デュラララ!!の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

「デュラララ!!」は、成田良悟によるライトノベル。及びそれを原作としたアニメ、コミック。
非日常に憧れ都会の高校に進学した「竜ヶ峰帝人」は、上京初日、都市伝説の一つである「首無しライダー」を目撃した。そこから帝人は数々の非日常に巻き込まれていくことになる。
池袋を舞台とし、様々な人間や人ならざる存在が繰り広げる群像劇。「歪んだ愛の物語」というテーマであり、数々の名言も排出されている。

『デュラララ!!』の概要

『デュラララ!!』とは、成田良悟によるライトノベル、及びそれを原作としたアニメ、コミック。イラストはヤスダスズヒトが担当しており、電撃文庫(KADOKAWA〈旧・アスキー・メディアワークス、メディアワークス〉)より刊行されている。
「月刊Gファンタジー」に2009年から、茶鳥木明代によって漫画が連載されている。
2010年から2016年にわたり数度のアニメ化、さらに2010年9月22日にはゲームが発売されているなど、その人気の高さを示している。

非日常に憧れる少年、竜ヶ峰帝人は、幼馴染の紀田正臣に誘われて上京し、来良学園に入学することになる。上京初日、帝人は都市伝説とされている「首なしライダー」を目撃し、そこから数々の非日常に巻き込まれていく。
カラーギャング、首無しライダー、斬り裂き魔など、池袋を舞台として様々な人間や、時には人外の織り成す事件が複雑に絡み合い、池袋の非日常が加速していく群像劇。様々な人達が関わり合う中で、様々な名言も生まれている。

『デュラララ!!』の名言・名セリフ

人ラブ! 俺は人間が好きだ! 愛してる!

好きなものは人間、趣味は人間観察、という「情報屋」の折原臨也を象徴するような名言。
臨也といえばこれ、といった代表的なセリフである。
色んな人間が溢れ、色んな事件や人間関係が渦巻く、そんな池袋に向けて胸の高揚が溢れた臨也が言ったもの。

楽しみだなあ。楽しみだなあ。楽しみだなあ。この街は情報屋の俺でも知らないことが、まだ、まだ、まだ、まだ、溢れ生まれ消えていく。これだから人間の集まる街は離れられない。

情報屋としての事務所にて、様々な事件や人間関係が渦巻く池袋に想いを馳せ、楽しそうにしているシーンである。
歪んだ愛の物語、という作品のテーマの通り、人間や人間達の社会に対する臨也の歪んだ愛情が窺える。

いじめ、格好悪い。実によくない。

帝人のクラスメイトである園原杏里が路上でいじめっこに絡まれている際、臨也がそれを止めて言ったセリフ。
字面だけ見たら何一つ間違ったことを言っていない正義のセリフなのだが、この後にいじめっこの携帯を奪い楽しそうに踏みつけて壊してみせるなど、「いじめを助ける」という行為にしてはあまりにも歪んだ性格の表れたものである。臨也という男の異常性が見て取れる。

自分で死を選んでおきながら、死後の世界に甘えるなんて許されないことだと思うよ。

集団自殺を募るサイトで連絡を取り、臨也は二人の女性と落ち合っていた。自殺志願のその二人と、自殺志願と偽って来た臨也の会話の一部である。
臨也が「死後の世界はあると思うか」と問いかけ、女性たちは各々に答える。しかし軽い調子で「無が広がっている」、「天国がある」などと答える彼女らに対し、臨也は「たいして死に向き合っていない」と一蹴し、上記のセリフを放った。
やはり字面だけ見れば立派なものなのだが、別に二人の自殺を止めたいわけじゃなく、自殺志願者の人間観察をしたかっただけの行動である。二人の自殺を嘲笑うように騙しておきながら、のうのうと自殺に関して説教をする臨也の異常性が見て取れる。

大変結構。恨む気力があるなら生きられる。すごいな、俺。君の命の恩人じゃん。感謝してくれ。

自殺志願者の女性二人に対し臨也は死ぬつもりなど全くなく、二人を嘲笑うような態度でのうのうと説教をしたりしていた。女性二人は臨也に「どうせ死ぬならできるだけの借金をして自分に渡してから死んでくれ」などと不穏なことをほのめかされ、挙げ句の果てに二人のドリンクに仕込まれた睡眠薬で二人は意識を失った。
自分たちを騙し嘲笑う臨也に、意識が薄れる中で女性は「殺してやる」と殺意たっぷりに恨み言を吐く。それに対して臨也が返した言葉。
この状況下での殺意の言葉に対しても何食わぬ顔で正論じみた屁理屈を言ってのける、臨也の異常度がうかがえる。

