地球を来訪する。しかしその美しい彗星は、彼らにとって悲しい運命をもたらすものであった。

Read Article

秒速5センチメートル(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『秒速5センチメートル』とは、2007年に公開された日本のアニメーション映画作品およびそれを原作とした小説・漫画などの派生作品。「君の名は。」(2016年)で有名な新海誠監督の劇場公開長編第3作目。思春期から成人までの男女の心の距離と速度をテーマとした3つの短編の連作。現実の現代日本を舞台に、少年・少女を主人公とした恋模様や葛藤が描かれる。

Read Article

秒速5センチメートルの名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

美しすぎる映像表現と、アニメーションながら何か大事な事を気づかせてくれる何気ない日常の精緻な表現。 アニメファンのみならず様々な人々を魅了する作品を世に送り出す新海誠監督作品の中でも、「秒速5センチメートル」は片想いの心情を表現する詩的な名言・名セリフによって「切なすぎるラブストーリー」として今でもネット上で語り継がれている。今回はそんな新海誠監督代表作の名言・名セリフを振り返る。

Read Article

言の葉の庭(新海誠)のネタバレ解説・考察まとめ

惹きつけられる映像美と、雨情のあるストーリー展開、そして音楽。それぞれの表現どれもが繊細で、観る者たちの心を捉えて離さない新海誠監督によるアニメである。2013年5月に公開された後に、2016年2月に角川文庫より文庫版「小説 言の葉の庭」が発売。同年9月には全国各地でリバイバル上映される。現代の東京を舞台に、高校生の少年孝雄とミステリアスな年上の女性との孤悲の物語が描かれている。

Read Article

目次 - Contents