ロッキー3(Rocky III)のネタバレ解説まとめ

『ロッキー3』とは、1982年公開のアメリカ映画。『ロッキー』シリーズの3作目であり『ロッキー2』(1979年)の続編。前作に引き続きシルヴェスター・スタローンが監督・脚本・主演の三役を務め、シリーズ最終章の予定で製作された。世界チャンピオンとなり、順風満帆な生活を送っていたロッキー。そこへ強敵黒人ボクサー・クラバーが挑戦して来た。だが、ハングリー精神を忘れたロッキーは無残に敗れ去る。再起をかけるロッキーにかつての宿敵アポロがトレーナーとして名乗りをあげ、クラバーとのリターンマッチに挑む。

エイドリアンの兄で、ロッキーの義兄。
前作ではロッキーの紹介で、高利貸しガッツォの集金屋をしていたが、本作ではそれも辞めていたようで、またロッキーに仕事を世話してくれと頼んでいる。
その後は、ロッキーのすべての試合にセコンドとして就いている。
相変わらず口が悪く、アポロがトレーニングをしたスラムのジムに行った時には、文句ばかり言ってアポロをいらつかせていた。

ミッキー(演:バージェス・メレディス)

ロッキーがかつて所属していたボクシングジムのトレーナーで、アポロとの戦いからロッキーのマネージャーとなった。
元バンタム級の世界チャンピオンで、この道50年のベテラン。
チャンピオンとなったロッキーが肉体的にボロボロであったことから、防衛戦の相手に勝てる相手を選ぶことで、ロッキーを守っていた。クラバーがロッキーに挑戦してきた時も、クラバーの試合を観戦して強さを知っており、ロッキーと戦わせないようにする。だがどうしても挑戦を受けるというロッキーにマネージャーを降りると言うが、ロッキーから説得される。
軽い心臓発作を起こし、苦しむ姿を見せていたが、ロッキーとクラバーの試合前の廊下で、クラバーに突き飛ばされた際に起こした心臓発作によって死去する。

アポロ・クリード (演:カール・ウェザース)

元ボクシング世界ヘビー級チャンピオン。
圧倒的な強さを誇るボクサーだったが、ロッキーに敗れた後は暫くつらい日々を送っていた。
ロッキーとクラバーの試合のコメンテーターを務めた際には、ゲストとしてリングに上がり、クラバーからは侮辱され、ロッキーには応援の言葉を送る。
クラバーに敗北したロッキーに、トレーナーとして名乗りを上げ、クラバーからのタイトル奪還に協力する。一方で、試合が終わった後には、頼みたいことがあるとロッキーに話す。
クラバーとの再戦では自分がロッキーと戦った時の星条旗模様のトランクスを彼に履かせた。

クラバー・ラング(演:ミスター・T)

ロッキーと世界タイトルマッチを行った挑戦者の黒人ボクサー。
地道な努力を重ね、ロッキーが失ったハングリー精神の持ち主として登場。次々と防衛戦でKO勝ちを重ね、世界ランキング1位になりロッキーへの挑戦権を得る。
強さを恐れたロッキーのマネージャーであるミッキーの意向もあり、ロッキーへのタイトル挑戦のチャンスを得られないため、傍若無人な振る舞いで、ロッキーだけではなく、妻のエイドリアンも侮辱し、ロッキーを怒らせて試合に引きずり出すことに成功する。ロッキーとのタイトルマッチに勝利し新チャンピオンとなるが、リターンマッチでは敗戦する。
ロッキー、エイドリアン、アポロに対して侮辱の言葉を吐き、挙句の果てにミッキーを突き飛ばして死に追いやってしまったことで、真の悪役と言うイメージを着けてしまった。

サンダー・リップス(演:ハルク・ホーガン)

ロッキーと異種格闘技戦を戦うプロレスラー。
ヘビー級チャンピオンの悪役レスラーで、客席からはブーイングを浴びていた。
レオタード姿の金髪の美女を引き連れ、白い帽子に、背中に唇をデザインした赤いガウンに、チャンピオンベルトをした姿で入場してくる。
チャリティ・マッチでお遊び気分と思っていたロッキーに対して、強烈な打撃や投げ技を食らわせる。だが、本気になったロッキーの反撃を受け、客席に投げられてしまう。試合が引き分けに終わると、ロッキーに対して友好的な態度を示し、ロッキーの家族と記念写真を撮る。

デューク(演:トニー・バートン)

かつてアポロのトレーナーを務めていた男。
アポロがずっとトレーニングをして来たスラムのジムで、現在もトレーナーをしている。
ロッキーのトレーナーに就いたアポロに協力してロッキーのトレーニングをサポートする。
前作までは役名が無かったが、本作から「デューク」と呼ばれている。

ロッキー・ジュニア(演:イアン・フリード)

ロッキーとエイドリアンの間に生まれた一人息子。
サンダー・リップスとのチャリティーマッチには、母親と一緒に観客席で観戦。試合後は両親とサンダーと一緒に記念写真を撮った。
ロッキーがアポロのジムに行った後は自宅に残り、その後の出演シーンはない。

『ロッキー3』の名言・名セリフ/名シーン・名場面

俺たちが戦った時、お前はトラの目をしていた、鋭い目を!”Now, when we fought, you had that eye of the tiger, man; the edge! "

