ロッキー3(Rocky III)のネタバレ解説まとめ

E383ade

『ロッキー3』とは、1982年公開のアメリカ映画。『ロッキー』シリーズの3作目であり『ロッキー2』(1979年)の続編。前作に引き続きシルヴェスター・スタローンが監督・脚本・主演の三役を務め、シリーズ最終章の予定で製作された。世界チャンピオンとなり、順風満帆な生活を送っていたロッキー。そこへ強敵黒人ボクサー・クラバーが挑戦して来た。だが、ハングリー精神を忘れたロッキーは無残に敗れ去る。再起をかけるロッキーにかつての宿敵アポロがトレーナーとして名乗りをあげ、クラバーとのリターンマッチに挑む。

リングアナは画家だった

10

リングアナウンサー役のリロイ・ニーマン

ロッキーとサンダー・リップスの異種格闘技戦で、試合の冒頭でリングアナウンサーが2人を紹介するシーンがある。上下真っ白なタキシードを着て大きな口ひげを生やしているこのアナウンサーは、アメリカの有名な印象派の画家、リロイ・ニーマンが演じている。

6b999f61326e3cc4c15fe9259704541e  rocky balboa quotes rocky balboa poster

ロッキー・バルボア自画像

81jqwz9najl. sx425

アポロ対ロッキー

ニーマンは、スポーツ競技やサーカス、著名人の肖像などを原色系の明るい色彩で描いた作品で知られ、「PLAYBOY」誌のイラストや、ロサンゼルスオリンピックをはじめとする5大会で公式アーティストを務めている。
スタローンと個人的に親交があり、本作中でもトレーニングをするシーンに登場するロッキーの大きな自画像と、ラストシーンでアポロと打ち合うロッキーの画など、シルクスクリーンによる版画で製作された画が使用されている。
因みに彼は本作以降の『ロッキー』シリーズ全てにも出演している。

今も残るロッキーのブロンズ像

フィラデルフィア名誉市民となったロッキーの功績を称え、フィラデルフィア美術館の正面階段上に設置されたロッキーのブロンズ像。
このブロンズ像は実際に彫刻家のA.トーマス・ショーンバーグによって制作されたもので、高さは約2.7メートル、重さは約680kgである。
本作の撮影終了後、スタローンは映画でも度々撮影地として使用してきたフィラデルフィア美術館へ感謝の気持ちを込めて、この銅像を寄付しようとした。しかし、美術館側は「この像は芸術作品ではなく映画の小道具でしかないものだ。」としてブロンズ像の寄贈を拒否したという。この美術館の対応に市民が憤慨したため、結局フィラデルフィアにあるワコビア・スペクトラムという屋内競技場の正面に設置された。その後、『ロッキー5』の撮影で使用するため再びフィラデルフィア美術館正面階段下へと戻され、現在に至っている。因みにいまだにこの場所は格好の記念撮影スポットになっているそうである。

ロッキー像を手に入れたスタローン

Aolcelebrity 20171230 4ca26d8a1305c6a20496 0 enlarge

インスタに投稿された写真。赤いシャツはシュワルツェネッガー

2017年12月のクリスマス。シルヴェスター・スタローンは、オークションに出品されたロッキーのブロンズ像のレプリカに匿名で入札し、40万ドル(約4500万円)という大金をかけて落札した。
米ゴシップサイト『TMZ』によると、今回オークションにかけられたレプリカは、サンディエゴ・ホール・オブ・チャンピオンズに展示されていた物で、ホールが閉鎖されたことにより売りに出されたという。高さ約2.7メートル、重さ約816kgのこのブロンズ像は、40万3657ドル(約4550万円)で落札されて、LAに届けられたが、誰がそんな大きな買い物をしたのかは分かっていなかった。しかし、スタローンが、クリスマスにアーノルド・シュワルツェネッガーと一緒に像の前で撮った写真を投稿したことで落札者が判明した。
因みにロッキー像は2体作られており、撮影に使用された像はフィラデルフィア美術館前に展示されている。

『ロッキー3』の音楽(主題歌・挿入歌)

主題歌:サバイバー『 Eye Of The Tiger』

本作の主題歌として使用された『アイ・オブ・ザ・タイガー(Eye of the Tiger)』は、アメリカのロックバンド・サバイバーが1982年にリリースした楽曲。
この曲はシルヴェスター・スタローン自身の依頼で作られたという。因みに本作に出演したハルク・ホーガンが自身の試合の入場曲にも使用している。
映画の使用がヒットのきっかけとなり、サバイバーの3作目のアルバム『アイ・オブ・ザ・タイガー』の1曲目に収録され、サバイバー初となるビルボード1位を記録した他、全英・全豪でも1位の売り上げを記録。その後、ビルボードにおいては6週連続1位を記録している。グラミー賞の最優秀ロック・パフォーマンス部門を受賞している。

