ケロロ軍曹(Sergeant Frog)のネタバレ解説まとめ

ケロロ軍曹とは、吉崎観音の日本の漫画。略称「ケロロ」。月刊少年エースで連載中。平成16年度小学館漫画賞受賞。作品の始まりはカエルのモチーフとしたケロン人、ケロロ軍曹が日向家に居候することから始まる。ケロロ軍曹と地球人との関わりから生じる、日常と非日常のギャップが面白く展開されている。毎回1話ごとの完結で、ケロロ軍曹とその仲間たちが、地球侵略をはかるが、日向家の夏実により失敗に終わったり、自滅したりというオチになる。

『ケロロ軍曹』の概要

「ケロロ軍曹」とは、吉崎観音の代表作で、略称は「ケロロ」。角川書店「月刊少年エース」にて1999年4月号より連載開始。
また、同じく角川書店から発刊されている「ケロロランド」、「ケロケロエース」では、「月刊少年エース」の過去の掲載分が再録という形で掲載されている。
本作品は第50回(平成16年度)小学館漫画賞児童向け部門を受賞。角川書店では史上初、唯一の受賞作品である。
「ケロロ軍曹」アニメ版は2004年4月4日から2011年4月2日までテレビ東京系で放映。
カエルをモチーフとしたケロン人、ケロロ軍曹とその仲間たちが地球侵略を図るが、ケロロ軍曹の居候先の日向家の夏実に阻止されたり、自滅するなどして最後は失敗に終わるのがオチの1話完結のギャグストーリーである。
登場する地球人も皆個性が豊かで、魅力的な女性キャラクターが多い。近年の萌え漫画の先駆けとも言える。
原作では女性キャラクターのお色気要素が数多く存在し、子供だけでなく幅広い層を取り込んでいる。
内容によっては人間の行いに対する警告や教訓などが含まれるエピソードもある。連載が進むにつれてケロン人と地球人の間に友情が芽生えてくる。毎回一話ごとの完結だが、2〜4話にまたぐ時もある。
作風は「デフォルメされた、魅力あるキャラクター」「太く、はっきりした線」がモチーフで、伝統的な漫画のスタイルを踏襲しつつも、「デザイン的な絵文字」「コマの構成をぶち抜く画の配置」など、イラストレーターとしても活躍する吉崎のデザイン性のセンスが作品に出ている。
「ケロロ軍曹」では、他の作品から多くの肯定的な引用(オマージュ)として、セリフや演出が他の著名な漫画やアニメ、ゲーム、特捜、刑事物テレビドラマ、有名な歌謡曲の歌詞などから引用されている。
「ケロロ軍曹」アニメオリジナルであった設定を原作が取り入れることがある。一部の登場キャラクターでは、ニョロロγ、カララ、シルヴィ、シルヴィ、ポヤン、プルル看護長、ジララ大尉、アクアクが挙げられる。
その他、冬樹の部活「オカルトクラブ」、冬樹の友人、西澤さんの「西澤タワー」、ケロロの口癖「ゲロゲロリ」などもアニメ版から生まれた。

『ケロロ軍曹』のあらすじ・ストーリー

ケロロ軍曹公式サイトより。

ガマ星雲第58番惑星ケロン星から地球(ケロン人は地球のことを「ペコポン」と呼んでいる。)侵略のため、先遣隊が派遣され、その隊長・ケロロ軍曹、突撃兵・タママ二等兵、機動歩兵・ギロロ伍長、作戦通信参謀・クルル曹長、暗殺兵・ドロロ兵長の5名の兵士からなるケロロ小隊が地球にやってきた。地球に降り立つ際に、5人は散り散りに分かれ、ケロロ軍曹はペコポン人(地球人)の日向家に簡単に捕獲されてしまう。慌てた本隊は5人のケロロ小隊を残して緊急撤退。捕獲されたケロロは日向家の居候となり、掃除、洗濯させられたり、ガンプラなどを作って過ごす。やがて散りじりになっていた隊員たちが少しずつ日向家のケロロの元に集まり、ついに5人が集結する。
連載が進むにつれて、侵略者であるケロロ小隊と地球人の日向家の間に次第に友情が芽生えていく。