クラバーに敗れ、ミッキーを失い、絶望のどん底に落ち込んでいたロッキー。そんなある日、ロッキーは思い出の詰まったミッキーのジムに立ち寄った。するとそこへ、エイドリアンに居場所を聞いて来たと言ってアポロが訪れた。「トレーニングに協力する」と申し出るアポロだが、引退するつもりのロッキーは断る。アポロは、「負けたままで終わったら一生後悔する」と自分がロッキーに負けた時に味わった経験を話した後に、彼に言ったセリフ。

さらにアポロは、「トラの目を取り戻すんだ。取り戻すために、初心に戻るんだ。」とロッキーを説得した。ロッキーがスラムで育ったボクサーであるように、アポロもまた黒人のスラム街で育ったボクサー。ロッキーと戦い、彼のハングリー精神を、身を持って知っているアポロ故に、彼のかつての荒々しさやハングリー精神が全く失われていることに我慢がならなかったのだ。後半の展開のきっかけとなる大事なシーンである。

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

ロッキー2(Rocky II)のネタバレ解説まとめ

『ロッキー2』とは、1979年公開のアメリカ映画。シルヴェスター・スタローンを一躍スターダムに押し上げた『ロッキー』(1976年)の続編でシリーズ第2弾。本作ではジョン・G・アヴィルドセンに代わりスタローンがメガホンを取り、監督・脚本・主演の三役を務めている。ロッキーとの試合に納得がいかない世界チャンピオンのアポロは、彼をリターンマッチに引きずり出そうと目論む。ボクシングを辞め、恋人エイドリアンと結婚しジュニアも誕生したロッキーだったが、苦悩の末、再びアポロの挑戦を受けることにする。

Read Article

クリード チャンプを継ぐ男(Creed)のネタバレ解説まとめ

『クリード チャンプを継ぐ男』とは、2015年に製作されたアメリカ映画。シルヴェスター・スタローンを一躍スターダムに押し上げた『ロッキー』シリーズ初のスピンオフ作品で、『ロッキー・ザ・ファイナル』以来9年ぶりに新たな物語を描く。今は亡き伝説のボクサー・アポロの息子アドニスは、かつて父と歴史に残る激闘を繰り広げたロッキーを探し出してトレーナーを依頼。アドニスの純粋さと情熱にアポロの面影を見たロッキーは、彼を鍛え上げ自らのすべてを託し、セコンドとして共に世界タイトルマッチに挑む。

Read Article

ロッキー4/炎の友情(Rocky IV)のネタバレ解説まとめ

『ロッキー4/炎の友情』とは、1985年に製作されたアメリカ映画。『ロッキー』シリーズ第4作。監督・脚本・主演はシルヴェスター・スタローン。当時の東西冷戦下のアメリカとソ連を背景としたストーリーは、過去3作とは大きく趣の異なる作品となっている。ロッキーの宿敵であり親友であるアポロが、引退後再びリングに立つことになった。だが、挑戦者であるソ連の長身ボクサー・ドラゴの殺人的パンチによって、リング上で死んでしまう。ロッキーはドラゴを倒すため、敵地ソ連へと旅立つのだった。

Read Article

ロッキー5/最後のドラマ(Rocky V)のネタバレ解説まとめ

『ロッキー5/最後のドラマ』とは、1990年製作のアメリカ映画。ボクシングに挑む1人の男の愛と闘いを通して、サクセス・ストーリーを描いてきた『ロッキー』シリーズの第5作にして完結篇。シリーズ1作目で監督を務めたジョン・G・アヴィルドセンを再び監督として招き、脚本・主演はシルヴェスター・スタローンが務める。脳へのダメージからボクサーを引退し、財産も失い、原点であるフィラデルフィアの下町に戻ったロッキーが、新人ボクサーを育成しトレーナーとして第二の人生を歩む姿を描く。

Read Article

ロッキー(Rocky)のネタバレ解説まとめ

『ロッキー』とは、1976年公開のアメリカ映画。低予算ながらアカデミー賞3部門を受賞し、無名の俳優シルヴェスター・スタローンを一躍スターダムへと押し上げた世界的大ヒットシリーズ第1作。監督はジョン・G・アヴィルドセン。フィラデルフィアのスラム街に暮らす三流ボクサーの青年ロッキーに、世界チャンピオンのアポロが対戦相手として指名してきた。自分がただのゴロツキでないことを証明するため、そして愛する女性エイドリアンのために、ロッキーはリング上での決死の闘いに挑む。

Read Article

ロッキー・ザ・ファイナル(Rocky Balboa)のネタバレ解説まとめ

『ロッキー・ザ・ファイナル』とは、2006年製作のアメリカ映画。シルヴェスター・スタローンの出世作にして代表作「ロッキー」シリーズの6作目。スタローンが監督・脚本・主演を務め、第5作から16年ぶり、第1作から30周年を迎えた伝説のシリーズを締めくくる。現役を引退し、愛妻エイドリアンにも先立たれ、一人息子ジュニアとの関係もこじれて満たされない日々を送るロッキーが、ある決意を胸に無謀な復帰戦に挑む姿を、彼の人生の思い出の数々をちりばめつつ熱く感動的に綴る。

Read Article

目次 - Contents