挿入歌:フランク・スタローン『Pushin' 』

シルヴェスター・スタローンの弟フランク・スタローンが作詞し、ビル・コンティが作曲した曲。
ロッキーがホテルで公開トレーニングを行う際に流れる。フランク・スタローンが出演しトレーニング会場で歌う姿が見られる。

『ロッキー3の関連映像

予告編映像(字幕版)

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

ロッキー4/炎の友情(Rocky IV)のネタバレ解説まとめ

『ロッキー4/炎の友情』とは、1985年に製作されたアメリカ映画。『ロッキー』シリーズ第4作。監督・脚本・主演はシルヴェスター・スタローン。当時の東西冷戦下のアメリカとソ連を背景としたストーリーは、過去3作とは大きく趣の異なる作品となっている。ロッキーの宿敵であり親友であるアポロが、引退後再びリングに立つことになった。だが、挑戦者であるソ連の長身ボクサー・ドラゴの殺人的パンチによって、リング上で死んでしまう。ロッキーはドラゴを倒すため、敵地ソ連へと旅立つのだった。

Read Article

ロッキー5/最後のドラマ(Rocky V)のネタバレ解説まとめ

『ロッキー5/最後のドラマ』とは、1990年製作のアメリカ映画。ボクシングに挑む1人の男の愛と闘いを通して、サクセス・ストーリーを描いてきた『ロッキー』シリーズの第5作にして完結篇。シリーズ1作目で監督を務めたジョン・G・アヴィルドセンを再び監督として招き、脚本・主演はシルヴェスター・スタローンが務める。脳へのダメージからボクサーを引退し、財産も失い、原点であるフィラデルフィアの下町に戻ったロッキーが、新人ボクサーを育成しトレーナーとして第二の人生を歩む姿を描く。

Read Article

ロッキー(Rocky)のネタバレ解説まとめ

『ロッキー』とは、1976年公開のアメリカ映画。低予算ながらアカデミー賞3部門を受賞し、無名の俳優シルヴェスター・スタローンを一躍スターダムへと押し上げた世界的大ヒットシリーズ第1作。監督はジョン・G・アヴィルドセン。フィラデルフィアのスラム街に暮らす三流ボクサーの青年ロッキーに、世界チャンピオンのアポロが対戦相手として指名してきた。自分がただのゴロツキでないことを証明するため、そして愛する女性エイドリアンのために、ロッキーはリング上での決死の闘いに挑む。

Read Article

ロッキー・ザ・ファイナル(Rocky Balboa)のネタバレ解説まとめ

『ロッキー・ザ・ファイナル』とは、2006年製作のアメリカ映画。シルヴェスター・スタローンの出世作にして代表作「ロッキー」シリーズの6作目。スタローンが監督・脚本・主演を務め、第5作から16年ぶり、第1作から30周年を迎えた伝説のシリーズを締めくくる。現役を引退し、愛妻エイドリアンにも先立たれ、一人息子ジュニアとの関係もこじれて満たされない日々を送るロッキーが、ある決意を胸に無謀な復帰戦に挑む姿を、彼の人生の思い出の数々をちりばめつつ熱く感動的に綴る。

Read Article

ロッキー2(Rocky II)のネタバレ解説まとめ

『ロッキー2』とは、1979年公開のアメリカ映画。シルヴェスター・スタローンを一躍スターダムに押し上げた『ロッキー』(1976年)の続編でシリーズ第2弾。本作ではジョン・G・アヴィルドセンに代わりスタローンがメガホンを取り、監督・脚本・主演の三役を務めている。ロッキーとの試合に納得がいかない世界チャンピオンのアポロは、彼をリターンマッチに引きずり出そうと目論む。ボクシングを辞め、恋人エイドリアンと結婚しジュニアも誕生したロッキーだったが、苦悩の末、再びアポロの挑戦を受けることにする。

Read Article

クリード チャンプを継ぐ男(Creed)のネタバレ解説まとめ

『クリード チャンプを継ぐ男』とは、2015年に製作されたアメリカ映画。シルヴェスター・スタローンを一躍スターダムに押し上げた『ロッキー』シリーズ初のスピンオフ作品で、『ロッキー・ザ・ファイナル』以来9年ぶりに新たな物語を描く。今は亡き伝説のボクサー・アポロの息子アドニスは、かつて父と歴史に残る激闘を繰り広げたロッキーを探し出してトレーナーを依頼。アドニスの純粋さと情熱にアポロの面影を見たロッキーは、彼を鍛え上げ自らのすべてを託し、セコンドとして共に世界タイトルマッチに挑む。

Read Article

目次 - Contents