キングダム ハーツ チェイン オブ メモリーズ(Kingdom Hearts: Chain of Memories、KH COM)のネタバレ解説まとめ

1

『キングダム ハーツ チェイン オブ メモリーズ』とは、2004年にスクウェア・エニックスより発売されたGBA向けのゲーム。
『キングダム ハーツ』終了直後のストーリーであり、後にPS2向けの『キングダム ハーツII ファイナル ミックス+』発売時に『Re:チェイン オブ メモリーズ』としてリメイク・同梱された。
今作は、ソラが行方不明になったリクや王様を探す為、進むほどに記憶を失う不思議な城で謎の組織XIII機関と戦うものとなっている。

O1920108013922836094

ディズに選択を迫られるリク

王様はリクにトワイライトタウンのカードを渡し、そこで赤のローブ・赤の包帯を巻きつけた謎の人物であるディズと出会う。
ディズはXIII機関に強い憎しみを抱いているようだった。
ディズにリクは光と闇の中間に立つ特別な存在だと言われ、ナミネにも会うが、リクはナミネを知らない。

そして再び、リク=レプリカがリクの前に姿を現す。
レプリカは作られた当初から、本物であるリクを羨ましがり、憎んでいた。
本物のリクが存在する限り、自分は本物になれないとリクに戦いを挑むが、レプリカは敗れ消滅した。

その後、リクはナミネがソラの記憶を回復させている部屋にたどり着き、先ほどのカイリがカイリではなく、ナミネだったのだと気付く。
事情を知らないリクにナミネがこれまでのことを説明し、ソラと同じようにリクにも選択があると言う。
心の闇を忘れることが出来ると言うのだ。

そうすれば、アンセムはリクの心から出ることは出来ず、闇を封じて昔のリクに戻れるのである。
しかし、前作の最後でリクが「カイリのことを頼む」と託したソラが、ナミネに頼り眠り続けている姿を見て、ソラが目覚めた時に叱るのは自分だと闇と戦い続ける決心をする。

部屋を出てから、王様とディズに会い、王様にアンセムと戦う為のカードを渡される。
王様も一緒に行くと言うが、リクは自分自身で決着をつけると言って一人でアンセムに挑む。

見事リクはアンセムに勝利し、王様がリクを光に導いた。

王様もリクを見ているうち、光と闇の先にあるものが見たいと考え方を変え、一緒に旅立つ。
忘却の城を出た草原の十字路では、ディズが光か、闇か、リクに選択を迫る。

リクはどちらでもない、夜明けの道だと答えた。

『キングダム ハーツ チェイン オブ メモリーズ』のゲームシステム

本作のゲームシステムは、前作と全く違うシステムとなっている。
初めはカードゲームとしての要素が強いゲームとして予定されていたが、KHらしさが失われてしまうという理由から「カードを使ったアクションRPG」となった。
バトル中はもちろんのこと、移動とジャンプ以外は全てカードにて行動することとなる。

シンボルエンカウント方式

27

敵に触れるとバトルが始まる。

前作は、フィールド内を移動している途中で敵がどこからともなく現れ、そのままの画面で戦う純粋アクションRPGだったのに対し、本作はフィールドにいる敵に触れることでバトル画面に移行するシンボルエンカウント方式となっている。
フィールドの敵を後ろから攻撃すると、バトル画面移行後、敵が数秒の間気絶した状態でスタートするという利点もある。

バトルカード

Kingdom hearts recom 02

カードの使い方が勝敗を分ける

攻撃、魔法、召喚、アイテム、全てのコマンドを手持ちのカードで使うことになる。
ソラ、リクのプレイヤー側だけでなく、シャドウなどの敵側もカードを使った攻撃をしてくる。

カードにはそれぞれ0~9の数字がついており、相手がカードを出している状態でそれよりも大きい数字のカードを出せば攻撃が通る「カードブレイク」というシステムがメインとなる。
反対に、プレイヤー側が先にカードを出し、相手がそれよりも大きい数字を出してくれば「リフレクト」され攻撃されてしまう。

ただし、0のカードだけは後出しに限りどんなに大きい数字のカードでもカードブレイクが出来る特殊性がある。
先に出した場合は、全てリフレクトとなるので、扱いが難しいカードでもある。