あなたは人間が好きでも多分人間はあなたのこと大嫌いだと思うわ。

「人間が好き」と言った臨也へ、臨也の助手である波江が言ったセリフ。
人間が好きだ、と言いながら、人の人生をめちゃくちゃにするような行動ばかりをとって、さらにその様を笑って眺めるような悪趣味な臨也への言葉として、実に的を射た言葉といえる。

池袋には二度と来んなって言わなかったっけか~? い~ざ~や~君よぉ~?

「絶対にケンカを売ってはいけない一般人」と評される、池袋の最強と呼び声高い平和島静雄は、臨也と犬猿の仲だった。お互いに嫌悪し、見かけたら殺し合いのようなケンカに発展する。臨也がしばらく池袋を離れていたために二人のいざこざもしばらく起きなかったのだが、ふらりと帰って来た臨也を目ざとく見つけた、そんな静雄の一言。
静雄といえばこれ、といった代表的セリフとして語られている。

shiba
shiba
@shiba

Related Articles関連記事

デュラララ!!(Durarara!!)のネタバレ解説・考察まとめ

デュラララ!!(Durarara!!)のネタバレ解説・考察まとめ

『デュラララ!!』とは、成田良悟による池袋を舞台としたライトノベル、及びそれを原作としたアニメなどのメディアミックス作品である。 非日常に憧れる少年・竜ヶ峰帝人は、幼馴染の紀田正臣の誘いにより上京して来良学園へと入学する。そして都市伝説の首なしライダー、闇医者、情報屋、池袋一強い男、ストーカー、カラーギャング、ヤクザなどの様々な人物と巡り合い、様々な事件に関わっていく。

Read Article

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか(ダンまち)のネタバレ解説・考察まとめ

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか(ダンまち)のネタバレ解説・考察まとめ

「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」は、著者:大森藤ノ、イラスト:ヤスダスズヒトによる日本のライトノベル。2015年4月にはTVアニメも放送された。この物語は、初心者冒険者「ベル」が、女神「ヘスティア」のためダンジョンに挑みながら個性豊かな人々と出会い成長していく、ゲームテイスト冒険ファンタジーである。

Read Article

FLOW(バンド)の徹底解説まとめ

FLOW(バンド)の徹底解説まとめ

FLOWは、1998年に結成された日本の5人組ロックバンド。2003 年にシングル「ブラスター」で本格デビュー。男性2人のツインボーカルという特徴ある音楽性を武器に、数々のヒット曲を世に放っている。近年では多くのアニメ主題歌を手がけ、バンドの人気も急上昇中。今やFLOWが歌えばアニメもヒットするという、“アニソン界の帝王”の異名を得るほどのロックバンドである。

Read Article

バッカーノ!(BACCANO!)のネタバレ解説・考察まとめ

バッカーノ!(BACCANO!)のネタバレ解説・考察まとめ

『バッカーノ!』とは成田良悟が書いたラノベ小説及び、アニメ作品である。物語は1711年、1930年、1931年、1932年の禁酒時代のアメリカを舞台に悪魔が作り出した不死の薬を巡りマフィアや爆弾魔、錬金術師や人造人間などの個性的なキャラクターが奮闘する群像劇だ。本作の見どころは舞台設定とキャラクターである。まず禁酒時代を舞台にしたアニメは本作を除くと『91DAYS』くらいである。その舞台設定の希少性に加え前述した個性的なキャラクターが本作にしかない見どころである。

Read Article

イケメンだらけ!2014年ごろにブレイクした男性俳優の画像まとめ【福士蒼汰ほか】

イケメンだらけ!2014年ごろにブレイクした男性俳優の画像まとめ【福士蒼汰ほか】

日々新しい人材が次々と登場している芸能界。非常に入れ替わりの激しい業界であるが、時折り「イケメン俳優の当たり年」が訪れると、女性ファンを中心に非常に盛り上がる。特に2014年ごろにブレイクした男性俳優人たちは、高身長・イケメンが目白押しであった。本記事では2014年ごろにブレイクした男性俳優たちの画像と、簡単なプロフィールをまとめて紹介する。

Read Article

目次 - Contents