『ケロロ軍曹』の登場人物・キャラクター

ケロロ軍曹(けろろぐんそう)

CV:渡辺久美子
ケロン軍での階級は軍曹で、ケロロ小隊の隊長である。
誕生日は地球周期で12月9日。身長は55.5センチ、体重は5.555キロ。一時体重が5キロ以下になったことがある。
推定年齢10500歳以上で、地球では40歳くらいに相当する。
性格は優柔不断で腹黒さ、要領の良さも持っているが地球を救うために奮闘したり、小隊の健康を願ったりする優しい一面もある。
日向家に潜伏しているところを簡単に捕獲され、居候となる。

タママ二等兵(たままにとうへい)

CV:小桜エツコ
ケロン軍の階級は2等兵。ケロロ小隊の突撃兵で、タママの語源はおたまじゃくしから。お腹と帽子にそろぞれ左右逆の若葉マークがついている。尻尾が生えているが、推定年齢3000歳。
時々ぶりっ子のしぐさを見せる。
普段は新人らしく大人しいが、一度怒ると感情をむき出しにして手がつけられなくなる「キレると怖い性格」。

ギロロ伍長(ぎろろごちょう)

CV:中田譲治
ケロン軍の階級では伍長。ケロロ小隊の機動歩兵である。年齢は推定10500歳以上。体は赤色。茶色の帽子にドクロマーク。帽子のドクロマークにはケロボールの無線機能を受け取る機能がある。
幼い頃から真面目な性格でめったに笑わないが、猫といる時だけ笑顔になる。
小隊の中で唯一軍人らしい性格。夏美のことを密かに慕っている。

クルル曹長(くるるそうちょう)

CV:子安武人
現在のケロン軍での階級はケロロより一つ上。ケロロ小隊の作戦通信参謀。
体は黄色で、ヘッドフォンらしきものを装着している。
推定年齢3000歳以上。趣味は嫌がらせでトラブルと自分の才能をこよなく愛する嫌われ者。
幼少より発明が得意で、作品の中でも数多く登場する。

ドロロ兵長(どろろへいちょう)

CV:草尾毅
ケロン軍の暗殺兵。ケロン軍特殊精鋭部隊アサシンのトップ。
年齢は推定10500歳以上。体は水色で忍者を思わせる頭巾を被り、口当てをしている。
口当てを外しているところを絶対に人に見せない。なぜか口当ての上から食べ物を食べることができる。
常に小刀を持っており、巨大ロボを斬ったり、ビームを跳ね返すなど剣の技は高い。

日向夏美(ひなた なつみ)

CV:斎藤千和
ケロロが居候している日向家の長女。12月2日生まれの射手座。吉祥学園中等部2年A組。
スポーツ万能で、弟の冬樹とは対照的。
短気で怒りっぽいところがあり、ケロロのことを「ボケガエル」と呼び、理由もなくケロロにダメージを与えたり、理不尽にキレてなんでも禁止にしたりする。
その一歩で、ケロロなりに頑張っているところを認めたり、優しい一面もある。

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

けものフレンズ(Kemono Friends)のネタバレ解説まとめ

この作品はテレビ東京で2017年の1月から3月まで放映された。キャラクターは3Dで造られているのが特徴。けものフレンズは女の子に擬人化した世界中の動物が集まるジャパリパークを舞台としている。ジャパリパークに迷いこんだかばんちゃんがサーバルちゃんと出会い、冒険する物語となっている。キャラクターデザインを担当したのは「ケロロ軍曹」で有名な吉崎観音さんである。

Read Article

目次 - Contents