カードの分類

H 103 16921 kh02.jpg

エネミーカードの「シャドウ」はデッキにセットしているカードの数字が全て1増える

バトルカードには6種類ある。
それぞれ、一度のバトルでのリロード回数制限が存在する。
ギミックカードは、ボス戦終了後に消滅する。

・ソラのキーブレード、リクのソウルイーターなどの武器で攻撃するアタックカード
・魔法が使えるマジックカード
・瞬時にカードリロードが行えるアイテムカード
・一定期間または一定回数分の特殊効果を得られるエネミーカード
・バトル中にランダムでフィールドに現れるフレンドカード
・ボスとの戦闘中、カードブレイクをするなど条件を満たすことで現れるギミックカード

デッキ

20170309 khhd1 2 08

自分のCP上限内でカードを組み合わせてデッキを作る

様々なバトルカードは、デッキに組み込むことでバトル中使えるようになる(ただし、デッキ編集が行えるのはソラだけ。リクはデッキ内容が固定される)。
バトル中にデッキカードを使い果たした場合は、リロードする必要がある。
リロード時は無防備となる為、敵の連続攻撃などを受けやすくなる。

また、リロードを重ねると補充までの時間が遅くなるので、高速補充出来る「ポーション」系のカードは後まで残しておいた方が無難。

カードには「CP」と呼ばれる数値があり、その制限内でデッキを作る。
強い・効果が高いなどのカードは使用CPが高くなる。
CP値はレベルアップの際に上限を増やすことも可能。

ストック技

H 104 68873 04.jpg

様々な組み合わせでストック技が出せる

ストック技は、カードバトルオンリーの本作ならではのシステム。
一度の攻撃で3枚までならカードをストックでき、組合せにより強力なストック技が出せるようになる。
ストック技にならない組合せの場合は、連続攻撃となり数字は3枚合計となるので、リフレクトの可能性は下がる。
ただし、ストック技の1枚目に使ったカードは同じバトル中使えなくなるので注意が必要。
敵側もXIII機関など強いボス戦になればストック技を使ってくるが、その場合は0のカードを上手く使うと防げる。

マップカード

29

マップカードを使ってルームクリエイションしていく

バトル以外にもカードを使うことがある本作では、マップの移動にもマップカードを使うことになる。
それぞれのワールドには、決まった数の部屋が存在しておりマップカードで部屋を作ってルームクリエイションをしていく必要がある。
マップカードにも種類があり、入る部屋に敵が多数出現する「ひしめく闇」や宝箱からバトルカードを入手できるようになる「やすらぎの宝」、ハートレスの動きが鈍く先制攻撃がしやすい「眠りの闇」など多くの効果がある。
イベントが発生する、イベントルームには特定のカードを使う必要がある為、出来る限り全てのマップを解放していくのが望ましい。

Dモード

Kh40

左上のDPが溜まると発動できるDモード

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

キングダム ハーツ コーデッド(Kingdom Hearts coded、KH coded)のネタバレ解説まとめ

『キングダム ハーツ コーデッド』とは、2009年にスクウェア・エニックスより配信されていた、携帯電話専用のゲーム。 1ヵ月ごとにシナリオの追加配信が行われるという、本シリーズでは初の試みをした作品である。 その後の2010年にはニンテンドーDS向けにリメイクされた、『キングダム ハーツ Re:コーデッド』も発売されている。今作は『KH2』後の物語であり、謎のメモを発端にバグが発生したデータ世界に、ソラが入り込み、「触れてはいけない秘密」に迫るストーリーとなっている。

Read Article

キングダム ハーツ(Kingdom Hearts、KH)のネタバレ解説まとめ

「キングダム ハーツ」とは2002年3月28日にスクウェア・エニックスより発売されたPlayStation2用のゲーム作品。ウォルト・ディズニー社とのコラボ作品。ジャンルはアクションRPG。2011年の時点で国内のみで約150万本、全世界で約600万本を売り上げるヒット作となる。 物語は主人公ソラが異世界に飛ばされた友達を探すためにディズニーキャラクターと共に世界を旅するものとなっている。

Read Article

キングダム ハーツ バース バイ スリープ(Kingdom Hearts Birth by Sleep、KHBbS)のネタバレ解説まとめ

『キングダム ハーツ バース バイ スリープ』とは、2010年にスクウェア・エニックスより発売された、PSP向けのアクションRPG。シリーズ初の主人公3人体制となっており、それぞれのシナリオは独立している。 3人分全てのストーリーをクリアすることで、物語の全貌が明かされる。時系列は最も過去に位置する。 今作はKHの10年前を舞台に、キーブレードマスター承認試験から動き始めた運命にテラ、アクア、ヴェントゥスがそれぞれの友の為にキーブレードを手に戦うストーリーとなっている。

Read Article

キングダム ハーツII(Kingdom Hearts II、KH2)のネタバレ解説まとめ

『キングダム ハーツII』とは、2005年にスクウェア・エニックスより発売されたPS2向けのゲーム。 『キングダム ハーツ チェイン オブ メモリーズ』終了後のストーリーでFF、ディズニーキャラも多数出ている。 今作は、トワイライトタウンに住む少年・ロクサスが奇妙な事件に巻き込まれるところから始まり、前作で眠っていたソラが目覚め、新しい力を手に入れ世界を巡る旅に再び出発するストーリーとなっている。

Read Article

キングダム ハーツ 3D [ドリーム ドロップ ディスタンス](Kingdom Hearts 3D [Dream Drop Distance]、KH3D)のネタバレ解説まとめ

『キングダム ハーツ 3D [ドリーム ドロップ ディスタンス]』とは、2012年3月29日にスクウェア・エニックスより発売されたニンテンドー3DS用のアクションRPG。KH『Re:コーデッド』後のストーリーとなっていて、ソラとリクを交互に操作することで物語は進んでいく。 今作では、ソラとリクのキーブレードマスター承認試験にて、二人は眠りについてしまった世界を救うべく旅へと出かける。

Read Article

キングダム ハーツ 358/2 Days(Kingdom Hearts 358/2 Days)のネタバレ解説まとめ

『キングダム ハーツ 358/2 Days』とは、2009年にスクウェア・エニックスより発売されたニンテンドーDS向けのゲーム。 『キングダム ハーツCOM』と『キングダム ハーツII』の間のストーリーをキングダム ハーツIIで登場したロクサスの視点で描かれる。 今作はロクサスがXIII機関に居た頃、任務をこなしながら他メンバーのシオンやアクセルとの交流を描いたストーリーとなっている。

Read Article

宇多田ヒカル(Hikaru Utada、Hikki)の徹底解説まとめ

「宇多田ヒカル」とは日本を代表する女性のシンガーソングライター。1998年「Automatic / time will tell」でデビュー。自ら作詞作曲をし魅力的なハスキーボイスと抜群の歌唱力で世代を問わず圧倒的な人気を博す。後に発売したアルバム「First Love」が国内外で990万枚を超えるセールスを記録。2010年に「人間活動に専念するため」無期限の活動休止を報告。2016年活動再開。

Read Article

キングダム ハーツ キー(Kingdom Hearts χ[chi]、KHχ)のネタバレ解説まとめ

『キングダム ハーツ キー』とは、スクウェア・エニックスが制作・運営し、Yahoo!ゲーム等で展開されていたブラウザゲームで、シリーズ初となる基本プレイ無料のゲーム内課金制のソーシャルゲームとなっている。2016年9月にサービス終了、その後は『アンチェインド キー』『ユニオン クロス』とスマホアプリ化されている。 本作はプレイヤーがキーブレード使いとなり、チリシィと共に世界を旅する中で、伝説のキーブレード戦争へと近付くストーリーとなっている。

Read Article

【キングダムハーツアンチェインドキー攻略】攻撃力UPアビリティが強い!【KHUx】

リリース直後から強い人気を博している「キングダムハーツアンチェインドキー」では、攻撃アビリティ、回復アビリティの他に、味方の攻撃力を上げる効果を持つメダルがあります。今回は、攻撃力UPのアビリティを持つメダルをご紹介します!攻撃力UPがどのくらい強いのか、どうやって使うのか、などもご紹介しますので、この機会にぜひチェックしてください!

Read Article

【スマホアプリ】キングダムハーツアンチェインドキーの魅力【KHUx】

リリースしてから爆発的な人気のスマホアプリ「キングダムハーツアンチェインドキー」は、次のキングダムハーツシリーズ最新作「キングダムハーツ3」へと続く物語を追うことができるんです。キングダムハーツシリーズのファンはもちろんのこと、キングダムハーツに初めて触れる人でも楽しむことができる「キングダムハーツアンチェインドキー」の魅力を、たっぷりご紹介します!

Read Article

【KHUx】アビリティレベルを上げる方法【キングダムハーツアンチェインドキー】

スマホアプリ「キングダムハーツアンチェインドキー」では、メダルを強化するための方法はみっつ。ひとつめはレベルを上げ、レアリティを上げていくこと。もうひとつは、スキルをおぼえさせること。そしてもうひとつが、アビリティレベルを上げることです。アビリティレベルの上げ方は以前もちらっと紹介しましたが、今回は更に詳しく紹介したいと思います。

Read Article

目次 - Contents